こんにちは!DATA STATIONの森山です。

引き続きPhotoshop(フォトショップ)を使用した植栽表現の後編です!

今回もお役立ちのテクニックをご紹介します!

 

前回までは、樹木の画像の配置や不要な部分の削除の仕方などまで行いました。

最後の仕上げとして、各樹木の画像を、パースに馴染ませていきましょう!

 

樹木の違和感の原因として、

光に照らされている方向が建物と異なっていることと

コントラストや色味が合ってないというのがあげられます。

 

■[覆い焼きツール][焼きこみツール]を使う!

光の照らされ方を表現する方法としては

フォトショップの[覆い焼きツール][焼きこみツール]を使用して

樹木に光や陰を描く様に調整していく方法がおススメです!

 

実際に使用してみればすぐわかりますが、このツールは色を塗るのではなく

触った範囲のコントラストなどを強調してくれるツールです。

2つの違いをおおざっぱに言うと、

[覆い焼き]が明るく、[焼きこみ]が濃くしてくれる感じでしょうか。

 

実際に使用した結果がコチラ!

樹木が左上から光に照らされた感じになっていませんか?

多少の慣れは必要ですが、繊細な操作があまり必要されなく、

失敗が少ないのでおススメな方法です。

 

また、コツとしては

同系統の樹木のレイヤーを結合して一気に処理すると、調整がしやすいです!

 

■[塗りつぶしレイヤー]で全体の色を整える!

各樹木によって色味がバラバラで、それはそれでリアルとはいえますが、

1枚の絵としてみた場合、樹木の種類によっては

どうしても悪目立ちしてしまう場合があります。

そういった症状を、[塗りつぶしレイヤー]を使った方法で軽減してみましょう。

 

1:まずは樹木のレイヤーをすべて結合するなどして、

[自動選択ツール]で全選択できるようにします。

 

2:樹木を全選択後、[レイヤー] → [新規塗りつぶしレイヤー] → [べた塗り]の

順に選択します。

 

3:任意の色を選択できるので、好きな色を選んでみましょう。

 [塗りつぶしレイヤー]が作成されます。色は後から自由に変更できます。

4:[塗りつぶしレイヤー]を下記の画像の様に調整します!

※乗せる色により、樹木の色味が微妙に変化します。

 下記に比較画像を乗せているので参考にしてみてください。

 

 この操作により

 色のトーンがバラバラの樹木を落ち着かせ、全体を馴染ませる効果があります!

 

・赤色レイヤー

・黄色レイヤー

・青色レイヤー

 

これで樹木、植栽の表現、調整が終わりました。

次回は背景、車、その他の部分を簡単に仕上げていよいよ外観パースの完成です!

 

更新は8/9(火)を予定しています!

ぜひチェックの程、宜しくお願い致します!

 

 

AD