だらだら感想日記の日々

適当に作るのがコンセプトです。
ドラマ・本・マンガ・音楽・映画・芝居感想などなど
徒然と気まぐれに更新予定。
             適当に見てください。
ややネタバレ。


テーマ:


だらだら感想日記の日々-1381979098962.jpg

シレンとラギ。
http://www.shiren-to-ragi.com/

劇団☆新感線のゲキシネを久々に見てきましたー。
舞台やったのは去年の夏くらいだっけ?


友達が追加オーダー?でひとり分1列目取れてたんだよねー。
(古田新太主演じゃないから、そこまで人気集中ではなかったのか?)


私は誘われたものの、永作博美は気になったものの、
藤原竜也があまり好きでなく、あまり暗いの見る気分でなくてパス。
でもまあゲキシネなら2200円(前2500円だったよね?値下げ?)だし
色んなところで上映してるから行きやすいのでGO。



役者さんは皆様巧かったし、もっと暗くておどろおどろしくて
わかりにくーーい、リチャード三世レベルの話かと思ってたら
全然分かりやすいし、楽しいところは楽しいし
舞台装置はさすがの出来、和風の設定・衣装も素晴らしく
迫力ありありで引き込まれて面白かったですビックリマーク

これなら舞台見に行けばよかったわーーあせる




友達の感想によると、古田新太と橋本じゅんの絡みが楽しい、
高橋克実さんが格好いい、だったんだけど、まさにそれ!!キラキラ


見終わって一番強く思った感想が“じゅんさん可愛いかった~”でしたから、ハイ。

次点で高橋さん格好いい!



今は北と南に分かれた元同士を熱心にスカウト&お花で求愛する
髭面のダイナン将軍・橋本じゅんさんが可愛すぎた!ラブラブ
散々ムゲにされ、最終的に無残なところもいい!(笑)


古田新太は主役のシレンのパパ・キョウゴク役で、もっとチョイ役かと思いきや
かなりのキーパーソンでかなりの悪い役で、すっごく良かったです。
なんだよー、バリバリ殺陣もするし、大活躍じゃないか!


そんでもって、悪の帝王的な南の教祖ゴダイ大師・高橋克実さん、
すごい迫力!悪い!格好いい!オーラ出まくりビックリマーク
トリビアの泉とかバラエティの時と完璧別人。

1部の幕引き、仁王立ちの姿が素晴らしかったです。

2部でももっともっと見たかったーーもっともっと出番欲しかったわーーー。



真面目で忠実なシンデン将軍の北村有起哉も好きだったったなー。


粟根誠さんはいつもどおりモロナオ執権という小ズルイ役で、
やっぱり最後は失脚しちゃうのね~。
そういう宰相役似合うけど、たまには変えてあげちゃダメかね?(笑)



えっと、主役の悲劇の男ラギ・藤原竜也も結構好演でした。
悲劇の女暗殺者シレンの永作博美も良かったです。
永作さんはアップだと苦しみのニガニガしい表情ちょっとやり過ぎ感あったけど。


うん、全然悪くないんですよ、良かったんですよ。
セリフも聞き取りやすいし、演技もちゃんとしてるし、見目良いし。

なんだけど、周りの熱く濃いいいメンバーについつい惹かれてしまいました。

まあ五右衛門ロック3(これも来春ゲキシネ化)もそうだったんで、通常通りか。




10/5公開で、たぶん2週間くらいしかやってないから急げーー!
分かりやすいから、お芝居見たことない人でも気軽に見ていいと思う。

ただし休憩時間20分含め3時間半あるから、頑張れ!


新宿とか桜木町は18時くらいスタートの中、
品川プリンスシネマは20時スタートだったので、ご飯→鑑賞できて楽でした。
スクリーンは思ったより大きいから、ちょい後ろ目でいい感じ。
ど真ん中にしたら画面目いっぱいでした。



最初は新宿バルトしかやってなくて、見終わった後終電が危険でダッシュしたんだよなあ。。。
(バルク駅から遠いよね)



シレンとラギ ネイルもやってるそうです!・・・まあやりたいかは置いといて(笑)

