2009年09月13日 08時42分12秒

ドイツ語 ウムラウト入力方法 Windows Vista編

テーマ:ドイツ/ドイツ語
ウムラウトを入力するのは、Windows初期状態だと難しい。
äöüßがある文章からコピー&ペーストしてくるか、ワードなどのプログラムにて特殊記号を挿入するか。
とりあえず面倒な手間がかります

それを楽にしてしまえるのが、キーボード言語の追加。

Windows XPでの追加方法は、こちら。
ドイツ語 ウムラウト入力方法 Windows XP編 

ここではWindows Vistaでの説明を書いていきます。
 
まずはスタートメニューから「コントロールパネル」開きます。

Das Blog - ドイツ語翻訳&日独生活-Vistaキー
そして、「地域と言語のオプション」を選択します。

Das Blog - ドイツ語翻訳&日独生活-Vistaキー2
地域と言語のオプションウィンドウが開くので、上の「キーボードと言語」タブをクリックします。

Das Blog - ドイツ語翻訳&日独生活-Vistaキー3
するとこちらの画面に切り替わるので、「キーボードの変更」を選びます。

Das Blog - ドイツ語翻訳&日独生活-Vistaキー4
こちらの画面では現在使用出来るキーボード言語が表示されています。
最初の状態では「ドイツ語」が無いので、右側の「追加」をクリック。

Das Blog - ドイツ語翻訳&日独生活-Vistaキー5
とても長い選択肢の中から、「ドイツ語」→「ドイツ」のマスをマークします。
そして右上の「OK」へ。
すると先ほどの「テキストサービスと入力言語」画面へ戻り、ドイツ語キーボードが追加されています。

Das Blog - ドイツ語翻訳&日独生活-Vistaキー6
上のタブ「詳細なキー設定」を見てみれば、左Altキーを押しながらShiftキーを押せば、切り換えられるとの表示が出ています。

「OK」を選択して、ウィンドウを閉じれば終了です。

Das Blog - ドイツ語翻訳&日独生活-Vistaキー7
タスクバーにこの様にJP(日本語キー)かDE(ドイツ語キー)を選択できるようになっています。

ここはマウスを使って選んでも良いし、左Altキーを押しながらShiftキーで切り換えても構いません。

これで無事に特殊文字öäüßを入力する事が出来るようになります。
Windows XPでの方法の所でも書いたように、キーボードに印字されている物と実際に入力されるものが変わります。

具体的に言えば、↓の様な並び方です。
$Das Blog - ドイツ語翻訳&日独生活-ドイツ語入力時
左半分が慣れ親しんでいる日本語設定の時。
右半分がドイツ語入力に変更している場合。

また、「Z」キーと「Y」キーも入れ換わっています。
配列がどう変わるのか、を覚えるまではちょっとひと癖あり、です。
タッチタイピングが出来るようになれば全く問題はありませんが。

一応「ドイツ語」の「ウムラウト入力」として紹介していますが、
上にある「入力言語の追加」の段階にて「フランス語」「イタリア語」「スペイン語」、「韓国語」等、任意の言語を選べば、その言語を追加する事が出来ます。

あまり知られていないけど、地味ながらとても便利な機能。
翻訳家にとっては必須だと思います。


にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
AD

[PR]気になるキーワード