だるまんブログ

生きる知恵である陰陽五行についてだるまんと語るブログ。『だるまんの陰陽五行』(三冬社)より発行。


テーマ:

昨日、やっと話題の映画『君の名は』を見てきました。一度見てきた家内に連れられて家内は二度目、私は最初の鑑賞です。

実に、「陰陽」の分離、和合をテーマにした映画でした。上っ面ではなく、どっぷりとこのテーマに浸った映画で見応えがありました。

ある方が「『君の名は』は『だるまんの陰陽五行』とも通じるものがあると思うからぜひ見て!」とも言っていたのですが、本当にそのとおりで、むしろ私としては「勝手に兄弟分!」とさせて頂きたい位の感銘を受けました。

なんで兄弟分と言えるのかというと、以下のとおりです。

①テーマが陰陽(『だるまんの陰陽五行』では陰陽と五行ですが…)

②世に出たのが同じタイミング(2016年晩夏で『だるまんの陰陽五行』正編シリーズの最終巻と同じタイミング)

③マンガで描かれるということ

④互いの半身である男女が登場する

 

さて気になる内容ですが、まだ見てない方もいるでしょうからネタバレにならない程度にお話するのですが、「陰陽」の伏線だらけで物語が進みます。

大きなテーマは『陰陽の分離ゆえの苦しみはどう克服されるか…』ということなると思います。

これは男女という陰陽はもちろん、現代と過去、過去と未来、地球と彗星、彗星の二分割、受精卵の二分割、神に捧げる半身(口噛み酒)…、など多く登場します。

陰と陽は互いに互いを含みあい、同時に心底から相まみえることはない関係です。たとえば昼と夜は互いの背面にありつつ、それが相まみえるのは夕暮れと朝焼けのタイミングだけ。映画の中でも夕暮れ時を「黄昏(誰ぞ彼)」という形で陰陽の出会いで説明しています。

 

まず地球にティアマトという彗星がぶつかるとはどういうことでしょうか?ティアマトとはメソポタミア神話に出てくる地母神で、息子マルドクによって悪神として殺されバラバラにされます。その結果世界が二分化され、私たちの住む世界(すべてが陰陽というふたつのものから成る相対化の世界)が出来上がったというものです。

私たちの住む陰陽の世界とはこのことからも、二つに別れ、互いがその半身を見出すことのない辛い世界だという意味なのです。

 

しかし、この辛さは克服できるのです。キーワードは「次元転換」です。次元というとSFの世界と思いきや、日常ふつうに起きていることなのです。たとえば同じ世界を眺めてみても自分の意識次第でどうにでも変わります。暗い気持ちで眺めるのと明るい気持ちで眺めるのでは印象が変わります。印象が変わると行動が変わります。そしてもしあなたが核のスイッチを持っているとしたらどうでしょう。世界は壊滅にもなるし楽園にもなるのです。

映画の中では「次元転換」のスイッチは「口噛み酒」という形で現れます。三葉ちゃんのおばあちゃんはこれは「神さまに捧げる半身」だと言っていますが、まさにそれだと理解できます。その酒を捧げる神の居場所は宮水神社の奥の院でした。そしてそこはまるで死火山の噴火口跡のようなドーナツ型のくぼみの真ん中の湿地帯でした。これは和歌山県の熊野神社の本宮の昔の姿にも似ています(『だるまんの陰陽五行』「金」の章142話参照)。つまりは女性の陰部の象徴です。そうです。地母神の陰部であり、形のないものから形のあるものがやってくる(出産の象徴)ところなのです。だからこそ、まさに次元を転換する、時間をも越えることのできる場であり、ツールでもあることがわかると思います。

 

結果として、あい出会わぬものが出会うのです。「黄昏(誰ぞ彼)」時にほんの一時、ふたりは出会うという憎い演出です。しかし出会わぬ者の宿命として、互いに互いの名前も存在も忘れ去ってしまうのです。

 

『だるまんの陰陽五行』の中では、この一連の流れを「土」から「水」への進化の中で語っています(「水」の章前編後編)。「土」とは地面なので、この現実を示しています。つまりは陰陽に分離されたこの世界です。そしてそれは蟻地獄のような穴を作って私たちを呑み込み、私たちを陰陽の迷妄へと陥れています。言い換えると地母神の悪魔的な側面です。この「呑みこむ」という現象から「すべてを呑みこむ蛇」の連想が広がり、地母神ティアマトは蛇の姿で描かれることも多いのです。しかし地母神は悪ではないのです。悪といえる側面を試練として私たちに与えているということなのです。これを乗り越えていけということなのです。まさにスパルタ的な「親」なのです。

 

