データ原稿のツボ

みなさんこんにちは!
同人誌印刷会社『しまや出版』です。

皆様からいただいたデータ入稿の質問や、データ入稿方法のピンポイントアドバイスを掲載していきます!


テーマ:

こんにちは、データ班のタカ坊です。


本日はPhotoshopなど画像ソフトで入稿される場合の注意点です。


それは


「レイヤーは必ず統合してください。」



同人誌を作られる皆様でもっとも使われているソフトのひとつがPhotshopです。


Photshopの機能の中には様々な便利な機能がありますが、


その中のひとつにレイヤーがあります。


お使いの皆様の多くはこの機能をお使いだと思いますが、


原稿が完成しご入稿いただくときにはこちらを統合してのご入稿をお願いしています。


その中で間違いやすい事例をひとつご紹介させていただきます。


それがこちらです。




データ原稿のツボ


一見統合されているように見えますが、


これではレイヤーは1つに「結合」はされていますが、「統合」されてはいないんです。


統合が完了したデータはこのようになります。


データ原稿のツボ


レイヤー名が「背景」になります。


もう一つ判り易い部分がこちらです。


データ原稿のツボ データ原稿のツボ


左側がレイヤーが未統合のデータで、右側がレイヤー統合済みのデータになります。


未統合ですとレイヤーコマンド内の「画像を統合」が使用可能ですが、


統合が完了したデータでは、これ以上統合する事が出来ないため選択肢がホワイトアウトします。


一見たいした違いには見えませんが、


ご入稿いただきましたデータをキレイに印刷させて頂くために機械上必要なため、


皆様ご入稿の際には是非ご確認いただけましたら幸いです。



※この参考画面画像はMacOS10.4 PhotoshopCS4 の画面です。




『素敵な本創りのお手伝い』 しまや出版


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、データ班のタカ坊です。


本日はオンライン入稿で入稿される場合の注意点です。


それは


「オンライン入稿は必ずデータを圧縮してください」



皆様データで原稿を作られますと以下のような原稿の生データをページ数分出来上がっていると思います。


データ原稿のツボ


このまま各ページを指定してオンラインでデータを送ることも可能ですが、


生データをそのまま送りますと、ファイルが壊れて開かなかったり、データにノイズが入ってしまったり、ファイル名が化けたりなどさまざまな問題が発生する場合がございます。


それを回避する作業が圧縮です!


まずはフォルダーにデータを集めます。


データ原稿のツボ




次にフォルダーごと圧縮してください。


圧縮方法はパソコンによって多少の違いはございますが、


フォルダーを右クリックしていただけると、


多くのパソコンは圧縮コマンドが表示されると思います。



データ原稿のツボ



その際圧縮形式を選ぶ場合が多いですが、


当社では「lzh」「zip」「rar」「sit」「sitx」など対応可能です。


データ原稿のツボ



最後に書き出されました圧縮ファイルの容量を確認し、


50MB(メガバイト)以内でしたらオンラインでお送りください。


もし50MBを大きく超えてしまいましたら、フォルダーを複数個に分け再度圧縮し


1度につき50M以内での送信をお願いいたします。



注意:来店、郵送などでCD-ROMで入稿される場合は圧縮する必要はございません。





※この参考画面画像はWindowsXPの画面です。


『素敵な本創りのお手伝い』 しまや出版

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、データ班のタカ坊です。

本日は


「正方形本の原稿の作り方」


をご紹介いたします。


最近ちらほらと見かけるようになった正方形本。

興味が有るけど作り方がわからない人も少なくないと思います。


印刷所が正方形の本を作る場合は基本的にまず普通のB5やA5の本を作ってから、

正方形にするために長編を断裁して仕上げます。


そのためデータで原稿を作る場合方法は大きく3つあります。

(見本数字はB5の正方形を作る場合のサイズです。



1、原稿を企画サイズの用紙やトンボに対して上寄せに書く。


データ原稿のツボ


天側の仕上がりから正方形になるようにお作りいたします。



2、原稿を企画サイズの用紙やトンボに対して下寄せに書く。

データ原稿のツボ

地側の仕上がりから正方形になるようにお作りいたします。




3、仕上がり+3mmで書く

データ原稿のツボ

こちらで調整し作業いたします。


そして、ひとつだけ注意があります!


原稿は作る際は表紙本文を含めひとつの作品はすべての位置を統一してください。


天側に揃えるなら、すべて天側。

地側に揃えるなら、すべて地側。

塗り足し3mmなら、すべて塗り足し3mm。

でお作りください。


揃っていませんと断裁する際に位置が合わず、

お客様のイメージと異なった本になってしまう場合がございます。

ご注意ください。


『素敵な本創りのお手伝い』 しまや出版




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。