2015-06-30 23:45:51

The Bassons ダブダブ!

テーマ:視聴!HIT ME!
The Bassonsのライブ映像アップ!



先日のダブルヘッダーの2本目の中野HEAVYSICKでのライブ。
レゲエの生バンドパーティーでのライブだったのでヴァイブスもノリもグンバツで楽しかった!

元々2年前までNONGTANGと山ちゃんとやってたバンドで・・・
山ちゃんがメジャー活動で忙しくなってしばらく休止してたのをようやく再始動。
ライブもだいぶ久しぶりにやったけど、ドグワン!と会場は盛り上がってくれたので・・・
渡部君に映像まとめてもらいました。

BASSONSはBASSのSONにして、BASS音にして、BASSをONにする!
って意味で、ドラムとベースのリズムと低音に僕が乗っかるだけってのがコンセプト。
「足りない」「SPACE」をどう活かすか?イマジネーションが足りてるかどうかを試すスタイルだね。
要するにFUNK。心はROCK。んで、面白ければヨシって考え方でHIP TO DA HOP!
ラッパーがバンドやるとこうなりますね~って定番以外を全部担当しております。

この曲、ダブダブはライブでやる度におおおおっってなる曲で、歌詞の構成は同じでも中身はやる度にかわってっちゃうので・・・ナニを入れられるか?はその日の気分次第です。
ベースとドラムの絡みも大分濃い仕上がりのグルーヴになってきてますね。

毎週スタジオリハを重ねながら仕上げております。
次回ライブは8月1日に渋谷MOJA。
映像あげた途端のマイナス評価の嵐にもBREAKの予感がビンビンしてますぜ!トガリ!

NONGTANGと久保君とのバンドはメンバー増やして、よりオシャレファンクのりでやってくつもりで、こっちも何か決まったら稼動。

いい汗かくぜ!
MAKE ME SWEAT,YOU SUCKAZ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-06-29 12:16:35

UMB東京予選Aに関する報告

テーマ:思索
昨日6月27日SOCIAL CLUB TOKYOにおいて
UMB東京予選Aが開催されました。

エントリーした16人のMCの中から優勝したのは

サイプレス上野!

同日開催のDMC関東予選において相方のロベルト吉野が優勝するという、前代未聞のグループ内2冠でそれぞれが日本大会に進出を決定しました。
こ、これは・・・スター誕生の予感ビンビン(まあ、すでに大分スターな二人ですが)?

サイプレス上野の絶好調のパフォーマンスも含めて大会におけるMCたちの試合はどれも素晴らしく!16人の猛者だけで行う大会だとこれだけ濃度も高まることが改めて実感出来ました。

ただ、周知のようにこの大会において非常に物議を醸す瞬間がありました。
これは僕自身が起こしたことなので、ここで説明させていただきます。

まずは突如僕が取った行動によって混乱したり、反感、違和感を感じた皆様には大変申し訳ないと思います。
あの場でも、僕が責任を持って発言する。と前置きしましたが。
その責任とはなんなのか?も含めて説明します。

大会HOMEPAGEはこちら
UNB JAPAN HOMEPAGE

ベスト8の第4試合、ISSUGI対句潤の試合においての出来事です。

先攻ISSUGI後攻句潤、両者譲らずの試合内容は大いに白熱しました。
それぞれ1回戦の試合でも十分にスキルを発揮しているので期待値も高い試合だったと思います。

試合終了して判定に入ります。
MCのマスターが観客判定を求める。も、どちらが優勢か判断つかず。
再度求める。も、どちらが優勢か判断つかず。
3回目に観客判定を求めた結果、観客判定で句潤に1本とコール。

続いてジャッジ判定。
R-指定は判定ドロー。
FORKが判定句潤。
そして、HIDADDYがドロー。

この時点で勝者が句潤に決定、マスターが勝者句潤と発表した。

当然、上記の決定事項を考えれば間違いはない。
ただ、僕は試合終了直後からずっと頭を悩ませていた。
そして、ここで僕自身はいくつかミスを犯しています。

まず、マスターの観客判定2回目で判断出来ていない時点でストップし、観客判定はドローである、と宣言すべきでした。
これは内々の取り決めで観客判定が割れた場合はドロー判定でよいと確認はしていたものの、マスターには進行の役目もあるので、裏方で控える僕が判断すべきでした。

続いてジャッジの点数を見て、さらにその思いは強くなりました。
ジャッジ2名がドロー判定。

ここで僕の頭の中の逡巡は・・・
裏方的動きをしている以上、マイクを持つべきなのか?という立場問題と。

今回の試合のような判定の割れ方を今後もどちらかのMCの勝ちと決めてしまうべきなのか?
ベスト8の試合ではありますが、両者のスキルはいずれも日本一を狙える器。
そして、これが決勝でも、この判定の割れ方で王者を生み出すべきなのか?
大会の試合は全て同じ基準で判断する。決勝でもこのままいくのか?