乗り越えるとは、ティアマトの息子のように反乱を起こして親殺しをすることではく、「悪と見えるものも自分と理解して受け入れろ!」ということなのです。

視えなくなった半身(視えていない陰陽の半身)を打ち消すのではなく、求め、受け入れろというメッセージがここに込められています。

これができたとき、人は「土」を卒業して「水」へと進むのです。

『だるまんの陰陽五行』の中では男である皆本クンが女である真子ちゃんを受け入れることになり、『君の名は』では三葉ちゃんと滝くんが求めあい、受け入れいていくことに相当します。ここには多くの苦しみも存在することも確かなのですが、その結果として次元が転換されて、新しい現実が目の前に展開されていくことになります。この現実はすでに次元が上がっているので、五行では「水」の時代と表現するわけです。

 

今私たちの居る現実とも見事にリンクしています。映画の中で彗星の落ちた2013年はまさに一般的に「反転」のタイミングだったときで、私も含めて、多くの方々にショッキングな出来事が会った時です。三葉ちゃんと滝くんのタイムラグは三年なので、これが2016年とリンクすることもまさに現実のとおり。世界的にも「反転」の結果が今、現れています(英国のEU離脱やトランプ当選など)。今、まさに次元転換の時を迎えています。

『君の名は』も『だるまんの陰陽五行』も、今という時代をどう生きるか、その意味と方法について語っているのです。

 

画像は、映画館にあった監督のサイン入りポスターです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

いつも思うのですが、人生での重要な時や、大変なタイミングに『だるまんの陰陽五行』に出会い、そこから自分を立て直すことができた方が多いのです。

実にありがたいことだと思います。私自身も、そういう時を経ながら描き進めてきており、だるまん的な存在からのインスピレーションを受けて描いているので、さもありなん…ということなのだと思います。私自身もだるまんから教わり続けているのです。

 

しかし、著者としては、単なる私の想念ではなく、はっきりと形にして理論的にまとめていく仕事があるわけで、そこには陰陽五行の図式がとても役立つのです。

 

陰陽を男女に当てはめた時、男は「木」、女は「土」となります。「木」は伸び上がろうとする外交的なエネルギーで、「土」は保ち安定しようとする内向的なエネルギーだからです。ちなみに、これはひとつの象徴であって、男だから「木」だけ、女だから「土」だけ…という意味ではありません。男は「木」が、女は「土」が優位にあるのだという意味だと理解してください。以下、男とか女とか言っている部分はすべて一人の人間の男的な部分、女的な部分だと理解してください。あえて男性、女性という言葉を使っていないのはそのためです。ヒンドゥー教の哲学のいう人間の原質(グナ)の用語で付け加えるなら「木」はラジャス(激質)、「土」はタマス(鈍質)と言えるかもしれません。    

 

ここで人生のある段階でおきた重大な問題を一つの穴としてとらえてみましょう。

男は「木」なので穴を見ないようにします。外交的なのでまずは目先をそらすことが先決だからです。だから男にとって「憂さ晴らし」はとても大切な役割を持ちます。酒や女、ギャンブルの類に足を運ぶように、相撲の戦法の「猫だまし」のような方法が意外と有効な方法なのです。基本の解決にはならなくとも、穴から眼をそらすことで気持ちを立て直す方法もつことが出来るのです。

女は「土」なので穴を埋めようとします。内向的であり、安定を求めるので穴の存在そのものが許せないのです。ところが穴を埋めるには材料が要ります。ここで材料を求めて手当たり次第に周囲を巻き込むのが、従来より女の性(さが)と言われるものです。言い換えると「手負いの狼」なので、同情して手を差し出した者にかみつくことすらあります。本人は全く意識はしないにせよ、「もっと!もっと!」となってしまって、せっかく救いの手を差し伸べてきた相手を引きずり込んでしまうのです。「溺れる者はワラをもつかむ」のような状態かもしれません。

 

五行で言う「木」とは思いのような眼に視えないエネルギーで、「土」は眼に視える物質的な世界にも通じるエネルギーです。だから男の穴は空虚なものであり、女の穴は物質的な底なしの穴にも通じてしまうイメージを持つとわかりやすいかもしれません(繰り返しますが、男にとって穴というものが空虚な実体のないものであるという意味ではありません)。

 

しかし、五行の図式を理解していると、ここに解決手法が隠れていることに気づきます。

『だるまんの陰陽五行』では五行の相剋ルートを進化のための道筋と呼んでいます。この道筋は「木」→「土」→「水」と進みます。

つまり、男の持つ「木」は「土」の前段階だし、女の「土」のほうが後段階なのです。それだけに男の「猫だまし」という解決法は初歩的であり、なおかつ簡単な方法なのです。ちなみに、この究極な猫騙しが自殺です。男はこの世界というものから目先を変えたくて自殺するのです。しかし女の場合、究極の方法である自殺は、男ほど単純ではなく、穴を埋めることのできない恨みを残していくのです。男の方が自殺率が高く、女の方が幽霊が多いという既成事実がこれを証明しています。

