• 07 Nov
    • DSに新カテゴリ!【ペット・生き物】コンテンツの使い方!

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。久しぶりの更新となります。すみません!この2か月間、DATASTATIONで新しいカテゴリが追加されました。その名も「ペット・生き物」カテゴリ!!今回はその「ペット・生き物」コンテンツの使い方をご紹介していきます!使い方は至ってシンプルで、「樹木」や「人物」と同じように被写体以外がキレイに切り取られた切り抜き済み画像データとなっているので、ダウンロードした画像を、各ソフトなどで読み込み、絵の上に貼りつけたりして使用します!■こだわりポイント・犬派、猫派もニッコリ、豊富なラインナップ!・種類やポーズのバリエーションも沢山!・毛のフワフワ感も丁寧に表現!・アーキトレンド、グローブユーザー用形式(azp)もあります!なんといっても、切り抜き済みの画像でこれだけ動物のラインナップが揃っているダウンロードサイトは、そうそうないのではないでしょうか・・・?※2017年11月現在で、なんと40点!■「ペット・生き物」コンテンツの使い方例・街並みや公園に配置する!休日に家族で公園で・・・犬を入れることで、より子供が活き活きしてきますね!・店舗のイメージに入れる犬、猫カフェのようなペットOKな店舗の雰囲気が視覚的により分かりやすく!※あっ扉開けっ放しでネコ逃げるやん・・・!・室内の一角に入れる注文住宅やリフォームプランで多いペットスペース。例えば3Dのフェンスをケージに見立てて使用し、ペットの画像を配置するとそういったスペースを簡単に再現できます。オーナーさんが飼っているペットと同じ品種も置ければ、なおGOOD!!※ちなみにペット用品の小物類も全部DATASTATIONの3Dデータです!上記の画像のような表現は、フォトショップをはじめとした画像編集ソフトがあればごくごく簡単な操作配置できます!ぜひチャレンジしてみてくださいね!また、azpデータが使えるアーキトレンドユーザー様などは「樹木」や「人物」と同じように、CAD内で立体データの中に直接配置する事ができます!サイズも小型、大型とキチンときめられているので、置くだけで下記のような表現もラクラク!影も自動で生成されるので空間にちゃんと馴染みますね!・アーキトレンドでの使用例なお、コンテンツのワンちゃん、ネコちゃんの画像につきましては、飼い主様に正式な許可を得て撮影した写真を基に作成したコンテンツです。DATASTATIONを契約中の会員様であれば、安心して、規約の範囲内で自由に使用する事ができます!逆に言うと、契約を解除してしまうと規約上、使用する事ができなくなります・・・DATASTATIONのコンテンツ全てにあてはまりますが、ご注意ください!作成難易度の高いペットや動物の画像は、DATASTATIONならサクっと解決!ぜひ使ってみてくださいね!■今回のコンテンツ一覧はコチラから・犬https://goo.gl/ci2R4V・猫https://goo.gl/aRQzquでは、次回の更新をお楽しみに!今後ともデータステーションを宜しくお願い致します!■DATASTATIONmembersはコチラhttp://members.datastation.jp/newlst.php?l_flag=0■DATASTATIONVHmembersはコチラhttp://vh.datastation.jp/

      3
      テーマ:
  • 24 Aug
    • 【DSコンテンツの使い方】照明器具の光らせ方!~その3・CAD編(アーキトレンド)~

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。キャンペーンの告知を挟んでしまいましたが、前回に引き続き、DSコンテンツの使い方企画照明器具の光らせ方!~その3・CAD編(アーキトレンド)~をご紹介します!前回は3DCGソフト(Shade)に、照明器具の形状データを読み込んで、ソフト内で光源データを配置、設定する方法をご紹介しましたね。今回は3D建築CAD「アーキトレンドZERO」で、照明器具を使ってみましょう!・アーキトレンドでレンダリングした内観パースです。データステーションでは、 VH.members(以下略VHM)という専用サイトで、アーキトレンド専用形式ファイル(azpという拡張子)を配信しており、ハイブリット照明という専用データで、光源なども全て組み込み済みの照明器具データを使用することができます!・今回の内観パースで使用してる照明器具たちなら、光らせ方の説明は特に必要ないのでは・・・?ということですが、アーキトレンドでリアルなパースをつくる機能、「パーススタジオ」では、少し光源の設定を調整すると、より完成度の高いパースに仕上げることが可能です!ワンランクアップの仕上がりや、効率的な時間短縮に繋がりますよ!照明器具が特に必要なケースは、何はなくとも内観パース!特に作成頻度の高い昼間のライティングは、パーススタジオであれば光源タイプは天空光【内観】がおススメです。・アーキトレンドのオプション「パーススタジオ」で使用する事ができます。ここから説明するコツは、照明器具の設定というよりも、天空光【内観】のクセのような話にもなるのですが、基本的には難しくありません。アングルを決めて、まずはそのままレンダリングしてみましょう。特に難しい事をしなくてもリアルな仕上がり!ですが・・・レンダリングした画像を確認すると、リアルな陰影はついていますが全体的に薄暗くてなんだかちょっと寂しい空間に見えてしまいますね。今回の部屋のインテリアのような、カジュアルな雰囲気の部屋には特に合っていないようです。まずは、照明器具が光っていないのが大きい原因です。この部屋では、シーリングライトと壁につけられているウォールライトですね。意外に忘れがちですが、まずは「部品光源」をONにしましょう!こうしないと、せっかくの照明器具も光りません。ONにしたら準備はOK!・もう一度レンダリングしてみました!照明器具がONになったので光っているはずですが、ほんのり程度でまだまだ明るさ不足ですね。あと、照明器具が光った事で、その光に照らされた家具などの影が室内に発生しました!(赤丸で囲ってある部分です。)ちょっとシミのように見えて、あまり見栄えがよくありません。この2点が気になります。でも、どちらも簡単な設定でコントロールが可能です。まずは影の設定から!部品光源の「設定」で影を直線的から柔らかいに変更しましょう。ぼかしの数値はそのままでかまいません。ここを変更することで、光源に照らされてできる影のつき方がマイルドになります。また、実はウォールライトなどは影自体の設定を切ってしまっても良いです。・意図しないところに影が発生しなくなる。・レンダリングが少し速くなる(影:柔らかいを設定すると、レンダリングに必要なPCの計算が   複雑になり、レンダリングも長くなりやすくなります。OFFにすることで、メリットなんかも大きいわけですね。単に部屋を明るくしたいだけであれば、補助灯などは影の設定をOFFにしてもよいでしょう。※主照明(シーリングライト)の影もOFFにしていまうと、流石にのっぺりしてしまうのでやめておいたほうが無難でしょう。部屋の明るさに関しても、光源設定の「明るさ」の数値を変更することで調節ができますが全ての部品光源を少しずつ設定して全体の明るさを調整・・・というのは手間も時間もかかってしまいますね。なので、全体的に部屋を明るくしたい場合は、「調光割合」を調節すると便利です。・[Re]ボタンを押すと初期値に戻せます。ここの設定は100%→120%と少しずつ上げてもそれほど違いがわからないため、200%、250%・・・と思い切って上げた方が、効果がはっきりでますよ!調光250%でレンダリングした画像!先程よりもかなり良い感じになっています。でもまだ気になるところがあります・・・そう、せっかくのシーリングライトが光っているように見えないのです。「天空光【内観】」は柔らかい光の表現が得意ですが、そのせいか照明器具のセード部分などが、ピカっと光ってくれなかったりします。(光っていないわけではないですが、かなり弱くなっているためです。)仕上げに、ここを光らせてみましょう!ひと手間ですが、全体的に引き締まった印象になります!1.シーリングライトのセード部分を画面から選び、ダブルクリック。2.出てきた「属性」から「素材編集」を選択、球体の様な物が写っている「面素材編集」という画面で「拡散反射光」の部分を2.0位にしてあげます。・OKボタンをクリックすれば設定は完了です。必ず2.0とかではないので、弱すぎたり強すぎたりする場合はここも調整します。その後、再ンダリングしてみました。シーリングライトのセード部分が、ちゃんと発光してるように見えますね!その後、ウォールライトの設定も調整した後、レンダリングしたものがコチラです↓ここから更に細かく手を加えれば完成度はあがりますが、お客様に提案イメージを伝える事ができるレベルとしては、これで十分ではないでしょうか?次回は、今回説明できなかった、壁付けウォールライトやブラケット照明がキレイに光る簡単な設定などをご紹介したいと思います!なお、今回使用してる室内の照明器具~家具は、もちろん全てデータステーションのコンテンツで、当然VHMでも配信しているものばかりです!統一感のある色や家具であらかじめコーディネートしてあるので、こういった洋室もサクッとつくることができます。ぜひ使ってみてくださいね!では、次回の更新をお楽しみに!今後ともデータステーションを宜しくお願い致します!http://vh.datastation.jp/

