初めまして!南の島のだるまと申します!!

 南の島=沖縄から、極私的な日記を綴って参ります。

 従いまして、あまりの独断と偏見に嫌気がさすという方も、少なくないかと思いますが、そのときは、どうか速攻でスルーしていただければと存じます。あはは。

 とりま、Free!とアニメ、ぬこたちやら、5人だった東方神起にK-POP、韓国のことなんかがネタになってます。

 こんなだるまですが、皆様よろしくお願いいたしますっ!!


 でもって、HP「だるまさうし」 へも足を運んでいただきますよう、お勧めいたします(^-^)ノ~~。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年02月24日(金)

『浦富名勝古跡案内』【9】

テーマ:ブログ

 『浦富名勝古跡案内』には、いくつかの挿絵があります。その1つ1つが味わい深く、浦富の歴史や文化を物語っています。写真製版の技術が普及していなかった時代、挿絵の持つ力がいかほどであったかをうかがわせていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月23日(木)

『浦富名勝古跡案内』【8】

テーマ:ブログ

 浦富の紹介も浜から町の方へ移って来ています。町の方は、鵜殿氏の城下町で、お寺や神社など由緒ある土地柄であることがわかります。

 沖縄と縁の深い松田道之のことにも、少し触れていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月22日(水)

『浦富名勝古跡案内』【7】

テーマ:ブログ

 田後から網代へかけての海岸線は、海の上から見ても、陸の上から眺めても素晴らしい景観です。昨年は、海から見ましたから、今年は陸からの眺めを楽しめたらと考えています。

 『浦富名勝古跡案内』には、その景観を詠んだ漢詩や和歌などが掲載され、時代を超えて人々に感動を与え続けていることがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月21日(火)

『浦富名勝古跡案内』【6】

テーマ:ブログ

 『浦富名勝古跡案内』は、浦富ら辺を紹介した活字の印刷物としては古い方かと思われます。

 本日、ご紹介する辺りは、浦富海水浴場から小栗浜、田後なので、『Free!』によく登場したところですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月20日(月)

『浦富名勝古跡案内』【5】

テーマ:ブログ

 風邪のヤツ、咽頭炎で治まったと思いきや、喘息方面へなだれ込みよってからに、コンコンして往生おります。はい。

 さて、『浦富名勝古跡案内』は、その前後の広告がやたら多いのですが、それだけスポンサーが期待を込めているという証拠なのでしょう。ですが、そろそろ目次の本体を経て本文に入ります♪

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月19日(日)

『浦富名勝古跡案内』【4】

テーマ:ブログ

 気付くと・・・昨日で「だるま親雲上日日記」が「岩美ブログ」と化して、300回を数えました!いやはや、2ヶ月も続くのかなと思っておりましたが、やはり岩美町の底力はすごいです。お陰様で301回を迎えました。

 ということで、『浦富名勝古跡案内』を続けて参ります。広告がつづいていますが、浦富海岸二大旅館の一つ、竹間・清風館のものがあります。片山・観潮楼に比べ、史資料が少ないので貴重ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月18日(土)

『浦富名勝古跡案内』【3】

テーマ:ブログ

 この『浦富名勝古跡案内』は、東京で印刷されているにも関わらず、イマイチ写真がよくありません。公開するためのコピーがよろしくないのかも知れませんが、当時はまだまだ印刷技術が発達していなかったからではないかと思います。

 だるまが駆け出しのころ、沖縄県内の某印刷会社も写真の印刷が下手で困った覚えがあります。世は昭和の終わりでしたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月17日(金)

『浦富名勝古跡案内』【2】

テーマ:ブログ

 風邪をひかないように、うがい・手洗いを励行していましたが、一昨日辺りから上あごの付け根辺りが腫れてます。とにかく、扁桃腺と気管に飛び火しないように頑張ります!

 さて、今回ご紹介する『浦富名勝古跡案内』は、国立国会図書館のデジタルコレクションに公開されているものです

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/766087/25

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月16日(木)

『浦富名勝古跡案内』【1】

テーマ:ブログ

 今回ご紹介するのは、『浦富名勝古跡案内』です。1911(明治44)年に浦富顕勝会が編纂し、同会が発行所(発行人は木山竹治)となっています。印刷は東京の凸版印刷株式会社分工場となっていますから、山陰本線の開通に合わせ、気合いの入ったガイドブックをつくったといえましょう。

 たくさんの広告も面白いですよ。まずは、自序などから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月15日(水)

『鳥取縣史蹟名勝案内』から

テーマ:ブログ

 今日は、お釈迦様が涅槃に入られた日です。よりによっても涅槃会がだるまの誕生日。ということは、生まれ変わり?いやいや、ダライ・ラマじゃないので、そういうことはありません。あはは。ただのおっさんが、単に齢を重ねました。

 とりま、おめでとうございます!お福分けぇ~

 

 

 ということで、表紙に大国主命が登場する「因幡の白兎」の一場面が描かれている『鳥取縣史蹟名勝案内』をご紹介いたします。

 この冊子は、1936(昭和11)年に鳥取県総務部知事官房が発行したものです。

 このうち、18頁から岩美町に関する記載があります。「二、浦富海附近」として、「浦富海岸」、「岩井温泉」、「岩井廃寺塔址」、「二上城趾」が紹介されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。