だるまんブログ

生きる知恵である陰陽五行についてだるまんと語るブログ。『だるまんの陰陽五行』(三冬社)より発行。


テーマ:
おはようございます。
今日は、崎陽軒だるまん講座。
上級コース開催いたします。
残席ありますので
お知らせを。
また、
本日は、横浜のあちらこちらで
横浜港の開講際のイベントが
目白押し!
有名な、関内駅近くの
横浜球場の外回りの公園で
バザール?してます。
色々な雑貨や
洋服や植木など、
またたべものも、あるよ~💫

我が、元町商店街も
年に二回のチャーミングセール並の
お得なセールを昨日と本日は
開催中。
だるまん講座と共に
いらしては、いかがでしょうか?

崎陽軒だるまん講座は、
当日参加😉🆗✨!
一名さま6000円ですよ~🌠
だるまん事務局


横浜ベイスターズの
応援🚩😃🚩シャツ!
購入もできるとおもうけど
決まった試合に行くと
いただけるという情報も。
横浜ブルー⚓
今日の空も海も、ブルー💙
そしてだるまん講座も、木の章2回目❗




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 遠い昔に読んだ夏目漱石の『こころ』を読み返してみました。なんと私たちの心の重さを捉えた小説でしょうか。いまさらながら、深く感じ入りました。

さて、こころ、つまり「心」とは何でしょう?漱石はどういうつもりで『こころ』と題したのでしょう?

 

単純に考えるに、精神と肉体の「精神」の方を「心」と呼ぶ…と言えましょう。しかし、文化的にはもともと、私たちの構造を取り上げるのに「身」「魂」「霊」という分け方をします。同じことを「体」「心」「意識」とも言います。ここに「心」が出てきました。つまり、魂的なものを「心」と呼ぶのだとも理解できます。このことをインド哲学的に言うならば「肉体」「幽体」「原因体」ということになります。心とは幽体ということになります。

 

『だるまんの陰陽五行』にも出てくる神秘学の用語を使うならば「心」を示す幽体とはエーテル体、アストラル体、メンタル体のことです。なかでも現代人の「心」の中心にあるのは「アストラル体」です。最近のマーベル映画「ドクター・ストレンジ」にも出てきた用語ですが、これを五行で表現すると「木」ということになります。

 

漱石の題した『こころ』とは、アストラル体の現れを示している…と見るならば、五行の「木」を理解するのに、とても助けになります。

以下、『だるまんの陰陽五行』「木」の章 66ページのコラムより転載してみます。

-----------------

 夏目漱石の『こころ』を読まれた方は多いと思う。それにしてもなぜ漱石はこの小説を『こころ』と名付けたのだろうか。小説では、実際の主人公たる「先生」と呼ばれる人物が、彼の親友も愛した女性を奪い取ってしまい、あげくの果てにその親友を自殺に追い込んでしまう。このことに対して「先生」は、人間として最も恥ずべきことをしてしまったと煩悶し、我と我が身を呪わずにおれないほどに追い込まれていくことになる。

本編第五章に「アストラル体」というあまり聞き慣れない用語が登場するが、これは「思い」の担い手である「こころ」のことであると注釈してある。そしてこれは五行における「木」のことであるということは、たびたび述べている通りであり、それは「暴れ馬」のように勝手に動き回り、思い続けることで「殻」になって本人の意志とは無関係に妄想を自動再生するようになると説明した。つまり「先生」とは「思いの殻」に入り込んでしまった人間の姿に他ならないのであり、それが『こころ』という題名に現れているように私には思えるのだ。しかし「思い」の悪い面ばかりが強調されているわけではない。漱石は後に次のように友人に手紙を書いている。

 

 私は意識が生のすべてであると考へるが同じ意識が私の全部とは思はない。死んでも自分はある。しかも本来の自分には死んで初めて還れるのだと考へている。

 

「思い」には我と我が身を苦しめ汚していく悪い面もあるが、本来持っているはずであろう美しく輝く本来の魂に至る力もあると漱石は気づいているのである。主人公の「先生」は自ら生を断つしかなかったのだが、漱石自身はこの後も悪戦苦闘していくのである。そしてそれは晩年の「則天去私」という座右の銘に結晶するのである。

-----------------

 

ここに述べている『思いの殻』というのはアストラル体の性格であり、「ひたすら暴走する」という「木」の性格を示しているのです(ちなみに「木」の肉体面での象徴である肝臓にも同様の性格があるというのが面白いところです)。しかし、その「木」は「土」という現実感覚に身を寄せない限り、肉体を持った私たちは生きていけないのです。ここで言う現実感覚とは「土」のことです。

暴走する「木」と、落ち着こうとする「土」、この二つの関係が解消されるのはいつなのかとというと、次に来る「水」で、「水」こそは本当の自分の存在理由つまり、上記の「原因体」、「霊」ということになります。漱石はこれを「本来の自分」と呼んだのです。そして、「私」に拘泥する「木」と現実に溺れる「土」を超えたところにある「水」を「則天去私」という境地で説明することになってゆくのです。

