こんにちは!DATA STATIONの森山です。

前回は3DCGソフトを使用したDATA STATIONの活用方法でしたが、

今回のお題はこれです!

どーん!

知らぬものはいない、超メジャー画像編集ソフト「Photoshop(フォトショップ)」!!

このソフトとDATA STATIONのデータ使って、建築パースを仕上げる方法をご紹介します!

パースではレタッチと呼ばれる作業ですね!

 

記事の関係上、Photoshop機能の名称、操作の詳細な説明は省いたりしていますが

全然大丈夫です!参考書1冊が手元にあればすぐわかる機能しか使ってません!

今回はPhotoshopで窓ガラスを表現してみましょう!

 

■ベース画像の準備

・まずは3DCG・CADにてPhotoshopに持っていくベース画像を出しましょう!

私はShadeを使用してモデリング、レンダリングを行いました。

建物、植物を除いたエクステリア、道路なんかがあれば十分です。

窓ガラスはPhotoshopで表現するので、かなり適当な処理でOKです。

 

 

■DATA STATIONデータの準備

今回、窓ガラス表現に使用するDATA STATIONのデータはこの3つ!

こちらのデータの準備も忘れずに!

DATA STATIONの2D窓画像をダウンロードしました。

http://goo.gl/ZJuVWH

・ecp005xp

・ecp013xp

・ecp008xp

データの準備が揃いました!

では早速作業を開始していきましょう・・・。が、申し訳ありません!

記事の長さの関係上、本格的なPhotoshopでの作業は次回ということで・・・。

更新は明日7/20(水)を予定しています!

ぜひチェックの程、宜しくお願い致します!

 

 

 

AD