本光寺住職のダラブログ

これからのお寺は変わらなければ。「人間ダラといわれて一人前」を掲げる住職の、御門徒さんとのふれあいブログ、略して「ダラブロ」


テーマ:
 いつ頃から女房が晩酌をするようになったのか覚えがありませんが、女房は素面の時はすこぶるおしとやか人なのですが(いや、これは冗談です)、酒が入ると途端に威勢がよくなるのです。態度も横柄になり、声も殊更大きくなって、テレビの音など聴こえなくなる位です。

 つい最近のある日の晩、いつものように二人で一杯やりながらテレビを見ていたら、日本国中到る所で熊が出没していて、これまでに70頭以上が捕獲され、その多くが射殺されていると報じていました。

 このニュースを聞いた女房はすかさず「可哀想に。お父さん、きっとこれで今年は山菜採りに人が山に行かんようになるわ」「うむ、恐いもんな」「そう、町の人間が猫も杓子も山に入ってダラみたいに木の実などの熊の食べ物を洗いざらい取って来るから、きっと熊は食べ物が無くて里に下りて来るんやで」「うむ、そうやな」「それに、山に人の食べ残しを沢山置いて来るもんやから、熊がそれを食べて味を覚えてしまうんや。丸で、人間が餌付けをして山から熊をおびき出しているようなもんやで。私の子供の頃は親から柿の木の実は全部取らず、上の方は鳥の分に残しておけ、とよく言われたもんやけど…」と、ビールの入ったグラスを片手にここまで一気に話し、今日も勢いがいい。
熊
 そこで、私も「うむ、そう云えば、いつか大杉の人に聞いた話やけど、大杉の川沿いの狭い土地に小さな田圃が幾つもあって、その田圃に川の水を引く水口の辺りの稲は刈り取らず少し残したそうや。鳥の餌のためにね」

 ところで、この大杉の谷深い鈴が岳の山中に手作りの小さな小屋を建て、独り住んでいる西出恵一さんという人が、最近3頭の射殺された熊の解体を頼まれて腹を開いてみたら、3頭とも胃袋の中が空っぽだった、と話をしてくれました。この話は先の女房の話を裏付けるものでした。熊のみならずイノシシにもサルにも、今の山には我々が想像する以上に餌が無いようです。そして、人間のエゴが山に棲む生きものの生態までも荒らし、その挙句お返しに人間の生活が脅かされて、互いに傷ついています。
熊1
 熊にしてみれば、ただ腹がペコペコだっただけなのにね、見つけられる度に殺されて、熊が哀れです。殺された熊が血を流して、大の字に仰向けにされてテレビの画面に写っている姿を見ていると、私は何かやり切れない想いがするのです。どう見ても、人間の方が愚かに思えてなりません。

住職の口癖  ウケねらいの話より、うなずかせてくれる話の方がいいな。


バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします。




AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 今年の夏は毎日うだるような暑さが続き、外出するにも億劫になるくらいです。こう暑いと我々が門徒宅へお参りに行っても、大概の家には仏間にクーラーが無く、然も我々の服装は和服なので、その度毎に汗だくになってしまいます。
殊にお葬式の時などは七條袈裟といって厚い毛布のような物をきつく体に巻きつけて、何本もの紐で雁字がらめに縛られている訳ですから、勤行中は汗が顔や頭から玉汗となって流れます。

 以前、このように汗しぶってお葬式を勤めていましたら、私の座っている真横辺りから心地よい風が送られてくるのです。私はそれが何かと、横目でチラリと見ると、一人の知らない婆さんが私の直ぐ脇まで来て、「お大層じゃ、お大層じゃ~」と小声でつぶやきながら自分の小さな扇子で私の顔の辺りを煽ってくれているじゃないですか。私はこうゆうの弱いんですよね。でも、私は何となく照れ臭いながらもそのかすかな、その微風がその時とても有難かったし、その婆さんの気遣いに胸が詰まる思いでした。

 しかし、このようなことは稀な話で、その反対に或るお葬式では私が曲録(きょくろく:導師専用の朱塗りの椅子)に座ると、斜め前に私たちに向けて扇風機が廻っています。<中々ここの人はよく気が付くな。これは有難い>と、感心していると、にわかにそこへ何者かが平然とその扇風機を自分の座っている場所に持ち運んでいきます。<えーい、なんて余計なことを!>と心の中で叫んでも、到底相手には気付く筈もありません。ここは我慢だと自分に言い聞かせながら諦めていると、後の方で「こっちにも風を廻せま」と、声が聞こえます。どうも私を始めみんなで、‘風’の取り合いをしていたようです。

 さて、今回のテーマで私にとって忘れられない人物がいます。名を竹内鉄孝といって、年齢は私と約40歳違いでした。話すと、べらんめえ口調で威勢がよく多少荒っぽかったが、さっぱりとした気性の人でした。長年、大林組で隧道工事専門に仕事をしていた経歴を活かし昭和63年の会館建設の折も建設実行委員長を務めてもらい、凡そ1年の工事期間、ほぼ毎日寺に通い、時には何日も寺で寝泊りしてまで、丸で現場監督のようでした。彼はよく「ワシは珪肺病だから、肺炎になったらお陀仏なんじゃ」と言っていましたが、皮肉にもこの工事が無事完成した半年後、肺炎を患い亡くなりました。爾来、私が無理をさせて、私が死なせてしまったように思えてならず、毎年欠かさず旧盆の14日早朝、家族で墓参りをして、墓前で一言「竹内さん、ご免ね」と言って詫びることにしています。

