だるまんブログ

生きる知恵である陰陽五行についてだるまんと語るブログ。『だるまんの陰陽五行』(三冬社)より発行。


テーマ:
7月21日(木) 18:00~20:00 には東京駅でだるまん講習会があります。
森羅万象を読み解くモノサシ、陰陽五行ですが、今回の講演では哲学をとりあげます。
主題は「儒教」ですが、この背景にある中国の道教、仏教との関係をまず五行で整理するとわかりやすくなります。

老子の道教は「無為自然」すなわち「おのずから然り」という、この世的な「モノ」の世界を超えた「モノ以前のもの」の理念を見つめよ…と言います。
仏教では「モノ」と「モノ以前のもの」の関係性をあやつる「仏性」や「仏」に世界の根元を見ます。
孔子の儒教では、この世的な「モノ」の世界を正しく誘導するのに必要な仁や礼といった秩序を優先します。

子供の時の学校の授業でこう習った時、いろんな人がいろんなことを言いますが、「何がホントなの?」と思いました。正解は何がホントということはなく、それぞれがそれぞれの立場で世界を把握した結果、このように言った…ということなのです。
しかし、そこに五行のモノサシを応用すると、すっきりと整理できます。
道教は「木」、仏教は「火」、儒教は「土」…的立場ということなのです。

「木」とは現実以前の観念(想念)の世界を指すし、「土」とは私たちが現実と認識するこの世的なモノの世界に相当します。そして「火」とは、観念(想念)と現実をつなぐ神聖な「何か」です。それぞれがそのパートに主眼を置いた結果、上のような結果ができたのだ…と理解できるのです。

また、この関係性は西洋の哲学にもそっくりなものがあります。
フランシス・ベーコンの「イギリス経験論」はこの世的な「モノ」の世界における「経験」に世界の実体を見、
デカルトの「フランス合理論」では想念という「モノ以前のもの」から成り立つという前提のもとに世界を見、
カントの「ドイツ観念論」では想念と経験対象をひとつのつながりとして見ました。
従って、
ベーコンは「土」、デカルトは「木」、カントは「火」ということになります。

これをひとつの指標として再度儒教なり、道教なり仏教なり、西洋哲学なりを見ていくと
「なるほど、立場によってこのように言えるのだな〜」と理解できるのです。

目を転じて現代のあり方をみてみましょう。
多くのケースは主眼は「モノ」の世界、つまり「モノ」以外のものはない!という世界観に染まっているので「土」なのです。
しかし、上記のように主眼をどこに置くのかでまったく違った世界観が展開され、私たちの認識はぐーっと広まっていくのです。

そしてさらに、五行を使うとそれぞれの方向性が見えてきます。
「木」→(「火」)→「土」という順番です。
つまりは「木」のような観念の世界は「火」のような神聖なる何かの影響を受けて「土」という現実世界に着地する…という順番です。
これはなにが偉いとか正しいかということではなく、ものごと組み立てとしての順番です。必ずしも歴史的にこの順番になるとは限りません。立場がそれぞれの認識の優先度を決めるからです。しかし、順番がわかっていると、理解が進みます。

たとえば、老子の理想(「木」)に、仏教のような具体的な神的存在(仏)(「火」)を想定することで、儒教的な現実面(「土」)での応用がしやすくなるということです。
儒教には神仏の設定はありませんが、内容的にはそういうことです。
こう理解していくことで、学問としての儒教などが、現実に応用できるものの見方へと変わっていきます。

そして、「土」の次には何があるか…ということまで見えてきます。五行では「金」の影響のもと、「水」がある…と理解します。
「水」とは「火」のような神聖さをもった現実を超えた世界観でもあります。これから私たちが向かうのは、「水」なのです。

▶東京駅  2016年7月21日(木)   18:00~20:00
タイトル→  儒学と陰陽五行  費用 3000円
場所… 東京八重洲会議室(イオンコンパス)
東京都中央区京橋1-1-6 越前屋ビル4階  (八重洲地下街から行くと24番出口を上がる)
申し込み→ 三冬社 03-3231-7739 http://www.daruman.info/contact/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
とにかく何にでも使えるのが陰陽五行というモノサシの便利なところです。従って「国家のあり方」なんていう厄介なものに対しても指標を作ることができます。
中国も日本も儒教の考え方が国家のひとつの基盤になっています。なぜなら、儒教のもつ「君=元首」「臣=官僚」「民=国民」という分け方と、規律にそって「上位の者」に従うという考え方は支配者にとってはとても便利なものだからです。しかし、孔子の言い出した儒教の本質はこうした支配主義とは全く異なるもので、ひとりひとりの心の規範としてのものでした。

後の時代の孟子、さらには前漢の董仲舒は、これを五行に当てはめて 「仁」=「木」、「義」=「金」、「礼」=「火」、「智」=「水」、「信」=「土」(全部あわせて五常という)という図式を作りました。
ここに五行の相生ルート、相剋ルートの考え方を当てはめていくと興味深いことがわかります。
相生関係…「木」、「火」、「土」、「金」、「水」の順に次のものを産んでいく関係
相剋関係…「木」、「土」、「水」、「火」、「金」の順に次のものを剋する(負かす)関係
『だるまんの陰陽五行』シリーズでは、一見よくないように見える『相剋』関係を、ルート(道順)としてとらえ、弱い相手に向けて力を送っていく流れとみることで、大切な関係性であると説明しています(『だるまんの学問のすすめ』など参照)。

