本光寺住職のダラブログ

これからのお寺は変わらなければ。「人間ダラといわれて一人前」を掲げる住職の、御門徒さんとのふれあいブログ、略して「ダラブロ」


テーマ:

 昨日は小松市長選挙の告示日で、各立候補者はそれぞれの場所で熱心な支持者を伴い祈願祭や出陣式を行なったようです。

 昨日の午前中には、寺の向いの神社にも大勢の人が集まり、当選祈願祭が行なわれました。ところが、これまでどのような選挙であれ、必ずその度に本光寺の境内がそのために集まった人たちの専用駐車場になってしまうのです。
その様子を眺めていると、ほぼ同時刻に何台もの車が寺に押し寄せて来て、車から降りるとすぐに丸で水が低い処に流れていくが如く、向いの神社に一斉に小走りに向かって行きます。その時、誰もが本光寺の阿弥陀さんは対象外と言わんばかりの冷たい表情で、目の前の本堂には見向きもせず、立ち去って行くのです。それは人が阿弥陀さんの力を見抜いているのか、それとも阿弥陀さんにその人の心を見抜かれているのか・・・。

 そう云えば、今年も受験生で寺に合格祈願に来た子供は一人もいなかったな。皆知っているんですよね、阿弥陀さんはそんな自分勝手なご利益をもたらしてくれないことを。今や選挙戦の度に行なわれる祈願祭は当り前の仕来りになっていますが、でも、私などはテレビに映るその光景を見ると、自信がないんだな、のっけから神頼みとは情けないことだと、思ってしまいます。さらに、もっと肝心なことは、祈ろうが、頼もうが、あなたに何も神様は約束をしてはいないことを、はっきりしておかなければいけません。

 いや、これは神様のことばかりではないのです。つい一ヶ月位前のことでしたが、20歳前後の若いカップルが、突然寺に訪ねて来まして「すみません、あの、水子供養をしてもらいたいんですが・・・」と言うものですから、私は「この寺では水子供養はしません。真宗の何処の寺に行ってもしてはくれませんよ」と応えると、「じゃ、何処へ行けばしてもらえますか」「そうね、小松ではハニベ巌窟院かな、あそこはそれ専門だから」と、そう応えると、彼の方が「いや~、あこは・・・」と言いながら首を少し傾げて困った様子です。
 
 私は冗談で言ったのですが、実は最近、地元のニュースでこの寺の住職が水子供養を求めて来た複数の女性の弱味に付けこみ、破廉恥なことを繰り返して、倒頭セクハラ容疑で逮捕されたのですが、私は彼の反応からこのニュースを知っていたことが分かりました。「そうか、それじゃ折角来てくれたんだから、これから二人で本堂にお参りして、互いに手を握り合って『ごめんね』って、心の中で詫びておいで。これは二人の大切な秘密だよ。どんなお経を上げても、罪は打ち消せないからね」と言うと、晴ればれとした表情になって「はい、僕たちそれでいいです」と。

住職の口癖 お経は、心地よいリズムと、響きだ。


バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします。



AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 昨日は、父の14回目の祥月命日でした。今日(28日)は、親鸞聖人の今年初めてのご命日ということで、寺では午前中お参りがありました。また、くしくも今日は、我が家の愛犬、アコの初月忌でもあります。何と、畏れ多くもアコは親鸞聖人と全く同じ命日なのです。

 思い返せば、先月の27日の朝、アコの様子を見に行くと、亀のように腹ばいになっていて、もう立って歩けません。しかし、腹を地面につけていながらも「ウゥゥ…」といううめき声を出して、何とか動こうとしていますが、その意思が手足には伝わっていないようです。そして、あれほど食いちぶ(大食い)だったのに、もはや餌も食べなくなりました。この時、私にもアコの死期が近いことを感じました。
 女房もアコの姿を見るや否や「こりゃ、駄目や」と咄嗟につぶやいたと思ったら、「アコちゃん!」と叫んで泣き出しました。すると、女房は直ぐに新しい毛布を出して来て小屋の中に敷き、アコをその毛布で包むようにしてやっています。「この毛布におりや。暖かいやろ。ここでウンコもおしっこもして、汚していいよ。アコちゃん、ありがとう、ありがとうね」と、泣きながらアコの体中をさすってやっておりました。