この状況は延長で決着すべきなのでは?
1回目の大会での判定ラインは今後の基準となります。

勝者句潤はすでに発表されています。ただでさえ、そんな時間的状況なのに僕はだいぶ考えてしまっています。ここが今回の最大のミスです。

それでも・・・この状況に対しての大会側の判断を示さないと、逆に今後の試合も上記の判定法で決着していくことになると考えました。

そこで。
「僕の責任で、この状況では観客判定をドローとして延長戦とさせて欲しい」
とマイクで話しました。
観客判定、ジャッジ2名がドローにより、ドロー優勢で延長という判定です。
これが大分遅いタイミングで、すでに両者ともステージを降りて、句潤は次闘の準備もしていました。
このタイムロスも致命的といえば致命的ですが、それでも延長で決着すべき試合だと僕は判断しました。それが日本一に繋がる道であるはずだ、と。

両者ステージに戻り、延長戦を先攻・後攻入れ替えて試合。
両者とも切れ味十分なラップを披露してくれました。
結果、今度は観客判定とジャッジ判定併せて勝者はISSUGIになった。

一度勝ちを宣告されながら再戦した句潤には不利な状況だ、との指摘もあると思います。
本人はそれこそクールに「いや、延長で負けただけです」と言ってくれましたが・・・

大会前からいろいろなシチュエーションをシュミレーションして考えてきたのですが。
それでも、実際にバトルが始まると何が起こるかわからない。
バトルの面白さの本質でもあります。

1年目の大会の1回目の予選で、いきなりこうした事態に遭遇しました。
そして、だいぶ判断に遅れながらも、運営側としての結論を出しました。
これが僕の言った、日本一のMCを生み出すべく大会の運営の責任です。
この状況に対する判断が今後の基準のひとつになる。

そしてこの機会を得て、ルールにも下記を明確に明文化したいと思います。

「観客判定を2回確認しても勝者が決定出来ない場合はドローとする」

日本一のMCを生み出すためにより精度を高めていく。
この機会に運営側でもさらに議論していろいろな状況を考えていきます。

MCバトルはリアルな表現のぶつけ合いです。
ただ、スポーツにおいても、
サッカーのゴール判定や、アメフトのハーフタイムにおけるビデオ判定、競馬の写真判定など。
およそ競技といえるものは、判定の制度をあげるための試行錯誤を続けています。
それが競技そのものや選手、観客、運営協会などの成長と進化にもなる。

僕のとった行動に対しての非難や批判はわかります。
また、上記説明に対しても納得してもらえる人もいれば納得いかない人もいるだろうと思います。
反論、違和感が生じ、一部の遊びに来た人には不快な思いをさせることを承知して、覚悟の上での決断だと思ってください。

UMBとしては、今後も面白くて刺激的な大会を作っていくことでエントリーするMC、観戦にくる皆様に満足してもらえるよう鋭意努力していきたいと思います。

7月5日の9SARI STATION、14時~17時の時間でUST放送にて今回の東京予選Aを丸ごと再放送します。
件の試合の検証も出来ます。

そして、1回戦第1試合からすばらしい闘いの連続です。
優勝したサイプレス上野のスキルも王者の風格です。
ぜひご視聴いただければと思います。

次回、大阪予選は7月12日心斎橋DROP。エントリーMCもツワモノが集まってきています!
日本一は一体誰の手に?

ダースレイダー





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-15 22:57:27

今週の片目さんは(サザエさんフロウで)!

テーマ:イベント・スケジュール!!
大忙しであります!

まずは今夜!
これから25時、INTER FMにてBLACKSWAN RADIOSHOW!
アシスタントの姫乃たまちゃんと一緒にお届け~

今回は十影、POCKYのスタジオライブ。
NONKEYのUMB TALK。
そしてDJ NOBUakaBOMBRUSHによるBCDMG MEGAMIX!

深夜の特濃HIPHOPを堪能ください!

これを~皮切りに~

17日には心斎橋JOULEにてDJ集会。
前回、東京では209人のDJが集まったばかりですが・・・
いよいよ参議院での審議を迎えつつある風営法改正案。
今後のDJのあり方について・・・我こそはDJという方々で集まって話す会です。
僕はWatusiさんと共に東京の状況を伝えにいきます!

19日は

夕方~夜は渋谷UNDERDEER LOUNGEにてHEAD(S) LOCK外伝。
THE BASSONSで、本当に久しぶりのライブ!

