こんにちは!DATA STATIONの森山です。

前回からスタートしたPhotoshop(フォトショップ)を使用した植栽表現をいよいよ行います!

ではさっそく操作をしていきましょう!

 

※毎度申し訳ありませんが・・・フォトショップの操作に関する

 用語などについては参考書をご覧ください!(高度な作業は無いので大丈夫です!)

 

前回紹介したDATA STATIONの植栽の画像を、パース画像に配置していきます。

基本的に[拡大・縮小]ツールを使用して図の様に配置していくだけですが

花などの背の低い植栽を配置する際は[変形]ツールを使用すると

地面に設置する部分をより自然に配置できます。おススメ!

枝のある小~高木あたりは[変形]ツールを使用すると逆に不自然に見えてしまうことが多いので

使用しないほうがいいでしょう。

(全部の植栽をいちいち変形させると面倒ですしね・・・)


いかがでしょう、

殺風景だった建物に豊かな色彩が生まれ、スケール感も強調されてきました!

↓↓↓↓↓↓↓

ここまでやったら完成。という気持ちもありますが、せっかく高性能なPhotoshopを使うので

もう少し細かい部分を詰めて、パースの完成度を上げてみましょう!

 

特に気になる点は下記の2点です。

ここの修正を行うだけでパースのまとまりが一気に上がるので、おススメポイントです。

 

まずはグリーンの直植えの修正から行います。

そのまま配置しただけだと、外構の地面から浮いてるように見えるし

必要以上にボリュームがありすぎて、モッサリみえませんか?

 

下記の操作でグリーンの直植え画像の不要な部分を切り取りましょう!

グレーのタイルの流れに沿ってグリーンの直植えの下部分をカットしました。

画像を置きっぱなしより地面との一体感が生まれてませんか?

こういった処理がお手軽に行えるのはPhotoshop等の画像編集ソフトならではだからですね。

 

こういった処理のコツとして、削除する部分としない部分の使い分けが重要です!

今回のパースでは、グリーンの直植えは下部分をカットしましたが、門柱の下の

花はそのままにしました。こうすることで植栽にメリハリがうまれます!

 

記事にすると長くなりますが、やってることは配置、変形、削除と

Photoshopの基本的な操作しかしてませんので実に簡単です。

あとは実践あるのみ・・・でしょうか。

 

次回は植栽画像のコントラストや色味の調整など

仕上げに関するコツを中心におおくりします!

更新は8/4(木)を予定しています!

ぜひチェックの程、宜しくお願い致します!

 

 

AD