      11
      テーマ:
  • 18 Aug
    • DSプラチナ会員入会が今なら50%off!ラストサマーキャンペーンのお知らせ!

      今回は・・・空前絶後のォォ!超絶怒涛の添景部品ィィン!!建築パースを愛し、建築パースに愛されたサイトォォオ!!!データステーション・ラストサマーキャンペーンのお知らせです!!!!キャンペーン期間中はプラチナ会員が、通常価格のなんと50%offとなっています!!キャンペーン期間:2017年 8月21日(月) ~ 9月 20日(水)お申込み:http://members.datastation.jp/newmember.php実施内容:初年度年会費64,800円→50%OFFの32,400円(税込)      ※プラチナ会員限定(VH.members会員含む)ご興味がある方!この機会に是非、DATASTATIONの添景部品を使って、レベルアップしてみませんか?宜しくお願い致します!!!

      1
      テーマ:
  • 16 Aug
    • 【DSコンテンツの使い方】照明器具の光らせ方!~その2・3DCG編(Shade)~

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。前回に引き続き、DSコンテンツの使い方企画照明器具の光らせ方!~その2・3DCG編(Shade)~をご紹介します!今回使用するソフトについてですが・・・何回もこのブログでご紹介しています、Shadeという3DCGソフトです。お求めやすい価格、豊富なHowto書籍、WindowsとMac両方で使えるハイブリッド。更に、読み込めるファイル形式も、DATASTATION(以下DSM)で配信している複数の形式(3ds、lwo、obj)に対応しており、とても相性も良いのがメリットです!「パースコレクション 匠」のパースについても、Shadeを使用してつくられているものも多いんです!レンダリングのクオリティについてはラジオシティ計算でかなりリアルな陰影を再現することができます。高価なレンダリング専用ソフトと比べ、少し劣る面もありますが日本の住宅パース(特に内観など)を制作するのであればまだまだ十分な能力があります。DSMの照明器具は様々なソフトで読み込める汎用的な部品として作られていますが、CAD専用につくられた一部の形式(azp)を除き、光源データ自体は入っていません。なので、ユーザー様が自分で光源を設定してあげる必要があります。Shadeのラジオシティも例外ではありませんが、基本的な設定は比較的簡単です。今回はそのShadeを使用して、ソフトに取り込んだDSMの照明器具に光源データを設定し、下記のようなレンダリング画像をつくってみます!前置きが長くなりましたがでは、レッツトライ!■ダウンライトの場合・lig209xp光らせかたは様々な方法がありますが、IESデータを使用することで楽にダウンライト独特のフワッとした照明効果を再現できます。IESとは照明設計用の配光データです。メーカーのウェブサイトなどで配信されていますが、今回は下記の場所で配信されているダウンライトのIESを使用しました。http://www.mrcad.com/download-free-ies-lights/どんな光かたをするか一覧画像もあるので、とても使いやすいデータです!まずは、Shadeで「配光光源」を選択し、ダウンライトのほんの少し下側に配置しましょう。その後、統合パレットの「情報」から先程ダウンロードしたIESファイルの読み込みを選択します。今回は15を使用しました。読み込みが完了すると、配光情報が設定されます。これだけです。■スタンドライトの場合・S7246(yamagiwa)スタンドライトは実際の電球がある部分に「点光源」を配置しましょう。今回のスタンドは2灯タイプなので、光源も2つ置きます。(※配置位置がわかりやすいように、セード部分は非表示にしています。)また、布貼りのシェードの場合、少し透けた感じにしてあげるとリアルに仕上がります。布部分の「材質設定」の透明度を「0.10」程度に上げてやります。本当はもっと細かく設定するべきなんですが、遠目に見るぶんにはこれで十分です。■ブラケットの場合・lig052xp複雑な傘の重なりになっており、電球が見当たらなかったり、どこに光源を仕込めばいいのか分からない場合があります。この場合は、ダウンライトと同様に少し離れた場所に「点光源」を配置します。今回は斜め下付近に置いてみました。デザイン的に、傘セードが光に照らされて発光している雰囲気にしたいです。その場合は・・・材質で発光を「1.00」にします。こうする事で設定した部分だけ自己発光してるように見えるようになります。光源データだけでは照明器具が光ってるように見えなかったりする場合があるので、この発光で、ある程度コントロールすることが出来ます。また、光源データの明るさ自体は「ルーメン値」の数値を変更することでコントロール可能ですが、適正な数値については、ラジオシティの特性上、シーンの環境でかなり左右されます。強すぎたり、弱すぎたりする場合はその都度調整してみてくださいね。(※ブログの画像もあくまで参考の数値です・・・)各照明器具に上記の光源データを設定を行い、ラジオシティ計算後にレンダリングしてみました。いい感じです。ただ、少し気になる部分として、照明器具に照らされて出来た影がすこしうるさく感じるところでしょうか・・・。その場合は、「情報」の影のパラメータを少し下げてあげましょう。0にすると影が全くおちなくなり立体感が無くなるので、0.3~0.5程にすると丁度よくなります。もう一度レンダリング!かなり良い感じに仕上がりました。また、今回のような夜のライティングは明るい部分と暗い部分のコントラストが強くなりすぎる場合があります。そんなときは「色補正」を使用しましょう。ガンマ値をあげてやると、強すぎた明暗のコントラストがマイルドになるので特におすすめです。(※今回のブログ記事も見てのとおり、この色補正機能でかなり調整しています森山にとっては既に手放せません・・・)3DCGソフト「Shade」を使用した照明器具の光らせ方いかがだったでしょうか。今回は3点だけでしたが、光源データの設定方法は様々な照明器具に転用できますよ!なお、もっと詳しい操作や設定は、ShadeのHowto書籍に細かく書いてあるので、コツをつかめば、どんどんレベルアップできますよ!本屋さんやネットでチェックしてみてくださいね。最後に宣伝になりますが・・・、当然DATASTATIONでは照明器具についても豊富な種類、デザインを取り揃えています!2017年8月現在で、その数なんと875!是非ガンガン使ってくださいね!なお、今後は吹き抜け照明やペンダントライトなど、数を増やしていく予定です!お楽しみに~!http://members.datastation.jp/newlst.php?l_flag=0

