嶽本野ばらのブログ

僕と契約してアメンバーになってよ。


テーマ:

吉報あり。

話は1月まで遡る。

集英社からメールがあり、

妙な許諾の要請なのだが……と、ある。

 

読めば、モリサワが主宰する

「タイプデザインコンペティション2016」

なるものがあり、2012年から始まって

その3回目となる2016年のコンペで

銅賞を取った作品が

『十四歳の遠距離恋愛』の文章を

タイポポグラフィーのモチーフとして

使用しているので、

流用許可を貰いたいというものであった。

 

豊島さんという

デザイナーの方が使って下さっており

書体のサンプルが、

メールには添付されていた。

 

僕はすぐに

許諾する旨を伝えて欲しいと返信をした。

このような名誉は滅多にない。

使われても、

別に野ばらさんに一銭も入らないですよと

いわれたが、そんなことはどうでもよろしい。

 

 

賞というものに

何故か全く縁のない僕なのであるが

自分が賞を貰うよか、この受賞は悦ばしい。

 

説明しておくと、

モリサワは、写植のメーカーである。

DTPの進歩によって

写植はもはや無用のものとなりつつある。

 

 

僕が文章や編集の仕事を始めた頃は、

でもまだ文字を

写植で、打って貰っていた。

モリサワや写研の文字見本を観て

この文字を使おうと決め、

それを原稿と共に

写植屋さんに持って行く。

フォントの大きさや文字詰めも指定する。

写植屋さんはそれを受け、

文字を打ち出してくれる。

10文字しか入らぬところに

どうしても12文字入れたい場合、

写植屋さんに

「ツメ打ち出来ますか?」訊ねる。

 

写植屋さんは可能な限り

僕らのリクエストに応じる。

手作業で1文字ずつの

間隙を縮め、操作していく。

無理な文字詰めであっても、

美しく仕上げる

それが写植屋さんの

職人としての矜持であり

彼らは淡々と、

その作業をこなしてくれていた。

 

僕らが頼む写植屋さんというのは

モリサワや写研の配下にあるものではない。

モリサワや写研が農家だとすれば

僕らが依頼する写植屋さんは

その食材を加工する料理人のようなものだ。

 

だから、オッサンが一人でやってる

小さな写植屋さんも、あった。

 

スーパーのチラシの文字なども

写植屋さんで打ち出して貰わないと

印刷原稿が作れなかった時代だったから

街には一軒くらい、写植屋が、いた。

 

原稿が揃わず、

印刷屋のデッドラインを延ばせぬ場合、

1日掛かる写植の作業を、

半日であげてくれと

写植屋さんへ無理をふっかけ、

何度、泣かせたことだろう。

 

DTPの波が押し寄せ出した頃、

そのうち

写植屋さんがなくなる未来がくるかも

などと

僕らは、冗談のようにいっていたけれども

それは驚く程、早く現実のものとなった。

 

小規模の写植屋さんが

バタバタと店を畳んでいかれた。

大きな写植屋さんも潰れていった。

廃業を知らせる為、

挨拶にまわってこられる写植屋さんに

僕達は労う言葉よか、

渡すことが出来なかった。

僕ら自身が、スピードとコストの面から

DTPを使い出していたのだから、

その労いの言葉すら

どこかよそよそしいものであっただろうと

今になると、苦く思い出される。

 

 

多少、話が逸れた。

 

銅賞を受賞された豊島さんは、

タイポグラフィー制作では

高名なデザイナーさんらしい。

僕の文章をモチーフとしてくださったのだし

僕が嫌いという訳ではなかろう。

 

でも、好きとか嫌いとかでなく、

豊島さんが僕の文章をモチーフとしたのは

他の理由がある筈だ。

 

コンペに出すタイポグラフィーであるから

どれだけ汎用性の高いものであるかが

アピールされなければならない。

拠って、モチーフは、

ひらがな、カタカナ、漢字、句読点などが

いい具合に混合されていなければならない。

 

質の良いテキストであったとて

ひらがなばかりのものでは、判断に困る。

 

