だるまんブログ

生きる知恵である陰陽五行についてだるまんと語るブログ。『だるまんの陰陽五行』(三冬社)より発行。


テーマ:
イギリスのEU離脱!すごいことになりました。いろいろと波紋を呼んでおり、功罪あるでしょうが、私は五行の時代区分の点から考えています。

「土」とは…囲い、育み、腐らせること。つまり現代の時代性そのものです。民衆はいろいろなサービスを受けることもできるが国家や時代に規制させます。
「水」とは…自我を育てること。エゴイズム的な自我の主張から他の排斥に陥ることもあるが、もっと深い真我に目覚め、他人との協調から理想的な人間関係にも気づく。

「EU離脱」は上記の「土」から「水」という変化、一人ひとりにとっても、時代的に言ってもですが、こういうタイミングを象徴する出来事であったと感じるのです。
そして「土」から「水」という変化を助けるのが「金」の触媒というもので、「金」の持つ要素(切る、分ける、結果を出す)というエネルギーがいま、蔓延しています。
「EU離脱」という出来事はまさに時代を「切る」もので、今までの経済システムの崩壊につながるとてつもない出来事の引き金であるとも言われます。しかし、このことは一部の人間だけが得をするという今までのシステムの崩壊でもあるのです。それは「土」的なピラミッド的社会の崩壊でもあるのです。「水」という横のつながりを重視した社会の始まりでもあるのです。
今回のことも関わって、参院選の結果が「水」の時代の幕開けになることを願うばかりです。軍国主義の「土」的社会への引き戻しをどうも企んでいる輩が多いようですから。

さてそこで、「金」の触媒の前段に当たるのが「火」の触媒です。「火」の触媒とは、「金」のように「分ける」前の「つなげる」力です。例えるならば、「金」が溶けて凝固した金属ならば「火」はそのまえの熱そのものです。熱は体温にも、愛や共感にも例えることができます。この力が私たちを「土」という現実的感覚へと導いているのです。
たとえば体温があるから私たちはまず生命体たりえるのです。小さな子どもたちは体温という熱の固まりだから近づくだけで暑いのです。そしてそこに関わるのが「火」の触媒というわけです。
今回、この「火」の触媒…つまり五行の「火」に関しての解説を行います。時代を読むためにも、自らの行き方を知るためにもぜひ、ご参加ください。
(ちなみに、『だるまんの陰陽五行』「火」の章は今年の春再販になりました。第一版に対して小さな変更がいくつかあります。それを探してみるのも楽しいかも…?)

▶だるまん講習会.東京(白金台) 2016年7月7日(木) 費用 5000円(事前振込み)
  昼の部 14:30~16:30  夜の部 19:00~21:00  (二部会あります) 
演題…愛とは何か -『だるまんの陰陽五行』「火」の章-
お申込み …「つきよみ白金台」までメール(  info@tukiyomi.in  )でご連絡ください。その際、昼の部か夜の部か明記をよろしくおねがいします。  
お振り込み先は後ほど「つきよみ白金台」からご連絡します。
以下をご参照ください。
http://tukiyomi.in/2016/05/だるまんの陰陽五行講座~神様を知ろう!「火」/


写真は左が第一版、右が再販です。どこが違うかわかるかな?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。
横浜は、今朝は梅雨らしい雨☔。

今月は、
新大阪だるまん講座の三回コースが
無事に終わりまして
ご参加の皆様ありがとうございました。

東京駅八重洲ブックセンターさんの
サイン会6月5日日曜日
と新大阪だるまんで
気持ちいっぱいに
なっておりましたが、気がつくと、
梅雨。
暑い日もあって、
もう、
7月、8月は、すぐそこですよね。

夏のだるまん講座は、
先ずは
7月7日の七夕に、午後と夜に
東京白金だるまん講座があります。

これは、五行の「木」からはじまり
「火」「土」「金」「水」と
ひと項目ずつ解説する講座です。
今回は、「火」
火のもつエネルギーについては
勿論、火は、神さまのお話、神社のお話にもなりますから
陰陽五行🔰はじめての方も
入りやすいかと存じます。
少人数の講座ですので
講師と受講される方との
距離感が近い、じっくり話を
聴きたい方向けです。
受講の方の質問も受けての
説明も受けられますし、深い話の
キャッチボールが可能な講座です。
白金でお待ちしております。

また、7月月末は、
初の四国だるまんございます。
四国を夏のご旅行のひとつに⁉
後考慮くだされば、
幸いでございます。
昨夜、テレビでも瀬戸内海を
取り上げてました。
わたくしも、四国に行くのが
楽しみになってきました。
詳しくは、
三冬社さんのホームページ
だるまんの項目を、ご覧になって
ください。
または、堀内歯科クリニックまで
ご連絡いただければ、
だるまん講座の案内をいたしますよ~🌠

