結婚をするということは、新郎さん新婦さんだけが結ばれるだけではなく、

新郎家、新婦家が結びつくことでもあります。

 

関係するすべての人と人とが結びつくことが結婚なのです。

 

会社や学校でも友達を作るのも長い間信頼関係を築き積み上げていきますが、

結婚も両家の結婚を期から信頼関係を気付き上げていきます、

しかも親族、家族という深い縁を紡いでいくわけです。

大人同士なので大人な関係を築けることがほとんどですが、

大人同士だけに大人な関係を作れないこともあります。

 

結婚をするにあたり、

新郎さんのお姉様と花嫁さんの関係が難しくなっているケースがたまにあります。

今回はあるケースをご紹介させていただきます。

 

お姉様が小さい頃からかわいがっていた弟である新郎さん、

話を伺う限り目に入れても痛くないぐらいかわいがっていたようです、

そんな弟さんが結婚をするとなり、両家家族で食事会を催すことになったのですが、

お姉様はその食事会には呼ばれませんでした。

その理由は花嫁さんの「お姉さん、なんか苦手」の一言だったそうです。

 

両家家族で食事会だと兄弟、姉妹、お祖父様お祖母様も一緒のことが多いですが、

新郎新婦さん、厳密に言えば花嫁さんの意向でそのような形になったのだそうです。

もちろんその説明を新郎さんのお姉様にもされたそうなのですが、事後報告だったそうです。

しかも新郎さんから伝えられたのだとか。

お姉さんはとっても食事会を楽しみにしていたそうです。

 

その後に新郎さんはお姉様にも一緒にと、

ご両親同士とのお食事会後に、新郎さんのお姉様を含めたお食事会を催しました。

けれどその席に新郎さんのお姉様はいらっしゃいませんでした、

お姉様が出席するのであれば花嫁さんは「行かない」と言われたそうで、

「それでは意味がない」とお姉様は行きませんでした。

 

その後も新郎お姉様と花嫁さんが顔を合わせることはありませんでした。

結婚式も新郎さん、ご両親からアプローチしたのですが、

お姉様は出席されることはありませんでした。

お姉様もかわいい弟の結婚式を間近で見るのが夢だったことでしょう、
でもそれもかなわないものとなってしまいました。

 

お姉様曰く「これは私と花嫁との問題」だと言われていました。

 

仲違いの原因は食事会に誘われなかっただけではなく、

それ以前に新郎家に行った際の顔合わせの時のことが大きく関与しているようです。

 

まず初めて花嫁さんが新郎家を訪れたときのこと、

玄関でご両親様へもお姉様にもご挨拶せずに、新郎と新郎の部屋にこもりっきりになって出てこなかったそうです。

1時間ぐらい経ってさすがにおかしいと呼び出して、

新郎家の家族がリビングに並び、花嫁さんがシブシブとリビングにやってきたそうです。

 

そして花嫁さんはご両親様に立ってペコリ、お姉様のことは「よろしくね、裕子ちゃん(お姉様の名前)」

と年下な上に初対面なのにちゃん付けで挨拶されたそうです。

その後も家族がいる前で新郎とイチャイチャしたり。

お母様がお料理を作って待っていたのに、お料理には手をつけず宅配ピザを頼んだり。

お酒の酩酊するほど飲んでしまったり。

 

ご両親はただただその光景を見ていましたが、

お姉様は「ねえ、おかしいと思わないの? ねえ?」と注意をしたそうです。

 

お姉様にしてみればすべての筋が通っていないということで注意したようなのですが、

その注意で花嫁さんはお姉様との関係をシャットアウトした形になりました。

 

ちなみにお姉様は皆様が結婚式をしているときに、

結婚式場にいらしゃりプランナーさんに花束とお手紙を預けて行かれたそうです。

お手紙には新郎の名前だけ書いてあり「おめでとう」と書かれていました。

 

その手紙を花嫁さんはチラリと見るなり、花束を掴み花束と手紙を持ってきてくれたプランナーさんに、

「あのー、花束いらないんで、引き取っていただけますか」と渡そうとしていました。

もちろんプランナーさんも何度も丁重に断ります、

すると花嫁さんが花束を投げつけゴミ箱に捨てそうなそぶりを見せたので、

プランナーさんが「では手前どもで飾らせていただきます」と空気を読んで持って行かれました。

 

最初は少しのボタンの掛け違えと思っていても、時が経てば大きな事になる可能性もあります。

人と人との関係、そして筋、新しい家族になる以上しっかりとしないとですよね。

 

今月末に新郎新婦さんと食事をする予定があるので、もしかしたら地雷を踏みにいくかもですが、

お姉様と距離を詰められるよう何かきっかけを、探っていこうかなと思います。

 

※コメントをたくさんいただきありがとうございます。

ひとつひとつお返事できずすみませんが、全て読ませていただいています。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

カメラ結婚式のスナップ写真撮影を承っています

パンダブログからお問い合わせの方にお得な特典!!

ダイヤオレンジ前撮り&ロケーション撮影料金無料

ダイヤオレンジ手焼き風アルバム30カットプレゼント 

など、まだまだあります。

 

ウエディングカメラマンの裏話

 

日程の空き状況だけ確認をされたい方はコチラ→

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今まで約1600組のカップルの結婚式を撮影してきました。
お二人の結婚式、心とダジャレを込めて撮影させていただきます。

よろしければ運営しているwebサイトのご紹介をさせていただいております、
結婚式のスナップ写真撮影依頼についてなど、お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせが大変多く、空いている日程が非常に少なくなっていますので、

お早めのお問い合わせをおすすめいたします。

 

パンダ撮影のお問い合わせのメールにはすでに撮影予定が入っていても、

48時間以内に必ずお返事をさせていただいています。
●「問い合わせをしたけど、返事がまだ届かない…」 そんな時は【迷惑メールフォルダ】の中をご確認ください。
●スマートフォンや携帯電話からのお問い合わせの場合、設定によりこちらからのメールが送れないことも多いです。パソコンメール、URL付きメールを受信する設定にされて再度お問い合わせ下さい。
それでもメールがないようであれば、 念力かメールで再度ご連絡下さい
手紙パンダ

 

【メディア出演】■『Mr.サンデー』(フジテレビ)■『ブログの女王』(テレビ東京)■『MUSIC PLUS』(J-WAVE)■『site9-11』(FMぐんま)

【メディア掲載】■『本当にあったブログ内緒話』(大洋図書)■信濃毎日新聞 ■ねっため(ソフトバンククリエイティブ)■ドバイ政府観光・商務局 ■H.I.S.

■アメーバブログさんが運営されています『アメばこ』にインタビューされました。
『アメばこオススメブログ ウエディングカメラマンの裏話』

 

インスタグラムと冷やし中華始めました('A`)

AD

リブログ(6)

  • すごいなぁ… ”結婚式に出席したくてもできなかった新郎のお姉様”

    …なんか、すごい新婦やね(^_^;)奈緒にも弟が居るけど、もし弟の連れてきた彼女がこの新婦さんみたいな人やったら正直、結婚なんて許せないと思うわ。それに、弟の常識を疑うわ(^。^;)まぁ、彼氏のお姉さんからの注意なんて大きなお世話なんやろうけどもし、結婚を考えてるのならこの新婦さんの様な人様のお宅に…

    奈緒

    2017-08-11 15:28:00

リブログ一覧を見る

コメント(59)