だるまんブログ

生きる知恵である陰陽五行についてだるまんと語るブログ。『だるまんの陰陽五行』(三冬社)より発行。


テーマ:

前回、『酉の三合(金の三合)』について触れました。それは十二支にあわせて

 巳→生

 酉→旺

 丑→墓

という表現をします。つまり

 巳年に始まったことは

 酉年でブレイクして

 丑年で終わりになる

という意味です。つまり今年(2017年)は巳年(2013年)に撒いた種の実を出す年だということです。

 

今回はこの続きです。「丑→墓」というのが気になりますね。

「酉の三合」のままだと酉の次に来る丑年では終わりがきます。その終わりを墓と呼んでいるのです。しかし終わり方にもいろいろあります。

この終わり方は「丑」なので最も「土」的な終わり方だということになります。

丑つまり「牛」は胃を四つ持っていて胃そのものを象徴した動物だということがわかります。おまけに動力や食料、人間の生活を完全にバックアップしてくれる存在です。胃にしても、バックアップにしても、完全に「土」的ということなのです。胃は食べ物を分解して小腸に送ります。そのとき、食べ物をバラバラにして形をゲロのようなものに変えてしまいます。これを『化かす』といいます。つまりそれが「消化」のもとなのです。つまり、姿を変えるまでにバラバラにしてしまうのが「土」的なやり方だということです。

ということは「土」的な終わり方は「散々な終わり方」ということです。存在の痕跡すら奪われるようなやり方だということになります。

 

しかし、せっかく酉年でブレイクしたものが丑年で墓、つまりこんな形でご破算になってしまうのでは情けない…と思うのが人情です。

でも物事には必ず始まりがあれば終わりがあります。終わりを避けることは誰にもできません。

しかしです。終わり方が問題なのです。終わりは次の始まりのプロローグだということに注目するのが五行を使った見方の特徴になります。新たな始まりのきっかけにすればよいのです。

このあたりは『だるまんの陰陽五行』「土」の章第44話に詳しいので、そこをもう一度お読みいただきたいのですが、

結論としては「酉の三合」を「午の三合」に変えるというものです。

図をごらんください。

「午の三合」の場合は

 寅→生

 午→旺

 戌→墓

です。

酉の三合である酉年でブレイクした時には、いい気にならずにチューニングのダイアルを回すように酉から隣の戌にカチッとひねってみましょう…ということなのです。

具体的に言うと酉で得た収入(その他、もろもろの利益)を全部自分のものとはせずに誰かのためにいくらかでも放出しましょう…ということなのです。

戌(いぬ)というのは「ポトンと落ちる」という意味で、犬が安産(ポトンと落ちるように出産するので母体も楽)ということがその謂れだとも言われています。木ならば剪定することを意味します。そして、この「戌」は「午の三合」の「墓」にあたります。

つまりは、酉のときにいい気にならずに、わざと利益を欲得抜きに誰かのために放出することで、戌になる。そうすると「酉の三合」を抜けて「午の三合」に入るので、寅年に新たな何かが生まれ、午年でほどほどの利益を得る…という具合になる…という話なのです。

酉年には次の戌年の意識をすでに持ち始めて、出すぎるな!ということなのです。出過ぎるとそのまま丑年で墓になるということです。

 

「酉の三合」の過去の一例をあげてみましょう。酉年のブレイクぶりと丑年の「墓」ぶりがよくわかると思います。

 巳→生  2001年 J.W. ブッシュ就任。小泉内閣発足 911事件起こる

 酉→旺  2005年 第二期ブッシュ政権発足 郵政解散を経て第二次小泉内閣発足

 丑→墓  2009年 衆議院解散、小泉純一郎引退。自民党は野党に。 リーマンショックの影響で世界的不況。

 

また、「酉の三合」での酉のブレイクぶりと「午の三合」での午のブレイクぶりを見ると明らかに酉の方が上なのですが、「過ぎたるは及ばざるが如し」です。ほどほどにすることで危険な終わり方を避けることもできるということなのです。

 

このように、何事にも出すぎず、常に利他の精神に徹するのが五行の教えなのです。

 

なお、このようなことに関して 2017年2月2日(木)   18:00~20:00、東京八重洲会議室(イオンコンパス)にて三冬社主宰の講演会もあります。

演題は「2017年!酉年があなたに与えるもの」です。

詳しくはだるまんインフォ ( http://www.daruman.info/event/index.html ) を御覧ください。

(1月11日現在はまだ掲載されていませんが数日後にはお知らせがUPされるはずです)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明けましておめでとうございます。

今年は酉年です。酉は五行の「金」ですが、陰陽五行の原則どおり、その「金」の中にもやはり陰陽があります。

もともと「金」とは「分ける」「切る」「結実する」「結果を出す」などの意味があります。

なぜそうなのかという象徴の意味を理解するには季節のイメージで行くとわかりやすいです。

「金」は秋なので、秋が上記の意味合いだということです。秋は収穫の季節です。たとえば柿の木。柿が熟するとポトンと実を落とします。これが「分ける」。そしてそうなったのは一年の成果を実に結実させたからです。これが「結果を出す」ということです。

従って、単純に「金」の意味は「分ける」と「つなぐ」と解釈してみましょう。これが「金」の意味合いの陰陽です。

 

こう考えると今年は今までのはっきりと「分けた」何かが、新たな何かに「つながる」時なのだ…と理解できます。

ここで役立つのが占いに出てくる「三合」という考え方です。陰陽という「2」を「3」へと進化させたものです。

下図を見て下さい。『だるまんの陰陽五行』「土」の章第44話(93ページ)からの引用です。

ここにあるのは『酉の三合(金の三合)』というもので、十二支にあわせて

 巳→生

 酉→旺

 丑→墓

という表現をします。つまり

 巳年に始まったことは

 酉年でブレイクして

 丑年で終わりになる

という意味です。つまり今年(2017年)は巳年(2013年)に撒いた種の実を出す年だということです。

 

社会的に見ていくと、今年は昨年の三大ショック(①ブレクジッド(英国のEU離脱)②トランプ次期大統領の確定③シリアのアレッポ開放)の成果が出るタイミングになります。今年はその成果がドーンと出て来るわけなのですが、おもしろいことにこの「種まき」とも言えることが2013年に起きているのです。

①英国のキャメロン首相は2013年に「EU離脱に関して国民投票にかけるつもり」と明言。

②2013年、ニューヨークの集会でトランプ氏は「オバマはプーチンに劣る」という内容を発言。国防総省が世界的不安定の種をまいているのはロシアだと非難したことを受けて。

③シリア危機の前哨戦であるウクライナ危機が始まったのが2013年。この時のデモがきっかけになり翌年に当時のヤヌコーヴィチ大統領がクーデターで追放される。

 

これらの種まきと、今年に現れる大きな結果とは何かというと、今一般的に言われていることは

「グローバリズムの敗退とナショナリズムの台頭」

という一言に集約されます。そしてここにも陰陽の意味合いを見ることができます。

 

グローバリズムでは「世界はひとつ」「国境をなくせ」というスローガンで「○○人という発想ではなく誰もが地球人だ!」ということを言います。一見とても良いことを言っているように見えますが、その実体は現在の移民騒動でもわかるように「表ではつないでいるが裏では貧富を作り分離させていく」という事実を持っています。なぜかというと、すべてが一つなのではなく、そのすべてを支配するわずかの支配階級を見えなくしているからです。それはお金を持つ人々です。ここ数世紀はすべてこの原則で動いてきており、昨今のマネーの電子化によってますます世界中の貧富の差が明瞭になってきたところです。お金こそがすべてという発想は間違っています。

 

一方、ナショナリズムでは「それぞれの国が自我を主張しすぎるので、ますます世界の分離を増長させるのではないか」という具合に一見悪く見えるのですが、「表では分けるが裏では個性への敬意から互いの意識をつないでいく」ことにつながります。これは良い意味での個性の主張は互いを分離するのではなく、互いの良い点を敬意に変えてつないでいく…ということだと理解できます。たとえば日本の文化がまさにそれです。ラーメンという異国の文化を受け入れて日本流のラーメンという文化を作り上げるのが日本人です。明治になって入ってきた外国人の日本に対する発言からもわかります。「富める者も貧しい者も、互いの立ち位置だと理解しており、誰もがとても幸せそうだ」という彼らの発言です。食事が貧しくても生活が貧素でも幸せそうにいつもにこやかな日本人…、それは互いの敬意でつながっているからだ…と分析したのです。後の世界大戦での勝者アメリカは日本人のこの部分を破壊するための政策づくりに励んだのは有名な話です。

 

この「ナショナリズム」は五行で表現すると「水」といえるのです。「水」は「個性」「自我」を示すからです。そしてグローバリズムは「土」の悪い側面です。「土」の悪い側面から脱して「水」へと進化するのにはグローバリズムに対する反省がなくてはなりません。その反省(流れから見てこれを「反転」とも表現する)のタイミングが2013年だったと理解すると、とてもわかり易いと思います。

 

