嶽本野ばらのブログ

僕と契約してアメンバーになってよ。


テーマ:
昨日、関西から友人がきていて
中野ブロードウェイにいきたいというので
気が進まないけど、行った。

ら、久々のブロードウェイ

欲しいものがクソ、ほどあり
鼻血ぶーーーーー!!

で、あった。

やびゃい。

ジュニーちゃんやリカちゃんの
ヴィンテージ

うう、もうこういうものとは
おさらばだと思っていたのだが
久々にみると、可愛い。欲しい。

持ってはいるけど
もう引っ越しでクローゼットに押し込んだが
乙女心、再爆発である。

やっぱ、好きなものは何年たとうが
変わらない。

洋ゲーのお店が、あった。
ゲームはしないが、友人がみたいというので入ると
洋ゲーのTシャツがわんさか売っていて
カッコ良くてクラクラした。

超クール、と二人ではしゃぐ。

日本人が、洋ゲーのTシャツみて
超クールって、一体、オレ等、何人なんだよ!!

タコシェに挨拶をして

ブロードウェイのくせして新刊を売ってる書店に入る。

「メガミマガジン」がラブライブ特集。

迷わず、買う。資料だから
こういうものは買っておかないとならない。
別にヲタな訳では、ない。



ま●だらけに入る。
友達は訳の解らん漫画を一杯、買う。
安くはない。適正価格。
まぁ、この店は漫画を古書同様
付加価値をつけて扱いだした
パイオニアだから、そうそういいものを安く
放出しない。
仕方ないだろう。

宮木あや子のラノベ的百合小説を発見。
最近はこんなの書いてたんか。
「あまいゆびさき」
こいつはノバラーだから
考えることは同じだな
と、買う。
読んであげよう。



ま●だらけ 海馬へ。

ここはオカルト系や諸々がごっちゃまぜ。

欲しいものは一杯あるが
まぁ、殆ど必要なものは持ってる。

しかし、どえらい値段をつけてやがる。

が、百円均一の棚で
安部公房「未必の故意」「方舟さくら丸」
の初版を発見。

馬鹿者が・・・
いま、時代は安部公房で
こんなものを二束三文で売るとはな。
古本屋流れの品であるは明白だが
百円はないだろう。
こっち方面は、まだまだだな、ま●だらけ。

詰めが甘いぜと

柏崎千枝子の
「ゲバルト・ローザ闘争の手記 太陽と嵐と自由を」
(これはそれなりの値段)

と共に購入。





めっちゃ、有意義な買い物をして
リュックがパンパンになってしまった。

夕刻からベイビーの女子会参加
であったので友人と別れ代官山へ。

しかし、ジュニーちゃんから二次元
オカルト、純文学まで
ちゃんと話が共有出来る旧知の友
というのはありがたいものだ。
大体、一人でしかこんなとこ、こないものな
守備範囲が異常すぎて・・・

と、思った野ばらであった。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)

テーマ:
ななのば ライブ


『君の知らないヤバい音』
2014年9月21日(日)
@東高円寺UFOCLUB
前売り/2300円 当日/2500円(共にドリンク別)
OPEN 18時30分 START 19時


出演/ななのば(北出菜奈+嶽本野ばら)/伊東篤宏(OPTRON)/山本精一

大ノイズ大会です。
BOADOMSの中心メンバーとして活動し、想い出波止場、
MOST、ROVOなど数多くのバンド
に参加し、世界的にも評価の高い奇才のギタリスト、
山本精一がそのコアであるノイズを演奏。

そして、現代美術の世界で、サウンド・パフォーマンスを展開
蛍光灯の放電ノイズを出力する自作音具「OPTRON」で
美術家として音楽表現にアプローチする伊東篤宏のサウンドパフォーマンス。

この公演をもちましてななのばは、しばらく日本での演奏はしません。
来場者には「初音ミクの結婚」収録の「量子詩837番」
(松井茂・詩/初音ミク朗読)
のYOUTUBEにアップされた動画DVD-Rをもれなくプレゼント
https://www.youtube.com/watch?v=9OKy8Ss4ewg

前売りはUFOCLUBにて発売中。電話予約可(03-5306-0240)

ぜひ、お越し下さい。
すごいメンツが揃ったハイブロウなノイズ・イベントです!!