あーでも、薔薇と海賊だったらいいかも。
http://gxcblog.exblog.jp/




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

はい、恒例の今頃感想upでーーす。


劇団☆新感線の大好き!な五右衛門ROCKシリーズ第3弾。
1・2とも舞台チケット取れず、劇シネ観賞で涙を呑んだので

今回はガッツリ2公演抑えましたビックリマーク


2012/12/291階席真ん中よりやや後方で、

2013/1/26(千秋楽の前日)に2階席3列目で鑑賞~音譜

だらだら感想日記の日々-1361351731118.jpg  1階21列くらい右ブロック

だらだら感想日記の日々-1361351759518.jpg  2階3列右ブロック



渋谷ヒカリエの中のシアターオーブも初めて。

舞台の模様のキンピカ安土桃山時代の洛中洛外図?からしていい感じ。


冒頭、軽く事件があったあと
五右衛門登場で大門の上で“絶景絶景~~”と見得を切ると
おおおお~~~!待ってました!!ドンッ


歌舞伎も見慣れるとこんな感じなんだろうなあ。



日本に戻った天下に名だたる大泥棒・五右衛門が盗み仲間たちと

京都所司代盗賊目付探偵方・明智心九郎や堺の商人と競って、

空海の伝説のお宝・黄金目玉像の謎解きお宝探しをするお話でした。




CAST

石川五右衛門/古田新太

女盗賊・猫の目お銀/蒼井優

津雲寺の尼僧・春来尼/高橋由美子

京都所司代盗賊目付探偵方・明智心九郎/三浦春馬

秀吉/麿赤兒

石田三成/粟根まこと

前田慶次郎/橋本じゅん

アンヌ/天海祐希

シャルル・ド・ボスコーニュ/浦井健治

マローネ/高田聖子

堺の豪商・蜂ヶ屋善兵衛/村井國夫



“見せ場を若者に譲ってるんだよ!”の古田新太氏のセリフどおり

五右衛門の見せ場(踊り・歌)は結構控えめで

若者・明智心九郎が半分くらい主役な感じだったので、

新太の大立ち回りがガッツリ見たかった私と友達はちょっとガッカリ。。汗



1回目見終わって二度見るまでではなかったかなーと、チラッと思ったけど

二回目の観劇だとストーリー分かってから、筋を追わなくていいし、

余裕であちこち色んなところを見れたりして良かったです。


なんだかんだ文句もありつつ、やっぱり楽しいしね。

若干若い2人のラブシーンとか興味ない辺りでウトウトしかけたけど()


あと二度目は二階席なので、当然上からだから

全体の陣形やダンスの流れがよく見えて楽しめましたブーケ2



キャスティング聞いたとき、どおなの??と思った若者ふたりでしたが

三浦春馬くんはなかなか頑張ってるなーという感じでした。

タッパもあるから見栄えするし、声も通るし、歌も結構いけるし、動きもいい感じ。

なんだけど、やっぱりまだちょっと若いなっと。

あともっと深みというか、味が出るとより良くなるんじゃないかなー。

いや、基本良かったですよ。


蒼井優ちゃんは元気キャラなのもあって、

セリフでも結構キンキン声だし、ポップな歌も聞き取れない感じで

これはちょっと・・・と思ったけど、後半になったら盛り返してしっとり系の歌は結構聴けた(笑)

2回ともそうだったから、やっぱり元気系の歌は大変なんだね。

からだの動きはしなやかでした。バレエ系やってたのかな?


尼僧の高橋由美子、舞台初めて見たけどめちゃくちゃ上手----い!!キラキラ

声も通りまくり歌も軽やかで心地よく、彼女がヒロインでいいじゃんレベルでした。

ま、実際重要な役で出番も多めだったけどね。

一番上手かったのは彼女じゃないかなあ?

昔“ショムニ”ってドラマで変な霊感OLやってたのにねえ(笑)



そして予想してなかった五右衛門2“薔薇とサムライ”からの続投陣ビックリマーク
きゃーーー、シャルル・ド・ボスコーニュの浦井健治さーーん!!音譜
ホント上手い!楽しい!大好き!!


そして悪役に高田聖子さんのマローネ様だああああ!ラブラブ

わーいわーい、マローネ様マローネ様、いるだけでワンダホーーー!

黄色いドレスがお似合いでした~。


女王アンヌの天海さんはモニター出演のみ。

やっぱり文句なくお美しいですわー。。

ホント五右衛門のセリフどおり“来ればよかったのに~”。


2のDVD欲しくなっちゃったよーー。

もうシャルルとマローネ様でスピンオフ作品作ってくれませんかねっ!?




粟根さんは、珍しく悪役でも素っ頓狂でもない、まっとうな治部少輔殿役で新鮮。

真面目系もいけますねー。

あと、個人的に三成の緑と黄色の着物がすごいツボだった。


前田慶次郎の橋本じゅんさんも、勘違いと馬は笑ったけど

もっと張っちゃけるのかと思ったけど、ほぼ真面目な役でした。




モニターのPVやらデフォルメ映像やらも凝り懲りで笑えて楽しかった。

けど、ちょっと長かったので多少ダレたかな~。


休憩入れて3時間半だったかな?

