嶽本野ばらのブログ

僕と契約してアメンバーになってよ。


テーマ:
photoshopをインストールしようとしたら
古いバージョンなのでインストールできないと
メッセージが出て、大変にショックな真夜中である。

しかしPDFをJPEGにしてくれる無料ソフトが落ちていたので
とりあえず、助かった。

5月1日のライヴで物販をしようと思う。
「俺たちの時代」というイベントは
昔(多分、20年前くらい?)
アリスセイラーと企画したイベントだ。
フォーク魂! LOVE & PEACE がテーマであった。

そして今、僕の中でまた空前のフォーク・ブーム
が巻き起こっているので
アマリリス【改】外伝 White Albumとして
音楽劇を書き下ろしてしまった!!

客入れのBGMまで自主的に作ってしまった。
全部がフォークソングではなく
T-REXやDOORSなども
選曲に入れているのだけど
やばい。このBGMはやばいw

14曲、74分なのだけど
途中からどんどんとアシッドになっていき
聴いていると、トランスしてしまう。

あまりにいいプレイリストなので
物販のメインにする
今回の
アマリリス【改】外伝 White Album
戯曲テキストを買うとオマケとして
欲しい人はもらえるようにした。

売ると怒られるので、オマケです。

音楽劇 アマリリス改】外伝 White Album
第1回公演 戯曲 初回限定版 
typeA typeB 各500円



フォーク魂がテーマのイベントなので
物販もフリーマーケット魂
手作り魂をテーマにしました。

(ハンドメイドとか、いうな! 手作りなのだ!)

だから、単に物販じゃなく、お店を開くイメージ。
そしたらお店の名前を付けたくなって
イーハトーボに決めた。

更に、これまた自主的に
たいしてお客さんが来てくれるとも
思えないのにお店のビラをさっきまで
作っていた。





夜中にこんなものをせっせと作って
出来上がったビラを見て
自分で大笑いする。

真面目に小説だけ書いていろ!
と、ライヴをしたりこういうことを
するのを快く思っていない
読者の人達も大勢いるのはよく心得ています。

でも、こういうしょーもないことも
僕にとっては大切な創作活動です。
だから、しょーもなくて
お金にならなくて、認知されなくても
全力でやります。

自分で自分のことを
面白いなぁと思えないと嫌なのです。

文章だって、今は小説家の肩書きが
ついてしまっていますが
フリーペーパーをやりながら
ライター業をしていた頃と
特に意気込みは変わりません。

情報誌でお店紹介の記事を書いていた時も
小説を書いている時も
テンションは同じです。

一件につき2千円とかのお店紹介記事を
一回に10本とか20本とか
書いたからといって名が売れる訳でもなし
勿論、芸術になる訳もない
そのような文章にも
容赦なく自分の力の全てを注ぎこみます。

公平です。平等です。

何故なら、フォーク魂があるからです。

ボブ・デュランとかじゃないです。
ピート・シガーです。

明日は最終リハ。
帰ってきたら、
販売する戯曲のホチキス留めを
します。

自分で作ったイベント用の
BGMのCD-Rを聴きながら
せっせとホチキス留めを、します。




AD
いいね!した人  |  コメント(9)

テーマ:
この前、奈良でやったアマリリス【改】の冒頭で
朗読するために書いたテキスト。

闇が水銀の呪詛により鮮血に染まる
狂った月光のハイエナの餌食となる夜、
邪心の坩堝はアストラル体の藍鉄色の傀儡の煉獄に染まる。
血塗られた魑魅魍魎は、
クトゥルフの失われた第13部族となり、
彷徨い、
戦慄するエーテルの泡沫に、あまねく深き滅びを
咆哮するであろう。

かつての燃えたぎる法皇の着衣は
レヴェル5のサバトと化し、
時の番人は、翡翠の穢れを賢者の石の逆鱗で砕く。

神殿のカラス達よ!
罪深きルシフェルの嬰児達よ!
あやかしの大天使がジャックナイフで自害する前に、
栄光という悪戯者が、川面に悲しみを投げ入れる前に、
耳をそばだてておくれ。
もう、マザーグースは歌わないのだから!

