ウエディングケーキ

今日はクリスマス。
みなさんはクリスマスにクリスマスケーキは食べますか?
公私ともに慌ただしいこの時期。
ケーキを食べて景気づけたいところですよね('A`)

とまあ寒い季節に寒いこと言うのはこれぐらいにして、
今回は結婚式のウエディングケーキについて書いてみたいと思います。

このウエディングケーキ、
18世紀イギリスのビクトリア女王ご成婚のときに登場した3段重ねのシュガーケーキが、
ウエディングケーキの始まりといわれています。

1段目(1番下)は来てくれたゲストと一緒に食べ
2段目は来られなかった人たちに配り
3段目は結婚記念日や将来生まれてくる子供が生まれたときに食べる。
アニバーサリーケーキといわれています。

18世紀当時のケーキは「豊かさ・幸せ」の象徴としても存在して、
その幸せを列席者全員で分かち合って食べると言う事に意味がありました。
今でもコース料理のデザートに、
新郎新婦がケーキ入刀したウエディングケーキが出ることも多いですが、
そういった意味を受け継いでいるのでしょうね。

日本では明治初期にウエディングケーキが作られたのですが、
度重なる戦争のため世間にはあまり定着しなかったようです。
結婚式が華やかになってきた昭和40年代に、
イミテーションのケーキを飾るのが主流になってきました。
でもその時代にはまだケーキに入刀するというのはほとんどなかったようです、
なのでケーキ入刀するケーキと渡すケーキは別だったそうです。
そう考えると昔からの本来の意味を継承しているのが今なのですかね。

ちなみに最近ではあまり見なくなりましたが、
披露宴会場に燦然と輝く何メートルもある、
イミテーションのウエディングケーキを最初に作ったのは、
石原裕次郎さんと北原三枝さんの結婚式だったのだとか。

そして五木ひろしさんと和由布子さんの結婚式の時に登場したウエディングケーキ。
高さはなんと11mだったそうです。
3階建てのビルに匹敵しますよね。
先日結婚式をした神田うの夫妻のウエディングケーキは4.7mですから、
それにくらべるとかわいいケーキだったのかも知れません。

と今回はウエディングケーキについて書いてみました。
結婚式には当然のようにあるウエディングケーキ、
お呼ばれした結婚式でこういった意味や歴史を踏まえて見てみると、
また違って見えるかも知れませんね。

以前ウエディングケーキでパイ投げをしていた結婚式がありました。
結婚式には色々な大切な意味があるイベントやアイテムがたくさんあります。
サムシングフォーやブーケの意味、挙式でのベールアップなど。
こういった歴史を知っていれば、
パイ投げに至ってしまう契機にいたらなかったのか知れませんね。
(ケーキだけに('A`))



●ポチッと応援していただけるとウレシイです('A`)
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ 
AD