1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-09 23:19:39

NEWS RAP JAPAN

テーマ:視聴!HIT ME!
新しいレギュラー番組が始まりました!
 
第一回目からブログできちんと発表してりゃ良かったんですが気づいたら今日2回目の収録が終わっていて。
 
でも、オンデマンドで3月8日まで観られるので是非!
 
NEWS RAP JAPAN
 
{D1B14433-F45A-4EFD-9E25-D66CAEB42BED}

 
 
僕がメインキャスターです。
思えば父もニュースステーションの解説者だったのでううむ、ちょっと違うけどやはり息子か。
元ネタはウガンダのテレビ番組で若者にニュースに関心を持ってもらう為にニュースをラップで伝えたところ!大人気番組に!
と言うことで日本でもやってみようという企画です。
で、この企画、やってみないとどうなるか分からなすぎるのでやってみた結果。
どうやら面白いぞ!と。
評判も良く、めでたくレギュラーになりました。
 
ラポーターには呂布カルマ、ACE、MCサーモン、NAIKA MC、あっこゴリラ、COMA-CHIやNONKEYたちが参戦。
解説には宮台真司さんや木村草太さん、プチ鹿島さん。
アナウンサーに天明麻衣子さん、DJにコペロ。
 
ニュースをラップしてから解説したり、ニュースを肯定反対に分かれてのラップバトルしたり、投稿ビデオを観たり。
バラエティーなので真面目なのもショーもないのも同じテンションで楽しんでますが、実はかなりハーコースタンスでもあるので!
 
是非楽しんで欲しいです。
 
放送はAbema TVにて毎週日曜午前10時から2時間!サンジャポの裏番組です。
 
次は2月12日。
 
{180D3EFF-629B-4C53-B9DD-09FB8EE0F401}

 
 
そして第一回目はこちらでオンデマンドで!
 
 
年始から辞めます!辞めます!という記事ばかりでしたが始まる事もあります。
 
ベーソンズの曲制作もやっていて、本が3月末に出ます。
 
まだまだなんとか生きてるので何卒よろしくお願いします!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-11 01:09:56

横取りJ-WAVEその後。

テーマ:視聴!HIT ME!

先日アップした横取りJ-WAVE、おかげで様々な反応を貰えて良かったと思ってます。

 

 

局との関係性もそれぞれあると思うので静観してる方や、むしろ面倒くさい奴だと苦々しく思ってる人もいると思います。面倒おかけしましたが、そういう方々も考えるきっかけになったならアクションした甲斐はあったかと。

 

反応の中で多かったのが、実は似た経験してます!というものでした。
僕はたまたまラッパーなので曲にしましたが、多くの方はその気持ちを形にする場を持たずに悶々としていた。
それを言ってくれてスッキリした!というものです。
ラップにも役立つ側面がありますよね。

どっかの教授が助手に、その論文、私の名前で出した方が業界へのインパクトがあるよ…みたいな聞き慣れた構造も同じようなものです。

BEN THE ACEさんからツイッターで言われたのが、証言誕生前夜の日本でのメディア状況を連想させた、というものです。実際に体験した方からの意見には重みを感じますが、実は90年代よりこ状況は固定化して退化してる側面もあると思います。

 

丁寧に説明したつもりですが、更に言えば。
最初にオファーがあり、その内容(文面は添付しました)という企画の成立を聞かされ、それはその後も電話で確認してるんですが…
そのオファーを出して、取り下げる。そして、その後の対応。
ここが本質的に僕が曲で伝えたかったことです。
この裏側に滲んでる「考え方」と言いましょうか。

 

こんな企画誰でも思いつくだろ?

とか後で言うのは簡単で、そもそも発表された後も内容が分かりにくいアイデアなんて機能しません。
さらに言えばラジオでラップなんて珍しくないですが、そこに至るロジックも対談で説明されています。

そこを踏まえて僕にオファーが来た、と言ってる以上は、と言う話ですね。
現状の企画は多分あれこれいじられてると思いますが、言葉の力、というせいこうさんが押してたポイントはしっかり継承されてるようですね。

ちなみにラジオでフリースタイルコーナー自体は、かなり前東京FMでサ上がパーソナリティーを務めた日本語ラップキラッ!の中でもやってました。担当は僕でしたね。

 

その説明とオファーが無ければ、わざわざ曲にするまでの事では無かったと思います。

 

