こんにちは!DATA STATIONの森山です。

前回に引き続き、早速Photoshop(フォトショップ)で窓ガラスを仕上げていきましょう!

フォトショップを起動し、ベースの建物画像とDATA STATIONの窓画像を

開きましょう。

※申し訳ありませんが、フォトショップの操作に関する

 用語などについては参考書をご覧ください!(高度な作業は無いので大丈夫です!)

■窓ガラスをふちどる

・多角形選択ツールなどで、窓ガラスの表現をしたい範囲をふちどりしましょう。

(マスク作業といいます)ちょっと面倒ですが、基本的に四角い窓を囲って

いくだけな簡単な作業です。

全てのふちどりが終わったら、[選択範囲]→[選択範囲の保存]でマスクを保存します。

■1枚目の窓画像を貼りつける

・先ほど開いたDATA STATIONの窓画像[ecp005xp]を

ctrl+Aで選択、ctrl+cでコピーします。

・先ほど保存した窓のマスクを[選択範囲を読み込む]で表示させます。

 

・[編集]→[特殊ペースト]→[選択範囲内へペースト]で、窓画像を、

マスクした範囲の中にだけ貼りつけることができます。

・貼りつけた画像を複製したり、拡大縮小したりしながら↑の様な見た目に

なるまで調整します。

■1枚目の窓画像を調整する

・貼り付け調整が終わった窓画像を下記の様に[透明度]と[彩度]を調整します。

・↓の仕上がりを目指しましょう!

操作は全然難しくないので、参考書があれば大丈夫です!!

 

■2枚目の窓画像を貼りつけて調整する

・1枚目と同じ手順でDATA STATIONの窓画像[ecp013xp]を

マスクした窓の範囲内に貼り付けます。

・↓な感じの見え方になるように貼りつけます。

1枚目の窓画像が見えなくなりましたが、今はこれでOKです。

・2枚目の窓画像の[レイヤー]の効果を[通常]から[ソフトライト]に変更します。

※超重要です!

・↓下の画像が透けて複雑な表現になってきました!

■3枚目の窓画像を貼りつける

・1、2枚目と同じ手順でDATA STATIONの窓画像[ecp008xp]を

マスクした窓の範囲内に貼り付けます。

・↓注意!2階部分の窓にだけ貼りつけます。

■3枚目の窓画像を調整する

・貼り付け調整が終わった窓画像を[消しゴム]を使い、画像の不要な

 部分を消しつつ調整します!

 ちょっとややこしいですが、下記の様に3枚目画像がうっすら残るように

 消しゴムの[不透明度]を弱めにしながら消していきます!

■窓の影部分を描く!

・[ブラシツール]の黒などの濃い色で建物側面の窓や

 1階窓下側の地面に近い部分を少し暗くします。

 ↓を参考にしてください!

 

■窓の色を調整して仕上げる

・窓の選択範囲を読み込んで、↓の画像の様に[レイヤー]の

部分から[カラーバランス]を選択します。

・今回は下記の様にカラーバランスを調整しました。

■窓ガラスの完成

・上記の手順を踏んで、窓部分のレタッチが完成しました!

いかがでしょうか?

Photoshopを触った事がない、慣れてない方にとっては???な部分も

あるかと思いますが、高度な操作は行っていないので、参考書片手に

頑張れば決して難しくない作業です!

DATA STATIONもそんな作業をサポートするデータが沢山ございます!

http://datastation.jp/

ご興味がある方は是非チャレンジしてみてくださいね!

 

次回は樹木や植栽を植えこんでいくテクニックをご紹介します!

更新は来週7/26(火)を予定しています。

 

私森山がDATA STATIONのデータの使い方をどんどん

ご提案していきますので、お楽しみに!

 

 

AD