 

その解決方法ですが、男はまずは「猫だまし」をしておいてから、ゆっくりと頼りになる女を見出して地に足をつける(「土」に進む)のが大切だと理解できるのです。

女の場合はすでに「土」にあるので男のような「猫だまし」でごまかすことができません。最初から穴に向き合わねばなりません。ここで五行の図式をもういちど見てほしいのですが、「土」の次には「水」があります。そうです。「水」に進むのが解決方法なのです。しかし、「水」というものがなんであるのか、現代人はまだそこまで進化していないのが現状です。

「水」とは真実の自我という意味であって、肉体を自分だと思っている人には到底理解できない「自我」です。自分をこの世界で生かしめている霊的な存在が本当の自分であるという意味なのです。従って、前述の穴に対しては、この穴は肉体にこだわっている偽の自分ゆえの「欠けている部分」という理解が必要になるのです。仏教的に言うとカルマとい前世からの宿題が作っている穴なのです。従って大切なのは穴を埋めることではなく、穴こそが今の自分の存在理由だと理解することなのです。

 

それで問題が解決するのか?と思うかもしれません。しかし、「水」はまだ現代人のほとんどが体験した境地ではないので、知らないだけなのです。実は穴=自分だという境地になったとたん、世界が違って視えてくるのです。もう穴を欠点とは見なくなるのです。

端的な例があの偉人ヘレン・ケラーです。盲目であることや、耳の聞こえないことが欠点ではなく、自分の武器になり、多くの人々を救える立場になったことはみなさんご存知のとおりです。そのように、世界観が変わったとき、まわりを飲み込んでいく蟻地獄のような穴が、救いの水をたたえたオアシスに変わるのです。

 

このように、五行の図式をもっと活用してほしいと思うのです。『だるまんの陰陽五行』シリーズをぜひ、よく読んでいただくことでこの助けになると思います。

なお年内は、以下の日程で講習会もあります。ぜひ、お越しください。

 

▶大阪 2016年12月4日(日)

だるまん講習会 IN 大阪 (午前、午後の2コース)

総合タイトル「陰陽五行で紐解く人生と運命」

①11:00~13:00 「人生とは何か」…五行の象徴と人生の流れ、生まれ変わりの意味について…

②13:30~15:30 「高我と低我」…人は何処に向かうのか、神と人の関係と、紡ぎ出される運命の謎について…

場所  富田林市民会館(レインボーホール) 大阪府富田林市粟ヶ池町2969番地の5

費用  ①②それぞれ5,000円  ※①②両方受講の場合、9,500円

申し込み&問合せ先     小松 希灯

             liblib.2525@gmail.com

             090-7759-7118

 ・お名前

 ・メールアドレス

 ・電話番号

 ・①②両方受講かどちらかだけかお知らせください

以上のことを明記の上、お申込みください。なお、お支払いは事前振り込みになります。

 

▶横浜連続講演会  2016年12月11日(日) 午前10:00~12:00 (会場9:45)

総合演題… 東洋医学と神々  八幡宮、弁財天と「水」の疾患 

会場  崎陽軒本店 貸会議室  6階4号室   横浜市西区高島2-13-12

  http://www.kiyoken.com/rental/honten/h_access.html

費用  (事前振込みでおねがいします)  単発の場合 一回  5000円(税込み)

     (申込の後、返金はできませんので、ご了承ください)

お申込み… 堀内歯科クリニック(045-664-3864)メール… daruman.info@gmail.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。
今週は、地震&降雪がございました。
皆様いかがお過ごしでしたか?
仙台だるまん講座
本日、一時半から
仙台駅近くのソシラボさんにて
開催いたします。
なお、明日の午前中も
いたします。
詳しくは、11月21日の
だるまんブログの
「愛とお金、陰陽五行」の
最後に掲載しております。
どなたでも、陰陽五行に
詳しくなくても、
面白そうと思っただけでも
ご参加可能です。

なお、🔰のかた向けに
一時半から、30分間は、無料の
陰陽五行講座が、ございます。
陰陽五行の基本中の基本のみを
解説!
こちらは、わたくし堀内紀子が
担当いたします。
この基本の講座のみのご参加も
可能ですよ~✴
お待ちしております。
堀内信隆
堀内紀子🌏


やまびこ号のNo.は、123号
一二三ひふみです!
今回も、神様に見守られてるかしら⁉
そして、ホームは、22番線
時間は、偶然の55分!!


隣の新幹線は、かがやき号金沢ゆき
来年は、金沢にも、是非。
ほんとは、今年
だるまん講座にいらしてた
Sさんと行くはずでしたけれども
Sさんが、お亡くなりになったので
来年は、きっとね❗




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。