      テーマ:
  • 03 Aug
    • 【DSコンテンツの使い方】照明器具の光らせ方!~その1~

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。先日「パースコレクション匠」のご紹介をこちらでも致しましたが、いままで以上にDATA STATIONのコンテンツが、特にインテリアに関するデータが使いやすくなりました!!↓↓「パースコレクション匠」の洋室カテゴリのコンテンツを、   CAD内に読み込み、6帖間の洋室に配置して仕上げたパースです。 コンテンツの配置に5分、部屋の模様替えに3分、レンダリングに2分といったところです。こんな一部屋程度なら、本当にサクッと仕上がるのが嬉しい!でも、実際にインテリアパースを制作される方たちは様々なでシチュエーションで依頼されるわけで、、、そう簡単にいかない部分も多いですよね。最も多いケースが「夜の雰囲気でも一枚お願い」というものではないでしょうか。その際に困るのが「照明器具がうまく光らせられない!」というところになるわけです・・・。↓↓下記の画像は結構極端ですが、照明の種類によって   光らせ方の使いわけができれば表現の幅が広がりますよね。でも3DCGソフトやCADでそれぞれ照明器具の操作や設定は違います。自分で勉強してね!というのも不親切なのと、せっかくこのようなブログをこさえているので・・・幾つかの代表的なソフトで、ダウンライト、ブランケット、その他ライト・・・などDSの照明器具コンテンツを配置した後、実際に光らせるところまでご紹介したいと思います!  予定してるのは下記ソフトです!・3DCG編(Shade)・CAD編(ARCHITREND:アーキトレンド)・画像加工ソフト編(PHOTOSHOP)3回に渡って本ブログを更新してご紹介する予定です!お楽しみに!特に初心者~中級者未満の方がパース制作においてステップアップするきっかけになればと思います・・・!(逆に高度なスキルをお持ちな方々には笑われる内容かもしれませんが・・・)よろしくお願いします!DATASTATIONはコチラ!http://www.datastation.jp/「プレゼンの匠」がリニューアルしました!「パースコレクション匠」はコチラ!http://members.datastation.jp/theme/theme_lst.php?l_flag=0

      3
      テーマ:
  • 18 Jul
    • DSメンバーズがリニューアル!「パースコレクション 匠」インテリア についてご案内!

      こんにちは!DATSTATIONの森山です。いつもデータステーションをご利用いただき、ありがとうございます!約半年間ブログを未更新で申し訳ありません・・・。ユーザーの方はデータステーションメンバーズ(以下DSM)が色々と変わったのをご存知かと思いますが、本ブログでなかなかお知らせする事ができませんでした。6月半ばより、DSMのコンテンツ「プレゼンの匠」が、「パースコレクション 匠」に名称変更し、サイトも大幅にリニューアルされました!「プレゼンの匠」はDSMの膨大なコンテンツデータを、建築パースを作成する時にどのように活用すればいいのか、ユーザー様にわかりやすくする作例といった位置づけでした。「パースコレクション 匠」はそのコンテンツデータとパースシーンを、もっと使いやすく!というコンセプトのもと、細々と調整を繰り返し・・・ついにリニューアル第一弾として、「インテリア」がオープンしました!様々なインテリアスタイルを探す際に便利な検索機能の追加のほか、リビング・ダイニングルーム以外の居室や住設ルームのカテゴリを多数追加しました!「こういうインテリアがつくりたい・・・」「部屋の見せ方がわからない・・・」手間と時間、スキルなど、色んな理由を天秤にかけて今まで諦めていたシーンがぐっとつくりやすくなるデータステーションのおススメコンテンツです!ぜひつかってみてくださいね!例えば和室なんかも、ベーシックなスタイルからモダンなものまで、シーンが増えています!気に入ったシーンを選び、表示されてるコンテンツデータをダウンロードし、プラン内のデータと入れ替えたり配置するだけで、同じコンセプトのシーンが容易に作れるようになっています!コンテンツのクオリティは折り紙つきなので、CADでも3DCGソフトでも高品質なパースの添景物として使用できます!※左上のCADデータから、データステーションのコンテンツに入れ替えし、下のパースをレンダリングし終わるまで約10分です。インテリアのコンセプトがはっきりしているので、配置にあれこれ迷う必要がありません!まずは簡単ではありますが、「パースコレクション 匠」インテリアのご紹介でした!現在、データステーションメンバーズにて公開中!活用方法など、こちらで取り上げていきますので、今後ともデータステーションをよろしくお願いします!http://www.datastation.jp/既に会員の方も、是非DATA STATIONをガンガン使ってくださいね!未会員の方は是非是非入会のご検討を!次回は、かねてよりリクエストが非常に多かったあのコンテンツがいよいよリニューアル・・・!全貌など、随時お知らせしていきます!こちらもお楽しみに!ブログの更新情報などは無料素材データサイト、FREEBANKのメルマガ会員になる事で受信できます!DS未会員の方は是非ご登録してみてください!http://free.datastation.jp/

      6
      テーマ:
  • 06 Feb
    • 畳の素材を使って、アーキトレンドで「和」の空間パースを作る!

