岐阜県美濃市生櫛(いくし)の同県魚苗センターで、放流用の養殖アユがすくすくと育ち、飼育池の中で元気よく跳びはねている。

 同センターは、関市にある施設と合わせて計95面の飼育池で51トン(約510万匹)のアユを養殖している。昨年10月上旬に天然のアユから採取された卵は、受精から2週間でふ化。90日ごろまで水温15度前後の人工海水で飼育された後、淡水に切り替えて育てられる。

 同センターでは5月以降から解禁されるアユ漁を前に、岐阜県内の31漁協に出荷する予定で、4月中旬から6月中旬までに木曽川や長良川などで放流される。【兵藤公治】

【関連ニュース】
アユ:稚魚42万匹を放流 /大分
稚アユ:透き通った体を見て 佐伯・番匠おさかな館で展示 /大分
アユ:今年初の遡上 ほぼ平年並み--長良川河口堰 /三重
養殖アユ:すくすく--岐阜・美濃

トキ 9羽死んだ順化ケージ、構造の見直しを…環境相視察(毎日新聞)
生方氏解任は強権的=自民総裁(時事通信)
子ども手当修正案を了承=公明(時事通信)
死亡隊員の両親、国など提訴=格闘訓練は「体罰」-松山地裁(時事通信)
札幌介護施設火災7人死亡 法のすきま、悲劇再び(産経新聞)
AD