その四でございます。


ふたたび猫科さんの登場!!


トラさん

じゃーん。トラさん!



トラさん2

う~~~~ん。なんてきれいな毛並なのでしょう、、、、、。ほれぼれ。

微妙に眠そうな表情もまた素敵。



トラさん4

あ、こちらのお方は寝ているみたい・・・・。

で、でかいな・・・・。



トラさん3

水にはいろうとするトラさん。 ・・・・・・オスですな。ほほぉ~・・・・。

猫科はふつう水は苦手なのだけど、トラは水が好きなのだそうだ。岡田監督似(添乗員さん)が教えてくれた。

そういやアフリカンサファリのHPのは、水に首までつかってまるでお風呂にでもはいっているかのような写真があります。


今まで動物園ではいつも檻の中を右へ左へそわそわと神経質そうに歩き回るトラさんの姿しか見たことがなかったので、こんなふうにゆっくりとしている姿が見られて嬉かったです。そして、毛並みがほんとうにキレイ。わんだほーです。



続いては・・・



チーターさん2

チーターさん!

ここでは、なんと肉食動物であるチーターと草食動物であるグランドシマウマさんを同じ場所で飼育しています。

ま、まさか、チーターさんシマウマさんを狙ってる?



チーターさん4

「狙ってへんで」(byち)

あ、目が半開きの変な顔に・・・・・(苦笑)。

運が良いと(?)、たまにチーターが遊び感覚でシマウマさんを追いかける姿を見ることもできるようですが、HPによると自然界では基本的にチーターは自分よりも大きいシマウマを襲うことはないのだそうです。

でも、私が思っていたよりチーターさんも大きかったです。



チーター&しまうまさん

それにしても、シマウマさんのお尻は立派ですね。シマウマに限らずウマ科の引き締まったお尻はぷりっと大きく格好が良いです。



チーターさん

寛ぐチーターさん。

この日は5~6頭チーターさんの姿がありましたが、立ち上がっているお方がいなくそれがちょっと残念でした。



つづく。

AD

はい、その三でーす。

ライオンさんの次は草食動物セクションにはいります。



シカさん

たぶんファロージカさん。

斑点模様が素敵です。

ここでは私も給餌しました。サクッとやられる心配は無いでしょう(笑)。

餌は草をぎゅっと固めた固形状のものなんですが、箱に入っているもの見たとき「うんこ」かと思いました(汗)。

シカさん2

まだ若い子のようです。かわいいなぁ~。かわいいなぁ~。



さて、お次はアミメキリンさんです。ここでも給餌できます。

ですが、写真は、



アミメキリンさん

近すぎ!

近すぎて、大きなキリンさんはまったく写真に収まりきらない。

でも、睫毛がびっしりキレイに生えているのがわかりますねー。キリンさんの顔って大きいんだよね。体大きいから当たり前だけど。アップで見れて迫力でした。



そしてそして、次ははじめてお目にかかるアフリカゾウさんです!!ドキドキ・・・・・・。

ここでも給餌できるのです。


ですので・・・・・・



アフリカぞうさん

やっぱり近すぎ!!!でで~~ん!

でもこの牙見てください。これこそ、アフリカゾウの証!

体デカイ!牙デカイ!耳デカイ!

やはりよく見かけるインドゾウさんやアジアゾウさんよりはるかに大きかったです。

アフリカゾウさん、写真には収められなかったのですが睫毛がめちゃくちゃ長く15cm~20cmくらいはありました。大興奮の私が相方に「みてみて~。睫毛ものすごく長い~~!!」などと言っていると、添乗員さん(岡田監督似)がその声を拾って「今睫毛が長いという声が聞こえましたが、そうなんです。ものすごく長いんです。これは強い日差しを避けるために長くなったと言われています。」と説明。

そうなんだ~~。と思ったのですが、だったら他の動物も睫毛もっと長くないとおかしくない?(苦笑)



アフリカゾウ鼻

アフリカゾウさんの鼻!ででーーん。

さっきのシカさんの顔と同じくらいの大きさのような・・・・。

ここでは、ゾウさんが「水や鼻水を飛ばすことがありま~す。」と岡田監督似が言っていたのですが(動物園でもよく書いてありますね)、残念ながらなにも飛ばされませんでした



白サイさん

こちらも滅多にお目にかかることのできない白サイさん。悠々としたお姿。

遠くにいらっしゃっいましたが、その大きさはわかりました。

でもバスは止まってくれず先を急ぎます。止まれや~~!!



つづく。



AD

さてさて、ライオンさんです!猫科ファンのみなさんお待たせしました。


ライオンセクション突入。早速、ライオンさんがたくさんいるー。びっくりー。

ここにはライオンさんのプライド(群れ)が10個くらい(うろ覚え)あると、横浜Fマリノスの岡田監督似の添乗員さんから説明がある。

、、、てことは100頭くらいいるということでしょうか?

ここでは、ライオンさんに給餌することができます。



ライオンさん

私たちの前にはレディが。 うひゃー近い!



ライオンさん2

あ、この表情は猫っぽいわ。 か、かわいい。



ライオンさん肉食らう

うひょー。喰ってます!喰ってます!

給餌担当は相方です。わたくしは、びびり~なので出来ません。えぇえぇ。びびり~なのです。

「絶対に柵の近くに手を出さないでくださーい。お子さんは気をつけてくださーい。」と添乗員さん(岡田監督似)の声が響きます。

私は写真を撮りながら「柵が壊れたらどうしよう・・・」などといらん心配をします。

この素敵なお方はライオンさん。「野生」ではないですが、ライオンさん。周囲にたくさん。

大好きですが、畏怖の念は忘れません。決してびびり~の言い訳ではありません(苦笑)。



ライオンさん猫風

あ、なんだかこの表情も猫っぽい。。。。か、かわいい。

いやいや、あの爪を見て!サクッと、やられちゃうよ~。


お肉がなくなってしまうと、「ぐるぐるぐるぅ~~~」と相方を威嚇していました。マジで。

相方をめっちゃ睨んでた!(笑)




となりのライオンさん

隣のファミリーの前にはダンディなオス。勝手に写真を撮るわたし(笑)。手しか写ってないからいいよね??

隣に座っていたお父さん(と言っても私とあまり年齢はかわらないと思うが)は、私の高いテンションにやや引き気味だったような感じもあり。でも、いい。



ライオンさん3

なかには、まったりと給餌に動じないお方もいらっしゃいます。

男前だなぁ~~。



ライオンさん4

別の男前さん。

みんな、ジャングルバスのすぐ近くにいすぎて、車に轢かれないかとドキドキしました。。。


こんな感じで前半にたくさんライオンさんに会え、テンション上がりっぱなしでした。


つづく

AD