聞きました?

長野県の善光寺がオリンピックの聖火リレーの出発地点を辞退したってニュース。(中日新聞のニュース記事

わたくし、感動しました。


「ふ~ん。そうなんだ。」なんて思いながら夕方のニュースを見ていましたが、

善光寺側が会見で、

『宗教者として、チベット問題を憂慮している』ことを辞退の理由のひとつであるとして はっきりと述べた瞬間

我が家では(相方は本日休みだった)、「えらいね、善光寺。かっこいいね。」と賞賛したのであります。

だって、文化的遺産の保護とかそういう視点での辞退理由しか述べないと思っていたからね。


チベット仏教と日本の仏教とではずいぶん違うものなのだろうけど、仏教徒として、宗教者として、そしてもちろん人権を尊重する日本国民としての発言であったろうと思います。

相変わらず、なんも言えない日本の政治家とはエライ違いです。

実際、この発言は多少なり勇気のいることだと思う。

でも、日本は政教分離の国だし、こういうことがきちんと発言できる国であるということは、とても良いことだよね。

今回の善光寺の発言は、世界中の仏教徒(国)にとても勇気を与えることになるのではないかな。

関係ない私だけど、一応仏教徒だし、なんだか勝手に誇らしいです(笑)。

日本人は無宗教者が多いと言われるけど、やっぱり意識するしないに関わらず、多くの人は仏教の教えに守られ、従い、信じて、道徳やマナーが出来上がっている中で生活していることは間違いないのだと思う。

「お天道様が見てるよ」

とか

「早起きは三文の徳」

とか

迷惑かけて、かけられて「お互い様」

とか

お盆にお墓参りに行って、おはぎ食ったりとか(笑)、

とにかく、諸々ベースは仏教なんだよね。


それにしても、聖火リレーもここまで来たら、無意味だよね。

私は中国政府に抗議したい気持ちは十分わかるけど、聖火リレーの妨害なんて意味ないし、やめてほしいと思うけどね。

こうなったら、ランナーは「フリー・チベット」って襷をかけて聖火持っちゃえば?(笑)。

無事にオリンピックは開催されるんでしょうか?

なんかね、やっぱり選手が気の毒です。

選手は懸命にオリンピックへ向けて頑張っているのに、大会自体がなんとなく歓迎されないものになってしまっている雰囲気が、、、、、。

政治や宗教とスポーツは切り離されて考えなければいけないものだけど、現実そうはいかないわけで。

このままでは、個人で出場を辞退する人もでてくるだろうし、競技中やインタビューなどで政治的メッセージを発する選手などもでてくるかもしれない(日本人にはいないだろうけどね^^;)。

でもさー、冷戦時代だったら、多くの国が不参加なんだろうね。もちろん日本も。

少なくとも30年前よりは、表面上なんとなく平和に近づいているように見える世界だけど、本当はなにも良くなってない。

より複雑でデコボコが多く細かくなって遠くから見ると表面上はツルツルに見えるけど、わかりにくくなっているだけ。


私がチベットのことを知ったのは、もうずいぶんと前にビースティボーイズが開催していた「チベタンフリーダム・コンサート」とかが最初だけど、仏教徒の多い日本人としてもっと多くの関心が寄せられてもいいんじゃないかな、とも思うし、今の機会を逃したら、また多くの国が「アジアの山奥の出来事」として放置することにもなりかねない。

それはやっぱり心痛む事態だと思う。そうはなってほしくない。


ただ、一見宗教問題に見えてしまうけど、実は宗教問題なんかじゃなくて、チベットに眠る地下資源の問題だってことを忘れちゃならんです。

中国政府はチベットの資源を横取りしようとしている上、ダライ・ラマを悪者にしようとしている、

ほんと信じられない国だなーって思う。

ショボイ政治家しかいないけど、日本のほうがまだマシだね^^;。


AD

コメント(1)