本光寺住職のダラブログ

これからのお寺は変わらなければ。「人間ダラといわれて一人前」を掲げる住職の、御門徒さんとのふれあいブログ、略して「ダラブロ」


テーマ:

犬のやきもち




寺には犬(メス)を1匹、警備犬?として飼っています。


以前、知り合いのブリーダーの人から「店で売れ残った子がいるんだけど、もらってくれませんか。ご院さんと奥さんは犬が好きだからきっと可愛がってくれるだろうと思ってね。」と電話があって、その後早速、柴犬の子犬を持って見せに来たのです。実はその頃、それまで飼っていた2匹の柴犬が相次いで死んで、私たち家族がとても悲しい思いをした後だったものですから、また飼うことには消極的でした。でも、その人に、「この子、ワシが引き取らんだら、どうなるの」と訊ねると、この後、処分することになる、というのです。


そこで、私が考えたことは<この犬の寿命を14.5年とみて、私の年齢はその時になると70歳か。ここでこの犬に逢ったのも他生の縁かな>と、引き取ることにしたのです。名前は8月に来たので「ハチ」が「ハッチ」に決まり、以来何の芸も出来ない、臆病なただ吠えることだけの犬ですが、今は大切な家族の一員になっています。


本光寺住職のダラブログ



ところで、複数の犬を一緒に飼ってみると、性格の違いやオスとメスの仕草の違いなどが比べて見えるものだから自然とわかってくるものです。以前も2匹を同時に飼っていた頃、成犬に成長するに従いボスと子分の関係が2匹間でいつの間にかできて、ボスは子分を力でねじ伏せ、時に威嚇して噛みつき自分の存在を誇示します。


しかし、私に対しては、ともに私の顔色をいつも見ていて、私のその日の喜怒哀楽を瞬時に見抜くのです。私が機嫌の悪い時はその空気を察するのか決して私に近づきませんし、逆に良い時は自分から近づき私にじゃれてきます。叱ろうとすると遠ざかり、優しくしようと思うと近づいてきます。人と犬にも以心伝心があるのです。


犬が私に求めているものは、優しさです。ところが、私がどれか1匹だけを優しくすると、その犬をもう1匹が噛みつきます。実は犬にもやきもちがあるのです。私はそれぞれの犬を平等に可愛がっているつもりでも、犬は自分だけを可愛がって欲しいのです。これは人間の親子関係でも共通して言えることのように思います。

親の心はほとけの心、子の心は凡夫の心


住職の口癖


虚飾の皮が一枚むければ、ダラになる










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 以前、我が家には、寺の警備犬(?)を2匹飼っていました。柴犬で,当時共に13歳でした。一般に犬の寿命は13~15歳だそうですから、もうご老体です。最近、アコ(雌)の目がパンダのように黒くなり、よく見ると目が開いていないようなので、掛かり付けの病院で診てもらったら、歳のせいで皮膚がたるみ、逆まつげになっているというのです。そのために見えにくいものだから右往左往して何にでもぶつかり、怖くて小屋から中々出たがりません。今日も女房と餌をやりに行った時、以前だったら遠くから我々の足音を聞いただけで喜んではしゃいで待ってくれたのに、今じゃ小屋のすぐ間近で呼んでも出て来ないのです。女房が小屋を覗いて、何と「ワン!」と吠えたら、やっとやんわり(ゆっくり)と出て来る始末です。私はそんな動作の鈍さが尚更可哀想に思えてきて、若い時の無邪気な仕草もすっかり消えたアコを眺めながら、<あぁ、おばばになったな>とつくづく感じました。

 でも、この犬たちも以前はきかん犬で、これまでにも不審者3人の足に噛みついたり、彼らの生活領域に侵入して来た鳩4羽と烏1羽を撃退をしたこともありました。それから、このようなこともありました。夏の或る日の深夜、あまりの異様な犬の鳴き声で私は目が覚めて、一体何事かと心配で外に出てみると、真っ暗な境内にたった1台の車がドアを開けたままで停めてあり、どうも車の中に人の気配がします。恐る恐る近寄ってライトで照らしてみると、そこには泉原君(本光寺の有望な中堅僧侶)が仰向けに片足を外へ放り出し、口を開け鼻提灯を膨らませ泥酔状態ですっかり寝入っています。

 この時も相変わらずわが警備犬たちはけな気にも鳴き続けていたのですが、多分、当の泉原君には依然とその声が聞こえていなかったようです。でも、私にはその鳴き声はやさしく、恰も「泉原さん、こんな所で寝ていると風邪ひくよ」と、泉原君の身を案じて懸命に起こしているかのように聞こえました。この時、私もついやさしく「おい、こら、起きろ!こんなとこで寝るバカいるか」と、声を掛け、やさしく頬を撫でてみましたが、一向に起きてくれませんでした。それで私は諦めて、その後寝たのですが、どうもあれからも犬たちは夜通し鳴き通していたようでした。

 そもそも、犬が我が家に来たのは下の娘が9歳の時、その娘が「犬が欲しい」と駄々をこねてせがみ、到頭飼うことになったのですが、当初、犬を飼った経験のある女房は「犬が死ぬのが辛いから」と、言って反対をしていました。あ~、そういえば、こんなワルツの唄がありましたな。♪別れは辛いことだけど 仕方がないんだお前たち…

住職の口癖  苦は色を変える。

バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。