1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-10-09 15:12:40

School Of Rap GrandChampionship! 10.15! #スクラ

テーマ:9SARI
10月15日
VUENOS TOKYOにて開催!

U20最強を決めるスクラのグラチャン!

{837A8794-D452-48E1-94FA-6375F790543A}

{D6A551C8-AFC6-41BB-8683-A86721C5C422}

このイベントもそもそもT-PABLOWとGOMESSとMC妖精と始めた。若いラッパーの手で新しいパーティーをやって行く為に。
高校生ラップ選手権のオーディションを補完する為にヒダディーと話してバトル形式も取り入れた。オーディションで僕らが見るのはラップの部分だったけど、それだけでは出場権は得られない。でもその道だけが唯一のものでは無い。
審査基準を観客判定にしたのは、同世代での審査基準を作って欲しかったから。

自分たちの手で。

で、そういう動きはもうかなり勝手に広がっている。
素晴らしい!

今大会も予選を勝ち抜いたMC達と多方面で活躍したMC達で争われる。

10代最強を是非勝ち取って欲しい!

現役最強と僕が思ってるスナフキンに強いMCのパフォーマンスを見せて貰います。

僕個人はMCバトルの司会はこれで最後かな?とも思ってます。
僕が最初に3on3で司会をやったのは27か8くらい。で、その時バトルの最前線にいたのも同世代のMC達だ。僕も当然出てたし。
そうした現場感の中で、バトルMCの気持ちが分かるから、という理由が1番大きかった。
勝ち負けを宣告するんだから、それを言われる側の気持ちも分かってなければいけない。
DMCをやるのも同じ。
戦いの場に立つ意味を少しでも分かってる人が仕切る。最低限そこはクリアしてます、と。
で、そこに立つからには戦いそのものに集中して見届ける。
スクラで全試合コメント求められたら答えられるのはそういう臨み方をしてるからです。何日かすると忘れるけどw

気づけばそこから10年以上経った。
僕も40歳。

気持ちは分かる、とかバトルのことは分かる!
なんて言っても同時代の現場感はどうしても失われてる。
まあ、その辺の中身は本にも書いたからもう良いかな?

読みました?

なのでスクラではJ平やNillnicoにサポートを頼んできた。
彼らが自分たちの感覚でやってくれたらその方が絶対にいい。
今後もスクラを続けてくれるならそれは協力する。

MCバトルシーンからの仕事のオファーもほぼ無いので!これ、もう少しあるかと思ったけどバトルブームの風は僕とは全く関係なかった!
本を出して余計そうなったのか?

なので!
お役御免!ってことで良いんだろうと思ってます。

MCバトルを間近で見てきた20年くらいの時間。
かなり面白いものを沢山見れたと思ってます!
有難い限り。
もちろん仕事のオファーなら考えますけどねw
自分からやるのはここまでかなー。
(正直、準備から何から何までやるのは体力がきつい。楽させてくれると嬉しい!)

10月15日も!
間近で戦う10代のMC達を最後まで観て…
1月のKOKにチャレンジする若き王位継承者候補を見届けたいと思ってます!

会場で是非!

ブリングザビート!




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-10 18:37:00

ダースレイダー、鎖GROUP退社のご報告

テーマ:9SARI
先ほど、漢と鎖社員みんなとで話し合いをしました。

僕、ダースレイダーは株式会社鎖GROUPを退社する事にしました。

漢は僕の人生の中でもトップレベルの恩人で、佐藤さん亡きあとのBlackSwanの代表として鎖に誘ってもらって以来、僕の人生もだいぶヒップホップしてしまいました。
本来は直前にリリースしたVelcomのような路線を1人で歩んでたので自分でも今の状況には驚くばかりです。

その中で10連続リリースを皮切りにKing of Kingsのプロデューサーを任されたり、9sari Stationでは自分も気づかなかったトークグルーヴが生まれたり…

ただ今年に入ってから会社の方針と僕の意見が対立する機会が増えて来ました。

鎖は漢の会社なので、漢が面白いと思った事をやるのが良いとも思います。
そこに対して反対ばかりしてるのも不健全な気もして、それがいつしか話し合いの機会すら減るようになってしまいました。