まあ大体いつもどおりではあるけど、歌もうちょっと削ってもいいかも。

あと若い2人の恋愛パートもっと削ってよかったかも(笑)




ま、ゲキ×シネ公開時にはまた見に行くだろうけどね!

これで五右衛門ロックは三部作で終了なのかなー?どうかなー??


公式サイト(開くと色々激しいので注意)

http://www.goemon3.com/




そういやシアターオーブ、係員でやたらイケメンがいましたことよ。

あっれはドンピシャ好みだった。友人とも意見が一致した(笑)


過去から現在の五右衛門ロックの格好いいポスター展示&

オリジナルカクテルも売ってましたよー。



だらだら感想日記の日々-1361351708221.jpg

↓古田新太著書、ご本人が紹介してました。

ドン・ジュアンの口笛/古田 新太

¥1,000

Amazon.co.jp


そうそう、古田新太が気弱→踊る監督役の大和ハウスCMも楽しすぎです。

さすがのダンスっぷり!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2012年8月24日(土)渋谷Bunkamuraで見てきました。
ウェルカム・ニッポンに続き、大人計画第2弾、ふくすけ。

生まれて来なければ良かった時、人はどう生きるのか?
奇形愛好家と奇形児と吃音男と躁鬱病女とルポライターと風俗嬢と。。
うーん、ダークで人間のドロドロな部分をまたも見せ付けられました…。


キャストは、おバカで明るい風俗嬢の多部未華子ちゃんがすっごく良かった!!
声も通るし、演技もいいし、可愛い音譜

古田新太は舞台では珍しくショボくれた吃音のおっさんなんだけど、それがいいビックリマーク
ちょっと痩せた?

阿部サダヲはもうふくすけにしか見えない。

クズでダメダメだけど抜け目ない警備員の

オクイシュージさんはめちゃめちゃ格好良かった~~ラブラブ
私舞台では長身のヒョロいダメ男に弱いなー。

盲目で従順な妻の平岩紙さんも良かった~。

皆川猿時氏は存在するだけでオッケー☆(笑)

大竹しのぶはオーラありあり。




G列左手だったので、客席から登場シーンが多いこの舞台はお得感がありました。
ここら辺は関係者席だから、100円くれないか~、と言われてた辺り。

さて、次は冬の五右衛門ロック3@劇団☆新感線ですよ。
あー、チケット取れるのか!取りたいよー!





それにしても、スクランブル交差点付近には店たくさんあるのに

ブンカムラ方面に向かっていったら、居酒屋ばっかりで

観劇前に軽くご飯食べるような店が全然ないでやんの・・・あせる

(そういえば前回来た時もそう思ったような気もする)


結局ブンカムラの中のカフェっぽいとこで食べたんだけど

お高い割には大したことなくて残念な感じでした。。


次回はヒカリエとか手前のところで食べてから向かおうと思います!!ナイフとフォーク



パンが美味しいというVIRONも気になったんだけど、

ちょうどカフェタイムとディナータイムの休憩時間だったんだよね。

次回はぜひ!!(・・・っていつだろ)



ふくすけ/白水社
¥1,995
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
友達に劇団☆新感線の“シレンとラギ”誘われたけど、
どーしても藤原竜也が受け付けられなくてパスした私。

そういえば生の舞台結構見てないなあ、なんかやってるのかな?と思ったら
ちょうど大人計画本公演公開中ビックリマーク

もちろん前売り券は売り切れ、当日券は時間的に無理!!


で、ヤフオクをチェックしてみるも中々お高い。
その中でB席なのに、ぜんぜん高騰してないし入札数も少ないオークションが!!

え、なんでなんで??火曜日だから?
それにしても、定価と大して変わらないよ??と
怪しみながら入札してみたら、あっさり落札。

マジすか!!!イエー!という喜びより戸惑いでいっぱい。
と思ったら、落札日は4/1(日)夜、公演日は4/3(火)夜。翌朝10時便。


・・・・・・・・・・・。
だからかよ!Σ( ̄□ ̄;)ドンッ


ど、どうしよう、会社遅刻か午前休みにする??
と迷って、裏技・会社配送にしちゃいました!音符
・・・郵便物チェックできる立場とはいえ、私も大胆になったもんだわDASH!