そして、秋には、とうとう
水の章後編の出版がございます。
今、主人も、三冬社さんも
ちゃくちゃくと
ではなく、猛烈にグングン準備中。
主人は、漫画の方は、
書き終わりまして、本の最後に
載せる講演の文字おこしの
確認作業中。
水の章後編に、あわせての
9月からの講座も、各種、
計画中で、ございます。

夏のだるまん
秋のだるまん
よろしかったら、お待ちして
おります。
宣伝終わり!(笑)
で、
かんじんの今日の話のテーマは、

「変容」と「加速」です。
先月、あるきっかけで
ある方に、
(占い師さんではありません)
主人の今の体調や現状を
視てもらう機会がありました。

その方いわく、主人の今は、
「『加速』と出てます。」
だそう。
もちろん、だるまんの執筆の事
または、講座の事でしょうね。

最近は、主人いわく、
「描きたい内容が
溢れてきて、手が間に合わない」
状態らしいです。

そうなんだ~と思っていたら
私たち家族も、加速の渦に
入ってました。
今、までは、面倒な事柄を
「一応、今すぐ考えなくて
いいや!」
とか
「考えると、人間関係ぐちゃぐちゃして面倒だから、何年かしたら~。」
とかで、
棚上げしてた難問が
「今のままでは、
ダメ!ハッキリせい!」
と動き出した感じになって
まいりました。

だるまん流に説明すると
金の番にいる
金神の厳しい裁きに出会った感じかな?
《金神については、だるまん火の章を
ご覧ください。》

変わることも、
ゆっくりと考えながらじゃなくて、
「今、でしょ!」
とばかりに
グイグイ問題呈示して来るよー、
来る!

そんな中
最近、友人がとっても
軸がピタリときまってきた方がいて
「○○さん、すごく、
シッカリしてきたね~🌠」
と本人に言ったら、
ご本人いわく
「そうなの!」とスラッとお答えに
なったの、
あらー、全く嫌味なく答えられると、
《そうなのね》と、納得(笑)

「じつは、6月9日からそうなの。」
だそう。
だるまんの反転のことも、
ご存じの方だから、
6月9日という日時がでたのか?
偶然か?
まだ、その件については、
うかがっては、
ないのだけれども、
その日から変わったのだそうデス。
その他にも、
私が
ご相談事を聞いていた方が、何人か
ここのひと月くらいで、
気がつくと変容してるっ!
何々、世界に何かが起こってるのかしら?
と思ってしまった。

以前に、ご相談を受けた方たち、
辛い現実がありました。
大切なパートナーを色々な意味で
なくした方たちです。
死とか、他の理由でね。

今、その方たちが
心に
余裕のあるご様子になってる。
または、立ち止まって
水分補給ならぬ、
エネルギー補給の時になってる。
皆様、変容してました。
今月は、変容の時だったのかも。

5月くらいから、わたくしも
今の自分は、凪だな~と思ってたの。
心の深いところの波がシンとしてる。
そうなれるような、
特に、大きな出来事は、
なかったのだけれども。
自分では、
あと、10年くらいは、
心が死んだままに、
なってるかと思ってたのが、
マイナスから、零地点に来た感じ
です。
上もなく、下もなく
今、この場所にいる
シンとした感覚って言えば
よいかしらね。

言ってみれば、
そうわたくしは、
4月から、何年かぶりに
スプリントを再開してました。
それは、主人の治療の一環である
噛み合わせ治療。
その効果が、出始めていたのだと
思います。
そんな、噛み合わせ(スプリントと言ってます。)で、
骨のグランディングとセンタリング
が、整ってきたのか
ここのところ、
心の中の縦横も
整理されつつあると感じておりました。
スプリント治療を始めると
歯の噛み合わせが
正規の位置に、戻ります。
その時に、何故か、
その人の持つ人生における
本当の価値に、気づく患者さんが
いらっしゃいます。
噛み合わせをただしくする
すると、腰の骨も連動して
正しく直ることが多いのは
整体師さんも、よくおっしゃりますね。
そして、腰の骨と同じく背骨も
真っ直ぐに直る事が良くあります。
つまり、
横軸の腰の骨
縦軸の背骨
が、整うわけですよね。
つまり、それは
グランディングとセンタリング
縦横の十文字が整うことに
なります。
だるまんでいう
低我と高我につながります。
ここでは、この点は詳しくは、
お話いたしませんが、
ご興味があれば、
だるまんの陰陽五行シリーズ
「だるまんの陰陽五行学門のすすめ」
「だるまんの陰陽五行東洋医学の章」をお読みください。