タイミング的に漢はどんどん人気のMCになって行き、僕は僕で体調面の事もあり、自分自身及び自分自身のやりたい音楽や活動に向き合う時間が増えて行きました。

当初はそれをもう一回りさせて大きくする、なんて勝手に思い描いたりもしてましたが…
どうしても並走が難しい事態がいくつも出て来ました。

会社としての方向性がある程度見えて来てる中で、僕がいない方がスムーズだとも考えるようになりました。

最近はちょっとそのピークを迎えてしまい、個人的にも精神的に凄くダメージがありました。

でも自分の表現で。

諦めんな 明らかだろ 鮮やかな今 
戦いをやめんな(5years )




命の鍵は自分の手の中に
(Key of Life)





こう歌っていたことが励みになりました。
そして、ドーナツで子供たちと楽しく踊る自分の未来に光を貰いました。





僕は、僕のやるべき事をやるしかない。

そして、当然漢は漢のやるべき事をやっている。

そう思って、先ほど話して来た次第です。
期待されていた仕事は全然出来てないままの退社を認めてくれたのも感謝です。

と言っても社員としては退社しますが、
当面、バンドのマネジメントは鎖が継続してやってくれます。
また、スクラやラップ展などなど今、共同で手がけているプロジェクトもまだ沢山あります。
なので僕が言うのも自分勝手過ぎますが円満退社です。

そして、漢とD.Oを擁する鎖GROUPは間違いなく日本で最もエキサイティングでヒップホップな会社だと思います。
最大限のエールを。

僕のバトル本を読んでくれた人にも漢のラッパーとしての魅力は伝わってると思います。

僕も精一杯自分の表現を確立するために奮闘したいと思います(体調と相談しながら)。

40歳。
無職のラッパー(自称ミュージシャン?)。

なんか仕事あったらよろしくお願いします!

ヒップホップに幸あれ。

宇宙平和



いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2017-05-01 23:39:18

蝕!NEWS RAP JAPAN! スクラ!(entry追記)

テーマ:9SARI

ゴールデンウィーク!

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

明日、2日はまず20時からの漢たちとおさんぽに出ます。

7日に開催するSCHOOL OF RAPの告知も兼ねて!

 

そして夜はそのまま渋谷FAMILYで蝕!

 

1年ぶりで、年に1回日本語ラップのパーティーで遊びましょう!

もうね。レギュラーのときと違って。

好きな曲をみんなでかけてみんなで遊ぶ!それだけです。

レッツゴー遊ぼうぜ!ライブもします。

 

{20139B7C-F592-40F2-83EE-9F3D831FA14C}

 

 

 

6日は20時からNEWS RAP JAPAN!

1時間体制、どうでしょうか?

毎回あっという間なんですが、なんとかギアをトップに入れて駆け抜ける感じ。

とはいえ。

ニュースの解説だったりはかなり踏み込んだハーコースタイルだと思ってます。

ザッツ・エンターテイメント!

 

7日はSCHOOL OF RAP。

U20 MC BATTLE、次々とグラチャン進出者が決まっています。

さあ、どうなる??

 

{FB6CD03D-E0D6-4ABA-86D2-61231DEF2479}

 

 

 

現在のエントリーは以下!

ENTRY MC
01.べあえでぃー
02.彩雲(あやくも)
03.sugercat
04.vit
05.TAnaTU-(たなとぅー)
06.MCイガチ アヒルの子
07.Kay
08.ちくわ
09.K'ill(ケーイル)
10.echo
11.91
12.デーム
13.Blow-NA(ブローナ)
14.$himi
15.LIGHT
16.T-Swagg
17.OKBOY
18.驚天
19.爆音男(ボンバーマン)
20.Taiga Nonaka
21.吐坊
22.セックスマシーソー
23.MC星(読み方・えむしーひかる)
24.K-Iris
25.Zipper
26.賢士郎
27.T-boy
28.Luiz
29.殺炭
30.D-Water
31.SHOHEI
32.Mush
33.ko-ichi
34.EMPORIO
35.River
36.Fat-man
37.ERECT LARGE
38.emma
39.Doppel
40.rose
41.ONO-D
42.あっち
43.RiSKy
44.蛇食(ジャック)
45.liberty
46.AGOBOY
47.YSK
48.Ko-R
49.DANGER
50.KMS
51.秋
52.ruler
53.reaper
54.S-bow(ササボー)
55.rose
56.ジョウキ
57.Fim(フィム)

58.ジョッキ
59.K
60.毒へび
61.MC49
62.Kiwami
63.やひろ

 

勝ち上がるのは誰だ?

 

13日にはいよいよKING OF KINGS東日本予選もはじまる。

 エントリーMC発表されてますが…おうおうおう!