ちなみに当日は台風並みの大型低気圧があって
会社は早終わりになり、電車は遅延運休しまくりましたことよ(笑)


行く途中、傘は大破!でも終わったらもう晴れた夜空でした。
電車も回復。


よく行ったね~と言われたけど、
(松尾さんもカーテンコールで今日ガラガラかと思ったって言ってた)
だって劇場に問い合わせたらやりますって言うんだもん!
そら行くでしょ!!





いやー、B席は近かった。。。。

正直近すぎで全体を見るの大変!(爆)

しかし、当日券の人達もパイプ椅子だけど
A・B席あたりから入れてたから、意外と狙い目なのかな?
それとも発売時間のかなり前から並んでたりしてるのかな?




さて、本編。

3.11から1年、9.11で知り合った日本人男性・牛頭を探しに来日した
歌手志望のアメリカ人女性・エイドリアンと牛頭の仲間とを取り巻くお話。

彼女は埼玉との境界線にある東京・わだち区ですさんだ人々と交流?して
牛頭を探そうとするのだが・・・。



以下、ネタバレあり。





大人計画本公演は“キレイ”、ウーマンリブでも“7人の恋人”ぶり!
と、免疫切れてる私にはなかなか強烈でブラックだった~~あせる


いい人・日本人、いい世界・日本のイメージ崩壊しまくり
タイトルの“ウェルカム・ニッポン”て、皮肉利きすぎでんがな。


アカネママの北朝鮮アナウンサー、ナチス差別問題も盛り込んで
エロエロシーンも満載すぎ(笑)


牛頭の行方不明=うっかり殺害のオチはより間抜けながら想像ついたけど、
まさか最後はエイドリアンがユダヤ系で、ヒトラーがユダヤ人虐殺て!
エイドリアンも天真爛漫アメリカンではなかったのは納得。
恩人だけど短期間の交流と文通だけで来ちゃうってありえないよね。


それにしても個人大好きジゴロちっくな個人タクシー運転手のクドカンと
元力士で現ヤクザの皆川猿時さんが格好よかった!!ラブラブ


皆川さんは、舞台の間中マックスコーヒー一気で大丈夫なんだろうか(笑)


あと、ぶりっ子演劇部長で芸能界を目指す
エキセントリックな平岩紙さんが迫力だったかなー。




次回はブンカムラで古田新太登場!
うーむ、チケットの値段高めだけど行こうかしら。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

ひっさしぶりの生舞台ビックリマークビックリマーク
舞台開始早々の9月上旬に行ってきました青山劇場音譜



だらだら感想日記の日々-main.jpg


演目は、劇団☆新感線の名物舞台“髑髏城の七人”

主演・小栗旬、森山未來、早乙女太一、仲里依紗、小池栄子、勝地涼などなど

キャストがガッツリ若返った通称・ワカドクロ。




んー、やっぱ若いなぁ・・・(浅い)って感じの印象になってしまったかな~。


みんな頑張ってる感じはするし、

そんなに悪くないんだけど、体さばきとか殺陣とか存在感の迫力がねあせる



小栗旬は主役なんだし、正直もちっと頑張ってほしかった。

体格がいいのはいいんだけど、動きが遅くて殺陣に迫力ないし、演技も存在感も薄い・・・。


森山くんは天魔王って悪人で、ちょいコミカル担当でもあるのがやや無理あったかな。

五右衛門とか見てると、ストレートなコミカルは結構ハマるんだけどなあ。


勝地くんも、愛すべき兵庫というキャラをいい感じに演じてたんだけど
笑える鎌戦闘シーンなんかを見ちゃうと、からだは兄者のが動いてたからな(笑)




捨之介と贋鉄斎の切っては研ぐ、切っては研ぐの見せ場も

赤ドクロの時は、古田新太と梶原善のコンビに笑って迫力のシーンだったけど
小栗旬&勝地涼だと、ああここ見せ場なんだよね・・・って感じの

パラパラ拍手になってしまった。


というか、なんだ高田さんとじゃないんだっていう時点でがっかり(笑)



ラストの方のスローモーションシーンも、アカドクロやアオドクロの時は迫力!だったけど

ああ、頑張ってやってるね。。。くらいの感想。

ただでさえ、歌や踊りがないパターンだから、もっと演技で盛り上げて欲しかった。




そんな中、早乙女太一ビックリマーク

さすが舞台育ち、別格に巧かった~。色気バリバリでまさにお蘭!!キラキラ

動きがしなやか、佇まいが美しい、殺陣もみごと!



