DATA STATIONユーザー訪問記①

テーマ:

こんにちは!DATA STATIONの森山です。

既にユーザーの方も、そうでない方も、実際に本サイトの
データをどう使ってるか気になりませんか?

今回はそんなDATA STATIONのユーザー事例のご紹介です。

とはいっても今回紹介するユーザーはこの私、森山です。

私はDATA STATIONを運営するこのファインに入社する前は、このDATA STATIONのユーザーでした。

不動産の広告を主に扱うデザイン事務所で、「自分がパース担当になるんで、

給料をアップしてください!」と見栄をきったのがスタートです。

ちなみに当時は社内で誰もパースなんて作ったことがなく、独学でスタート。

 

パースの勉強を1からやりつつ、DATA STATIONのデータをひたすらダウンロードして

見よう見まねの独学でパースを仕上げる毎日・・・。

約2か月後にようやく一件発注を頂けました。

 

■2006年作

2カ月の3DCGの勉強の結果、ようやく仕事の発注が貰えて、気合を入れて

制作したパースだったと思います。今見ると非常に稚拙な出来ですが、

当時はこれでも丸一晩かかりました。

 

■2007年

パースの仕事が徐々に頂けるようになり、仕事の合間に建築パースの

本等を読み、視点の取り方や樹木のレイアウト方法等を勉強していました。

 

■2008年

徐々にパース制作依頼の物件規模が大きくなり、1件1件を丁寧につくりこむ

作業から、短時間で納期内にパースを仕上げる実践的なスキルが身に付きました。

 

■2009年

短時間で効率的にパースを仕上げる作業に慣れてくると、

「もっと明るく、楽しい感じに!」等、お客様の要望に答えて、パースの仕上げやタッチ等を

カスタマイズできる様になってきました。

 

■2010年

依頼されるパースの規模は更に大きくなり、住宅街でなく周辺の施設まで・・・。

広告等に掲載されるパースは、お客様のアイデアで色んな変化球がありました。

 

■2011年

やや高額な物件や人気の高いエリアのパースとなると、単なる家の完成予想図といった

趣ではなく、より広告としてインパクトがあったり、高級感のある仕上げを求められる

様になりました。夕方のシチュエーションはお客様からもウケが良かったです。

 

■2012年

現在のファインに入社する数か月前に制作したパースです。

最後に近いの仕事で、比較的大きい規模の物件だったので、気合を入れて制作しました。

夜景は幾つかのパターンを制作しましたが、一番反響があったのがこの色合いで

仕上げたパースでした。

 

いかがだったでしょうか?約6年間

ひたすらパースを制作した環境だったということもありますが、

DATA STATIONの会員だったので、パースに使う素材に関しては困った事がありませんでした。

おかげでその辺りの心配はせず、毎日パース制作に没頭できました。

 

DATA STATIONはパース制作者の観点から必要なデータを選りすぐって掲載しているので、

これからパースを始めたい!もっとスキルを磨きたい!といった方にも

おススメできるサイトだと自負してます。

 

なお、ブログの更新情報などは無料素材データサイト、FREEBANKの

メルマガ会員になる事で受信できます!

DS未会員の方は是非ご登録してみてください!

http://free.datastation.jp/

 

本ブログ内で使用してる素材データは全て

DATA STATIONの素材データを使用しています。

気になる方は是非こちらもチェックしてみてくださいね!

http://www.datastation.jp/

既に会員の方も、是非DATA STATIONをガンガン使ってくださいね!

未会員の方は是非是非入会のご検討を!

AD