嶽本野ばらのブログ

僕と契約してアメンバーになってよ。


テーマ:
11/26に新刊「通り魔」が発売になります。

@小学館 1080円


これは・・・読んでおいたほうがいいと思います。

社会派です。社会派なんだけど・・強烈な純愛小説ともいえます。


そして、恒例のサイン会が行われます。

12月6日(土)20時15分~
@ヴィレッジヴァンガード下北沢
Tel 03-3460-6145
電話、店頭予約受付中。


ヴィレッジヴァンガードで『通り魔』ご購入の方が対象です。
予約すれば当日のご購入でも大丈夫です。
当日にきて購入しも大丈夫ですのでご安心下さい。
無論、握手、2ショット写真、大丈夫です。

東京都世田谷区北沢2-10-15マルシェ下北沢
http://www.village-v.co.jp/shop/list/detail/?code=13

更に!!!!

このサイン会で、10月にアメリカ、
ミネアポリスでファーストコレクションを行った
嶽本野ばら総指揮による初めてのブランド
ノヴァラーズのコレクション会場限定発売だった
Tシャツを販売しちゃいます!!




ノヴァラーズ USA JAPAN designed by NOVALA TAKEMOTO
NOVALAR'S FIRST COLLECTION
のロゴが入っています




ノヴァラーズのお洋服は、現在、日本での展開を考えていません。
そんなノヴァラーズが・・・
それもコレクション限定販売のメモリアルTシャツが・・・
日本で手に入るなんて!!!!!!!!!!

販売価格は5000円

サイン会当日の7時~販売をしますので
この機会をお見逃しにゃく(再販はしません)。
只、アメリカに持ち込めなかったストックなので23枚しか
ありません。
売り切れたら困るという人は販売開始の少し前に
ヴィレッジヴァンガードにお越し下さい。
布用のペンも持参するので、サインも可能です。

転売禁止!!

よろしくお願いしますドキドキ

http://www.novalars-usa-japan.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
寝ているとチャイムが鳴り、宅配だと思って出たら警察官だった。
世帯調査のようなことをしているので
書類を書き込んで欲しい
しかし個人情報なので、こうして一軒ずつまわっているという。

住所や緊急連絡先などを記したものを
書いて渡すと、職業欄に警察官は眉を曇らせる。
「文筆家って何ですか」
とわれる。
小説を書いたりしますという。
大体、こういう時は、ならば小説家と書けばいいというような
反応をされるのでそう書こうかどうか迷うのだけど
確定申告の時には文筆家なので
そのほうが正しい気がしてそう書く。

が、そもそも職業を人にいうのが未だに慣れない。
どちらかというと、嫌だ。

文筆家でも小説家でも何でもいいのだが
それって仕事なのだろうかと、思う。

小説、文章を書くということは
何をする作業でもない。
敢えていうなら考える作業で、それ以外のことを
この仕事はしない。
上手い文章を書けるから仕事になっているが
上手かろうが下手だろうが、頭しか使わない。
培った技能の必要が、これといってある訳でもない。

誰だって某かを常に考えている。
僕だって小説を書いていない時は
それ以外のことを考えている。

(でも人以上に考えているかもしれない。
このようなものは比べる術を持たないけれど
僕はかなり考えることが好きだ。隙あらば考えている)

ならば単に考える作業というものが
仕事として成立するのだろうか?


結果、文章を書くことを仕事にしているということは
無職といっているようなものだと思わされる。

誰かにこのようなものを書いて頂きたいと乞われ
書くのであれば仕事のような気がしないでもないのだが
大抵は、自分が書きたいものを書いていればいい。
こういうものをお願いしますといわれても
このような過程からこのような結論にいたる文章を
作って欲しいとはいわれない。

だから何だか、何時も申し訳ないような気持ちで生きている。
何かちゃんと仕事をしなければとも思ってしまう。

でも出来ないので、きっとこのままなのだろう。
そう思うと大抵、少し、落ち込んでしまう。


AD
いいね!した人  |  コメント(7)

テーマ:
11/1~2のSKEセットアワーリスト
全4公演の映画館ライブビューイングが
今日の朝10時から発売だったので
10時にファミマにいってチケットをとる。

3公演は渋谷の映画館でとれたのだが
最終の11/2 5時公演ぶんは
六本木ヒルズでしかとれなんだ。

やっぱりSKE人気はすごい。



しかしどうにかチケットをゲットしたので
何時ものすき家にいく。
朝定食が食べたかったのだ。
しかし、入ると10時35分
朝定食は終わっていた。
店員さんに「終わりですか?」
きくと
「はい」

そうかと思い、他のものにしねばと
メニューをみていると
しばらくして店員さんが
朝定食のメニューをもってきて
「どれがいいですか?」と訊く。

「いいの?」
僕は訊き、礼をいって納豆定食を頼んだ。
これが一番好きなのだ。

普通はバイト君なので
そんなサービスはしてくれないだろう。
でも彼はしてくれた。

僕はよくお店や会社の対応に激怒するけれど
それはマニュアル通りにしか動けないからだ。
少なくともこのすき家のバイト君は
自分の意志でサービスをしてくれた。
それはとても嬉しいことだった。

元来、正社員であろうがバイトでろうが
こういうことをするのが仕事をする
ということではなかろうか?

支払いをする時、税込みで302円だったので
502円だし
200円のお釣を
もし、失礼でなければチップみたいなもんだからと
彼に渡した。

そんなのいいいです・・と彼は遠慮したが
ムリクリ、とってもらった。

今日の朝はだから、とてもいい気分だ。

自販機でワンダを買って帰る。




皆にも今日がいい一日でありますように!!ドキドキ


AD
いいね!した人  |  コメント(5)

[PR]気になるキーワード