友人は彼を見れただけで結構満足と言っていました。

私も彼は良かったと思ったけど、

全体的にはやっぱり大好きなアカドクロと比べちゃうと満足感が足りなかったし、

主要キャストより、劇団メンバーの活躍もっと見たかった!と思っちゃったあせる

女贋鉄斎の高田聖子さんは登場しただけで笑えたし
裏切りさんごの河野まさとも、かなり楽しかったからね~。



しかし、仲里依紗ちゃんはめっちゃ細かった~。

特にウエストと太もも!!結構前目の花道近くだったので細さにびっくり!

小池栄子の乳は着物で隠れて、あまり確認できなかった。。


この二人も悪くないんだけど、やっぱり場を張るほどのレベルじゃないんだよなー。


特にチケット代の12,500円分堪能できたかというと、NOと言わざるを得ない感じ。

ドクロ初見・それぞれのキャストのファンならOKなのかな?





同行した件の友人は舞台終了後、

やっぱりもう一回見たい!とドクロ3本セット(2万円)を勢い買いしてました(笑)

(ふたりとも1997年版は一度DVD借りて見た・赤ドクロはゲキシネ・青ドクロは生鑑賞)

そのうち、ドクロナイトに呼ばれる予定ドキドキ





帰り道、早乙女太一の魅力について語りながら宮益坂を下っていくと

東急にでっかく、ババーンと髑髏城の七人の格好いい広告が出ててテンションアップ!


うーむ、やっぱり若ドクロのメンツは写真栄えするなあ。


宮益坂方面だけでなく、スクランブル交差点側にもありました~♪

立ち止まってよくよく確認してみたら、7人じゃなく10人いるのに

7人の討ち入りメンバーの兵庫の兄ちゃん(磯野慎吾)は居なかったけど(笑)



写真取りそびれたけど、公式サイトの最新情報で見れます↓

http://www.dokuro2011.com/m/




さて、次回はロッキー・ホラー・ショーだ!!!



アクチュール・ステージ vol.2 (キネ旬ムック)/著者不明
¥1,260
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
だらだら感想日記の日々-201107021909000.jpg

ゲキシネ 薔薇とサムライ最高~!!\(≧▽≦)/
やっぱり五右衛門シリーズ大好きドキドキキラキラキラキラキラキラ


最近舞台ご無沙汰だったけど、いやご無沙汰だっただけに?
やたらテンションあがりました!!



天海祐希、格好良すぎビックリマーク

さすが、元・宝塚男役トップ!
白サテンドレスシャツが似合いすぎる~キラキラ


女海賊アンヌ・ザ・トルネードとアンヌ王女→女王と
コスチュームも髪型も替えまくりで大ファンサービスドキドキ
海賊にドレスに王子風白装束にオスカル様に赤の女王、
宝塚にハマる感覚がわかったような気がする(笑)

白ドレス→黒髪白王子風のフラメンコが一番好みだったラブラブ


だらだら感想日記の日々-201107062348000.jpg
↑実際に歌い踊り戦う姿は数倍美しいです。


近世ヨーロッパコスチュームをあそこまで着こなすなんて、すごいよ天海さん!
また頭が小さくてスタイルいーんだこれが!!

(古田新太と並ぶとさらに際立つ)

BOSS2がイマイチで下がった株が一気に上昇アップ(笑)


前作の五右衛門ロックの松雪泰子はヒロインて感じだったけど
今回は古田新太&天海祐希のダブル主演、てかほぼ彼女が主役って感じキラキラ
(松雪さんも松雪さんですごく良かった)

ゲストヒロインだけど、珍しくキスシーンがなかったのは
やっぱり天海さんがNGなのかな?



海賊バルバ・ネグロの橋本じゅんさん可愛すぎ~ラブラブ

悪役黒ヒゲからドレス着てきた時はどーしようかと思ったけど
だんだん可愛く見えてくる不思議(笑)
いやマジで可愛かった!ヒゲおやじだけど(≧m≦)

ピンク→オレンジ→白のミニドレス、中でもオレンジがキュートで最高!リボン



今回は善いもんか~と何となく寂しかった
ガファス将軍の粟根まことさん、安心の悪者クオリティ!音符


白とターコイズブルーぽい華やか将軍衣裳が爽やかでした~。
黒子協力のパンチリアクションも最高!



おバカなサムライガンマン・デスペラード豹之進の山本太郎も良かった~。
テンガロンハットにベージュの革コート格好いいし、長髪似合うじゃん!
本当に芸能界引退?あれ見ちゃうと淋しいわー。



宰相の孫娘ポニーの神田さやかも意外と良かった!
歌も演技もそんなではないんだけど、
可愛らしく善良なブリブリお姫様がすごく似合っててグーグッド!