 

 

{14196BDE-F3E5-42BA-934E-A457906A01DB}

 

 

 

 

 

2016SEASONのDVDも発売中!

 

これ。

映像にかなり力を入れてます。もう絵の質感、編集。

共にバトル映像ではネクストレベルの逸品に仕上がってます!渡部監督、やったな!

ABEMAでの放送からも再編集してるのでそこも含めてお楽しみあれ!

副音声も・・・合わせてなにとぞ。

 

 

 

TABOOとKAZZROCKさんの個展に遊びに行ったらTABOOに「お、寿命5年、元気?」と挨拶。イイネ!頑張るよー。

 おかげでたくさんのリブする為のラブをいただいてます。しぶとく生き延びるぞー!

ゴールデンウィーク明けからHOMEPAGEでいろいろと発表していきます。

 

ベーソンズのカッコイイ音楽を是非体験してくださいね!

 

 

 

 宇宙平和

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-19 14:52:13

KOK2016 DVD発売!

テーマ:9SARI
出ました!

ちなみに鎖GEARだとセットで買えますよ。


正月の盛り上がりが遂にパッケージに。
熱闘!絶叫!Yes Yes Y'all!

中身はじっくり楽しんでもらうとして。
DVDには追加でUZI&D.Oによるバックステージブギーがついてるぞ!
戦いの最中の舞台裏の様子や観客の熱気も…
さらに。
僕と漢による副音声解説も!
これがですね…我ながらしょーもないけど面白い!後半かなり狂った展開になりますが、何卒〜







今年限りで僕はproducerの任を離れますが、この興奮の大会を観るといろいろ感慨深い…
僕の決断には様々な意見をいただきましたが、大会が先に行くためのものだと思います。
なので、副音声まで込みで思い入れ沢山のDVDを是非お楽しみください!

今年の予選も来月から!
単純に観る側として楽しみます。

そして僕は僕の闘いに挑みます。
ベーソンズ、こちらも合わせてよろしくお願いします!




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-23 09:21:00

第11回高校生ラップ選手権不参加のお知らせ 追記あり

テーマ:9SARI

第11回高校生ラップ選手権に僕は参加しません。

 

第1回から第10回までレフェリーとして、第3回からはオーディションのジャッジとして参加してきましたが今回はお断りさせていただきました。

 

BAZOOKAが復活、高校生ラップ選手権も開催!というニュースはツイッターで知りました。

日付も出てたのですがその時点ではオファーはありませんでした。

しばらくしてから連絡があり、その時点ではオファーを請けました。

この時、制作陣に変更があったとは聞きましたが詳細は敢えて聞きませんでした。

発表後のオファーになった経緯は知りません。

 

大会の進め方として集まったエントリーを東京、大阪でオーディションします。

これは第9回では800人に上り、僕とヒダディーと放送作家の堀さん3人で四日間でジャッジしましたが、対応を考えないと厳しいとその時点でも思ってました。

 

僕のスタンスとして何人エントリーがあろうと、全てのMCを同じマインドで見ることにしています。

 

僕のラップのジャッジの仕方に関しては最近フリースタイルダンジョンやKOKで解説する機会があったので皆さんにも少し分かってもらえたとは思っています。高校生ラップ選手権でもラップに対しては同じ考え方で臨んでいます。

 

僕とヒダやんがラップ部分をジャッジし、放送作家の堀さんがキャラクターだったりを見る。

1次審査を通ったMC同士でバトルしてもらう。

バトルでのパフォーマンスも良かったら放送作家の田中さんがインタビューして詳しい話を聞き出す。田中さんは高校生ラップ選手権の発案者です。

 

これを800人やる。DJコペロや5-ISLAND、パナソニックにもその人数だけビートを出してブレイクしてもらってます。

最終的にスタッフ全員で協議して16人を選抜します。

 

今後エントリーMCの数が増えたり、スキルが拮抗するようになったらどうするのか?対策が必要でした。

第10回はオーディションが無かったので一端その問題は棚上げされ、番組も終了したのでそのままになってました。

 

今回オーディションをやる事になりましたが・・・・・・

対策どころかオーディションの日数も減り、そのうち1日は僕一人で担当して欲しいと頼まれました。予算が減ってしまったとの説明を受けました。ジャッジに堀さんの名前もありませんでした。

 

僕は制作陣がどう変わったのだろうか?と気になり、堀さんと演出の岡宗さんに電話しました。

 