僕のことが元々嫌いな人も結構いると思いますが、嫌いな奴だから言ってる事も間違ってる。逆に、好きな人だから言ってる事も正しい、というのも切り分けて考えて欲しい。

なんかそこが一緒の反応には勿体なさを感じちゃいますよね。

 

後、怒ってるの?って話なんですが。
モチベーションではありますが、ビート用意して音エディットして、サビ2本目行こうか?なんてやってるわけで。怒り任せでそんな事出来ないですよw
なんなら事前に説明もしたり、どんだけエネルギー使ってるんだ?って話なんですが。

 

表現する、って事はエネルギーを使うし生む、って単純な話だと思います。

 

さて、先方は六本木の巨大なメディアさんなので。
変わらぬ日常が続くと思います。

実際、多分なんの反応もなくやり過ごすことでしょう。

でも、そこになんか言ってるラッパーもいたぞ、って事で次に行けば良いかと。
あと、これに関しては僕1人の責任なので。
曲も1人、9sari Stationで話す時も1人。
って言うスタンスを考慮して周囲を煩わせないで行ければ幸いです。

 

僕がフリースタイルに適任かどうか?

に関しての良い判断材料となるのが明日放送のフリースタイルダンジョン、テレビ朝日の深夜1時26分~ではないでしょうか?

あわせて、TEAM411からも発表が同時刻にあると思うのでお楽しみに!

 

それでは!
つぎ行こ!つぎ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-08 12:53:13

横取りJ-WAVE/DARTHREIDER について!

テーマ:視聴!HIT ME!

昨日アップした音源について僕なりの話をここでしておきたいと思います。

 

 

 先日紹介したJ-WAVEで放送された僕といとうせいこうさんの対談番組。
内容は聴いたり、読んでいただいた方にはわかると思うんですが、フリースタイルブームに端を発する日本語論へと発展したものです。

 個人的にも発見がいろいろある実りある対談で、せいこうさんのヴィジョンを垣間見ることが出来たのも貴重な体験でした。

 

対談記事はこちらから!

http://miyearnzzlabo.com/archives/39227

 

その中で、せいこうさんは「テレビはテロップが理解の邪魔をしてしまう。

ラジオこそがフリースタイル・バトルにもっとも適した媒体だ」という趣旨の発言をされ、それを受けて僕は「いとうさんは知らず知らずのうちにプレゼンを始めてるわけですが、これを聴いているディレクターの方、ラジオでフリースタイル番組いかがですか?」と提案しました。
 

その後、対談は大きく展開したのですが、結びでせいこうさんは「やっぱラジオ向きだよ。(俺は建設的30周年を経て次のヴィジョンがあるから)お前がやれ!お前がやれよ」と笑って終わります。

 

 さて、ここから数週間したらJ-WAVEから連絡がありました。
まさにこの対談のディレクター氏で、直近で「これを聴いているディレクター」に当たるわけですが。

 

メールの内容は
「先日、J-WAVEのMUSIC SPECIALという番組にて、
ダースレイダーさんと、いとうせいこうさんの対談を収録させていただきました。
その節はありがとうございました。
番組の最終回を飾るにふさわしい素晴らしい対談となったこと、
我々としても嬉しく思います。

その甲斐もあり、今度J-WAVEにてフリースタイルで言葉の力を
伝える番組を10月から立ち上がることとなりました。
つきましては、ダースレイダー様にレギュラーでの出演をお願いしたく考えております。

毎週金曜日25時から30分の番組で、隔週2本録りを予定しております。

企画書をお送りさせていただきますので、
ご確認・ご検討宜しくお願い致します。

J-WAVE制作部」

というものでした。
あとは番組内容とスケジュールの確認です。

 

僕はドラマチックな流れだな~なんて感心しながら、即答で是非、やりましょう!と承諾の旨を伝えました。

 

ところが、翌日一緒に大阪モノレールのライブを観に行った鎖GROUPの小林さんから。「ダース、悪い知らせだ。あの番組、なくなったから。」と言われます。

 

え?すぐオッケーしましたよ?と聞くと。

 

「上層部からダースレイダーは年齢が高くてフリースタイルマーケットのターゲットにはふさわしくないから替えろ」と指示されたというのです。

 

ええ?と思いつつ、この日は楽しいライブもあり、とくに考えませんでしたが・・・いやいや、これどうにもおかしいぞ。
と。

 

で、会社にはそういう連絡があったわけですが、僕には直接はなにもない。ので、逆に連絡先を聞いて僕から連絡しました。

 

僕が理解している経緯は上記の通りなのでそれを伝えると、それ自体はその通りなんですが、人選はもう決まっていると。
まあ、僕も正式にオファーが来てオッケーはしてるんですけど・・・
で、その人選はDOTAMAとACEであると伝えられました。
ちなみにこの二人が番組をやることには一切異議はないんですが。
そういう話って・・・オファーする前に内部でやるもんじゃないんですかね?