      こんにちは!DATSTATIONの森山です。いつもデータステーションをご利用いただき、ありがとうございます! 1月のデータステーション更新で、畳のテクスチャー・コンテンツが沢山追加されました!今回はその中でもおススメの【坊主畳】を使用した、アーキトレンドでの簡単パース製作記事!【DATASTATION VHmembers】の会員様にぜひお試しいただければ・・・と思います!アーキトレンドと、データステーションの畳を使って、リビングに和のスペースをつくってみましょう!※私の使用環境は【ARCHITREND ZERO 2015】です!この空間に畳を設置し、和の空間をつくってみましょう。■【汎用】→【水平面】を選択  平面図上に畳サイズの四角いモデルをつくります。※今回は琉球畳なので正方形■【サイズ】の設定で畳の厚みをつけます※今回は20mmに設定しました。■【拡張】→【素材】から  畳のテクスチャーを選択して、モデルに貼り付けます※畳らしくなりました!■畳を【複製】して真横に移動させます。■【複製】した畳を【回転】で90度回転させます。※ちょっとわかりにくいですが、畳の目の方向が左右で変わりました。■畳の目が互い違いになるよう、複製して並べていきます。※こんな調子で、好みの広さになるまで大きくしていきます。■畳のテクスチャーを変えます。 モダンな和スペースをイメージして、モノトーンの畳を2色使います。※貼りつけました!広さは3×3枚分にしました。■他の部品を配置して、仕上げる! データステーションは和のコンテンツも豊富にあるので、 これくらいのスペースであれば簡単にコーディネートできます。※配置して、レンダリングして完成です!パーススタジオの【天空光(内観)】でレンダリングしました。いかがでしょうか。データステーションのデータを使用することで、どんな空間にも簡単に「和」のスペースをつくることができます!今回は畳のテクスチャーを使用しましたが2月末のデータステーション更新にて、3D部品としても大量に追加する予定です!こちらも今後、是非ご紹介しますのでお楽しみに!ブログの更新情報などは無料素材データサイト、FREEBANKのメルマガ会員になる事で受信できます!DS未会員の方は是非ご登録してみてください!http://free.datastation.jp/本ブログ内で使用してる素材データは全てDATA STATIONの素材データを使用しています。気になる方は是非こちらもチェックしてみてくださいね!http://www.datastation.jp/既に会員の方も、是非DATA STATIONをガンガン使ってくださいね!未会員の方は是非是非入会のご検討を!

      15
      テーマ:
  • 24 Jan
    • 今月注目のダウンロード素材、和のアイテムや畳を先行チラ見せ!

      こんにちは!DATSTATIONの森山です。 いつもデータステーションをご利用いただき、ありがとうございます! そろそろ月末ということで、給料日・・・もといデータステーションの更新日ですね~。 今月は特におススメのコンテンツが追加されるので、少しご紹介します! 注目は和のアイテム! こんな和モダンな柄のファブリックパネルや・・・ モダンながらも渋さを残した掛け軸も準備中です! もうひとつのおススメは畳のテクスチャー素材! 1帖から大広間用の帖数まで、幅広く製作してます。 この方が便利ですよね?       ここから色や、畳の種類も増やしていくので・・・ 最終的に50点近くのラインナップになるかもしれません!  こうご期待です!★★Webブラウザ エッジでのデータステーションログイン障害について★★ユーザー様から「IDとパスワードを間違いなく入力してるはずなのに、データステーションにログインできない」というお問い合わせを頂いております。この件につきまして現在のところ判明している原因が、下記の部分でした。■ユーザー様のPC環境・OSがWINDOWS10・WebブラウザがMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)解決方法といたしまして、Webブラウザをインターネットエクスプローラー、またはgoogleChromeに切り替えるとログインできるようなので、もし上記の環境でログインできない場合、是非お試ししていただけないでしょうか?ちなみに私、森山のPC環境もWINDOWS10なのですが、Edgeでログイン可能です。原因は多々ありそうなのですが、申し訳ありませんが現在のところまだはっきりしておりません・・・。何かありましたら、お手数ですがデータステーションまでお問い合わせを!なお、ブログの更新情報などは無料素材データサイト、FREEBANKのメルマガ会員になる事で受信できます!DS未会員の方は是非ご登録してみてください!http://free.datastation.jp/本ブログ内で使用してる素材データは全てDATA STATIONの素材データを使用しています。気になる方は是非こちらもチェックしてみてくださいね!http://www.datastation.jp/既に会員の方も、是非DATA STATIONをガンガン使ってくださいね!未会員の方は是非是非入会のご検討を!

      1
      テーマ:
  • 10 Jan
    • DATA STATIONで建築プレゼン・物の配置から~テクスチャートラブル解決まで!

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。本年もDATASTATIONも何卒宜しくお願い申し上げます!では早速今年一番のブログ記事にいっちゃいましょう!前回、住宅インテリア提案の実例としてCGソフト「Shade」を使用し、フリースペースの提案にDATASTATIONのコンテンツを使いパースを作成しました!今回はそれらのパースにどんなコンテンツを使用したか、ファイル名を記入しました!ぜひご参考にしてください!・子供の勉強スペース・みんなのパソコンスペース・お母さんの読書&書き物スペース・お父さんの趣味スペース青い四角で印をしてある物がDATASTATIONのコンテンツです。カウンターの小物セットを中心に、家具、壁小物を配置しました。★アドバイス!!今回はCGソフト「Shade」を使用して、3dsファイルをインポートし使用しましたがその際のご注意点をお伝えしたいと思います。■3dsファイルとテクスチャーのリンクに注意!「Shade」にて3dsファイルを読み込んだお客様から、「テクスチャーが表示されない!」というお問い合わせがありました。こういった原因については様々な例がありますが、「読み込んだ3dsファイルに対して貼られるはずのテクスチャーのリンク(場所)が違う」というケースが多いようです。対処法を下記に記載しました!・プラモデルの箱絵が表示されるはずが、テクスチャーが 貼られておらず真っ白になっています。・テクスチャーの状態を確認しましょう。 「外部参照ファイル情報」で指定されている場所に テクスチャーが置いてなかったり、または削除されたりしてると テクスチャーが表示されなくなってしまいます。・表示したいテクスチャーの場所を再度指定してあげましょう。 テクスチャーが置いてあるフォルダの場所(パス)を 外部参照ファイル情報にコピペします。 ↓青くなっている部分です!・表示が元通りになりました。・テクスチャーのリンク先が外れるケースを 防止する方法として、下記の方法もあります! 外部参照ファイル情報のリンク先が表示されている際に 「独立」を押して、テクスチャーを埋め込み型にしてあげましょう。 ・この操作を行うとshdのシーン内にテクスチャーが保存され、 次回シーンを開いた際にテクスチャーが無い!といった ケースを防止する事ができます。いかがでしょう?せっかくShadeを使用したので、テクスチャーに関するお問合せの解決策?も記載してみました。同様のケースがあった際、よろしければご参考にしてください!なお、私が使用してる「Shade」のバージョンは少し古いため、現行版と違う部分があるかもしれません、あらかじめご了承ください・・・。なお、ブログの更新情報などは無料素材データサイト、FREEBANKのメルマガ会員になる事で受信できます!DS未会員の方は是非ご登録してみてください!http://free.datastation.jp/本ブログ内で使用してる素材データは全てDATA STATIONの素材データを使用しています。気になる方は是非こちらもチェックしてみてくださいね!http://www.datastation.jp/既に会員の方も、是非DATA STATIONをガンガン使ってくださいね!未会員の方は是非是非入会のご検討を!