威厳ある悪宰相ラーカムの藤木孝さんと
娘マローネの高田聖子さんの悪役も最高ビックリマーク


藤木さんはあんな髪型とコスチュームがナチュラルだし、
高田さんも重厚なゴシックドレス似合うわ~キラキラ
高ビーな見下し表情と高笑いが最高で、いつでも白雪姫の継母役が出来るね!リンゴ



隣国のあっかるーいシャルル王子の浦井健治さんと
将軍妻・エリザベッタの森奈みはるさんは演技も発声も歌も圧倒的に巧かったビックリマーク


王子は笑えるキャラだし、ダンスも軽やかな上に
“I will sing”とか歌い上げると感動的な巧さ!
エリザベッタ・森奈さんは、宝塚娘役トップスターでしたか!
宝塚ファンには夢の競演?



そんでもってやっぱり古田新太も最高!!
やっぱ締めは新太ですよねー。
おきまりの変装・変身シーンはやっぱり爆笑音符




ストーリーは前作の方が好きかな?と思ったけど、
こっちも二転三転するし、キャラや見せ場たっぷりで楽しめました。

まあでもホント天海さんありきだわ・・・。

舞台背景はほぼデジタル映像で、最初はちょっと物足りないかなー
と思ったけど、かなり効果的でした。

カーテンコールでも名前入る利点もあるしね!

ミュージカル風音楽もいいけど、ガンガンのメタルソングが最高!ドンッ
“メタルマクベス”を見た時は、メタル苦手・・・と思ったのに不思議なもんだわ。。
・・・あれ、メタルじゃなくてハードロックなのか?
ま、どっちにしろ、めちゃめちゃ盛り上がる~!



いやー、新感線ファンはもちろん、初見の人も往年?の宝塚ファンも必見ですビックリマーク

言われなくても宝塚時代のファンは見てるかな?




土曜日のせいか、12時半に行ったのに14時台の回は前3列まで満席!あせる

しかたなく19:30の回に変更。
15分休憩を挟んでたっぷり満足の3時間半でしたラブラブ


長丁場だし、無理に前方にしなくて良かった~。
ご飯→セール買い物→ぷらぷら→お茶→セール買い物で満喫したし!

桜木町ブルク・シアター2(小さめ)だと、
売り場のおねーさんのアドバイスどおりF列でちょうど良かったです。
公開2週目ですでに3回→2回上映になってたので、ぜひお早めにビックリマーク



あー、次回の五右衛門舞台は絶対取ろうビックリマークDASH!チケット
(五右衛門は三度現れると踏んでる。
日本→ヨーロッパと来てるので、次回の舞台は新大陸だよねっ!)



でもって、やたら近世ヨーロッパのドレスが着たくなったんだけどどうしよう!!!
ちなみに一緒に見た友人も同意見!
どこで着れるんだ!←着る気か(笑)




だらだら感想日記の日々-201107062346001.jpg
だらだら感想日記の日々-201107070306001.jpg

上映前パンフ迷ったけど、前半見て休憩中にゲット!!!
(終演後は閉まってるからね)

15分でトイレ→軽食買い出し&食べる→パンフ購入は
バタバタだったけど買ってよかった~ドキドキ

格好いいイメージショットに天海&新太の衣装一覧、
各キャストの対談も楽しーい!!ヽ(´▽`)/





次回の劇団☆新感線は、小栗旬主演の“髑髏城の七人”。
“若ドクロ”てことでキャスト一新、若返りまくりです。
“五右衛門ロック①”や“蜻蛉峠”で好演の森山未来くんや勝地了くんが出てて
ちょっと気になったけど、あまり小栗旬に惹かれないので
チケットチェックしてなかったけど、微妙に見たくなってきたかも~。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久々に映画館行ったぜーい!
といっても映画じゃなく、劇団☆新感線×宮藤官九郎の“蜻蛉峠”。



蜻蛉峠に住みつく記憶のない男・闇太郎。
お調子者の元役者・銀の介とむかった荒廃した宿場町ろまん街で
自分の過去を知り、街の英雄となり幸せを掴んでゆく。
しかしそれは蜻蛉にしか過ぎなかったのか・・・。

蜻蛉峠に行かなくては・・・蜻蛉峠で待っているから・・・。



前のクドカン脚本だった“メタルマクベス”も
いのうえ歌舞伎第一弾だった堤真一主役の“吉原御免状”も
あんまり好みじゃなかったんで期待してなかったら
すんごいよく出来てて面白いじゃないか!!アップ


