隣の家の少女

テーマ:
 忙しいけど、なんとなく、読んだ本のアフィリエイトリンクを貼ってみたり。

「隣の家の少女」は少年デイヴィッドと、その少年の隣の家に越してきた美少女メグとの甘酸っぱい恋物語です。

隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)/ジャック ケッチャム
¥720
Amazon.co.jp

 だったら、帯に「スティーヴン・キング」の名前があるかー!

 まぁ、なんと言うか、一言で言うと、人様に進められない小説。

AD

今日の買い物 (Ver 2008.04.11)

テーマ:
購入した物に統一性が無いのは、私の仕様世界観です。


たのしいCocoaプログラミング

マックは持ってないけど、購入。

使えたら、これから重宝しそうなので、念のため。

まぁ、マックは持ってないんだけど。


ドット絵プロフェッショナルテクニック―ドット打ちからアニメーションまで

目に付いたので、購入。

やっぱ、ドット絵でしょう。

フルセット! (4)

週刊チャンピオンで連載中だった、バレーボール漫画。

5巻は来月かぁ。

聖なる遺骨

本屋でハヤカワを物色して、購入。

面白そうな気配。

AD

Xbox 360

テーマ:
 ここに来る人間で、こいつを買う人間がいるとは思えないが、それはそれとして。

 ところで、個人的にでてもいない商品に素人がレビューをするとか、あろう事か★5つもつけて絶賛するのが、頭が悪そうで嫌いです。
 実際、発売前が★5の絶賛ばかりで、発売後★1つの大不評の嵐のソフトは何度も見て、嘲笑ってますし。

 で、こいつにも多くの先走りレビューが載ってますが、その中に「鬼畜米英の製品より日本のメーカーのハードを買え」と言う趣旨のレビューがあるのですが、色々と突っ込み所が多いです。何で、★1つじゃなくて、2つなの? とか。
 まぁ、一番の突っ込み所は、「PT3って、どこのメーカーが開発してるの?」って、所でしょう。
「同胞を助けよう」とか言ってますが、説得力0ですな。

 さて、ちょっと、昔話をすると、Xboxは勿論、発売日に買いました。ビシバシカメラで早朝販売すると言う事なので、朝早く起きてね!
 で、ビシバシに到着。想像通り、長蛇の列はできてなかった。って言うか、客は俺と何しに来てんだかゲーム雑誌を物色してる人の二人だけだった罠。

 と、言う訳で、360もビシバシカメラで買うよ。だって、会社に持っていってみんなで観賞せなならんしな。
 乳揺れとか、乳揺れとか、乳揺れとか。

マイクロソフト
Xbox 360 発売記念パック(初回限定生産) 特典 ファイナルファンタジーXI ベータバージョン付き

押忍!闘え!応援団

テーマ:
 燃える! そして、熱い! これは、そんなゲームである!

 そして、女の子も中々可愛くて、萌える。

 現在、「気軽に応援」はクリア済み。「果敢に応援」で、クリア数は13。
 格付けは「盛り上げ上手」で、まだまだっぽい。

 元々、音ゲーも割りと好きな方だが、これは「音ゲーの楽しさ+ポリゴン応援団の動き」が素晴らしい。
 燃えるぞハート! 燃え尽きるほどヒート!

 ベタなストーリーに、ベタなネタ。
「何で、そんなとこにいるんだ、おまえら?」とか思わず突っ込みを入れてしまうほどに、ベタベタな登場シーン。
 ある意味、30禁のゲームかも知れない。

 欠点があると言えば、ちと、難しい所か。
 ただ、「気軽に応援」なら、そんなにゲームが得意ではない人でもクリアできるんじゃないかな?

 そんな、この不思議な味わいのゲームをちゆは私は応援しています。

任天堂
押忍! 闘え! 応援団

HOMESTAR(仮称)

テーマ:
 世界初の家庭用光学式プラネタリウム商品化

 何だってー!

 本当か、キバヤシ?

 いや、良い時代になった物だ。メガスターが自宅で楽しめるなんて。
 これで、メガスターが見たくても見れなくて、枕を涙で汚す事も無くなるって物です。
 まぁ、値段から言って、そんなに凄い物を期待しちゃいけないのでしょうが、期待大です。

 とにかく、買いだ。(私が)

 これで、気になるあの娘もゲットだぜ!

 基本的に、私は一人で楽しみますが。

メーカー: セガトイズ
商品名: 家庭用星空投影機「ホームスター(HOMESTAR)」 コスモブラック
メーカー: セガトイズ
商品名: 家庭用星空投影機「ホームスター(HOMESTAR)」 スターシルバー

エレクトロプランクトン

テーマ:
  ちょっとでも、宣伝の足しになる事を期待しての紹介。うちのアクセス数的には、それは期待できないが。

「エレクトロプランクトン」は3000本程度

 まぁ、予想の範囲内ですね。ジャンルも「メディアアート」で、ゲームではないですし。

 ちなみに、うちの会社はそこそこ好評でした。ま、新し物好きな人が多いので、例外かも知れませんが。

 と言うか、「仕事の参考にするから、置いとけ」と言われたので、全然、自分では触れてなかったりするのですが。

 ところで、楽しみ方を説明しづらいこのソフトですが、

きっと「プレイ」するのではなく,「戯れる」という感じなんじゃないかな.

と言う* little things of mine *さんの意見が、的を射てるかも知れません。

 ちょっと触っただけですが、個人的にはナノカープが好みです。波を立てて整列を乱して、拍手とかで整列させる繰り返しが、なんか楽しいです。
 バラバラに位置している物が、わーっと綺麗にまとまる気持ち良さは、デフラグの動きを楽しめる人にはわかってもらえるかも。

 とにかく、岩井俊雄さんらしい作品ですね。

 と言っても、私は数えるほどしか作品に触れてませんが。(シムチューン・びっくりマウス)

 ちなみに、公式サイトはうちのFirefoxでは表示が変なので、IEとかをお勧めします。

参考リンク:エレクトロプランクトン

メーカー: 任天堂
タイトル: ELECTROPLANKTON エレクトロプランクトン