      3
      テーマ:
  • 05 Dec
    • DATA STATIONで素早く、効果的な建築プレゼン!

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。いつもDATA STATIONを使用してくださりありがとうございます!弊社に寄せられる問い合わせでも、「コンテンツが豊富で、あれば便利なのはわかるけど・・・」といった入会を迷われてる方、もっと上手に活用したい方がいらっしゃるようです。今回は住宅インテリア提案の実例を元に、どういったプレゼンに便利なのか?をご説明できればと思います!■フリースペースの提案をすばやく製作する!2F階段そばのフリースペース。あなたの頭の中では、施主様の家族構成で様々な使い方があることを説明したい。プレゼンは明日なので、時間もない…。いかに説得力のあるプレゼンを行うには?文章や話術、キレイな図面で説明してもいいでしょう。でも、やっぱり「百聞は一見に如かず」といいますか、実際に絵で見せる提案は、どんな人の頭にでもスッと入っていきます。今回はDATA STATIONの小物を中心にダウンロードして、フリースペースの使い方を表現してみました。使用ソフトは私の使い慣れた「Shade」を使用しています。・子供の勉強スペース・みんなのパソコンスペース・お母さんの読書&書き物スペース・お父さんの趣味スペースいかがでしょう?今回は4パターン制作してみましたが、DATA STATIONから3ds形式のファイルををダウンロード、Shadeにて配置、レンダリングを行いました。製作時間は1時間もかかってません!レタッチ作業などを一切していないので、パースとしては多少荒い部分もありますが、今回の様な提案ではそんな細かい所は気にしなくてもいいんです。データをダウンロードして、置くだけ!細かい素材設定なんかも全くしていません!次回は、DATA STATIONのどんなコンテンツを使ったのか?組み合わせたのか?等の具体的な部分を掘り下げて説明致します!なお、ブログの更新情報などは無料素材データサイト、FREEBANKのメルマガ会員になる事で受信できます!DS未会員の方は是非ご登録してみてください!http://free.datastation.jp/本ブログ内で使用してる素材データは全てDATA STATIONの素材データを使用しています。気になる方は是非こちらもチェックしてみてくださいね!http://www.datastation.jp/既に会員の方も、是非DATA STATIONをガンガン使ってくださいね!未会員の方は是非是非入会のご検討を!

      2
      テーマ:
  • 07 Nov
    • DATA STATIONユーザー訪問記①

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。既にユーザーの方も、そうでない方も、実際に本サイトのデータをどう使ってるか気になりませんか?今回はそんなDATA STATIONのユーザー事例のご紹介です。とはいっても今回紹介するユーザーはこの私、森山です。私はDATA STATIONを運営するこのファインに入社する前は、このDATA STATIONのユーザーでした。不動産の広告を主に扱うデザイン事務所で、「自分がパース担当になるんで、給料をアップしてください!」と見栄をきったのがスタートです。ちなみに当時は社内で誰もパースなんて作ったことがなく、独学でスタート。パースの勉強を1からやりつつ、DATA STATIONのデータをひたすらダウンロードして見よう見まねの独学でパースを仕上げる毎日・・・。約2か月後にようやく一件発注を頂けました。■2006年作2カ月の3DCGの勉強の結果、ようやく仕事の発注が貰えて、気合を入れて制作したパースだったと思います。今見ると非常に稚拙な出来ですが、当時はこれでも丸一晩かかりました。■2007年パースの仕事が徐々に頂けるようになり、仕事の合間に建築パースの本等を読み、視点の取り方や樹木のレイアウト方法等を勉強していました。■2008年徐々にパース制作依頼の物件規模が大きくなり、1件1件を丁寧につくりこむ作業から、短時間で納期内にパースを仕上げる実践的なスキルが身に付きました。■2009年短時間で効率的にパースを仕上げる作業に慣れてくると、「もっと明るく、楽しい感じに!」等、お客様の要望に答えて、パースの仕上げやタッチ等をカスタマイズできる様になってきました。■2010年依頼されるパースの規模は更に大きくなり、住宅街でなく周辺の施設まで・・・。広告等に掲載されるパースは、お客様のアイデアで色んな変化球がありました。■2011年やや高額な物件や人気の高いエリアのパースとなると、単なる家の完成予想図といった趣ではなく、より広告としてインパクトがあったり、高級感のある仕上げを求められる様になりました。夕方のシチュエーションはお客様からもウケが良かったです。■2012年現在のファインに入社する数か月前に制作したパースです。最後に近いの仕事で、比較的大きい規模の物件だったので、気合を入れて制作しました。夜景は幾つかのパターンを制作しましたが、一番反響があったのがこの色合いで仕上げたパースでした。いかがだったでしょうか?約6年間ひたすらパースを制作した環境だったということもありますが、DATA STATIONの会員だったので、パースに使う素材に関しては困った事がありませんでした。おかげでその辺りの心配はせず、毎日パース制作に没頭できました。DATA STATIONはパース制作者の観点から必要なデータを選りすぐって掲載しているので、これからパースを始めたい!もっとスキルを磨きたい!といった方にもおススメできるサイトだと自負してます。なお、ブログの更新情報などは無料素材データサイト、FREEBANKのメルマガ会員になる事で受信できます!DS未会員の方は是非ご登録してみてください!http://free.datastation.jp/本ブログ内で使用してる素材データは全てDATA STATIONの素材データを使用しています。気になる方は是非こちらもチェックしてみてくださいね!http://www.datastation.jp/既に会員の方も、是非DATA STATIONをガンガン使ってくださいね!未会員の方は是非是非入会のご検討を!

      1
      テーマ:
  • 30 Sep
    • 人気データリニューアルのお知らせ!&データのリクエストお待ちしてます!

