コンテンツ・パイプライン補足

テーマ:
 DefaultProcessorAttribute に渡すプロセッサ名と、実際に選ばれるコンテンツ・プロセッサ名の一覧。
  EffectProcessor        → Effect - XNA Framework
  MaterialProcessor → Material - XNA Framework
  ModelProcessor → Model - XNA Framework
  ModelTextureProcessor → Texture (Model, DXT, mipmapped)
   - XNA Framework
  PassThroughProcessor → No Processing Required
  SpriteTextureProcessor → Texture (Sprite, 32bpp) - XNA Framework
  TextureProcessor → Texture (mipmapped) - XNA Framework
AD

コンテンツ・パイプライン

テーマ:
 ちょっと、独自形式の画像を気軽に扱うために、コンテンツ・パイプラインの調査をしました。が、わかりやすい(日本語で書かれた)資料が見つからなかったので、あ~だこ~だと四苦八苦。

 ContentImporter を派生して、クラスを作れば良い事はすぐにわかったのですが、その後が大変。

 親クラスを ContentImporter<Texture2D> にして、Import 関数をオーバーライドしてみるも、Texture2D の作成ができなくて、ダメ。
 今度は、ContentImporter<Bitmap> にして見るも、コンテンツ・プロセッサが対応していないと、クレームをつけてきて、ダメ。
 んで、ようやく、PixelBitmapContent と言う物を発見するも、やっぱり、コンテンツ・プロセッサがクレームを。

 最終的に、Faces プロパティに PixelBitmapContent をセットして、Texture2DContent を返す事で、ようやく、終了。

 とりあえず、以下のような感じで書くと言う例を置いておきますので、参考にどうぞ。
※コピペしてビルドしても動きません。

using System;
using System.IO;
using System.Text;
using Microsoft.Xna.Framework.Content.Pipeline;
using Microsoft.Xna.Framework.Content.Pipeline.Graphics;
using Microsoft.Xna.Framework.Graphics.PackedVector;

namespace ImportLibrary
{
[ContentImporter(".GAZ", DisplayName = "Textrue - GAZ")]
public class GAZImporter : ContentImporter<Texture2DContent>
{
public override Texture2DContent Import(string filename,
ContentImporterContext context)
{
FileStream fs = File.OpenRead(filename);

PixelBitmapContent<Rgba32> contentBmp =
new PixelBitmapContent<Rgba32>(画像の幅, 画像の高さ);

for (int nY = 0; nY < 画像の高さ; nY++)
{
for (int nX = 0; nX < 画像の幅; nX++)
{
contentBmp.SetPixel(nX, nY, ピクセルデータ);
}
}

Texture2DContent contentTex = new Texture2DContent();

contentTex.Faces[0].Add(contentBmp);

return contentTex;
}
}
}

 後、あんまりわかりやすく書く気がないので、NyaRuRuさんの以下の記事を参考にどうぞ。

  第5回 ゲーム開発者にとってのビルド作業とは? ― Content Pipelineを使ってみる

AD

納会

テーマ:
 大掃除後、廊下に続くドアを開けて皆でWiiで遊んでいたら、下の部署から五月蝿いので静かにして下さいと、苦情が来た。
 そんな、仕事納めの日。

AD

XNA

テーマ:
 諸事情により、XNAを本格的に調査する必要に迫られた罠。

 と、言うわけで、セッティング。ちょっと、勘違いで手間取ったけど、小一時間ほどで終了。

 βの時はできていたSpaceWarのビルドが、「FBX fileが壊れてるから、ビルドできねんじゃー!」とか、因縁つけられたりと、色々とありましたが、マイクロソフトの伝統芸、2バイト文字の対応し忘れだったので、問題無し。忘れた頃に治るでしょう。

 後は、画面は1280x720なのに800x600の画像が綺麗に収まってて、良く調べたら、実はバックバッファが800x600だった罠。

 まぁ、なんだかんだと、2Dベースのゲームだったら、誰でも簡単にできるので、良い。

LOST PLANET

テーマ:
 と、言うわけで、待望のLOST PLANETをプレイ。

 敵を倒しながら、仲間と共に奥に進んでいくと、デカキャラ出現。

 最初のボスってレベルじゃねぇぞ!