冒頭のコント風シーンのやさぐれ軍鶏な堤さんと
“これで2時間半は辛い”の丸出し新太の時はどーしようかと思ったけど(笑)


普通にコミカルな流れで笑わせといて、自然にシリアスに突入
過去の悲劇と誤解が呼ぶ、さらなる悲劇の展開がすごく巧くって
ずーんと胸に来ましたよ。


あと同じシーンが二度繰り返されて、その意味がまったく違った解釈になって怖くなる、
ていうのはあの私の原芝居“鈍獣”を思い出したり。



いや~やっぱり主役は古田新太に限るよねビックリマーク
腹出てるおっさんなのに哀愁あって格好いいよー。
浪漫街で最初にぶちかます歌も上手くて迫力あった。

堤さんも準主役の悪人がはまって格好よかった!
長髪、白ベースに黒の大柄な着流しが似合ってて戦うシーンは格好よすぎた(笑)太ももが!

高岡早紀はかわいい!綺麗と言うより、けなげで可愛いのがすごい桜

高田ねーさんや橋本じゅんさん、インディさんや粟根さん達はもちろん楽しく
劇団員だけの手作りパフューム風ヘブンダンスはやたらウケました!音符
(パフューム好きゆえ)


狂言回し的な勝地涼くんもすごくよかった!
役者くずれの江戸風の格好やたら似合うね!!
女装もやたら似合ってたけど(笑)

おばかで女好きで良い奴な銀ちゃんがハマってたし、
動きも表情も声も全部よかったです。
テレビではあんまり大した印象なかったのに意外だ!


木村了くんはやっぱりマント姿似合ってました(笑)
走る姿は確かに鳥っぽくて格好いい(爆)

梶原善さんはもう年寄り役が自然すぎ!
“髑髏城”の刀鍛冶もよかったよなー。


明るく楽しかった“五右衛門ロック”といい今回の“蜻蛉峠”といい、
ツボなお芝居の時、熱心にチケット取りに行かなかったのが悔やまれる~!
ていうかまあ、やっぱり新太主役は競争率より高いんだろうな~。

はい、次回の“薔薇とサムライ”も惨敗しましたしょぼん


やーでもゲキシネで見れてよかった!
あっという間の三時間でした!キラキラキラキラキラキラ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


だらだら感想日記の日々


先月パルコ劇場に行って来ました~。

ひさびさ観劇、ねずみの三銃士・第2弾【印獣】ねこへび



なぞの豪邸に住む女主人からの招待状をもらった3人の無名作家たち。

自称・大女優の女主人からの依頼で、

3人の男たちは彼女の一代記を共同で執筆することになる。

果たしてこの大女優の目的は?その真意はどこに?

果たして3人の男たちは無事共同執筆を終え、夢の印税生活を得ることができるのか?


・・・というミステリーサスペンス(コメディ部分あり)のお芝居でした。



裏主役は生瀬さんだったかな?って感じですが
メインは三田佳子になっちゃってるんでちょっと物足りなさがあったかも。

いや、しっかりしたお芝居だし

大女優・三田佳子もなかなかはっちゃけてるんですがまあ、ねえ(笑)


まあ【鈍獣】と比べちゃうと、、、って感じですが
冒頭の女主人の家に向かう車の早替えシーンから楽しいし、
スクリーンを駆使した映画のようなオープニングはとっても格好いいし

上下階移動するセットなどもよかったです。


実は裏の関係があったりってのは想定内でしたが

具体的関係は想定外でした。


細かいとこでは、チビTを着た池田さんぷよ腹が可愛かったです。

そういや【鈍獣】の時は生瀬さんのおなか出しジャンプに

フォーリンラブしましたなあ。。。




キヨスクのシーンは
鈍獣のねずみの三銃士おばちゃんを思い出しましたラブラブ


また数年後の3~4年後のねずみの三銃士・第三回公演が楽しみです。
【鈍獣】は凸やん・池田成志さん
【印獣】は生瀬勝久さんが主役(たぶん)・・・てことで、

次回は古田新太が主役かな?