 その日の晩、私はある会の忘年会で温泉旅館に居りましたが、内心アコのことがずっと気掛かりでいました。夜9時過ぎだったでしょうか、「まだですか。アコが心配、早くハヤク帰って」と、女房から携帯にメールが入り、急いで帰りました。そして、あくる日の明け方、到頭死んでしまいました。
 
 それから、私たち家族は、たかが一匹の犬が死んだことで、皆で一日中泣き明かしました。女房に「何故に、アコのことでこんなに涙が出てくるんだろうね」と言うと、女房は平然と、然も冷たく「そりゃ~、私らに何一つ文句言わんからやわいね」と言い放ちました。成る程、その通りです。文句を言ったり、逆らったりされれば、わが子でも憎らしくなりますもんね。思うようになれば可愛いし、思うようにならねば可愛くないものですよね。
ケンとアコ
 28日の午前、本堂の隅っこに阿弥陀さまに向けてアコの亡骸を安置して、親鸞聖人
のご命日のお参りをしました。参詣された人たちも、お参りが終わるとアコの側まで来られて、顔を覗き込み、何本もの手を伸ばしてアコの体をさすりながら「そうか、そうか、生きとし生きるもの、皆お仲間じゃ。ナンマンダブツ、ナンマンダブツ」と、手を合わして下さいました。
そして、その後、昼頃に近くの山に行き、その山の麓に穴を掘り埋葬し、家族ともう一匹の愛犬ケンとで最後のお別れをしました。

住職の口癖  親の夢 次々消して 子は育ち (誰かの川柳)


バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 近頃、よく知合いから「住職のアノ写真を見たよ。あれは、いい写真だ」と、実物より余程いいと言わんばかりに褒めてくれます。この写真は寺の近くの写真店のショー・ウィンドーに、立派な額に入れられ通りから見えるように掛けてあるのです。自分で言うのも可笑しいが、僧衣姿の私がちょっと微笑んでいてその表情が自分で無いような、流石、これはプロの仕業だなと感じさせてくれます


写真1


 そもそもこの写真は、数年前に北陸大谷高校の卒業アルバムに使うためにこの店の人が撮ったもので、それを大きく伸ばしたものを、以来ずっとこの店先に飾ってあるのです。けっさくなことに、この店の前を通る通行人の中には、僧衣姿の私を見つけて思わず写真に向かって合掌をする人までがいるとか。私はその話をここの店主から聞いて「写真に黒いリボンをつけて、その前に賽銭箱を置いてみたら」と、からかったことがあります。

 写真といえば、最近自分の部屋で探し物をしていたら、一枚の写真が出てきたのです。これは私が9歳の時、東本願寺で得度をした時の物で、きれいに剃られたくりくり頭が愛くるしく、私もこんな頃があったんだな、と懐かしく暫くこの写真を眺めておりました。すると、立ち姿の私が僅かながら右に傾いていることに気付き、「あっ、そうだった」と一つの事実を思い出したのです。それは、実はこの時私は二日酔いだったのです。
前の日の晩、付き添ってくれた林という役僧が旅館で晩飯の時、私を相手にビールを勧めて飲まし過ぎたらしいのです。後で、帰郷してから、この林が父からひどく叱られていた様子を今でも私は覚えています。
写真二


 最後にもう一つの写真を紹介しましょう。これは最も新しい僧衣姿の写真で、今月、北陸大谷高校のサッカー専用グラウンド完成式での私が蹴り初めをした時の一コマです。二枚の写真を比べると、変われば変わるものと、自分ながらも苦笑して仕舞いました。さて、皆さんはこれでも写真を見て、手が合わさりますか。
写真3

住職の口癖 
 読経の上手い人は、ごまかすことも上手い。



バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。