ノイズのみならず、
ポストパンク、現代音楽、オルタナティブ、現代美術
に興味のある方は来て絶対に損はしません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
表参道ヒルズで開催中(8月8日~17日)の
丸山敬太20周年祭「丸山景観」全集大成展
にいってきた。

いつ行こうかと思ってたのだが
起きて、Twitterを開くと
誰かが今日、いって敬太さんがいたら話し掛けていい
ですか?とのツイートに敬太さんが
いいですよと返していたので
ああ、敬太さんがいるならいかねばと
支度もテキトーに会場に向かった。

チケットを買おうとしたら
スタッフの人が
丸山からきいてますと、招待券をくれたので
只で、入れた。

敬太さん、いい人w




僕と敬太さんとの付き合いはかなり長い。
一番最初は僕がデビュー前
まだライターだった頃
「Olive」で中原淳一の特集を任され
編集者から、誰か中原淳一が好きな著名人から
コメントをもらいたいので知らないか?
問われ、それじゃ、丸山敬太さんにオファー
してみればといい、コメントをとってきて
もらったのがきっかけだった。

その時、別に僕は敬太さんが淳一が好きか
嫌いかを知っていた訳ではない。
只、彼のお洋服はずっと大好きで
多分、好きな筈、と勝手に決め込んで
オファーしてみればと
いったに過ぎない。

編集者は根拠もないのに大丈夫ですかと
あやしんだが、僕は
大丈夫、敬太さんには自分と同じ匂いを
感じるからと返した。

結果、敬太さんもやはり
僕同様、というか僕以上に
淳一に影響を受けていて
無事、コメントは貰えた。

確かその翌年だったと思う
僕は東京に居を移し、作家デビューした。
そしてやはり中原淳一絡みの取材だったと
思うのだが、雑誌で対談をすることになった。

それで初めて敬太さんと実際に逢い
意気投合し、以来、仲良くしていただいている。

パリに僕は取材兼、パリコレ見物
敬太さんは自身のコレクションで行き
終わった後、パリのご飯屋さんでおちあい
二人で宴を過ごしたことは
もう、懐かしい記憶だ。

(何故、パリに行ったかというと「シシリエンヌ」を書く為
実際に向こうに存在するマニアックな
高級下着店を探したかったからである。
なので、潰れていなければ「シシリエンヌ」に出てくる下着屋は存在する)

敬太さんは僕が日本人デザイナーとしてリスペクトする
数少ない中の一人だ。
僕が借金問題などで大変になり
しばらく連絡を疎かにしてしまっていたのだが
久々に逢った敬太さんはやっぱり昔のままの
敬太さんで、僕も連絡したかったんだけど
ばたばたしててね、でもTwitterでは
野ばらさんの行動を把握してたからと
いってくださり、会場でハグしあい、再会を喜びあった。

デビュー以来、20年間のコレクションの集大成
その一着、一着をじっくりと観ていくうちに
涙がこぼれそうになった。

気が遠くなりそうな程、丁寧に細かく縫われた刺繍
考え抜かれたダーツの取り方やフォルム
積み重ねた膨大な被服に関する知識があるからこそ
選ばれた布
そして高度な技術・・・・

観る人が観れば、どれだけの手間隙が
一着のお洋服に注ぎ込まれているかが
すぐに解る筈だ。
これだけの創作を毎シーズン
20年間、継続してきた敬太さんの情熱
に頭が下がる思いがした。

きっと、只、女性を美しくみせたい
その一心が彼をここまで突き動かしてきたのだろうし
これからもそうなのだろう。

ファッションと文学
その分野は違えど、作品を作るのに必要なものは
同じだとも思った。
(先輩なのに生意気なこといって申し訳ないが・・)





膨大な手間隙を惜しまず
考えに考え抜き
常に知識を蓄え、それを惜しげもなく放出し
技術を磨き、一つの作品を完成させる。
只、ひたすらに着てくれる(僕の場合は読んでくれる)
人のことを想い、作るストイックな作業。

無論、才能も大事だ。
でも才能だけではどうにもならない。
知識を貯め、考えて、技術を高めなければ
優れた創作物など出来やしない。

そして忘れてはならぬのが情熱だ。
自分が頭に描く理想にいかに作品を近付ける
ことが出来るか
その為に考えることも、知識も技術も
必要なだけで、もしそれらなしに
作品が作れるならそれにこしたことはないのだが
作れないから、それらを積み重ねる。

可愛らしさと淡いはかなさと、
ノスタルジーと未来を見通す眼
ロマンチシズムと諧謔
もっとも日本的でありながらもインターナショナル
相反するものが矛盾なく一つの衣服として
具現化される、
それがKEITA MARUYAMAのお洋服だ。

全ては美の為に・・・

敬太さんのお洋服にシンパシーを抱いて
しまうのは、この一言に集約されるだろう。

会場のパネルにこんな敬太さんの言葉が、
あった。

僕は物語を書くようにコレクションを創ります。
その季節の物語が優しいのか甘いのか
それとも儚くて壊れそうなのか…
そしてその物語の主人公を選び、
パターンを創り刺繍やプリントを描き、
丸山敬太にしか出来ない服を創ってきました。

会場を出ると、スーベニールの販売が、
あった。
デビューコレクション、Tシャツ7000円
ノート、1000円
ファイルやポストカードなどもあったが
Tシャツとノートを買った。





そして行きは地下鉄だったが
感動が醒めやらず
マンションまで歩いて帰った。
少し距離がないでもないが
歩ける距離だし、歩きたかったのだ。

どうも僕はクリエイティヴなものに感銘を受けると
歩きたくなる癖が、ある。
嬉しくなってしまうのだ。
そして自分も負けてはいられない
もっと頑張らねば、否、頑張りたい
と、思い、歩いてしまう。

日頃、金がないとぼやいてばかりいる癖に
なんで、7000円もするTシャツを買うのだ
と呆れる人もいるだろう。
ノートだけにしておけよと
思う人もいるだろう。

が、僕にとってお洋服とは
自分の創作のインスパイアの源であり
それを購入し、着ることは
創作する熱情を与えてくれたお洋服への
リスペクトなのだ。

はっきりいって僕はお洋服オタクだし
お洋服からのインスパイアと
お洋服へのリスペクトがなければ
自分の創作はあり得ないと思っている。

だから一週間をカップラーメンで
過ごさなければならぬとしても
創作の為に多少、高価でもお洋服は買う。
無駄遣いしたとは全く思わない。

バカな奴だと笑うなら笑ってくれていい。

今はほぼブランド品に興味なく
古着やadidasやアニメTシャツ、ジャージ
ばかりの僕であるが
ブランド品か否かが問題なのではなく
僕にはお洋服が必要なのだ。
それが、ブランド品の場合もあれば
百円でフリーマーケットで売られている
ノーブランドのものであることもある。
それだけのことである。

KEITA MARUYAMAのお洋服は
「エミリー」に収録されている
「コルセット」の中に登場する。

ここ何年間か、自分の創作が少し迷走状態
な感を否めなかったのは
オートクチュールもプレタポルテも
ロリータを含むストリートファッション
までもが迷走、停滞状態で
自分でも心の拠りどころを何処に
持っていけばいいのか模索していたからだ。

が、今日、敬太さんとも話したのだが
ようやくファッション界も長い暗い
トンネルから抜け出しつつある感じがある。

あっちはあっち、こっちはこっち
たとえ少ないお客さんが相手でも
もう好き勝手やっていこうぜと
居直ってしまったような部分があるね
と、敬太さんは笑っていた。

オタク文化に押されている感じはあるけど
こっちだってファッションオタクだし
そういう人に向けていけばいいんだから・・

ユニクロもあれば、オートクチュールもある。
どっちが偉くて、どっちがカッコいいかじゃない。
どちらかがどちらかに迎合する必要もない。
解り合えなくても、平等だ。

僕らは僕らのやりかたでいくだけだ。
それしか出来ないのだからしょうがない。

近頃、調子のいい僕は
今日の「丸山景観」全集大成展で
更にパワーをもらった。

向かうとこ、敵なしな気がする。

敬太さん、ありがとう!
そして、これからもよろしくお願いします♡








AD
いいね!した人  |  コメント(9)

[PR]気になるキーワード