 と、思う間もなく、パシッと叩かれて死亡。

LOST PLANET
この直後、大変な事態に!!(ヒント:ゲームオーバー)

地球防衛軍3

テーマ:
 起動チェックもかねて、軽くプレイしたら、宇宙船の巨大さに圧倒される。

地球防衛軍3

 テレビがでかいので、その迫力は凄まじい。久し振りに、ゲームで惚れ惚れする絵を見たような気がする。

 って言うか、実績の総数、少ねぇ!

ゲーマーカード

テーマ:
 Xbox360のゲーマーカードを表示したいなぁと思ったけど、アメブロは制約が多いからダメかな?

 と、色々と弄ってたら、いつのまにか、フリープラグインってのが増えてて、あっさり登録できた罠。

 とりあえず、アレだな。「ランブルローズダブルエックス」と「DEAD OR ALIVE® Xtreme 2」と「お姉チャンバラ」と「アイドルマスター」を続けてプレイするのは、危険だな。

ドラクエ9

テーマ:
 ドラクエ9がDSで開発してるとは、予想外でした。

 この発表で、「PS3はFFとドラクエが出るから、Wiiなんかには負けない」とか、根拠も無く言っていた一部の人が、ショック死してるかも。

 個人的には、まだ、次世代機の大勢が決まりそうにないので、9はPS2で開発して時間を稼ぎ、なんだかんだでFFでユーザーを増やした、PS3で10が出る確率が高いんじゃなかろうかと思ってましたが。PS3はPS2互換だしね。

 こうなってくると、いたストDSとか、レベル5のDS参入とか、もしかしたら、この流れへの布石だったのかな? と思ったり。

 とりあえず、今回の発表で、ドラクエはハードの性能ではなく、そのハードでドラクエが売れるかどうかで、開発ハードを決めてるという事が、改めてわかったわけですが、こうなってくると、DS10がWiiで出る可能性も高くなりましたね。
 正直、Wiiでは余程PS3に大差をつけない限り、ナンバリングのドラクエは出ないと思ってました。が、こうなると、PS3とシェアを二分に分けていたとしても、ユーザー層の違いでWiiが選ばれると言うシナリオもありえるな、と。

 まぁ、ぶっちゃけ、PSP以外の現行機種で出てくれれば、私は遊べるので何でも良いんですけどね、面白ければ。

 後、9はRPGではなく、アクションRPGになったわけですが、当然、今回も賛否両論出るんでしょうねぇ。とは言え、アクションRPGはレベル5のお家芸だし、個人的に期待は持てます。

ミッション・コンプリート

テーマ:
 無事、凍死もせずに帰ってきました。

 さて、5時半前後にビシバシカメラに着いたんですが、500人くらい並んでました。んで、7時の販売開始前に、行列は1000人を越えた模様。
 ただ、家族とかカップルで並んでて1台しか買わない人とかいた可能性が高いので、実際、リミットが何時かは不明。

「Wiiポイントプリペイトカード+クラシックコントローラ」は案の定、売り切れ。後、ヌンチャクも入荷が少なかったようで、真っ先に完売のアナウンスが。

 買い終わったのは、9時半。通常の開店時間までかかるとは思わなかったです。

 そう言えば、並ぶ前に非常食にと、チョコを買いにコンビニに行ったら、トイレに列できていて、ちょっと、笑った。

・Wii 比較画像

Wii

 左から、PS3のソフト・NintendoDSのソフト・DVDです。

・買ったソフト

Wiiソフト

 右上が、「はじめてのWii」です。後は、面倒なので説明省略。

 あ、見ての通り、パンヤは無事、買えました。

キッドが自己破産申請

テーマ:
 キッドが自己破産申請って……。

 当たり外れはあったが、数少ない、オリジナルの遊べるAVGを作ってくれてた会社なのに、非常に残念でありまする。

12RIVEN the Ψcliminal of integral」はどうなるんだぁ~。

 と、思ったら、企画・原案 / シナリオの御担当であらせられまする、打越鋼太郎氏から「何らかの形で必ず世に出ます」とのお言葉。

 とりあえず、続報に期待したいところ。