      はじめまして。DATASTATIIONスタッフのYamagishiです。 DATA STATIONユーザー様、いつもデータステーションをご利用いただきまして本当にありがとうございます。現ユーザー様、そうでない方達も使ってみたくなるデータや、今後追加されるコンテンツの情報などを発信できればと思っております!9月末にDATA STATIONにアップしたデータについて、長らくご利用頂いてる会員様はもしかしたらお気づきになられたかもしれませんが・・・昔からある小物データのうち、ワインラックとグラスのセットなどが数点、再アップされております。これは手違いではございません!DATASTATIONができてかれこれ14年。開設当時と今では制作指針も変わってきており、当時のものと比べて制作クオリティに違いが出てきてしまいました。ですので、古いけれど使いやすくて人気のデータをリニューアルし、再アップさせていただきました!例えばワインとグラスのセット!おわかりでしょうか?このように曲面部分など全体的になめらかな仕上がりになってます。ご使用のソフトにより見え方に違いはあるかもしれませんが、最近アップされているデータと同レベルのクオリティに修正しておりますので、ぜひ新しくダウンロードして頂いてまたお使いください!今後も古いデータの修正だけではなく、新しいデザインの新コテンツもどんどんアップする予定ですのでぜひ毎月チェックして下さい!・・・と、ここで、ブログをご覧いただいてる方にだけチラリと現在制作中の新データをご紹介です!!チラっそう、これはベッドです!!まだ全体像はお見せできませんが、、、外観パースやエントランス・リビングパースに次いで居室では主寝室パースを描かれることが多いのではないでしょうか?DATASTATIONではしばらくベッドのデータを更新しておりませんでしたが、これまでよりナチュラルにシーツやクッションなどのファブリックの質感を表現したベッドを現在制作中です!完成次第掲載致しますので、乞うご期待ください!!また、DATASTATIONでは皆様のリクエストを何時でもお待ちしております!ご意見を参考に、ご要望が多いものを優先して掲載を検討させていただきますので、ぜひ皆様のご意見をお寄せください。▼データリクエストはこちらからhttp://www.datastation.jp/s/1609301.htmlメンバーズトップページのこちらからもリクエストフォームに飛べますので、いつでもお待ちしております!!それでは!!

      2
      テーマ:
  • 02 Sep
    • 見つけてあげて!文字列検索を使った、変わり種コンテンツたちの探し方☆

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。今回は前回のパース作成方法などではなく、ちょっとゆるめの記事になります・・・。が、DATA STATIONのワード検索機能、[文字列検索]を使用したマニアックなコンテンツの探し方から使い方までをご紹介します!気になるワードを[文字列検索]で入力してみましょう!↓たとえば[沖縄]で検索すると・・・・シーサーや琉球瓦、花ブロック、石垣など[沖縄]に関連するコンテンツが出てきます!CGソフトで使用するとこんな感じになります↓※このイメージはCGソフト[Shade]を使用して製作しました。こんどは[ハロウィン]で検索して出てきたコンテンツを使用してみました。アクセントにランタンを使用してます。(これも検索でヒット!)↓※このイメージはCGソフト[Shade]を使用して製作しました。次は[アジアン]で検索して出てきたコンテンツを使用した一枚です。あえてアクの強い置物を主役にしてみました。↓※このイメージはCGソフト[Shade]を使用して製作しました。最後は[魚][猫]で検索して出てきたコンテンツでフィニッシュです。マニアックなデータなのにやけにクオリティが高いですね・・・。↓※このイメージはCGソフト[Shade]を使用して製作しました。文字列検索の使い方と変わり種コンテンツはいかがだったでしょうか?「特定のカテゴリー以外全然使ってないよ!」という声をよく聞くので、皆様の知らなさそうなDATA STATIONの一面を、ご紹介してみました!なお、ブログの更新情報などは無料素材データサイト、FREEBANKのメルマガ会員になる事で受信できます!DS未会員の方は是非ご登録してみてください!http://free.datastation.jp/本ブログ内で使用してる素材データは全てDATA STATIONの素材データを使用しています。気になる方は是非こちらもチェックしてみてくださいね!http://www.datastation.jp/

      1
      テーマ:
  • 10 Aug
    • お盆までにマスターする!Photoshopでの外観パースレタッチ【背景、前景を配置する】

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。Photoshop(フォトショップ)を使用した外観パース作成は今回が最終回!今回は最後の仕上げともいえる、背景~前景の配置の仕方をご紹介します!背景に使用するDATA STATIONのデータは下記の通りです。では早速、フォトショップでの操作を行いましょう!■背景、前景用の画像を合成~馴染ませるとはいっても、基本的な配置の操作は樹木や車の時と同様です。画像を配置した後の馴染ませるコツもご紹介するので、是非参考にしてください!①背景用の高木が建物のレイヤーの後ろにくるように並び替え、配置します。②樹木の大きさ、間隔などのバランスは↓を参考にしてください。③次は低木を配置します。高木のレイヤーの前になるように並び替え、配置します。 空の画像を入れた際、水平線が見えてしまうと雲の上に建物が立っているように見えるので、それを隠す為でもあります。④レイヤーの並びの一番最後に、空の画像を配置します。 完成まであと少し!樹木の画像を馴染むように調整していきます。⑤低木の調整⑥高木の調整⑦前景の配置も行います。こちらは[反転]と[選択][削除]の操作を行います。⑧前景の調整、その1⑧前景の調整、その2⑨前景の調整、その3⑩前景の調整、その4■完成!!次回は背景の部分を仕上げていよいよ外観パースの完成です!約1カ月にわたってご紹介してきた、フォトショップを使った外観パースの制作はいかがだったでしょうか?DATA STATIONの素材データを少しでも使っていただける様、活用方法を含めて本記事を制作してきました。なお、ブログの更新情報などは無料素材データサイト、FREEBANKのメルマガ会員になる事で受信できます!DS未会員の方は是非ご登録してみてください!http://free.datastation.jp/本ブログ内で使用してる素材データは全てDATA STATIONの素材データを使用しています。気になる方は是非こちらもチェックしてみてくださいね!http://www.datastation.jp/