実は毎週スタジオで新曲作ったり前の曲をリアレンジしたり。
ドラムの山ちゃんがメレンゲを脱退したタイミングで久しぶりに足りないトリオ登場。

で、その日の深夜は・・・
中目黒SOLFAにてPLAY COOL VOL.0!

これはクラブとクラブカルチャーを守る会の面々でようやくスタートするパーティー!
そもそもはパーティーしたいからって理由で風営法問題に首を突っ込んでいった我々ですが・・・ようやくパーティーする時がきた!

ということです。





MAIN FLOOR
DJ
DJ DIRTYKRATES A.K.A. Zeebra、Watusi (COLDFEET)、DJ EMMA、Q'HEY、河合桂馬

MC
DARTHREIDER

LOUNGE
須永辰緒、WASEI CHIKADA、YOKE aka DJ REDBLOOD、MARZY (PROPERPEDIGREE)


マイクで煽りますんでパーティーしましょう!

で・・・
明けて20日がSCHOOL OF RAP@池袋BED





こちら前売り登録希望の方は

info@blackswan-inc.com

まで氏名と人数をメールすれば事前登録出来ます。
果たしてU20 MC BATTLEの覇者は誰なのか?

先日戦極で呂布カルマが優勝し3人目の決勝進出を果たしたばっかり。
呂布は見事な勝ちっぷりでクールでデッドリーなバトルMCの凄みを見せつけまくったね。

そういや。。。まだ鎮座や呂布のことを韻を踏まない?とか勘違いしてる人いますが。
韻ってのは音とリズムの問題であって文字数とかではないので・・・
彼らは優れたライマーですよ。
ちなみに・・・英語ではライム=韻というのはそのままラップのヴァースという意味でもあります。ケツの音を揃える脚韻や頭の音を揃える頭韻・・・韻の踏み方は多々あります。
で、ヴォーカルテクニックとしてリズムに特化したラップは当然ライムが肝になるわけです。
なのでラップ=韻と和訳してもいいくらい。これが基本です。
で、パンチラインというのはそのリズムのグルーヴの中で一際言葉が力強く響いたり、輝いたりする瞬間なワケです。そこを評価するのが9SARIのJUDGE。
韻重視?とか勘違いしてますが、それは基本であって・・・ラップをJUDGEするということです。
ただの言い合いや口喧嘩じゃなく、ラップしてなきゃってことですね。
MCバトルはラップで競い合うものなんで。

この手の議論は15年前に終わったと思ってたんですが。1周してゾンビのごとく甦ってきてるね。不思議ですが・・・日本にはまだまだ浸透してない証拠でもある。

15年ではなく10年前ほどですが。
僕の手元に送られてきたデモが良かったので、当時作っていたダメレコのコンピ、月刊ラップに収録したのが・・・ラップ始めたての呂布カルマだった。
ほぼスタート地点から知ってる男がまた一人、大きな存在になっていくのを確認するのは。
長くやってる楽しさでもある。

SCHOOL OF RAPの詳細は前のブログでも!

で。
21日は・・・

新宿BE-WAVEにて歌舞伎町ILLFRIIENDS!







漢,Taboo1,DJ BAKUによるILLBROSが
タイトル通りILLな仲間を新宿・歌舞伎町BE-WAVEに集いイベントをスタート!
初のバンドStyleも披露 HIPHOP Liveとセッションで送る日曜新宿の午後。果たしてどうなる、、、、!?(TABOOはヨーロッパにいて欠席です)
当日は入り口で10周年を迎えるTENGAから1TENGAのPresentがあります。


ILLBROS PRESENTS
「歌舞伎町ILLFRIENDS」 vol.1
6/21 (sun) 18:00~
¥1800- / with 1TENGA

LIVE :
MC漢,DJ BAKU +BAND SET
[ Bass:IlldesPins , Drum: 石井芳明 (山嵐) ]
PRIMAL
LIBRO
MEGA-G
THE BASSONS
[ DARTHREIDER (MIC) /NONTANG (BASS) / 山崎剛史 (DRUM)]
NAIKA MC+DJ YO-HE¥ [hagakure]


DJ :
MUTA
DJ YO-HE¥ [hagakure]
DJ SHOTA (DMC Japan 2009 Champion)
KIT (MeloiksigN)
n0K5
cabbage boy(top of the class)
lettuce daddy(top of the class)

さて、こちらも僕はTHE BASSONSで出演!
これまたILLなパーティー間違いなし!

で、そのまま僕らは中野に移動して!



またまたTHE BASSONS!
ってことで一気に3本ライブしちゃいます。
気合のファンク!死なない程度にパンク!

こちらはダンスホールレゲエを生バンドで演奏するパーティーにお邪魔します。
日曜の最後はイキなリディムに揺られます。

んで、そんな裏では・・・罵倒が池袋BEDで開催!
こちらも・・・勝者は9.23 UMB FINALへ進出します。
罵倒のWILDなBATTLEを制するのは誰だ??