 

翌日、先方から電話があり、やはりダースレイダーの出演は難しいと。いや、もう出る気はないんですけどね、こっちも。

 

で、番組とラジオ局のより一層の発展を願って泣き寝入り・・・
する必要あるんだっけ?と考えたわけです。

 

なので曲を作りました。
せいこうさんの指摘もあるので歌詞字幕はつけてないんですが、それで理解出来るように作りました。
あと、先日亡くなったあの「RADIO RAHEEM」に冒頭で触れていますが。ラジオでDO THE RIGHT THINGってことで。

 

なにかを発表する前に、いとうせいこうさん、DOTAMA、ACEには連絡しました。せいこうさんにご迷惑をおかけするわけにはいきませんし、DOTAMA、ACEにも他意はないよとあらかじめ伝えておくのは必要だと思いました。

 

さて、これで晴れて僕もショーン・KばりにJ-WAVEには出演出来ない人間になった可能性もあるわけですが。

 

深夜にアップされたのもあって、ほぼゼロインパクト!
昔、お笑いグループのレギュラーのネタで。
「怒りの一撃!・・・・かわされる!」
というのがあって、それを思い出しましたw

 

でも、反応はあるにはあって。
某局で働く、とある人物から「良く言ってくれました!」というメールが届きました。
彼は彼で局内で似たような目にあってるようで・・・
自分も意志を貫徹します!と言ってくれました。
ラップした甲斐があるってもんですね。

 

さて。
いま、空前のブームと言われているフリースタイル・ラップ。
今後もいろいろな企画が立てられていくと思います。
その中で、イヤな思いだったり、我慢ならない状況に直面する人も出てくると思います。
なにせ関わる人が増えれば増えるほど、理解や愛情はどうしても薄れますからね。

そういった場合、泣き寝入りする必要はなし!
だと思います。

 

もしかしたら数年後。
いろいろと反省したり、考え方が変わって。
「あの時はバカしたな。」
と思うかもしれません。

でも、そもそも、その「あの時」がない人生も味気ないと思います。
僕にとっては、この時はそれだと思ってます。

 

なので、今後イヤな思いとかしちゃうかもしれないいろいろな人に。
俺の屍を越えて行け!
いや、どっこい生きてるけど!

 

というか、人生すべてはネタであり。
ラップしちゃえば笑えるぜ!

 

THATS ENTERTAINMENT!
とポール・ウェラーっぽく歌って今日も楽しくやっていきます。

 

あ、僕がフリースタイルにふさわしいかどうかは・・

ちょうどいま放送中のフリースタイルダンジョンという番組があるんですが。

8月はジャッジをしていて、現在放送中のRECではチャレンジャーで出ているので!

そこで証明出来てるかどうかも要チェックで!

 

本日は・・・日本一のMCを決めるKING OF KINGSへの道をたどる・・・

19時からはABEMAで生放送!9SARI STATIONです。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015-06-30 23:45:51

The Bassons ダブダブ!

テーマ:視聴!HIT ME!
The Bassonsのライブ映像アップ!



先日のダブルヘッダーの2本目の中野HEAVYSICKでのライブ。
レゲエの生バンドパーティーでのライブだったのでヴァイブスもノリもグンバツで楽しかった!

元々2年前までNONGTANGと山ちゃんとやってたバンドで・・・
山ちゃんがメジャー活動で忙しくなってしばらく休止してたのをようやく再始動。
ライブもだいぶ久しぶりにやったけど、ドグワン!と会場は盛り上がってくれたので・・・
渡部君に映像まとめてもらいました。

BASSONSはBASSのSONにして、BASS音にして、BASSをONにする!
って意味で、ドラムとベースのリズムと低音に僕が乗っかるだけってのがコンセプト。
「足りない」「SPACE」をどう活かすか?イマジネーションが足りてるかどうかを試すスタイルだね。
要するにFUNK。心はROCK。んで、面白ければヨシって考え方でHIP TO DA HOP!
ラッパーがバンドやるとこうなりますね~って定番以外を全部担当しております。

この曲、ダブダブはライブでやる度におおおおっってなる曲で、歌詞の構成は同じでも中身はやる度にかわってっちゃうので・・・ナニを入れられるか?はその日の気分次第です。
ベースとドラムの絡みも大分濃い仕上がりのグルーヴになってきてますね。

毎週スタジオリハを重ねながら仕上げております。
次回ライブは8月1日に渋谷MOJA。
映像あげた途端のマイナス評価の嵐にもBREAKの予感がビンビンしてますぜ!トガリ!

