2010-03-25 00:06:48

UBGがゲリラライブ・・・

テーマ:日常をファンクしろ!

ブッダやシャカの12インチ、学校さぼって並んだアノ日がはじまりさ

UBGがゲリラ・ライブ、BOSSがさばいてたCHEEBACHEEBA・・・


CISCO坂の俺のヴァースのラインだ。

この場合のゲリラライブとは、突如CISCO坂にて行われたTOP RANKARZのINNER CITY BLUESのPV撮影を指す。あっというまに始まり、人だかりが溢れ、あっという間に撤収した記憶がある。

CISCO坂伝説の一つだ。


昨日、ZEEBRAさんやINOVADERさんがtwitterで発表した。


UBGが解散を決定したらしい。


これは、実際の記憶として刻まれているのだが。

朝、渋谷ファミリーから帰るとき。いまのTSUTAYAがある辺りで信号待ちを仲間としていたときの会話だ。


「今度さ、AKEEMがUBG入りするらしいよ。TOP RANKERSかもって」

「ンマジで!うまいもんな~AKEEM」

「絶対くるっしょ。ってかアーバリアンのスパーリング、マジでハンパないフリースタイルの応酬だって」

「次、誰が入るんだろ?気になりすぎるんだけど」


これは。

俺と、あと良くクラブに行ってたヤツラのリアルな会話である。

まさに、渋谷のストリートニュースだった。集まったB BOYたちがいつも話題にしていた。


依然として、ジブさんは話題の中心だ。そして、クルーであるUBGも常に存在感は示していた。

AKTIONさんが入ってきた辺りで華も抜群になってた。

ケムとかOJは小箱でひたすらフリースタイルしてたときかr知ってるし、DIORI君は活動初期にかなり世話になった人だ。MPCの使い方を最初に指南してくれたのもダイ君だ。

スパーリングにも誘われたけど、タイミングが合わず参加出来ませんでした。

TAKE-Cさんにはマイカデリックのミックスも何曲もお願いしている。

INOVADORさんは大好きなビートメイカーだし、KEN-BOさんは最高のDJだ。UZIさんは人柄も含めて豪傑だ。チノは最近のバトルでも良く名勝負を見せてくれてた。

俺の名前が始めてメディアに登場したのはTAK THE RHYMEHEADさんがREMIXでやってた連載、「共鳴」だ。AKEEM君やSTは六本木NUTSで一緒に「mail」というパーティーをやってた。

apoさんにも良くしてもらってるし、ヨッシーもナイスなヤツだ。

とにかく、いろいろな方面でお世話になってきたんだ。こんな俺でも・・・


去年のB BOY PARKでは3on3、一回戦で対戦もしている。


東京の、いや日本のヒップホップ・シーンにおいて、一つの大きな存在だった。


修羅場もくぐってきただろうし、歩んできた道のりを部外者が想像するにはあまりある。

そして、そんな百戦錬磨のクルーが下した決断。考え抜いて、議論して決めたことだろう。


あくまで個々の活動をレベルアップさせていくための前向きな解散だとも言っていた。


UBG AIN’T NUTHIN TA FUCK WIT!!


長い間、お疲れ様でした。

そして、今後ともそれぞれのアーティストのみなさんにはお世話になると思います。

ヨロシクお願いします。


さて、今日は寒い。

身体を温める意味もふくめて、これからバンド(名前はまだない)の練習をスタジオで。

汗かいてくる。


NOW PLAYING;ERULE/LISTEN UP


お返事コーナー


頑張りますよー!


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Rei Wordup a.k.a.Darthreiderさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■初めて知った

この、情報を初めて知って涙がでてきた。
UBGはオレの憧れで、練習生になるのが夢であっから。
オレは10年以上前からヒップホップを聞いてるがUBGは雷より「クルー」色を出していて、まさか解散するとは思ってなかった。
本当に時代を感じている。
今のB-BOYにはUBGのスタイルは需要がないのかもしれない、正直な話 私もそうだ。
しかし、夢を本当に見せてくれた

ビッグリスペクト。

3 ■寂しいけど

ZEEBRAをはじめとするUBG の隆盛は俺の青春だった。メジャーになる前から都内・地方問わずライブ行ってたな~。あの頃はナンツーかジャパヒプの創成期で一緒にシーンっていうか時代を作ってる感じがあった。俺達が支えてんだって意識が凄くあった。シーンの隆盛を自分に重ね俺らものし上がるんだと、己を叱咤し、励まされ、彼らが世間に認知された時には本当に自分の事の様に嬉しかったものだ。仲間といろんなラッパー達と記念写真を撮ったけど中でもお気に入りは AkeemとSTと仲間で撮った写真だ。ライブ後疲れてんのに写真やサイン、後話もしてくれた。自分が落ち目な時この写真に何度か励まされた。あの時代の気持ちを思い出し奮起できた。
歳はとったけどUBGやその他のラッパー達もこれからが本当のスタート(音楽に限らず)だと思う。ラッパーの商売道具の言葉は正に両刃の剣、発する事により己に縛りをかけリスクを負う。
先人が開拓した土地でのうのうと商売してるくせにその苦労も知らずに敬意を払わない似非ラッパーが蔓延る現在のシーンは残念だとも思う。
解散は一つの区切りだ青春はいつまでも続かない。 その時代を忘れず感謝する気持ちさせあれば人間はその後もうまくやっていける。UBGに今までありがとうって言いたい。
長くなっちゃってすみません。

Keep it real!!

2 ■無題

寂しいですがあくまで前向きな解散らしいので
これからのみなさんの動きが楽しみですね。

1 ■棄てたもんじゃないぜ

淋しいですね。
これでまた一つ時代が終わりますね。
AKEEMは地元で活動を再開してるらしいですよ!

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース