本光寺住職のダラブログ

これからのお寺は変わらなければ。「人間ダラといわれて一人前」を掲げる住職の、御門徒さんとのふれあいブログ、略して「ダラブロ」


テーマ:

サンドイッチマン

 もうすっかり地元では有名になった円満朝市も今年で早4年目になり、これまでに計21回開催しました。第1回目には僅か16店舗だったお店が、今や40店舗を超え、その他に、通りの歩道には商店街のお店が10店舗ほど並び、早朝6時前から一体何処から人がやって来るのでしょうか、毎回、1,000人以上もの大勢の人たちで賑わっています。

この円満朝市では、初回から白山麓の中宮温泉の湯で作ったお粥が無料で振舞われているのですが、これが大変人気があって、6時きっちりにお椀に入ったお粥が窓口から出されると、僅か10分足らずで用意した108杯のお粥がすべて無くなってしまうほどなのです。
円満1粥
このお粥作りの担当は私の女房でして、たかがお粥のことながら、当初は色々苦労があったようです。まず、お粥の湯の加減や味を考えて、試食用に作ったお粥を円満の会員に食べてもらい、率直な意見を聞き参考にしました。それから一番食べ頃の時にお粥を一時に大量に出さなければならない状況なので、出来上がりの時間帯を考慮しました。
円満粥2



 そのような試行の末、漸く本人も<これだ>と思えるものに仕上げることができたのでした。今では最初に作った「小豆粥」から「そば粥」「赤米粥」「白山なめこそば粥」と次々と新メニューを作り出し、女房のレパートリーも4種類に増えました。でも、本人はこれだけではまだ物足らないのか、さらにお粥の新メニューを作りたいと意気込んでいます。
 
 ところで、この朝市の間、私の仕事というと、昔懐かしいサンドイッチマンをしています。横70cm、縦90cmの二枚の板を体に挟んで首と手足を出し、境内の中を買い物客にチラシなどを配りながら歩き回っています。
サンドイッチマン1
先月の朝市の時でしたか、私がそのような姿で境内を歩いていると、3人連れの婆さん達がそんな私を見付けて何かコソコソ話しています。そこで私は聞こえない振りをして聞き耳を立てると、その内の一人が連れの人に小声で、「ねぇ、あの人、ここのご院さんやろ、ダラみたいことしとんまっしゃる~」と言って互いに顔を見合わせ笑っています。そう云えば、私が首から掛けているその板には「人間陀羅とよばれて一人前」と書かれてありましたなぁ。これは、私も遂に一人前になった、ということなのでしょうか。

サンドイッチマン

そうそう鶴田浩二の歌に「♪~サンドイッチマン サンドイッチマン 俺らは街(朝市)のお道化者 とぼけた笑顔で 今日もゆく」なんていうのがありましたな。円満朝市には買い手も売り手も、笑顔いっぱい誰もが実に楽しそうです。

住職の口癖 寺は、今も立派な公共施設だ。



円満粥3

ブログランキングに参加していますニコニコ

1クリックおねがいしますニコニコ




AD
いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 今年の円満朝市 が始まりました。出店した人も、買い物に来た人も、主催をした円満の会 の人たちも、長い期間有難うございました。毎回、広い境内が埋めつくした多くの老若男女の笑顔でいっぱいでした。〝お寺は、楽しむ所〟と呼びかけて早5年、売り手も、買い手も、主催する側の者も、誰もが損得にかかわらずいつでも「楽しましてもろとるんや」と、さりげなく言ってくれます。

昔の朝市
円満の会のメンバーの宮誠而 さんが、そんな朝市の様子を見ながら、「客が買って得をしている」と、つぶやいていましたが、私は宮さんのこのような鋭いとらえ方には感心しながらも、これは商売の本質を巧く表現されているように思いました。だから、その証拠にこの朝市の買い物客は好い物が安く手に入ったと、皆が笑顔でうれしそうです。

 さて、この手作りの円満朝市も4年が経って多くの人たちから受け入れられて、可成り定着してきたように思います。元々、この企画は小松中心街の賑わいを取り戻すために寺もお手伝いをと、始めたものです。これは門前市と云う名が示す通り、全国的に見ても寺の山門前で朝市などが行なわれていることはあっても、寺の境内を寺が無償で開放している例が無いというデーターの下、これは意味があることだと思い実施に踏み切りました。

 ところが、3年前までは肝心の商店街 の人たちが中々動いてくれなかったのです。彼らは朝市の様子を遠目に眺めているだけなのです。一度、若い商店街の人達6人と呑みながら話し合ったのですが、私が「いっしょにやろうよ」と誘っても、「寺がやっていることだから、門徒でない僕らは関係ない」とか、「本光寺だから、あんなに人が集まるので、商店街では無理だ」と他人事のようでした。

昔の朝市

 そこで、私は「新聞チラシなどの広告費用を寺が出している訳だし、その分、君らは人を集める手間も金も省けたようなものじゃないか。朝市であの沢山の人たちを自分の店に引き込むために、せめて各店の広告チラシを配るとか、パフォーマンスをするとか、それ位の工夫をしてみたらどうだね」と、言ってもその時は誰もなびいてくれませんでした。

 しかし、今年になると漸く商店街の人たちも加わり、店が境内から前の歩道まで溢れ出し、40店舗以上の店が立ち並び、丸で通りが歩行者天国ような賑わいにまでになりました。さて、来年は彼らがこの朝市をどう活かすか、楽しみです。

住職の口癖  改革はオセロのように、二人おれば出来る。
バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。