 

つまりは、私たちの人生を理解するには、まず「木」(アストラル体)の在り方を理解せねばなりません。ここを理解することで、ぐんと霧が晴れてくるのがわかるはずです。

 

今回のだるまん講習会『「木」の章解説』の二回目では、こうした「木」の性質について、漱石の『こころ』を題材にしつつ、詳しく説明したいと思います。

 

2017年  5月28日(日) 思い(想い)のエネルギー    午前10:00~12:30 (会場9:45)

会場  崎陽軒本店 貸会議室  6階4号室   横浜市西区高島2-13-12

  http://www.kiyoken.com/rental/honten/h_access.html

費用    6000円(税込み)

お申込み… 堀内歯科クリニック(045-664-3864)  

メール…  daruman.info@gmail.com 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

テーマ:
おひさしぶりです、Mrs.だるまん事
堀内紀子です。
今週の日曜日
(終わってしまったのですが)
わが家JR最寄り駅
石川町駅の商店会さんの
イベントがありました。

その名も「裏フェス」⁉

どういう催しかというと、
石川町の商店会の
道路が、二本あるうちの
主に裏側にある飲食店さんの
ご飯イベント。
表通りのお店もありましたけども。

今週の日曜日の午後から夜まで
各店が、ワンコインで
自慢の一皿をご提供!
一皿五百円って、良いでしょ!
家族で参戦すると
お祭り大好き人間が、
続々と日も暮れてないのに
お酒片手に(お酒の提供もあり、ソフトドリンクも)
楽しんでました。
五百円で各店の一番人気を
食べれるし、
店主の方とも、会話できて
楽しい時間を過ごしました。

この裏フェスですが、
今、石川町の商店会は、
頑張っていて、
石川町駅下車、1、2分のところに
マーケットカフェという
カフェ兼イベントスペースを
作っているんです。
わが、堀内歯科クリニックも
この石川町を盛り上げるこの
施設を応援🚩😃🚩しております。
そして
使わせていただいてます。
この施設で
だるまんの陰陽五行の
ただいまやっている
無料の映像配信を撮影中。

そして、6月からは、
月に一度か、二度
土曜日の6時半から8時半
以前撮影した
だるまん講習会の映像の
映写をします。

2012年から、2013年に
いたしましただるまん講座の
12回コースから
抜粋していたします。
これは、基礎編でしたよね。
横浜情報文化センターで
スタートした初めの講座から
一年後の4月までの講座の事です。
いらしてくださった方も
いらっしゃることと存じます。

これに、お出になった方も
復習に、
また、🔰初心者の方へは
基本の講座として
とても良い機会となることと
おもいます。

この映写講座のみは、
予約なしで、いたしますので
横浜にいらしたついでにどうぞ
気楽に、いらしてください。

また、駅に近いので
来やすく、帰りやすいと
思います。
8時半には、おわりますので
もう少し早い終わりの時もありますが、
元町を通りながら散歩がてら
元町中華街駅から
お帰りになっても
気持ち良いかと存じます。

映写ですので、
だるまんの筆者
堀内信隆は、基本的に、
不在でございます。
時間が取れる時は
来るかな~🌠来ないかも?(笑)
だるまん事務局と私堀内紀子で
上映いたします。
いつものだるまんシリーズの販売も
あります。

一年かけて行った
12回シリーズのひとつの講座を
堀内信隆の方で
不要な箇所を編集いたしまして、
お届けします。
削るのは、
皆様にワークを、していただいてる
観ていただいても、不要な部分
などです。

映写会は、暗くして
いたしますので、
ノートは、録れないので
気楽に観ていただきたいと
存じます。
そこで、お茶とお菓子付きと
します。
お一人二千円でいたします。
白板に映写しますので
そこに、講演者がいるようですよ。

私も、テスト映写で
何度か観ましたけど
基本の事が、復習になって
うん!うん!と判るので
わかることが確認となって
楽しかったです。

映写会の終わったあとは、
懇親会は、いたしませんが
時間が有るときは
有志による茶話会?で
感想をいっていただいたり
何か、ご自分のおはなしをする
時間を持とうと思います。
分かち合いというと大袈裟だけど
こんな事があったけど
みたいな、意見交換ですよね。
私どもは、個人的には
そういうお話を受けますが、
皆様にシェアできるなら
皆様の意見や
同じ時期に同じような事があった
とか、意見や感想が
拡がるとおもうので。
この石川町でおこなう映写会に
ついては、
堀内歯科クリニックまで
お尋ねください。
045‐664‐3864
日曜、月曜、祝日休み
木曜半日休み



とっても楽しい🎵フェス🍻ですが
年に一度の開催だそう!
来年は、ご一緒しましょう。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。