だっぷ☆ MASIC ~magic and music~

音楽プロデューサーだっぷ☆の気付き


テーマ:
$だっぷ☆の響き



このお話は事実をもとに創られたようです♪
主演のウィルスミスも実に良い演技をしていました。

彼の実際の息子さんとの共演で、話題にもなりました☆
ストーリーも親子を演じていますので、よりリアルに伝わってきました。
親子の響きを感じた作品です。

もし、彼に息子がいなければ、こんなに素晴らしい作品にはならなかったかもしれません。
この映画では、彼は息子のためにやり遂げたことが感動をよびます♪
父親のウィルスミスが息子にこう言います。

『 もし夢があるのなら、絶対に投げ出したりするな、そして・・・

             もう終わりだなんて、誰にも言わせるな 』


彼は、成功するまで努力し続けました。
私もこのようなことを聞いたことがあります・・・

『 絶対に雨を降らせる雨乞いがいる・・・それは・・・

             雨が降るまで祈るからである 』


当然、ラストは成功するのですが、涙を流すひまもないくらい親子にトラブルが重なります。
それでも、ふたりの愛情が気持ちよく展開され、勇気をもらえる作品でした♪


映画を通じて【響く】ものがあります☆


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【The Pursuit of Happyness】

The story had actually happened before it premieres.
No wonder Will Smith starred very well.

His son who was on the film is really his son.
Therefore I felt moved something what I expected.
How I was excited what the film was?

If he had no child, he couldn't have got promoted.
He made it for his son.
He said to his son "If you had a secret dream, you would never lost it."
And he also said "You must not give up and you must not be said there is no way out."

He was making all his effort until he gets success.
I heard as well there are someone who are praying to want some water until it starts rain.
That's why he got a success if you ask me.

Naturally enough, the story has a good end...
There is no way you're not gonna feel moved.

You'll be in tears.
Thank you for reading my essay.
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$だっぷ☆の響き



私は月に4~5本の映画を見ることにしています。
音楽プロデューサーの私にとって、映画とはこの上ない楽しみでもあります♪

魅力的なテーマがあり、その世界観を表現する中でメッセージがある・・・

アーティストとして影響されないわけがありません☆
当然、音楽と映像にも関心があるので、いつか映画音楽をやってみたいという夢もあります。

昨日、私は『The producers』2005年(製作メル・ブルックス)という映画を見ました。
プロデューサー、の響きに共感して選んだミュージカル映画です。
以下は私のレビューになります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


『The producers』は、2001年の同名ミュージカルから製作されたものです。
監督のメルブルックスは、ミュージカルでグラミー賞を受けました。
私も音楽家ですので、この映画の中に特別に動かされる何かがあると感じました。
それに加え、成熟したポップな文化が米国にあると気がつきました。

私はこの映画と同じように、ミュージカルで組み立てられたアカデミー賞映画『シカゴ』も好きです。
映画『シカゴ』のテーマは、

『人生はまるでショービジネスのようだ』の言葉に集約されていたと思っています。
私たちがサーカスを演じれば、誰でも拍手を受けることができる、と・・・
ミュージカル映画にふさわしいテーマでした。

これに対し、『プロデューサーズ』でのメッセージで感じたのは、

『退屈な人生を刺激的にすることができる』でした。

この作品は、ミュージカルとしても楽しいのですが、映画としても十分楽しめる作品でした。
主人公は映画の中で『プロデューサーになりたい』と言い、
彼はこれに挑戦する方法を考えるきっかけとなった友人に会うことができました。
素敵な物語です☆

『私たちはなんでもできる』

この歌が一番印象的でもありました♪
映画が終盤になるに従って、たたみかけるような演出もみごとです。
音楽と映像が頭の中で一体となりました。魅力的な役者のダンスもさすがです。

明るくポップな演出の中にも、十分『ロック』を感じる響きを持った作品でした音譜


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【The producers】


This film is origin from a musical.
The directer Mel Brooks had already got a Grammy award with the original musical.
I'm a music producer as well, so there was a special something I felt moved in the film.
On top of that, I noticed there is mature culture of amusement in the U.S.A.

I like the film Chicago as well which was composed with consisting of the same way as this film although,
there is a difference between them, I thought.

Chicago said all our life looks like a show business.
Therefore if we played a circus, everyone would applause us honestly.

In a case of The producers, it had made a boring life exciting.
I didn't feel in touch with only musical, but also film indeed.
Main actor said he wanted to be a producer on the film.
Then he awoke how to live of his life and got a most significant friend to live with.
What a wonderful story! I believe we can do everything.

The end of the film, it also has a most spectacular scene.
You must feel as if fantastic images circle around in your mind when you watch that.

We wouldn't be able to be better to deter possibility, it said.

Thank you for reading my essay.
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。