本光寺住職のダラブログ

これからのお寺は変わらなければ。「人間ダラといわれて一人前」を掲げる住職の、御門徒さんとのふれあいブログ、略して「ダラブロ」


テーマ:





どの古寺にも建物や什物にはそれぞれ長い間代々語り継がれてきた由緒があるものですが、それらは謎めいたものが多いようです。ここ本光寺にも幾つか伝わる謎のうち、二つをご紹介しましょう。



まず、本光寺の鐘楼は寛永八年(1631)に加賀八幡から清水町に移ってから建てられたものですが、文化三年(1805)に本折町に本堂を移築することになり、この鐘楼も解体して移すことになりました。この建物には釘が一本も使わず組み立てられ、最後に楔(くさび)一本を打ち込んで仕上げられました。ところが、この楔の位置が分からず、結局解体ができずそのまま曳いて現在の場所に移したそうです。今でもこの楔の位置は分からず謎になったままなのです。




もう一つは、会館の一階には百畳敷きの大広間があり、その正面には二間幅の床の間に横137㎝、縦244㎝もの大きな軸が掛けられており、その軸には「円満」と見事な太字で書かれています。



本光寺住職のダラブログ



本光寺の前身は凡そ541年前までは天台宗円満寺といい、その寺号が今では「円満の会」の名称の由来にもなっているくらい多くの人に馴染まれています。ところで、この軸の落款には、この二字がどのような姿勢で書かれたのかを知る手掛かりになるような文字が記されてあります。そこには「筆を担ぐ…」とあるから、恐らく筆自体がかなり重いものであろうし、その筆には何の毛が使われていたのだろうか。よく見ると一気に書いたようにも思うが、何故かかすれていない。このように同じ濃さ、太さで書き続けるにはどんな工夫があったのか、いつ頃、誰が書いたのか、実に謎めいた代物なのです。


本光寺住職のダラブログ



住職の口癖 人は語呂に弱い





人気ブログランキングへ

↑ぜひ、1クリック!ご協力くださいニコニコ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

daramakoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。