いやはや1週間の間にこんなてんこ盛り?
ヤヴァイヤヴァイ!


なんなら水木は大阪ですわな。

ちなみに今日は9SARI CAFEにTAKASEakaHI-KINGとFEIDA-WANたちが遊びに来て。
それぞれ7.12UMB大阪予選、9.13UMB中四国予選への参戦を表明!

いよいよ面白くなってきましたね~

でもって体調管理してこそのFUNKYですね。

ひゃ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-02 17:58:31

6月はバトル!バトル!バトル!UMB!

テーマ:BLACK SWAN
2015年も早くも・・・本当に早くも・・・
6月ですよ!

そして今月は・・・すごいバトル月間なんです。マンスリーなMCバトルバチバチ!
ガッチガッチとマイクとマイクがぶつかり合い火花が散り。
勝者はCHILLIN'! 敗者は燃え尽きて塵となり散り散り・・・そもそも挑まないヤツはCHICKEN・・・
ってなことはさておき。毎週のように戦いが!闘いが!あります。

6月7日は9SARI STATION。
ここでは10POINT MUST SYSTEMの実践も含めたバトルリーグ企画、9BL!

BALAa.k.aSHIBAKEN(前回王者)/黄猿/ENEMY/DRAGON ONE の4MCが競い合います!

今回はゲストJUDGEにR-指定(Creepy Nuts)が登場!

さらに・・・
GUEST LIVEにはKEN THE 390!
そして、TALK GUESTにはアルバム出したてのOMSB!
さらに6月24日に注目の漢自伝「ヒップホップドリーム」が出版されますが。
その編者、二木信も登場。

さらにさらに!
9月23日のUMB FINALにいち早く名乗りを上げたENTA DA STAGE CHAMPのNONKEYもUMB TALK CORNERでイン・ザ・ハウスします!

盛り沢山でお届け!

YEAH!

6月14日には渋谷HARLEMにて戦極MC BATTLE!
ちなみに予選は6月6日の渋谷FAMILYにて開催されるようですが・・・

この日は漢&DARTHREIDERでライブします。
そして9SARIからの刺客としてPONYとCHEZがエントリー!

この日の王者もまた9.23 UMB FINALへコマを進めます。
これまた相当なツワモノが集まってるので・・・要注目!

さらに!

6月20日、池袋BEDではSCHOOL OF RAP!



U20 MC BATTLEにて17人のMCがエントリー!
この日の勝者も9.23 UMB FINALへ進出だ!

エントリーは・・・

U20 MC BATTLE ENTRY MCZ!!

PEEDOGG(EX.POODLE)
言 X THE ANSWER
SALVADOR
KRYPTON
MC REY
マーシュ
SNOZZZ
TAKA a.k.a.WILLY WONKA
KAKKY
Y-HORNET
X
MC KUREI
KISSSHOT
LICK G
ANRI
LUIZ
呪外無

(1組逆シード全17人)

さらにパーティーなんで!

SPECIAL LIVE
漢a.k.a.GAMI
ニガリaka赤い稲妻
言x THE ANSWER

LIVE
CHEZ
SHOOTS
72
DUDE,DICKy&D-Regill

MC
DARTHREIDER&HIDADDY

DJ
KOPERO

とガツンとお届け!

果たしてどうなることやら??

6月21日には・・・

同じく池袋BEDにて罵倒!

下町レペゼンのモノホンの叩き合い!

こちらの勝者も9.23 UMB FINALへ進出!

戦極、SCHOOL OF RAP、罵倒はそれぞれ観客判定での即興バトル。
戦極、罵倒はフリーエントリー。
このシステムの勝者が強いのか?証明する絶好の機会だ!

そして・・・いよいよ。

6月27日はUMB 東京予選A!
SOCIAL CLUB TOKYOにて開催。

エントリーは16人。
漢a.k.a.GAMIと・・・
先日、すでにバトルが勃発しかけたあのハマのブッコミMCが??

さて・・・こちらUMB。

全国予選のエントリーを同時に受け付けてます!

全国の猛者たちの挑戦を待つ!

FINALは9.23 新宿ReNY。
賞金は150万円!!

UMB予選からの挑戦は試合数が少なく、よりチャンプが現実的だ。

どこよりも近く、そしてどこよりも高く・・・
CHAMPIONの栄光が君を待ってるぞ!

そして見届ける僕らも・・・ひたすら楽しんで興奮して盛り上がって!

バトルシーズンを駆け抜けましょう!

UMB ENTRY PAGEはここをクリック!





ホンモノの日本一をキメる・・・

UMB、ついに開幕だ!ワクワク!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み