大阪府高槻市の淀川堤防斜面で先月29日、宇野津由子(つゆこ)さん(当時36歳)=同府豊能町=の遺体が見つかった事件で、宇野さんに掛けられていた生命保険は三つの団体のもので、死亡時の受取総額が約2100万円に上ることが捜査関係者への取材で分かった。いずれも加入の審査が簡単な共済型で、大阪府警高槻署捜査本部は、保険加入の詳しい経緯などを慎重に調べている。

 捜査関係者によると、宇野さんが遺体で発見される約2カ月前の今年3月1日、三つの生命保険が一斉に掛けられた。受取人は養父母で宇野さんと養子縁組した直後だった。

 死亡時の保険金はそれぞれ約800万円、約300万円、約1000万円の計約2100万円だった。このうち、約1000万円の保険は、宇野さんが先月末ごろに死亡する直前に解約されていた。

 一方、宇野さんの養父母の親族で、08年10月に変死した50代の女性にも、死亡する約2カ月前に約1500万円の保険が掛けられていた。解約された宇野さんの保険と同じ団体のものだった。

【関連ニュース】
淀川女性遺体:養父母宅に睡眠薬 被害者から検出と同成分
淀川女性遺体:被害者周辺の白い車を押収、検証…大阪府警
淀川女性遺体:養父ら3人聴取へ 別の女性も変死
淀川他殺体:女性に多額の保険 同居夫婦と養子縁組後
大阪ポリ袋遺体:身元は36歳女性 首に絞められた跡

お仙を泣かせてみる? 新一筆啓上賞、今年のテーマは「涙」(産経新聞)
<鉄道ファンの音>車掌の肉声や「鉄オタ クラシック」 相次いで発売(毎日新聞)
<掘り出しニュース>静岡の小川さん、脳疾患乗り越え 日本一周離島巡り(毎日新聞)
<放送法改正案>「電監審」の権限強化削除求める 日弁連(毎日新聞)
阪大 両心補助に成功 『子供に寂しい思いさせた」 女性患者、笑顔と涙(産経新聞)
AD