拍子抜けだ! おっと、どっこい。
聖体の邪気眼が三位一体の葬列に加わる。
ちょっくらごめんよ。遊ばせてもらうぜ。
色あせた女郎蜘蛛の触手が、
ユリイカの竪琴をかき鳴らした時、 
ノッペラボウの大人になんてなりたくはない。

アマリリス——
80年代に覚醒した伝説の宇宙連邦第5機動ユニット。
自由と狂乱のインディペンデンツという
潜伏する地下シーンの中、
ネクロミコンの幻書をマルクトに持ち帰り
EP-4・カヲル・アルハザードより、神軍を託された
純潔の少女、アリスセイラーは、
腐り果てた蛆虫の卵の臭気の慟哭に、蘇る。
ぴいち姫として。アマリリス【改】として。

アマリリス【改】——!
神秘の薔薇が、糞まみれになって、
天国の扉を叩き始めたのだ。
飲んだくれのピエロは、化粧のまま、
追い掛けた夢を諦める。
鎖に繋がれた墓守の、屍を掘り起こす
エロヒムの呪法を唱えよ。

危ない! ぴいち姫!
畜生、こうなったら合体だ!

アーカーシャの夢遊病者の幻覚がお前を縛り上げるのだ。
首を洗って待っているがいい、ぴいち姫。

危ない! ぴいち姫!
ダメだ! 合体するには勇気が足りない……。

ハハハハハ。
それみたことか、アマリリス【改】の諸君。
私の勝ちだ。大人しくソドムの奈落に落ちて頂こう。



才能の無駄遣いという意見もあるが、
どんなことに対しても僕は
全力を尽くす。
或いは、どんなことに対しても
全力でふざける。

現在、僕はアマリリス【改】の研究生である。
正式メムバーではないが、
実力派の研究生なのだ。

5月1日(日)は京都・西院の
ウーララというところで
アマリリス【改】外伝 ~white album
公演をします。

二代目アリスセイラー・ぴいち姫と
研究生・嶽本野ばらによる
感動のフォーク劇!!!

曲を書き下ろしで6本も作った。
さらに台本も書いた。
つまり、作・演出ということだ。

すごく、つまらない内容だけど
かなりの傑作である。

全力でつまらないことをする!

再上演、未定。
一回こっきりかもしれない。
しかしそれが演劇というものだ。

自分で作った曲なのにギター、
うまく弾けない。
毎日、練習中。
パワーコードしか使わないけど
使えないのだけれど
(つまり6弦と5弦のみ使用)
ミュートせず他の弦もかき鳴らして
しまい、音が濁るのだけど
それがシタールみたいで
サイケデリックな音なので
個人的には気持ちいい。

それで歌わされるぴいち姫は少し可哀想だが
僕は、研究生なんだもの
アルペジオとか出来る訳がないのです。

外伝~white albumということは
アマリリス【改】のストーリーの
スピンオフ、二次創作
ということです。

いわば
「white album 2 幸せの向こう側」
みたいに腹の立つ恋愛アドベです。



猫、たくさん、います。
癒されます。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)

テーマ:
僕達はとても悲しいのだけれど
もう悲しんでばかりいる訳にはいかない。
眼に映るものは
憤りを憶えるものばかしだけれど
どうにか顔を上げよう。

集合Aの要素は全て集合Bの要素である場合
AはBの部分集合だ。
僕達、一人一人がAである時、
だから僕達はBという世界の部分集合となる。

まだ顔を上げる余裕すらない人達がいる。
僕や君も、その人達も、
Aという部分集合であるのなら
顔を上げられぬ人達のかわりに
僕や君が顔を上げるのだ。
そうすればBという世界に変化が起きる。

二つの集合の一つが他方の部分集合である場合、
二つの集合の間には「包含関係」があるのだから。

僕達はとても孤独だけれども
その孤独は
自分が集合Bの外にいる孤独ではない。
僕達を苦しめる孤独は
自分が部分集合である筈なのに
含まれる(included)ものとして
自身を認識出来ない孤独だ。

意地悪をされ、
そう思わずにはいられないのだけれども
僕達は世界の部分集合だ。

大きな部分集合から
どんなに意地悪をされたって
小さな部分集合である僕達もまた、
Bの部分集合であり
包含関係である事実は変えられない。
僕達を外に追い出すことは出来ない。

僕達が顔を上げれば、
まだ顔を上げられない人も
顔を上げたことになる。
そんなに単純でないと失笑されるかもしれないが
18世紀、
オイラーが集合の相互関係を解りやすく
図にしてくれた。
僕達は学校で教わった筈だ。

僕達はとても悲しいのだけれど
その悲しみは僕達のものでなくこの世界のものだ。
眼に映るものは
憤りを憶えるものばかしだけれど
諦めていないからこそ僕達は腹をたてる。

集合Aの要素が全て集合Bの要素である場合
AはBの部分集合だということは
Bという世界は、
僕達、Aに拠って変えられるのではないか?
変わるのは世界ではない。
僕達自身に起こる微かな変化や虚しい希望が、
瞬間瞬間、
手掛かりの掴めないこの世界を変更していく。
AD
いいね!した人  |  コメント(10)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。