      2
      テーマ:
  • 09 Aug
    • お盆までにマスターする!Photoshopでの外観パースレタッチ【車を配置する】

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。Photoshop(フォトショップ)を使用した外観パース作成もいよいよ大詰めです!今回は車の配置の仕方等をご紹介します!住宅の外観パースに乗用車を配置することで、建物のスケール感が増します。また、差し色などのアクセントにもなります!パースの完成度を上げるのに欠かせない要素ですね。乗用車を表現する方法として、3Dデータの車をCGソフト内に配置してレンダリングする方法。写真などの平面的な2D素材をパースに合成する方法があります。今回はフォトショップを使用した操作なので、後者の方法をご紹介します!まずはパースに配置したい乗用車の画像を選びましょう。DATA STATIONでは2D素材の[乗り物]に乗用車の画像データが豊富に置いてあります!パースの角度に合った画像を選んでダウンロードします。今回はハッチバック[iha002ap]を使用しました。また、フォトショップで使用するのは[png]ファイルがおススメです!http://www.datastation.jp/s/1608091.html■車の画像を合成~馴染ませるフォトショップで車の画像を開き、パースに合成しましょう。ここまでは前回までの植物と同じですね。そのままでは影もなく浮いてしまうので、まずは影を制作します。①↓の画像の様に車の画像を複製しましょう。②↓色相・彩度の設定で真っ黒にし、影部分のレイヤーにします。③レイヤーの順番を入れ替えて、影レイヤーを下側にしましょう!④[編集]から変形ツールを選びます。⑤↓自由変形で調節し、影っぽくなるような形にしましょう!⑥↓不自然に伸びた部分を消します!⑦↓もうひと手間、影の濃さを調節します!※超重要です!⑧車の周囲に白いラインが出た場合は、↓の操作で軽減できます!⑨↓色を変えたい場合の操作はこれ!以上の操作を経て、車の合成が完了!後は背景をいれれば完成です。次回は背景の部分を仕上げていよいよ外観パースの完成です!更新は8/10(水)を予定しています!なお、使用している画像は全て素材ダウンロードサイトDATA STATIONを使用しています。気になる方はぜひこちらもチェックを宜しくお願いします!http://www.datastation.jp/

      テーマ:
  • 04 Aug
    • お盆までにマスターする!Photoshopでの外観パースレタッチ【植栽を表現する。3/3】

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。引き続きPhotoshop(フォトショップ)を使用した植栽表現の後編です!今回もお役立ちのテクニックをご紹介します!前回までは、樹木の画像の配置や不要な部分の削除の仕方などまで行いました。最後の仕上げとして、各樹木の画像を、パースに馴染ませていきましょう!樹木の違和感の原因として、光に照らされている方向が建物と異なっていることとコントラストや色味が合ってないというのがあげられます。■[覆い焼きツール][焼きこみツール]を使う!光の照らされ方を表現する方法としてはフォトショップの[覆い焼きツール][焼きこみツール]を使用して樹木に光や陰を描く様に調整していく方法がおススメです!実際に使用してみればすぐわかりますが、このツールは色を塗るのではなく触った範囲のコントラストなどを強調してくれるツールです。2つの違いをおおざっぱに言うと、[覆い焼き]が明るく、[焼きこみ]が濃くしてくれる感じでしょうか。実際に使用した結果がコチラ!樹木が左上から光に照らされた感じになっていませんか?多少の慣れは必要ですが、繊細な操作があまり必要されなく、失敗が少ないのでおススメな方法です。また、コツとしては同系統の樹木のレイヤーを結合して一気に処理すると、調整がしやすいです!■[塗りつぶしレイヤー]で全体の色を整える!各樹木によって色味がバラバラで、それはそれでリアルとはいえますが、1枚の絵としてみた場合、樹木の種類によってはどうしても悪目立ちしてしまう場合があります。そういった症状を、[塗りつぶしレイヤー]を使った方法で軽減してみましょう。1:まずは樹木のレイヤーをすべて結合するなどして、[自動選択ツール]で全選択できるようにします。2:樹木を全選択後、[レイヤー]→[新規塗りつぶしレイヤー] → [べた塗り]の順に選択します。3:任意の色を選択できるので、好きな色を選んでみましょう。 [塗りつぶしレイヤー]が作成されます。色は後から自由に変更できます。4:[塗りつぶしレイヤー]を下記の画像の様に調整します!※乗せる色により、樹木の色味が微妙に変化します。 下記に比較画像を乗せているので参考にしてみてください。  この操作により 色のトーンがバラバラの樹木を落ち着かせ、全体を馴染ませる効果があります! ・赤色レイヤー・黄色レイヤー・青色レイヤーこれで樹木、植栽の表現、調整が終わりました。次回は背景、車、その他の部分を簡単に仕上げていよいよ外観パースの完成です!更新は8/9(火)を予定しています!ぜひチェックの程、宜しくお願い致します!

      テーマ:
  • 02 Aug
    • お盆までにマスターする!Photoshopでの外観パースレタッチ【植栽を表現する。2/3】

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。前回からスタートしたPhotoshop(フォトショップ)を使用した植栽表現をいよいよ行います!ではさっそく操作をしていきましょう!※毎度申し訳ありませんが・・・フォトショップの操作に関する 用語などについては参考書をご覧ください!(高度な作業は無いので大丈夫です!)前回紹介したDATA STATIONの植栽の画像を、パース画像に配置していきます。基本的に[拡大・縮小]ツールを使用して図の様に配置していくだけですが花などの背の低い植栽を配置する際は[変形]ツールを使用すると地面に設置する部分をより自然に配置できます。おススメ!枝のある小~高木あたりは[変形]ツールを使用すると逆に不自然に見えてしまうことが多いので使用しないほうがいいでしょう。(全部の植栽をいちいち変形させると面倒ですしね・・・)いかがでしょう、殺風景だった建物に豊かな色彩が生まれ、スケール感も強調されてきました!↓↓↓↓↓↓↓ここまでやったら完成。という気持ちもありますが、せっかく高性能なPhotoshopを使うのでもう少し細かい部分を詰めて、パースの完成度を上げてみましょう!特に気になる点は下記の2点です。ここの修正を行うだけでパースのまとまりが一気に上がるので、おススメポイントです。まずはグリーンの直植えの修正から行います。そのまま配置しただけだと、外構の地面から浮いてるように見えるし必要以上にボリュームがありすぎて、モッサリみえませんか?下記の操作でグリーンの直植え画像の不要な部分を切り取りましょう!グレーのタイルの流れに沿ってグリーンの直植えの下部分をカットしました。画像を置きっぱなしより地面との一体感が生まれてませんか?こういった処理がお手軽に行えるのはPhotoshop等の画像編集ソフトならではだからですね。こういった処理のコツとして、削除する部分としない部分の使い分けが重要です!今回のパースでは、グリーンの直植えは下部分をカットしましたが、門柱の下の花はそのままにしました。こうすることで植栽にメリハリがうまれます!記事にすると長くなりますが、やってることは配置、変形、削除とPhotoshopの基本的な操作しかしてませんので実に簡単です。あとは実践あるのみ・・・でしょうか。次回は植栽画像のコントラストや色味の調整など仕上げに関するコツを中心におおくりします!更新は8/4(木)を予定しています!ぜひチェックの程、宜しくお願い致します!