結果、今、まで棚上げして
いた、考えたくない現世の問題が
色々でてまいりました。
子供のころの夏休みの宿題
計算ドリルも漢字ドリルも
休みの始めに、終えてしまった。
日記と朝顔観察は、毎日やってる。
なのに、自由研究は、
やりたくないから、後回しにして
とかって子供のころ
ありませんでした?
そんな、重要だけど
やりたくないから、後回しの
もの。
今すぐ、取りかからなくても
後でも、できそうとか思ってた。
みたいな。
そんな、宿題が突きつけられて
いる今。
金神さまの厳しい導きと四国がナゼか
リンクしてます。
7月末に四国の金比羅さまに
詣でる予定。
金比羅さまについては
主人がこのブログの前に
三回に渡って、載せてます。
ご覧くださいませ。
では、続きはまたに。
雨☔にお気を付けて
お出掛けくださいませね。
堀内紀子🌏



















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回は金毘羅さんに隠された陰陽和合の姿についてお話しました。それは、ふたつのお面と「厳」(いづ)と「瑞」(みづ)、熱(硫化水銀に関わる)と水(水運に関わる)の共演などと、さまざまな所に象徴されているという点をあげました。また、金毘羅さん(金刀比羅宮)のある象頭山という名前から連想されるものもあります。それはガネーシャというインドの象人型の神ですが、日本では歓喜天という男女(オスメスの象人もしくは象人と女神)が抱き合っている姿でも有名です。ここにも陰陽和合というテーマが浮き彫りになってきます。

もともと、陰陽五行とは歴史のように実証できる証拠を突き詰めていくものではなく、象徴として感じ取れるものをつなげていく学問です。一見、そんな連想ゲーム的なものに何の意義があるのかと思うでしょうが、象徴を追うことで、自分の持つ認識の幅を広げていくことができるというのが最大の特徴です。言うなれば目の前の視界が時代を超えて広がり出すのです。
金毘羅さん信仰にしても、神の正体を歴史的に探ることも可能ですが、象徴性を追うことで、はるか昔からの人々の思いが伝わってきます。一般の人々は歴史の精査などはしていません。みんな、感じるところから行動しているのです。それは今も昔も変わらない「気」の動きというものです。こうして見ていくと、たとえば金毘羅さんには陰陽和合の強い意志のようなものが感じ取れると同時に、一種の感動が現れます。「みんな、感じ、悩み、生きていたんだ!」という生命への畏敬の念が出てくるのです。生命の果てにある神に対してはむろんのことです。

さてここで陰陽のもうひとつの局面「墜ちて昇る」という原則(降りると上がるという陰陽)が現れます。
神話の中でこの原則を端的に示しているのは高天原を追われ、人間界で大活躍して神の座に昇るスサノオノミコトです。前回、金毘羅、クベーラ、毘沙門天、牛頭天王という関連について述べましたが、牛頭天王とスサノオノミコトの習合についても述べました。『だるまんの陰陽五行』ではこの原則に伴う「反転」という現象について描いています(「金」の章)。
スサノオが「墜ちて昇った」ように、我々人間も「墜ちて昇る」のです。日常の生活は、落ち込んで、元気を出す…ということの連続です。それを繰り返すことで陰陽和合のニュートラルな心の平静を作り上げていくことを「土」から「水」という形で説明しています。五行の「土」とは「地に足が着く」という現実感ですが、ここにこだわりすぎると現実の持つ常識感とか固定概念の不寛容さが極まっていきます。そこで「水」つまり水のような自由さが求められてくる…ということです。

神社は山の上にあることが多いですが、それは確かにこのような意味があるのではないでしょうか?登って降りる…という単純な作業のうちに、私たちは深い象徴の世界に入り込みます。ランニングでのランナーズ・ハイという現象や各国の祭の際、あるいは各種の舞やダンスの時に生じる異次元感覚ともいえるものはこれに近いのだと思います。修験道の行者も山に籠りますが、山を大きな女神ととらえて胎内回帰(という異次元体験を)していくのが悟りの入り口になるとも聞きます。
日本人にとって、神社とは自然との合体を感じる場であることは確かなのでしょう。金毘羅さんもそうですが、多くの神々の名がそこにあります。神々とは形のない「気」ともいえますが、その姿を右から見て○○、左から見て△△…、などいろいろの名をつけきたというのがその実態なのではないでしょうか?「陰陽五行」とは、そうした形のとらえようもない事柄を象徴的に五つの表記をつけることで象徴を扱いやすくした学問なのです。神々との関係だけでなく、薬と医学、運命学や民俗学などさまざまなところで扱われている学問なのです。

今回、日本の神々の発祥に関わり、大自然と積極的に関わっている四国で陰陽五行の講演をすることになりました。上記のような「陰陽五行」という手法に興味を感じた方はぜひおいでください。お待ちしております。

▶『だるまんの陰陽五行』四国講演会   平成28年7月31日(日)
タイトル 「こんなとこにも陰陽五行!」
時間  午後2時~午後4時30分
場所  高松市香南歴史民俗郷土館  高松市香南町由佐253-1  087-879-0717
費用… 3500円
地図  http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kyouiku/bunkabu/rekisi/kounan/akusesu.htm
お申込み… 堀内歯科クリニック(045-664-3864)メール… daruman.info@gmail.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。