詳細ははぶきますが、相剋ルートの「弱い相手に向けて力を送っていく」というところが大切で、通常の相生ルートで見ていくと、単純に上位のものが下位のものを支配する関係性へと変化していくのがわかります。『仁愛(「木」)をもって上位のものを敬う(「火」)のがまこと(「土」)である。まこと(「土」)は規範(「金」)に沿うことで道徳(「水」)となる。』ということです。
しかし相剋ルートでいくと、もっと深くなります。たとえば「火」の「礼」は単純に「上のものを敬う」…ということではなく、謙譲の心をもって「敬うべきを敬う」という話になっていきます。「金」の「義」は単純に「上のものが与えた規範に従う」…ということではなく、内なる規範にそって、「自らの闇に向き合い浄化し、真の智恵を育てる」という話になっていきます。
(なぜそう読めるのかについては「触媒」という考え方について説明が必要なので、この場では割愛させていただきます)

たとえば、江戸幕府では主君の命令は親の命令よりも上です。だから仮に親が正義の為に主君に反乱したとしても、その息子は親を斬るのが「正しい」ということになります。しかし、相剋ルートとして検討すると、そのような表向きの上位関係を言っているのではなく、内面のあり方として、「何を敬うべきか」を言っていることがわかるのです。主君であっても、内面が納得しなければ、愚かな主君に反乱を起こすこともありうるわけです。その敬うべき存在とはこの世的な上位のものではなく、内なる世界につながる真理の世界という上位のものです。

儒教のあり方をよく見ていくと、芯にある本当の「仁、義、礼、智、信」が「心の育て方」であって、「国家とはなにか」はその延長上にあるものであることがわかります。孔子や孟子の名言にそれが満ちあふれているのがわかります。国家とはひとりひとりの民から成るものであることは当然であるのです。

日本の古典である「ホツマツタヱ」にも同様の話がでており、「君=キミ」「臣=トミ」「民=タミ」という親心の順、育ての枠として語っているのがわかります。
ひとりひとりの民がもっと賢くなると、本当の国家ができあがるのであり、おろかであるとまんまと儒教を悪用したような主義者たちに翻弄されてしまう現実があるのだと思います。

儒教と五行のあり方については以下の講演会があります。よかったら、お越しください。

▶東京駅  2016年7月21日(木)   18:00~20:00
タイトル→  儒学と陰陽五行  費用 3000円
場所… 東京八重洲会議室(イオンコンパス)
東京都中央区京橋1-1-6 越前屋ビル4階  (八重洲地下街から行くと24番出口を上がる)
申し込み→ 三冬社 03-3231-7739 http://www.daruman.info/contact/index.html

▶四国講演会   平成28年7月31日(日)
タイトル 「こんなとこにも陰陽五行!」
時間  午後2時~午後4時30分
場所  高松市香南歴史民俗郷土館  高松市香南町由佐253-1  087-879-0717
費用… 3500円
地図  http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kyouiku/bunkabu/rekisi/kounan/akusesu.htm
お申込み… 堀内歯科クリニック(045-664-3864)メール… daruman.info@gmail.com


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
人体の気を陽気と陰気に分けると、まず動くのは陽気です。陽つまり温かい気とは軽くて発散するので、まず動くのです。そうすると陰気が動ける場ができます。もともと陰気は暗くて重いので停滞しやすいのですが、こうして陽気が道を開いてくれてはじめて動ける…と考えます。陽気とは体温であり、陰気とは水の代謝です。
しかし、現代人の疾病は、この陽気が発散できずに停滞しているケースがとても多いのです。これは大抵の場合、不定愁訴というカッコでくくられます。頭痛、歯痛、肩こり、だるさ、むくみなどなど…。停滞した陽気は発散ではなく内側に篭もります。これを内熱といいます。

さて、陰陽五行では森羅万象を象徴で関連づけながら考えます。上記の人体のことは個人や社会にも言えるのです。
はつらつとした陽気とは、言い換えると愛です。発散するのだから、他者や社会への愛です。助け合いの和のこころです。これがこもっているということは、愛の矛先が自分だけ、もしくは自分側の味方に集中するということです。こうなると、自分の立場が危ういとか、財産を失う恐怖におびえることになります。集団心理で言うと「敵が攻めてくる?」とか「どうやって防衛する?」など、身の侵される危険におびえます。つまり、社会が「内熱」状態になるということです。

社会が「内熱」になると、国家主義になります。そして他者への迫害に向かいます。まずは他国へ、そして自国内の意見の異なるものの口を封じようとします。

どうでしょう?いま、社会はますます「内熱」に向かっています。
しかし、私は希望があると思うのです。
邪と化した陰気が増せば増すほど、陰気は自らの重さで自滅します。かならず陽気が持ち上がるのです。それはギリギリのタイミングで来るのかもしれませんが、人体でも社会でも同じです。そのあと、健全な陰気が浄化の力へと変わるのです。それは人体が教えてくれているのです。

不安が社会を覆ったとき、落ち込みそうになりますが、ひとりでも多くの人が、自らの陽気で立ち上がりましょう。かならずしも闘うだけが能ではありません。発散する愛を体現する人をふやしていきましょう。
…そんなことをここ数日、思い続けています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。