恐らく、何種類かの様々なテキストを

デザイナーは自分の作ったフォントで試し

もっとも効果の高いモチーフを詮議するだろう。

 

僕が文章を書く時に心掛けるのは、

フォルムの美しさである。

誌面を開いた時に、

文章全体のフォルムがいかに美しいか

それに心を砕く。

多少、妥当な表現でなくとも、

それの方が全体の文章の

調律に合っているのならば、それを採用する。

そうやって一言一句を並べていく。

 

中井英夫の言葉

——小説は天帝に捧げる果物。

一行たりとも腐っていてはならぬ——

これを実践する。

 

読者はたまに、

野ばらちゃんの文章は

漢字とひらがなの混ざり具合が

なんか、いい——と感想をいう。

音読してみると、

なんか気持ちいい——とも、いう。

 

そりゃそうなのだ。

それらを僕は

慎重にコントロールしている。

それ以外のことは

やっておらぬとゆうても

過言でないくらいだ。

意外と編集者や

書評家には見過ごされる。

 

何が書かれているかを重んじるので、

韻律や全体のフォルムを

眺めるが疎かとなるのだろう。

 

 

作品の良し悪しは

読む人が勝手に判断すればいいのだし

文学の賞を貰えぬは、

さほど悔しいことではない。

だが、

フォルムの美しさは幾何学の判断だ。

このようタイポグラフィーの

モチーフに選ばれるということは

それを認められた

とのことだと、僕は有頂天になる。

 

使われたのだぜ、

すげーだろう——と、自慢したくなる。

そのタイポグラフィーが

グラフィックや

タイポグラフィーのプロの審査を受け

認められたことを、光栄に思う。

 

豊島さんが受賞された

「なつめ」というフォントは

癖のある変なフォントだ。

 

 

これで文庫本の本文を組まれたら、

読み辛くてしょうがない。

最初、僕は失礼ながら、

取っつき辛かった。

でも

一文字一文字を慎重に追っていくと

万葉仮名だったり欧文フォントだったり

サブカル文字だったり、

あらゆる文字のパターンを

精緻にミクスチャーしてあるが

徐々に明らかとなってくる。

 

図形としてとても面白く、クールである。

 

1月に許諾をしたが、

コンペの結果を掲載した見本帳が

流布されるまで、

黙っているようにといわれた。

 

本日、見本帳が届いたので、

もう自慢してもいいらしい。

この見本帳を

欲しいと思う人もいるだろうが

印刷業界の関係者にしか

頒布されないので

一般の人は入手出来ない。

作家もこんなものは観ない。

美大生なら観る機会があるかもしれない。

農家の人が眼にすることはないだろう。

 

モリサワがこのような

コンペを行っていたことを

知ったことも僕を喜ばせることだった。

 

DTPの中で

組まれるフォントの可能性を探し

写植メーカーが今も最前線で

新しい文字を

追求し続けていたことが嬉しかった。

 

DTPが台頭してきた中で、

縦組みも横組みも出来る

日本語をどう美しく組めるか? 

困難なシステムの構築を

成し遂げたデザイナーもいる。

 

だから写植の時代がよかったと

懐古趣味に陥ることはしない。

 

今も昔も

活字を組む人々の尽力は続いている。

 

僕は只、己の文章が

更に美しい

フォルムを得られるよう努力するのみだ。

作家や小説家であるより

優れた文章家でありたい。

 

最後に蛇足(?)