住職の口癖  住職が私腹を肥やすと、寺は滅びる。

バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします。




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
 心配をしていた台風8号はうまく日本をそれて行き、昨日の円満朝市は好天気に恵まれ、大勢の人出で賑わいました。

 台風といえば、その進路が気になるものですが、先月の台風6号にしても気象庁の進路予測から判断して、小松直撃は必至だと覚悟し、寺内のすべての戸と窓の施錠の確認と寺敷地内の風で飛び散る物等の片付けをして万全を期し備えておりましたが、幸い通過してみれば左程の被害も無く、ほっと安堵しました。
台風3
 私は台風が発生する度に、いつも天気図に描かれた台風の進路予想図を眺めながら、例えば、沖縄辺りにいる台風だと、そのまま直進して朝鮮半島に向かって行ってくれないかな、と思ってみたり、また、四国や近畿に向かっている台風だと、上陸を断念し、そのままUターンして元に戻るか、或はそこから直ぐ右に曲がって、海上を北進してくれないものか、などと勝手に思惑進路を描いたりします。
台風2 
台風1  
 それが遂に、上陸は已む無しと分かっても、依然と私は何とか台風が小松から大きく外れるように強く願ってしまうのです。たとえ、沖縄や九州で突風や土砂崩れなどの水害でどれ程の甚大な被害が出ても、その時点では多少の同情はしますが、それらは私にとって矢張り余所事でしかありません。兎に角、自分が大事なのであって、私の心の中から‘福は内鬼は外’の掛け声が聞こえます。


 そうそう去年の台風10号でしたか、上陸後北陸に向かって来て、それが白山連峰の尾根伝いに石川県を通過して行きました。その時、台風の東側の地域に大変な被害をもたらしたのですが、西側の北陸の平野部では全く正反対で、台風の気配さえ感じさせないほどの穏やかな空模様でした。この時、地元では誰もが、これは白山のお陰だ、きっと白山が台風から我々を守るために衝立のように手を広げて風防の役割を果たしてくれたのだ、と思ったことでしょう。その時、私などは大層な被害に遭った地域と比べて「あんな所に住んでおらんでよかった。小松は結構なええ所や。喜ばんとな」と、つい思ってしまうのです。
白山
 そう云えば、以前こんな法語がありましたな。「あの人に比べて感謝せねばならんという心は、他人の不幸を喜ぶ心である」と、正にその通りですね。他人の不幸を踏み台にしてみなければ、今の自分の境遇が喜べないとは、全く浅ましい限りです。

住職の口癖  師事した先生が物足らなくなる、それが成長の証し。

バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします。



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 私が大学一回生の夏休みに、空手部の合宿に備え、一ヶ月程アルバイトをしてその資金を稼ぐことにしました。そこで、京都の河原町八条付近の小さな鉄工所でアルバイトをすることになりました。その鉄工所には4,5人の人が働いていて、後で分かったことなのですが、そこは社長を始めとして勤めている人皆が在日朝鮮人の人たちでした。私の仕事は、細い鉄筋を火鉢で餅を焼く時に使う網がねのような形に溶接した長方形の物を、一枚ずつ型を作る機械に挟み込み、その機械から突き出ている二本の棒を握って両手で向こうに押しやるようにして曲げて、全体をL字型の形に仕上げることでした。
この単純な作業を一日中やる訳です。でも、三日位に一度はこの仕事を中断し、これまでに仕上がった製品を長浜の生コンの会社まで2tトラックで運ぶのですが、いつもこの配送にはトラックの運転手の人が私を助手にと連れて行ってくれました。因みに、私が曲げたL字型のその物は、型枠の中に入れてコンクリートを流し込むと、舗装道路の脇の歩道との境の側溝の部分だったのです。

 ところで、私はこの運転手の人と、京都⇔長浜の道中、車の中で在日朝鮮人であるが故に、これまで受けてきた様々な苦労話や日本に対する不満話を度々聞かされました。兎にも角にも、この工場の在る界隈は朝鮮人街でしたので、銭湯に行けば中にいる人がすべて朝鮮人でしたし、その上、皆の体には刺青をしている人ばかりで、薄暗い光の湯気の中、その異様な光景が今でも思い出されます。

 やがて、私もここを辞める時期が来て、私とのお別れ会だと言って、初めてこの運転手の人は自分の家に誘ってくれました。行ってみると、そこは在日朝鮮人の集合住宅で、小型の体育館のような建物というか、倉庫のような建物というか、そのような建物が平行して二棟並んでいました。その二棟の間は通路になっていましたが、通路の頭上には物干し竿の替わりに何本ものロープがその建物の間に張られてあって、そこを通るには乾してある洗濯物を暖簾ように両手でかき上げて歩いて行きました。そのようにして建物の端まで進むと、漸く共同の玄関先に着きました。建物の中に入ると、そこには何世帯もの家族が住んでいるようでしたが、驚いたことに住戸の境にちゃんとした間仕切りの壁が無く、ただ部厚い毛布のような、シートのような物で隣と仕切られてあるだけなのです。私はそれを見て、<こりゃ、長屋より悪い生活環境だ>と思った程でした。

 この日、この運転手が私に言いました。「日本人で、ここへ来たのは、お前が始めてだ。大学は辞められないのか」と、意外にもそれがここに留まるよう熱心に口説かれて仕舞ったのでした。


住職の口癖  子供を思いのままにしようとするは、親の気まま、かな。



バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。