先週末は【おしゃれイズム】に阿部サダヲ、

【情熱大陸】に古田新太が出てて、ウハウハでした音譜

新太が【ナイトメアー・ビフォア・クリスマス】マニアだったのがラブリーでした。



ナイトメアー・ビフォア・クリスマス [DVD]
¥1,530
Amazon.co.jp

ナイトメアー・リヴィジテッド/オムニバス
¥1,980
エイベックス・マーケティング(株)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
だらだら感想日記の日々-20090119220553.jpg


久々の劇団☆新感線
古田新太主演のリチャード三世の1/19初日を見ました。



・・・いやー長かった、

セリフ膨大だった、

見るだけで疲れた!!(笑)


週あたまの月曜ダッシュで見て一週間仕事場はつらかった~!!汗



演出に現代コミカルテイストも入れてるんだけど、
なんといってもシェイクスピア、セリフがなげーーーー!


そんでもって皆様結構カツゼツ微妙で聞き取りにくい!

場面展開が早くて話について行くのが大変!
いいもの悪者が分かりにくくて混乱する!!



てなわけで前半は眠気と戦ってました。
まわりは結構撃沈してましたね~ヒツジ(同行の友人含む)

二階席だったのでモニターが見えないのでよけいに辛い!
(モニターのみでの状況説明もあるので)
次回はもっとでっかくして!!



後半は割とスピード感もあって持ち直したけど、
やはり初心者には複雑で重かった!

事前に人物とストーリーを完全に把握してないとダメですね。


せっかく新感線でやるんだからがっつりアレンジ版でもよかったなぁ。
イングランドニュース速報とか取材とか面白かったわけだし。


しかしアン王女てば、簡単に転びすぎ!恋の矢
あれはリチャードじゃなくてもバカ女と思うよ。
その安田成美はかわいらしく、声が聞き取りやすくて助かりました。


役者でいい感じだったのはエリザベス王妃(久世星佳)、
母ヨーク公夫人(三田和代)、スタンリー卿(榎木孝明)かなぁ。



しっかし人間関係複雑!!


リッチモンドとエリザベス王妃(母の方)が仲良くしてたのは
未だになんでか分かんないんですけど(爆)
ランカスター家とヨーク家なのにね?

原作でも読んでみるべきかしら。。


うーん、次回は痛快系新感線が見たいな~。
とりあえず峠は外れましたけどね…。
劇シネ☆五右衛門ロックかなあ。。



そうそう、初赤坂サカスでしたが意外に狭かった。
まあそりゃ赤坂だもんね~。
ただ、お正月も終わったのにライティングは頑張ってましたよ。
ええ写真撮るの忘れましたけど☆

赤坂ACTシアターの二階はすんごい急勾配!
そのおかげで結構見やすい♪


↓公式サイトはこちら~。
http://www.parco-play.com/web/play/richard/


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


49

久々の観劇に行ってきました♪【49日後・・・】
http://www.parco-play.com/web/page/information/49/



「VAMP SHOW」初演から早くも16年、「鈍獣」からすでに4年、

やりたくてたまらない気持ちを抑えきれない二人が原案=古田新太&池田成志の新作舞台!

出演:古田新太・池田成志・八嶋智人・松重豊・小田茜




古田新太ドキドキ 新太ドキドキ というだけでチケットを取り、

ストーリーを全然知らないどころか、

【よんじゅうくにちご】じゃなくて【しじゅうくにちご】だったんだ!

と舞台が始まってから知る鑑賞w



宮藤官九郎脚本・生瀬さんも参加のねずみの三銃士の

【鈍獣】は人生二度目で見た舞台で、大衝撃を受けましたねえ・・・。

もう2004年のことでしたか。。。最高でしたねえ。。

と、その【鈍獣】の期待を無意識に引きずっていたせいか

ん~~~~、ちょっと期待に答えてくれる作品としては足りなかったです。



ストーリーは、自殺現場となった老婦人の家を片付ける

便利屋4人(男4人衆)とその手配元・葬儀屋の女(小田茜)を軸に進む

コメディ経由のミステリー・・・かな?

いいポイントついてはいるんだけど、もうちょっと捻りが欲しかった!



ネタバレ反転↓


結局、小田茜は自殺した老婦人の娘で

引きこもりDVの息子(小田茜の兄)を母親が殺害→母娘で死体処理?

→母親は息子の形跡をすべて消すのが嫌で、小指とフィギュアを隠した

(フィギュアに未練があって、兄一瞬化けて出る)

→その後母親自殺 ってことでいいんだよね?


相続に戸籍謄本必要、すぐに相続しなければってのは

兄は行方不明扱いにして、放置しておいて失踪宣告後

小田茜が相続すればいい ってことだよね?


分からないのは、リビングをあそこまで散らかした意味なんだけど・・・

なんだったんでしょ?



全体的には、いまいち満足度低かったんだけど

キャストのアドリブ的コメディ要素には中々笑わせていただきました♪


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。