ながら、豊島さんの

フォントは優れてるが、

モチーフで使ったこの作家は

身辺に問題のある人なので、

ケチがつかぬよう

モチーフを変更しましょうと、

なさらなかったモリサワの

寛大な処置に感謝を申し上げておきたい。

 

嶽本野ばら

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

案内状が届いた。

木村蜻蛉氏の個展を開催するという。

場所はライト商會の二階。

 

蜻蛉氏は幻想美術の彫刻家である。

頭蓋骨の後ろに女性器があったり

解体された人体が脚となったテーブルを

拵えたりの作風なので、余り売れていない。

そんな作風で売れる作家も多いが

蜻蛉氏の場合、世間に擦り寄るのが下手なのだろう

売れない彫刻家のままだ。

(この時代、彫刻をやっておること自体、売れる筈もない)

 

 

僕は十代の頃、彼と出逢った。

彼が任されているギャラリーがあって

そこは貸画廊なのだが

蜻蛉氏は貸すことを余りせず

借主のない期間はずっと自分の作品を展示していた。

(貸すのが嫌なのではない。

どうやれば借りる人が沢山集まるのか

彼は考えるのを余りしなかったのだ。

画廊というものは美術雑誌などで紹介され、

それなりの権威を得れば

大枚を叩いてでも借りようとする者も

後を絶たなくなるが

そのような活動が苦手だったのだ。

得意であったなら

画廊でなく己の作品を

抜かりなく売り込んだだろう……)

 

三条という好立地にありながらも

彼のギャラリーは、だからいつも閑散としていた。

偶然、入ってくる者がいたとて、

そのような作品ばっかなので、近寄りがたい。

 

でもベルメールなどのシュルレアリスムへ傾倒していた

当時の僕は、彼の作品を気に入った。

作品同様、風態も多少怖い人であったが、

僕は毎日のように彼のギャラリーを訪れ

だべっていた。

(お金がなかった……という理由もある。

ギャラリーは何時間、居座っていようが只である)

 

そのようするうち、彼を慕ってやってくる人達とも

仲良くなった。

作品は変だが、蜻蛉氏は気難しい人ではなかった。

来る者は拒まず、芸術論なぞ吹っ掛けてはこなかった。

今思えば、公平で寛容ではあるが

必要以上にデリケートでもあったのだろう。

そのようなものを振りかざす厚顔さを持たなかった。

(故人の如く話を進めているが、どっこい、まだ存命である)

 

でももう、かれこれ30年くらいは逢っていない。

僕は大阪でライターの仕事を始めるようになったし

彼はギャラリーのオーナーの都合で

そこを閉めざるを得なくなったもので。

借り手のほぼない画廊を

延々と存続させられる程、世間は優雅ではない。

 

 

個展の会場を訪れると、田中芳照氏がおられた。

 

田中氏は蜻蛉氏の後輩で、とても売れている画家だ。

展覧会は田中氏が企画したのだという。

僕はライト商會が企画したのだと思っていたので

少し驚いた。

(さてここで蜻蛉氏の任されていた

ギャラリーとライト商會の関係に就いて

語っておかねばならない。

当時、今あるライト商會の奥に当たるビルの

引っ込んだ一室に

蜻蛉氏のギャラリーは、あった。

僕が蜻蛉氏のギャラリーに出入りするようになって

暫くして、ライト商會が出来た。

その頃のライト商會は、純粋にアンティークショップで

新参者のライト商會の主人は

すぐに周囲で友人を作れなかったのだろうか

よく自分の店に客がいなくなると

蜻蛉氏のギャラリーに遊びに来た。

蜻蛉氏のギャラリーがなくなった後、

ライト商會は使い手のなかった二階の一室を借りた。

ついでに閉鎖した

ギャラリースペースも借りることとなり

店がつながっていないのは不便なので壁を取り払って

二つの部屋を一つにした。

一階では商品の販売、二階ではカフェをやるなど

しておったライト商會は、現在、一階をカフェにして

その二階は倉庫代わり、申し出があれば催しに貸したり

しておられる。

ライト商會の主人は、大村崑に似ていた)

 

田中氏とは蜻蛉氏の紹介で知り合った。

一度、僕は田中氏の絵のモデルをしたことがる。

女性を描くのが多い田中氏であったが

僕は美少年だったので抜擢された。

 

売れている田中氏は僕に多額のモデル料をくれた。

僕を描いた絵はすぐに売れた。

僕を描いたからではない。

田中氏の絵は男性を描こうが人気なのである。

 

「久し振りですね、今回は蜻蛉さんの作品集を

僕が作ったんですよ。だから展覧会を主催しました」

 