NONGTANGと久保君とのバンドはメンバー増やして、よりオシャレファンクのりでやってくつもりで、こっちも何か決まったら稼動。

いい汗かくぜ!
MAKE ME SWEAT,YOU SUCKAZ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-02-04 16:35:13

MOONAGE MIX、月夜の晩に君さえいれば・・・やらライブやら近況やら。

テーマ:視聴!HIT ME!
先日、ふとMOONというキーワードで何曲か浮かんだので繋いでみました。

MOONAGE MIX!

MOONAGE MIX/ DARTHREIDER by Rei Wada / Darthreider on Mixcloud



相当強引なブッコミしてますが・・・月明かりでなんとかごまかして聴いてください!

1曲目はENTER THE GARAGE VOL.1収録曲のインスト。
3曲目はマイカデリックのITSELF収録曲のインスト。
あとはMOONつながりでVAN MORRISONやらDOORSやらNEVILLE BROTHERSやらELVISからのCHUCK BERRYやらNEIL YOUNGやら。CRIMSON締め。R.E.M忘れてた!
あと、GEORGE HARRISONのHERE COMES THE SUNの続編的なHERE COMES THE MOONもあったけど、前にBEATLESはやったし。PINK FLOYDはDUB VERSIONです。
DAVID BOWIEの曲が着想だったりしますね。


先週はライブをしてました。
金曜はTILLのリリパ。恵比寿BATICAでIN YA MELLOW TONEでした。
東大生の後輩に当たるRaq君とはじめて一緒でした。
最後はみんなでセッション、これは楽しかったね!
TILL BANDとのセッションも急にフリースタイルになったり、面白かった!

で。
土曜日は西荻窪FLATでNONGTANGと久保君との3ピース。

1;ROCKFELLER SKANK風
2;20TH CENTURY BOY風
3;はねたハネタTWIST
4;MILD7
5;西荻オシャレFUNK
6;FEVER

西荻窪オシャレFUNKは雑誌GOSSIPを読み上げながらのFREESTYLEをD'ANGELO風のビートでやってみました。
冒頭2曲はスタジオで思いついたのをそのまま導入。

いや~いい汗かいた!楽しんでもらえたならなによりです。

僕らのあとにSECRET COLORSで久しぶりの三善さんだったり。
呼んでくれたのは盆暗映画会のメンバー、DT君。
なんとお子さんが産まれたばっかり!おめでたい!
バンド、VARISPEEDSもりりしくもボンクラで良かったです!

この後、池袋BEDでV.I.P HI-POWERがSOUND担当したBASS KINGDOMへ。
壁一面を埋めるスピーカーから怒涛の低音!
最高に気持ちよいです!

3月14日に上越で行われるBIRTHDAY BASHにも呼ばれてる、SHIBA YANNKEEさんと話せたり。
BOY KENさんの髪型がイカしてたり。
HIPHOP、REGGAE・・・低音ブリっと大好きなみんなでダンス!ダンス!出来たら良いですね。

HI-BULLETがカギだったりもしますね!
そんなHI-BULLETもMVも近々公開予定。

そして、ダンスといえば・・・
風営法の改正に関して、ダンス議連の総会が衆議院議員会館で開催されたのでクラブとクラブカルチャーを守る会で参加してきました。

内容的には去年一度廃案になった改正案を再提出する、という報告でした。
まだまだ議論の余地はいろいろありますが、前進する方向性は見えてます。
ダンス議連の皆さんにも頑張って欲しいですね!

今国会で動くのか?
まだまだ注目ですが・・・
朝まで楽しく踊りたいですね!

クラブとクラブカルチャーを守る会でも新しい映像を製作してます!
PLAY COOL!





スーツ着て行って来たんで、せっかくなのでそのままスーツで9SARIで仕事しております。
ナウ。
バウ。

本日は!
FOREMAN@SOCIAL CLUB TOKYO!

CENJUとONE-LAWが登場するとのこと。楽しい水曜の夜を是非!
KOHAKU, GATTEM, KOPERO, PONY, CHEZ, PUNKY DOPEらも盛り上げます!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み