こんにちは!DATA STATIONの森山です。

Photoshop(フォトショップ)を使用した外観パース作成は今回が最終回!

今回は最後の仕上げともいえる、背景~前景の配置の仕方をご紹介します!

 

背景に使用するDATA STATIONのデータは下記の通りです。

では早速、フォトショップでの操作を行いましょう!

 

■背景、前景用の画像を合成~馴染ませる

とはいっても、基本的な配置の操作は樹木や車の時と同様です。

画像を配置した後の馴染ませるコツもご紹介するので、

是非参考にしてください!

 

①背景用の高木が建物のレイヤーの後ろにくるように並び替え、配置します。

②樹木の大きさ、間隔などのバランスは↓を参考にしてください。

③次は低木を配置します。高木のレイヤーの前になるように並び替え、配置します。

 空の画像を入れた際、水平線が見えてしまうと雲の上に建物が立っているように

 見えるので、それを隠す為でもあります。

④レイヤーの並びの一番最後に、空の画像を配置します。

 完成まであと少し!樹木の画像を馴染むように調整していきます。

⑤低木の調整

⑥高木の調整

⑦前景の配置も行います。こちらは[反転]と[選択][削除]の操作を行います。

⑧前景の調整、その1

⑧前景の調整、その2

⑨前景の調整、その3

⑩前景の調整、その4

 

■完成!!

次回は背景の部分を仕上げていよいよ外観パースの完成です!

約1カ月にわたってご紹介してきた、フォトショップを使った外観パースの制作は

いかがだったでしょうか?DATA STATIONの素材データを少しでも使っていただける様、

活用方法を含めて本記事を制作してきました。

 

なお、ブログの更新情報などは無料素材データサイト、FREEBANKの

メルマガ会員になる事で受信できます!

DS未会員の方は是非ご登録してみてください!

http://free.datastation.jp/

 

本ブログ内で使用してる素材データは全て

DATA STATIONの素材データを使用しています。

気になる方は是非こちらもチェックしてみてくださいね!

http://www.datastation.jp/

AD