という田中氏に僕は蜻蛉氏の最近を訊ねた。

 

「随分と前から容態が余り良くなくてね。

自宅で療養しておられます。会話などは敵うんですがね」

「案内状には確か、初日には蜻蛉さんも来展と……」

「皆で運んだんです。一人では歩けませんから。

蜻蛉さんの家から車椅子に載って貰って、

そのまま二階まで引き上げました」

 

展覧会のタイトルは

『クトゥルフアート展』である。

「蜻蛉さんが、クトゥルフ

——ラグクラフトを好きだったとは

知りませんでした」

いうと、田中氏は笑った。

 

「ええ、僕も知らなかった。

今回、作品集を作るにあたって

作品のタイトルを調べたら

それらがクトゥルフ神話に登場する

ものなのが解ったんですよ」

 

ギャラリーでだべっていた頃、

少しはそんな話も出たのかもしれないけど

僕は憶えていない。

多分、殆どなかったと、思う。

後輩の田中氏が最近知ったくらいだから、

余り自分からラグクラフトのことは

口にしなかったのだろう。

その作品集と、小さな作品を購入して

僕はライト商會へと下りた。

 

ライト商會でお茶を飲みながら、店主と話す。

 

この店主は大村崑ではない。

大村崑に似た、

僕が知るライト商會の主人の息子さんである。

 

「あすこにギャラリーがあったのは

僕がまだ4歳くらいの頃ですからね。

なんとなくしか……。

でも展示品をね、

父から大事なものだから触っちゃダメだぞと

いわれてたのは憶えています」

 

従って、お前は僕ともその頃に逢っているのだと、

元主人は息子さんに教えているという。

 

「あの画廊はもうなくて、ライト商會はまだあって、

でもそこで今、出迎えて

くれているのは前の店主の息子さんで……。

とても不思議な気持ちです」

 

「そうですね。本当にこの辺りもすっかりと変わりました」

 

この展覧会に新作は出ていない。

患っているのだから、彫刻が作れる訳がない。

見覚えのあるものの方が多い。

その中で個人的にとても懐かしいのは

会場にいたる踊り場に

掛けてあるライト商會の看板だ。

 

ライト商會が店を出して一年くらいした頃だったろうか?

ライト商會(無論、大村崑の方)の主人が

蜻蛉氏に依頼して、作って貰ったものだ。

正直、看板としての出来は良くない。

彫刻家なのだし、看板作りのノウハウはなく

あったとて、作風が看板向きではない。

看板なのに

まるでミケランジェロの地獄門のようである。

 

しかしそれは長い間、ライト商會の看板として

飾られていた。

往来の客の足を止めさすには

不都合なものであるにも関わらず。

 

三条で新しくアンティークショップを開き

そこそこに稼いで、今も店を存続させてるのだから

少なくとも大村崑

(ではなかった——大村崑に似た前の店主)には

商才があった。

 

だから、このような看板を依頼する必要もなければ

掲げる必要もなかったと思うのだが

大村崑は、蜻蛉氏に作って貰った。

 

親しい仲なので

仕事を恵もうという気ではなかっただろう。

かといって

パトロンを気取る傲慢の気紛れでもなかった筈だ。

変なもの作られるだろうな……。

わー、やっぱり変なのだ!

出来上がったものを観て、多少、慌てたかもしれない。

でも推測のみでなく断言可能なのは

(大村崑)が、

芸術家としての木村蜻蛉に尊意を抱いていたことだ。

 

来るものは誰も拒まぬけれど、誰へ迎合することもせぬ

その場所に自分より古くからいた

静かなる隣人の芸術家を

彼は神聖なものと捉えていた。

 

売れず、変なものばっか作っているけれど、

金銭にトレード出来ぬものを

扱う人であることを知っていた。

従い、作って貰ったのだ。

 

看板と称して彼の作品を欲したのだ。

もしかすると彼は、

ギャラリーに展示された作品を購入するのは

商売に長けた自分には

おこがましいと思ったのかもしれない。

ですので、商売に必要と、

商人として相応の依頼をしたのかもしれない。

それが、彼なりの最大のリスペクトの方法だった。

 