      1
      テーマ:
  • 26 Jul
    • お盆までにマスターする!Photoshopでの外観パースレタッチ【植栽を表現する。1/3】

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。前回の窓ガラス表現から引き続き、Photoshop(フォトショップ)で住宅パースを仕上げていきましょう!今回はエクステリアの華!樹木などの植栽表現をおこないます!※申し明けありませんが、フォトショップの操作に関する 用語などについては参考書をご覧ください!(高度な作業は無いので大丈夫です!)まずは今回使用するDATA STATIONの植栽データをご紹介!http://goo.gl/hNjoi0■中~高木系・トウネズミモチトリカラー(aba086ap)・シマトネリコ(aaa058ap)・コブシ(aaa054ap)・ツバキ(aba002xp)■低木系・ツゲ エレガンティシマ(aca028ap/aca028bp/aca028cp)■花、植え込み系・メランポジューム(aja071ap/aja071bp/aja071cp)・トレニア(aja051ap/aja051bp/aja051cp)・アリッサム(aja021ap/aja021bp/aja021cp)データの準備が揃いました!では早速作業を開始していきましょう・・・。が、申し訳ありません!今回も記事の長さの関係上、本格的なPhotoshopでの作業は次回ということで・・・。更新は8/2(火)を予定しています!ぜひチェックの程、宜しくお願い致します!

      テーマ:
  • 19 Jul
    • お盆までにマスターする!Photoshopでの外観パースレタッチ【窓ガラスを表現する。2/2】

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。前回に引き続き、早速Photoshop(フォトショップ)で窓ガラスを仕上げていきましょう!フォトショップを起動し、ベースの建物画像とDATA STATIONの窓画像を開きましょう。※申し訳ありませんが、フォトショップの操作に関する 用語などについては参考書をご覧ください!(高度な作業は無いので大丈夫です!)■窓ガラスをふちどる・多角形選択ツールなどで、窓ガラスの表現をしたい範囲をふちどりしましょう。(マスク作業といいます)ちょっと面倒ですが、基本的に四角い窓を囲っていくだけな簡単な作業です。全てのふちどりが終わったら、[選択範囲]→[選択範囲の保存]でマスクを保存します。■1枚目の窓画像を貼りつける・先ほど開いたDATA STATIONの窓画像[ecp005xp]をctrl+Aで選択、ctrl+cでコピーします。・先ほど保存した窓のマスクを[選択範囲を読み込む]で表示させます。・[編集]→[特殊ペースト]→[選択範囲内へペースト]で、窓画像を、マスクした範囲の中にだけ貼りつけることができます。・貼りつけた画像を複製したり、拡大縮小したりしながら↑の様な見た目になるまで調整します。■1枚目の窓画像を調整する・貼り付け調整が終わった窓画像を下記の様に[透明度]と[彩度]を調整します。・↓の仕上がりを目指しましょう!操作は全然難しくないので、参考書があれば大丈夫です!!■2枚目の窓画像を貼りつけて調整する・1枚目と同じ手順でDATA STATIONの窓画像[ecp013xp]をマスクした窓の範囲内に貼り付けます。・↓な感じの見え方になるように貼りつけます。1枚目の窓画像が見えなくなりましたが、今はこれでOKです。・2枚目の窓画像の[レイヤー]の効果を[通常]から[ソフトライト]に変更します。※超重要です!・↓下の画像が透けて複雑な表現になってきました!■3枚目の窓画像を貼りつける・1、2枚目と同じ手順でDATA STATIONの窓画像[ecp008xp]をマスクした窓の範囲内に貼り付けます。・↓注意!2階部分の窓にだけ貼りつけます。■3枚目の窓画像を調整する・貼り付け調整が終わった窓画像を[消しゴム]を使い、画像の不要な部分を消しつつ調整します!ちょっとややこしいですが、下記の様に3枚目画像がうっすら残るように消しゴムの[不透明度]を弱めにしながら消していきます!■窓の影部分を描く!・[ブラシツール]の黒などの濃い色で建物側面の窓や 1階窓下側の地面に近い部分を少し暗くします。 ↓を参考にしてください!■窓の色を調整して仕上げる!・窓の選択範囲を読み込んで、↓の画像の様に[レイヤー]の部分から[カラーバランス]を選択します。・今回は下記の様にカラーバランスを調整しました。■窓ガラスの完成!・上記の手順を踏んで、窓部分のレタッチが完成しました!いかがでしょうか?Photoshopを触った事がない、慣れてない方にとっては???な部分もあるかと思いますが、高度な操作は行っていないので、参考書片手に頑張れば決して難しくない作業です!DATA STATIONもそんな作業をサポートするデータが沢山ございます!http://datastation.jp/ご興味がある方は是非チャレンジしてみてくださいね!次回は樹木や植栽を植えこんでいくテクニックをご紹介します!更新は来週7/26(火)を予定しています。私森山がDATA STATIONのデータの使い方をどんどんご提案していきますので、お楽しみに!

      1
      テーマ:
  • 17 Jul
    • お盆までにマスターする!Photoshopでの外観パースレタッチ【窓ガラスを表現する。1/2】

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。前回は3DCGソフトを使用したDATA STATIONの活用方法でしたが、今回のお題はこれです!どーん!知らぬものはいない、超メジャー画像編集ソフト「Photoshop(フォトショップ)」!!このソフトとDATA STATIONのデータ使って、建築パースを仕上げる方法をご紹介します!パースではレタッチと呼ばれる作業ですね!記事の関係上、Photoshop機能の名称、操作の詳細な説明は省いたりしていますが全然大丈夫です!参考書1冊が手元にあればすぐわかる機能しか使ってません!今回はPhotoshopで窓ガラスを表現してみましょう!■ベース画像の準備・まずは3DCG・CADにてPhotoshopに持っていくベース画像を出しましょう!私はShadeを使用してモデリング、レンダリングを行いました。建物、植物を除いたエクステリア、道路なんかがあれば十分です。窓ガラスはPhotoshopで表現するので、かなり適当な処理でOKです。■DATA STATIONデータの準備今回、窓ガラス表現に使用するDATA STATIONのデータはこの3つ!こちらのデータの準備も忘れずに!DATA STATIONの2D窓画像をダウンロードしました。http://goo.gl/ZJuVWH・ecp005xp・ecp013xp・ecp008xpデータの準備が揃いました!では早速作業を開始していきましょう・・・。が、申し訳ありません!記事の長さの関係上、本格的なPhotoshopでの作業は次回ということで・・・。更新は明日7/20(水)を予定しています!ぜひチェックの程、宜しくお願い致します!

      テーマ:

プロフィール

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。