酉の三合は、一般的には「お金の動き」として説明されるのですが、上記のように見ることも可能なのです。

 

さて今年のだるまん講習会ですが、上記の「金」の話と三合に通じる「占い」の話からはじめたいと思います。以下の日程です。よろしかったら、ご参加ください。

 

▶東京(白金台) 2017年1月19日(木) 費用 5000円(事前振込み)

  昼の部 14:30~16:30    夜の部 19:00~21:00  

演題…神と人の関係は? -『だるまんの陰陽五行』「金」の章-

お申込み …「つきよみ白金台」までメール(  info@tukiyomi.in  )でご連絡ください。その際、昼の部か夜の部か明記をよろしくおねがいします。  お振り込み先は後ほど「つきよみ白金台」からご連絡します。

 

▶実践アドバンスシリーズ(1) 占いと五行  = 横浜 =

2017年 1月22日(日) 2月12日(日)  午前10:00~12:45 (会場9:45)

①1月22日(日)易と五行 

  「陰陽五行」を深く学ぶために易を基本を知る!そしてそれを日常に生かすやり方を伝授!

②2月12日(日)タロットと五行 

 『だるまんの陰陽五行』でタロットを視る!「塔」のカードは擬似的な死、「恋人」のカードは聖婚への伏線…などなど。

会場  崎陽軒本店 貸会議室  6階4号室   横浜市西区高島2-13-12

  http://www.kiyoken.com/rental/honten/h_access.html

費用  (事前振込みでおねがいします)  単発の場合 一回  6000円(税込み)

                     2日一括の場合   11000円(税込み)  

     (申込の後、返金はできませんので、ご了承ください)

お申込み… 堀内歯科クリニック(045-664-3864)メール… daruman.info@gmail.com

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
🎍明けましておめでとうございます🎍
今年もよろしくお願いいたします。

さて、この大晦日から
昨日まで、次回のだるまんシリーズの
本の取材で京都におりました。

年末年始に、出掛けるのは、
久しぶりです。
だるまん講座抜きの夫婦二人旅は、
思えば、上の子の産まれる前年から
行ってなかったかもねっ。

家族全員とか、
夫婦どちらかと子供との
組み合わせは、
しょっちゅうの
事でしたけれどもねっ。

今回は、
取材をしにまいりました。
京都八坂神社さんの
朮詣り(おけらまいり)を
体験するためです。
皆様も、京都といえば良くご存じ
金閣寺や清水寺と並んで
知られる八坂神社さん。

大晦日朮詣りを、取材しました。
神社から火を頂いて、
その火を使って
お家の神棚に灯明したり、
お雑煮を炊く風習が京都にあります。
聞いたことありますよね。
その火を頂くのが八坂神社さんなのです。

その朮詣りを実際に
見に行きました。

大晦日の夜の7時に
八坂神社さんに設置された
灯籠に火が灯ります。

この火も、人の手で木と木の摩擦から
つくられた神聖なもの。
その一部を火縄に移します。
火縄は、境内で売られています。
一束700円でした。

その縄に、灯籠の火を灯すのですが
人の多いこと、多いこと。
そして、火の点いた縄を
振り回している外国の方が
沢山いて、危ないって!
ほんと❗(笑)
防寒着が、化学繊維のコートだから
いつ、燃え移るかと
ヒヤヒヤもの(笑)
着物着てる地元の方、
絹は、天然繊維だから
少しは防火になりそ。
やっと、灯籠前に着いたけど
けっこう火の間近に縄を
持っていかないと点火しなくて
往生いたしましたが、無事に
点火できて、お参りもできました。

取材も完了。
色々、お知らせくださった
地元京都の皆様、
ご指導、ありがとうございました。

今年は、新しい本の執筆を
頑張ってまいります。
その為、だるまん講座の方も
模様替えをしてまいります。
まだだるまん講座に
お出掛けでない方向けへの
基本の催しも考えておりますので
よろしくお願いいたします。

今年一年が、皆様にとりまして
素晴らしいものになりますよう
お祈りいたします🗻
堀内信隆
堀内紀子🌏


大晦日の八坂神社さんの朮詣り。
主人いわく、火と水だそう!
そのうちブログで説明して
もらいましょ!
手前の腕はわたくし。
写真で見るとそうでもないけど
火が揺れて、熱くて危なかったんです。
昔の人は、この火を消さないように
大切に持ち帰ったのですね。
母は、戦前京都に住んだことあるので
こうして、大晦日のお参りしたのかしら?
と思いながら、母の病の快復を
祈りながら火を頂きました。
紀子🌏



















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。