展示作品を観せる時、

自身の子供に、触ってはならぬと

戒めたことからも、解る。

 

美しいものを前にすると、人は謙虚になる。

それが出来ないのなら、その人は醜悪だ。

美しいものの前で謙虚となれたなら、

その人もまた少し美しくなる。

芸術というものが

この世界に貢献出来るとすれば、それくらいだ。

 

眼の保養とか心の洗濯……

みたいなものに芸術は使われない。

 

京都へ戻って約2年が、経つ。

僕の知る京都はもうほぼなく、

ここでまだ僕はエトランゼの気分だ。

 

でも、招待状が届き、

僕はまた十代にいた場所へと戻る。

そこにはもう土をこねることが敵わぬ

馴染んだ彫刻家の作品があって、

お茶を出してくれるのは、

4歳の頃に多分、逢っている筈の若い人だ。

 

 

京都という場所は、外の人間に心を開かない。

かつてそこにいようと、去った者には心を閉ざす。

そして、戻ってきたとて

なかなか前のように仲良くはしてくれない。

 

そう、それがこの都の流儀だった。

帰ってきた者を諸手を上げ、歓迎なぞしない。

気位高く、とことん意地が悪い。

 

ようやく、2年をここで過ごし、

ここがゆっくりと僕へ

扉を開き掛けているのだろうか。

ずっと京都におられたかのようです

——いわれるようになる頃、

僕は多分、60を過ぎている。

 

僕が買ったのは、この箸置きサイズの

蜻蛉氏が作品のパーツとして制作したのだろうが

そのまま何体かパーツとして残されたものだ。

まだ10体くらいは残っていた。

(黒くてよく解らないだろうけど隠微な女体のミニ彫刻)

 

 

最後に後、1日しかなく申し訳ないのですが

展覧会の情報を記しておきます。

近くにこられたらお立ち寄り下さい。

(今一度、申し上げるが、蜻蛉氏はまだ存命です。

これは追悼などでは、ない)

 

木村蜻蛉「クトゥルフアート展」

京都市中京区寺町三条下がる一筋目東入ル

ライト商會 2階ギャラリー

TEL 075-211-6635

4月14日~19日 

12時~19時(最終日19日は17時まで)

入場無料

木村蜻蛉作品集「The Collected warks of Akitsu Kimura」

2000円で販売中

 

(会場で仕立てのいいスーツを着た人がいたなら、

それは多分、田中氏)

 

嶽本野ばら

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ここはキ●ガイ病院です。

まともに他者と交渉が出来ぬ人や

聴こえぬ筈のものが聴こえると嘆く人や

赤いリンゴと青い空の識別がつかないような人達が

やってきます。

大抵は治らないそうです。

少しマシになる程度、だそうです。

 

そんなものだから、ここに来る人達は

世の中の、役に殆ど立たないです。

 

本人も困るのですが、

周囲の人が輪をかけて困ってしまうので

ここで治療を受けることとなります。

 

——待合の椅子に

座った裸足のお爺さんが

号泣している。

寒いのです! と、号泣している。

横にいる看護師さんが、

なだめている。

靴下を履かないからですよと、

靴下を差し出しながら

苦笑いしている。

でも彼は

それを手に取らずに、号泣し続けるのだ——

 

少しマシになったとて、

大して役に立つものになることなんぞ

ありゃしない。

いっそ食肉にでもして頂いたほうが

ここで治療を受ける僕達は

有効となるのでしょうが

診察費を払い、

薬を貰ったり、

リハビリテーションのようなものをして

事情を多少なりと改善させようと、

長い療治を続けます。

 

きっとかなり治っても、

その頃はもう、よぼよぼで

車椅子なしには庭先へも出られぬ

年寄りとなって、

或る正月、

ヘルパーさんが用意してくれた

雑煮の餅を、喉に詰まらせ

死んでしまうのだろうに、

一体、何を期待しているというのか?

