本光寺住職のダラブログ

これからのお寺は変わらなければ。「人間ダラといわれて一人前」を掲げる住職の、御門徒さんとのふれあいブログ、略して「ダラブロ」


テーマ:
 もう、私のパソコンも4台目なりました。私は15年前からこのパソコンで主に過去帳と門徒管理をしています。過去帳というのは、寺に所属する門徒の死亡記録で、和紙で綴じられた全49冊のこの台帳には故人の亡年月日、死亡者名、享年、法名などが記載されています。本光寺の一番古い過去帳は、年号で享保20年(今から267年前)のものです。

過去帳はすべて毛筆で書かれてありますが、難儀なことに古いものほど、俗に云う、みみずが這うたような字、で書かれてあるものですから、難解な古文書を見ているようで、書体の心得がないと容易に読めません。さらに、明治初期以前のものには一般の人には姓がなく、戸主名が屋号で書かれてあるために、現在のどの家の先祖に相当するのか、それぞれの家の屋号を知らない限り判りません。

また、最近、門徒の中には家の先祖を調べたいと寺に訪れる人があります。その際一日乃至二日掛けて過去帳を閲覧してもらうのですが、殊の外時間も掛かり、その上、字が読めない人が多くて困らせています。そこで、以前にせめて字体を楷書体に書き直してみてはと思い、書の心得のある人に依頼をして一部試してみましたが、中々その作業もはかどらず、到頭それも頓挫して仕舞いました。

しかし、このような問題があるにしろ、私は15年前に真新しいパソコンに向かい過去帳のデータを一つ一つ入力する作業を始めました。その時までに、私は5年掛りで作った手書きの門徒名簿から先ず入力し、その一戸一戸の門徒名に番号を付けました。それは、その後入力する過去帳のデータと相互性を持たせるためです。要するに、門徒番号で過去帳を検索すれば、戸籍謄本のようにその家の先祖の一覧表ができるようにしたかったのです。現在、大正4年まで遡り、約2万人のデータが入力済です。

住職の口癖
わしゃ、聖職者でも指導者でもない、単なる生臭坊主。
バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
本光寺 はJR小松駅から徒歩で5分程の小松の市街地にあります。寺の周囲は多くの民家や商店舗に囲まれています。ところで、私はこの寺と民家の位置関係が大変重要な意味があるように思うのです。

元々は、比叡山延暦寺や高野山金剛峯寺などに代表されるように、寺と云えば奥深い山中にあったものです。ところが、かつて蓮如上人が大坂の地のど真ん中に石山本願寺(のちの大坂城本丸)を建てたのも、ここを中心に近江商人 などの商工業者を集めて、寺内町として発展したことを見ても、本願寺が町の形成に深く関わっていたことは疑いようの無い歴史的事実です。

同様に東西両本願寺を始め、別院や全国の真宗の主だった多くの寺々が、今日でもそれぞれ各地の市街地の一等地に建てられていることからしても、恐らく石山本願寺をお手本として、わざわざ人里に出て、町の成り立ちの当初から深く関与していたように思われます。
パイオニア

それは、寺と町とが運命共同体のようなものであって、例えば火事が起これば相互に被害が及ぶように、相互に一体となって協力し合い町興しが成されたに違いありません。とするならば、私たちも町の作られた当時を学び知って、改めて町での寺の役割を見直してみなければなりません。すると、寺と町とは共存共栄し合うものであって、しかも不即不離の関係であることに気付きます。

そこで今こそ、寺の境内外の境をなくし、他宗他門の区別をせず、自らが偏狭な宗教団体という派閥意識を捨てて、地域の人たちとこだわりのない交流を多くの人たちから求められているように思います。そのような意味で、本光寺が現に目指しているものが、本来の真宗寺院の復興と、門前町の復活を意図するものなのです。
ともあれ、蓮如という坊さんは町興しのパイオニアだったのかも知れませんね。

住職の口癖
心の中は残酷なもんだ。
バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
一般に坊主は布施のことを報酬のように思っています。私はいつ頃から布施の中身が金銭になったのか知りません。 が、本光寺では昭和60年に給料制を実施しました。

 当時、寺に勤めていた役僧には、給料制の利点や日常の勤務の仕方などを説明し、協力(各自が毎日法要日誌をつけること)を乞い、凡そ2年後、漸く実施に踏み切りました。それまでは、役僧にとって布施は個人の所得でありましたので、当初は私の父を始め皆から強い抵抗があったものの、住職の堅い方針ということで皆は渋々従って呉れました。
本宮 ひろ志
サラリーマン金太郎 (1)

何故に給料制にしたかったかと云うと、第一に、寺会計の透明化のためです。寺の収入の財源は殆んど門徒である訳ですから、私には門徒に対して寺の収支会計の状況を有りのままに隠さず報告する義務があります。まして直接僧侶の懐に入る不明金などがあるということでは、門徒に寺の不信を招くことになり兼ねません。

第二に、社会貢献のためです。本光寺は宗教法人ですので、宗教活動の範疇ではその収入については国から非課税という恩典が与えられているのですから、剰余金を出した分を逆に社会還元していきたいと考えたのです。例えば、寺院開放、ボランティア活動、イベント行事 などにです。

第三に、これから積極的に新しい活動をしていくためには、若い有能な人材を求めていかなければなりませんから、求人する上には給料制であることが不可欠と考えたのです。

第四に、僧侶に布施の金額の多少で、安易に門徒の評価をさせないためです。僧侶は布施の中身を知る必要が全くないのです。それで、日頃の布施の開封は2人の女性事務職員が行っており、僧侶が布施の開封に関わることを厳しく禁じています。

以上のように、給料制にした私の本意は、寺の健全化を図るためでした。

住職の口癖
まず、門徒が喜んでくれることをしてみよう。
バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
〝音楽の響かない学校は荒廃する〟とは、私の持論です。一般に今の普通高校では音楽が大学受験のための必修科目でないために次第に軽視されつつあって、音楽の授業さえない学校があるといいます。

もう、7年程前、北陸大谷高校 で放課後にラッパの音が聞こえてこないことに、私はふと気が付きました。普通、放課後には先生の怒鳴り声や、生徒たちの喚声が校舎やグランドや体育館から聞こえてくるものですが、学校全体が何となく陰気で、妙に静かなのです。私はこの時、これではいけない、とつくづく思いました。
吹奏楽部

このことが切っ掛けになって、私はこの頃恰も死に体のようになっていた吹奏楽部 を復活再生させようと思い立ちました。それは2年後に学校の強化指定部にして3年掛けて楽器をすべて新調し、教室を一部改修する。若手の常勤の音楽講師を採用し部顧問とする。この部顧問に指揮法や指導法をプロ奏者の指導を受けさせる。さらに、中学校に顔の利く人物に働き掛けてもらい、経験者を毎年募ること、などといった内容の計画を立てました。

まず、プロ奏者に指導を依頼することについては、幸い私の叔父が東京都交響楽団 の事務局におりましたので、叔父を頼り相談しましたところ、当楽団の首席クラリネット奏者の山本洋志 さんを紹介してもらい、平成9年秋に初回の指導を受けることになりました。当時は素人に近い4・5人の僅かの部員に、ただ姿勢や息継ぎなどの基本の指導が行われただけでしたが、この時のたった3時間余りの練習 に見る見る上達する子供たちを見て、山本さんのマジックのような優れた指導力に私は驚嘆させられました。「楽器を自分の分身だと思って愛しなさい」と言う山本さんの言葉を子供たちは素直に受け止め、随っている姿が実に美しかった。
山本さん

以来、今日まで毎年続けて指導して頂いたお陰で、部員も現在では30人を超え、実力も県内ではトップクラスまでになりました。今でも山本さんは5年前を振り返って「私も全国40数校の学校に行っているが、あんなヒドイ状態の部は初めてだった」と言われる位ですから、きっと山本さんを始め、この計画に関わったすべての人たちの徒ならぬ執念が学校にラッパの音を呼び戻してくれたのでしょう。

住職の口癖
誰だって周りを変える可能性があります。

バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。