「小屋」へ行ってきます

秩父「曼荼羅小屋」を起点に様々なスポットを紹介していきます。


テーマ:
ヒーリングナイトイベント

火水霊 かみたまが無事に終わりました
おかげさまです ありがとうございました。

日中は秩父華厳の瀧を見に来る方が絶えないけれど

夜は外灯もなく

ただ真っ暗な空間に、ただ流れ落ちる水の音が響いていたこの場所に
こんなに人が集まった事があったでしょうか・・・



朝から火水霊の準備に取りかかり瀧へのご挨拶
瀧壷の水はいつもより清く透き通り
カワニナをみつけた



いやー熱いのなんのって!
地元スタッフの方に協力いただいて
笹を切り出したり、祭壇確保したり、いろいろ運んだり!






火水霊は19時半からだけど明るいうちに準備して


装束に着替えてからも時間あるので
瀧のまわりをウロウロ
瀧の上の方から祭壇を撮ってみたり
別の角度から瀧を撮ってみたり



思いのほか坂がきつくて
ちょっと息が上がってゼーハーだけど
よし、いいウォーミングアップになった

しだいにトワイライトへ
徐々に人が集まってきました。


急な坂道にも人がずらっと


般若心経を読みたいと
地元のおばあちゃま達が集まってくれました。
さすが観音霊場のお土地柄。
結願寺のご住職も来ていただいて。

陽が落ち、灯明のあかりがほどよい感じになったころ
はじまりはじまり・・・


瀧を正面にかまえ、瀧から生じる風が灯明を揺らす。
消えてしまわないか心配していたけれど
最後まで消えることなく。

空には星。

瀧の音、せせらぎの音にかき消されてしまわないか
一心不乱に声を出す。

みなさんの声も乗せて、どこまで響くかな。

最後は一人一人、御焼香していただきました。

私はおひとりおひとりに寄り添わせていただき
一緒に手を合わさせていただきました。

何十年かぶりに瀧を見に来た方
朝の散歩でよく瀧まで来る方
小さなお子様もたくさん。

いろんなお話ありました。

お線香は、ひと箱使い切るほど。
こんなにもたくさんの方にお越しいただいて
本当に有り難く・・・

懸け橋になれたでしょうか・・・


ここでお勤めさせていただいたこと感謝いたします。



埼玉新聞の一面に出ていたこと、当日知りましたぎゃー



いつもひそかに応援してくださるセイショウ様
お陰様で無事にお勤めできました。
ありがとうございました。

セイショウの部屋
http://blogs.yahoo.co.jp/seisyobou/38796901.html
AD
いいね!(14)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ヒーリングナイト

川のせせらぎ、カジカカエルの声を聞きながら、ぽつりぽつりホタルの光をながめる










長雨で生き物の力が弱りやすなった今日この頃。

ようやく陽がさして、恵まれたお天気になりました。
いきなり熱い。

長雨で水は流れて流れて、たくさん流されて。川には水がたっぷり。
ある意味、川はきれいです。

今日は汗がたくさん流れて流れて、あつい。

陽がさす華厳の瀧もきれいです。



今夜はライトアップイベントでのお勤めです。


AD
いいね!(6)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
私の仕事は、ちょっと変わっておりまして
仕事というのは社会的な立場のお仕事のことですが

ざっくりと、自然にかかわる仕事をしています。


ヒトが人の都合で頭の中でつくりあげた、住みやすい環境は
ヒト以外のモノには住みにくい事が多々あり

そのとばっちりを受けたモノを
直に目の当たりにする仕事をしています。
すみません、オブラートに包み、さらにざっくりで。

東京にという場所に住みながら直球で自然を受けております。


でも「自然」て、人によりとらえ方はいろいろ。


私がすぐに思い浮かぶ「自然」は山と海です。
すごくわかりやすい。

「自然との共存」てよく聞く言葉ですが
あてはめると「山との共存」「海との共存」?
なんとなくわかるけど、いやわかりにくい。

だって、山は削っているし
海は埋め立てている。
利用するだけ、共に生きる事は考えてない。


ふと・・・

「山の神と共存」「海の神と共存」
と考えたら、わかりやくなった。
なんとなく、気持ちが通じそうな感じがする。
神サマがいると思うと感謝の気持ちも向けやすい。


がしかし・・・

山の神サマをどかして、山を削って私有地にしたり
海の神サマに断りもなく、埋めて私有地にしたり

共生じゃなくて強制です。


山道に突如現れる名前もない小さな社は
強制のあとのヒントではないかと思う。

町にある神社によくある
裏にひっそり建っている石版に、いくつかの神社の名前が書いてある。
中にはもう読み取ることもできない文字もある。
ヒントは残されている。

ヒントを残してくれた先人に感謝。


宅地開発がすすみ、どかした神仏があったはず。
人の都合でどかすことが忍びなく、心を寄せる人もあったはず。
人の都合で、神仏を挿げ替えることもあったはず。

そんなことが繰り返し繰り返し行われていて
訳わからないくらい、ごっちゃごちゃだとしたら、

もうお詫びするしかないのかも。
真心を込めて。
気が付いた人が・・・

自然にごめんなさいはピンとこなくても
神サマに「ごめんなさい」なら気持ちの的もしぼれる。


山も海もただそこにあるだけで
感謝もお詫びの心も無く、利用だけしてきたら
調和が取れなくなっても不思議ではないわけで・・・

「もののけ姫」の最後にアシタカが言ってます

『共に生きよう』


AD
いいね!(21)  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。