 

——診察室より

出てきた女性が、

叫ぶ。

ですから、

私達は外科の患者のように

部品の欠損がある訳じゃない。

内科の患者のよう、ウィルスに侵され、

調子が悪くなっているのでもない。

エネルギーが足りぬのです。

或いは、不純物の混じった

粗悪な燃料で

動かされているので、支障をきたしているのです。

効率の高い燃料に

入れ替えてくれれば

よいだけと申しているではありませんか。

ハイオクです。 血管にハイオクのガソリンを注入し

それで身体を満たして下さい!

ハイオク満タンです!——

 

役立つ用途があったとしても、

迷惑や煩わしさ、

解り難さを差し引けば、

廃棄されたほうが世の為である僕達は

それでも、春になれば芽吹こうとし、

脆弱ながらも微かな太陽の

日差しへ向け、

そこが荒涼の貧しき狭き土地であろうと

なんとかかんとか育とうとする。

そんな場所で花を咲かせても

無駄なのだし

第一、種を付けるまでお前自身が、

これからの厳しい夏を

乗り切れる訳なかろうと

指摘されても、いいんです——

強情を張り、刈り取られてしまうまでは、

光へと伸びようとする。

出来得る限り、真っ直ぐに。

 

そのよう、合理性のなきことを

——私が本当に

どうしようもない

ものであるのは、

承知しているのだが——

続けるのは、やはり僕がキ●ガイであるからだ。

 

寒ければ靴下を履くし、

血液をハイオクに替えて欲しいと

いわぬけれども、

ここへ治療しに来なければならぬ

キ●ガイであるからだ。

 

ええ、貴方がそれを不安に思うのも

やる気が失せ過ぎて

起き上がれなくなってしまうのも

見当違いな悪意を

誰彼ともなく向けて怒ってしまうのも、

そうですよ、貴方がキ●ガイだからです。

 

この世界が

貴方を抱えるメリットまるでない。

平和の為には、

いっそ死んじまったほうがよいくらいですよ。

 

でもねぇ、

二百年程前、

この世界には

数学者なんて

職業は存在しなかったのです。

勿論、数学をやるものはおりました。

だけども、それで

お金を貰えるようなことはなく

どんな優れた法則や概念を発見しようと

お金持ちの道楽として、道化と同じよう

飼われ、食べさせて貰うよか

彼等は

身の立てようが、なかったのですよ。

 

ガウスなどは、狡猾だったのでしょうか、

突拍子もないことを明かせば災難に遭うと

四元数があることに

気付いていながら、発表を差し控えました。

一方、無邪気なハミルトンは、

外出の途中、

四元数の基本を思いつき、

嬉しさの余り、

渡っておった橋へ、公式をラクガキして、

以来、それを突き詰めることに熱中、

誰からも相手をされなくなり

アル中となって散らかり放題の部屋で、

膨大な冊数のノートを遺し、

孤独死してしまいました。

 

ですが、

今や四元数は、

医療や宇宙工学へも使用され

なくてはならぬものとなってます。

いつかは役に立ちますよ。

 

貴方のその不安も、

その厭世観も、見当違いな悪意だってね——

餅を喉に詰まらせて墓に入った後、

必ず、誰かの役に立ちますよ。

 

ですので、まだ生きておる訳です。

貴方にしか発見することが敵わぬものを

まだ貴方が発見しておらぬので、

生きておる訳です。

 

キ●ガイ病院の医師は、いう。

そうでなければ、数学的に

貴方というものが

存在することの因果の辻褄が合わぬのだと。

 

ここはキ●ガイ病院だから

僕は何時まで経っても

慣れることのない交渉事を

おべっかを使って、やらねども

診察が受けられる。

聴こえぬ筈のものを聴いたことを、

隠す必要はないし、

赤いリンゴを青い空だと、語ってもよい。

 

僕は、治らぬのかな?

でも、少しくらいはマシになるだろうと

担当の医師はいつも、笑うのです。

 

嶽本野ばら

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。