いつもインタビューなどでも答えていますが、僕が高校生ラップ選手権に参加したきっかけは堀さんから企画の相談をされ、これはやりましょう!と乗っかったことです。

堀さんとは今までLL COOL J太郎をはじめ、オモロな仕事をご一緒させてもらってました。

岡宗さんのハチャメチャな番組作りはヒップホップ精神に基づくものだったし、高校生ラップ選手権はその結晶とも言えます。

オーディションや決勝の現場では佐々木君というディレクターがMCたちのケアから進行まで支えてくれてました。WOOFIN’の高校生ラップ選手権特集では佐々木君と僕で対談しています。TV BROSでは僕と堀さんの対談、WARPでは僕と堀さんと岡宗さんで対談してます。

 

連絡してみて分かったのですが、今回から堀さんも岡宗さんも田中さんも佐々木くんも番組から離れていることがわかりました。

更にはグラフィックデザインをしていた松下さんも離れていました。

彼の遊び心とカッコヨサのバランスは本当イケてましたね~。

僕の個人的感想ではありますが、彼らの考え方や仕事ぶりが高校生ラップ選手権の面白さの核でした。

(もちろんテレビ番組としての面白さ、完成度は多くのスタッフ一丸となって作り上げたものだと思っています。)

 

こうなった事情にはいろいろあるでしょうし、僕も仕事のオファーを請けるだけの立場なので詳細には立ち入りません。事実として僕が第10回まで共に関わったスタッフの多くがいない現場になり、条件もより過酷になっていました。

 

決勝戦では僕は裏でMCたちに景気づけの言葉はかけたりしますが、ステージでの役割としては「BRING THE BEAT!」と「終了!」と言うくらいです。あとは自分のタイミングで1回だけ大会への思いを伝えるようにしていますが、基本は間近で試合を観ているだけです。

試合が始まってしまえばMCたちは素晴らしいパフォーマンスをしてくれます。

肝心なのはそこに至るオーディション、そして選抜されたMCの紹介VTRだったりの準備の部分だと思っています。BAZOOKA!!!でやる意味とも言えます。

 

今回、その準備部分の環境が変わっていました。

僕が自身のスタンスのままでジャッジしたりレフェリーをする環境はもうありません。

少なくとも僕は責任をもって仕事することが出来ない。

であればなるべく早めに新体制にあった新しいやり方を構築してもらって新しい人選でやってもらった方が良い。

そもそも僕を誘ってくれた堀さんが辞めている以上、このタイミングで離れるのが自分としての正しさだとも思っています。

 

今回、BSスカパー!の社長肝いりの再スタートだとも伺いました。

新体制、新ロゴ、新メンバーできっと新しい高校生ラップ選手権を生み出してくれると思います。

第10回までとは違ったモチベーションでの挑戦なのでしょう。

僕はその思いにはご一緒出来ませんが、更なる大会の盛り上がりを楽しみにしています。

エントリーした高校生たちにエールを!

 

KOKの時とは違い、今回は「責任をもって仕事することが様々な理由から出来ない」と判断しての辞退です。

とはいえ、年始から次々と仕事を離れる報告ばかりで心苦しくも思います。

度々お騒がせしてしまい申し訳ありません。

 

一方、10代最強のMCを決めるためのSCHOOL OF RAPは引き続き開催します。

昨日、1回目を開催しAPELILが見事優勝し9月予定のグラチャンへの切符を手にしました。

またゲストライブで来ていた裂固もチャンピオン枠での挑戦を表明してくれたので現在2名のファイナリストが決定しています。

TERUだったりあっち、ブラスタ、そして更に強さに磨きがかかっていたK-FIVEなど頼もしいMCたちも沢山いました。

 

第1回目から第10回目まで・・・数々のドラマと素晴らしい瞬間を体験出来たことを大変嬉しく思っています。その間に出会えたMCたち、一緒に作り上げた出演者やスタッフの皆さん、熱狂してくれたお客さんたち。文字通り笑いあり、涙あり、興奮あり、勇気もたくさん貰いました。

 

本当にありがとうございました。

 

BRING THE BEAT!

 

PEACE。

 

片目のダースの叔父黄

ダースレイダー


 追記:

その後、制作サイドでオーディションのジャッジを3人に戻し日程も増やした模様。

ジャッジには僕の知ってる人達がつくみたいです。

ある意味、辞任してメッセージが少し伝わったようで良かったです。

オーディションを緊縮すれば高校生が1番しわ寄せを食らうので…皆さんの健闘を祈ります。

 

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース