嶽本野ばらのブログ

僕と契約してアメンバーになってよ。


テーマ:

もう、辞めてしまおうと

週に一度くらいは、思う。

書くことを止す気などないけれど

作家に固執する意味もなく、

インターネットで気軽に発表出来る時代だ

趣味で小説を書く人であれば良いのだし

それよか本格的に

どんぐりでネックレスなどを作り

道端で売っていたほうが

健全に、日々が送れそうに、思う。

 

才能があるから

貴方はきっと大丈夫です

いわれる毎に

励まされていると了解しつつも

欠損を指摘された

心持ちになり滅入る。

才能なぞ、少しあれば事足るのだ。

過度の才能は、

生きるのに邪魔でしかない。

 

『TRIPPER』という雑誌が届いた。

昨年に刊行した『落花生』に就いて

——否、僕という作家に就いて

高頭さんが、

文章を寄せてくれていた。

 

 

高頭さんは書店員で

昔、青山ブックセンターにいた。

 

その後、出版不況などの影響もあり

地味な郊外の本屋さんに移ったりしつつ

今は丸善におられるらしい。

 

『それいぬ』からの熱心なシンパで

『ミシン』が出てからは店頭の書棚を

新刊のリリースの度、

一面展開してくれるなど

公私混同の

無茶苦茶な応援をしてくれた。

彼女のおかげで

青山ブックセンターでのサイン会は

待ち時間があっても参加者に

負担が掛からぬよう

一日中、貸し切れる

特設会場を用意して貰うなどの

配慮も頂いたり、もした。

 

高頭さんは

野ばら様と呼ぶ。

洗脳しているようで

どうにも人聞きの悪い呼び方だけど

そう呼びたいというのだから

禁止する筋合いもなく、今に至る。

 

野ばら様は、私がかつて勤めていた書店にとって特別な作家だった。その店は乙女のカリスマ・嶽本野ばらの「聖地」と呼ばれていた。少なくとも、店を作っている私たちはそういうつもりだった。丸一日かかる効率の悪いサイン会を本が出るたびに開催し、

繊細な心をロリータファッションに包んで全国各地からやってくるファンたちが、安心して参加できるよう細心の注意を払った。

(『弱さと傲慢さが曝け出された、美意識の高い文章』

高頭左和子)

 

人は誰もが、自分が誰かにとって

特別な存在であることを望む。

が、特別であり続けることは

結構、困難な作業だ。

だからつい、

最初、困難なのは仕方ないが、

そのうち特別なまま

楽が出来ればいいのになぁと、願う。

サプライズを懸命に

やりあっていた恋人同士はやがて、

そういうのを続けるのは疲れるし

自然体でいるほうがより

高度な関係性でしょうと

レストランの予約を止め、

デートの食事を吉野家で済ますようになり

家にいる時は、

ジャージ姿で平気になる。

 

それでいいのだろうと、思う。

でも、僕の考える特別は、

そのようになってしまうと

なくなってしまう特別だ。

 

「聖地」であった書店は、もう跡形もなく、乙女の矜持を失った私は、容易くいろいろなことを諦める中年になった。それでも、新刊は発売されるたびに購入し、一度目の逮捕の後も時々サイン会に足を運んでいる。以前「聖地」に来ていた読者は徐々に姿を消し、かわりに自分の半分以下の年頃の少女たちがあの頃と同じように切実な表情で順番を待っている。

(『弱さと傲慢さが曝け出された、美意識の高い文章』

高頭左和子)

 

貴方がいなくなったとて

案外と大丈夫なものですよ。

そりゃ、暫くは、

落ち込んだり、混乱するかもしれませんが

そのうちに慣れてしまいます。

特にあの年代の人達はね

熱狂するとボルテージを上げるが

時期が来ればあっさり

興味を失って

次の興味へと移ります。

 

薄情なものです。

 

それよか、

男性や

歳を重ねたお客さんを

大事にすべきです。

そのような人等は、義理堅い。

多少、劣化しようとも

含んだ上でずっと付き合ってくれますからね。

 

——その通りなのだ。

 

ついこの前まで、

貴方の書くものだけが私の救いですと

震えながら泣いていた少女が、

あー、昔はよく読んだけどと、

記憶の彼方と

僕を追いやり

大掃除の際、

箪笥の奥に閉まってあった

ロリ服が見付かると、

よくこんなもの着て

外に出ていたものよ……

感嘆しながら、あっさりと

燃えるゴミとして出してしまうことなぞ

特に諭されなくとも

長年のキャリアから

充分、知っている。

 

それでも僕は

こちらを

向いてくれているのが今だけの

人達へ対してしか、

言葉を投げ掛けられないのだ。

 

今年のお洋服は

どんなにお気に入りでも

来年は着ないように、

僕にとって小説は、

今、必要とする人にしか

価値を与えない。

更にいえば、小説なんてものは、

マッチョな男性や

成熟した大人には無用なものと

思っています。

 

マッチョな男性は

小説なぞという

病弱なものを必要とせず

畑仕事や

柔道をやっていれば良い。

成熟した大人には

俳句をひねったり、将棋をしたり、

茶の湯を極めるような

娯楽が、いくらでも用意されている。

 

小説は、女子供の為にあるのだ。

 

商売の文筆をしていると

若い人は本を読まないし

読もうとしても

本にお金を使わないから、

40代、50代、

それ以上の層に

喜ばれるものを書いて欲しいと、

出版社からよく注文される。

 

でも、僕は嫌なのだ。

もう、お前自身が、

初老だと、指摘されずとも

弁えているけれども

相変わらず、僕にとっての小説は

そういう人達の為のものではない。

 

老いたからこそ

書けるものはあるけれども

だからといって

それは老いた人へ

向けられるものでなくとも

いいではないか。

 

僕が澁澤龍彦を知る頃、

もう彼は50歳を過ぎ

その嗜好は西洋から日本へと

進路を変えられていたけれども

それでも僕にとって

澁澤はスターだった。

年寄りの為の

文学者ではなかった。

 

最近、大江健三郎をよく読むが

還暦に手が届くあたりで

完成させた筈の

『燃えあがる緑の木』の持つ熱量は

青春の荒々しきエネルギーでしかなく

将棋を指す

ついでに読めるような代物ではない。

 

ファンレターだから

これはそのまま

書き写さずにおくけれども

少し前、

このような内容のものを貰った。

 

連載を始めたというので

『実話BUNKA超タブー』を買ってみました。

穢らしい雑誌なので

とても嫌でしたけど

連載が読みたいので買いました。

野ばらさんは

誰に向けてこの連載をしていますか?

もしこの雑誌がターゲットとする

オジサン達の為に

この先、書かれたものだと思うことがあれば

読みたくとも

もう、嫌な思いをしてまで

こんなものを買うことはしないです。

 

媒体に合わせて書く内容や調子は変える。

そしてこのような雑誌は、

執筆する僕も穢らしいと思うので

我慢して買う必要はなく、

どちらかというと

短いエッセイしか書いてないので、

買わない方が賢明と、教えたい。

ながら、質問に応えると、

この雑誌のターゲット層に

おもねるものなぞ僕は書かない。

僕が書くものは

たとえ読まれることがなかろうと、全て、

今は泣いてくれるが、

明日になれば

僕のことなぞけろりと忘れてしまう

薄情な

読者に宛てられている。

 

今、貴方が

僕を神様だと思うなら

僕は神様でいようと思う。

 

後で、騙されていたー! とバレようが

神様の振りを続ける。

 

背中には

ハネが生えているので

空くらいは飛べる。

 

だから騙されていたー! と後で気付く人が

あれは偽の神様ですよと

僕を指さしても

僕が空を飛行しているという事実

——神様であろうがなかろうが——は、

疑う余地が、ない。

 

神様でないが

空を飛んでいるので、鳥なんか?

天使? ドローン? 

何なんだあいつは……? 

 

虫取り網で引っ捕まえ、

その正体を地に下ろし

観察する時、

捕獲者は観るだろう。

 

確かにハネが生えているので

天使というものの一種だろうが

それは無垢なる幼児ではない

髪に白いものも混じり始めた

オッサンの姿であるものを。

 

背中の生えたハネの付け根には、

老いても尚、

羽ばたかねばならぬので、

サロンパスが貼って、ある。

 

確定申告での職種や、

著者プロフェール欄は

役職を、神様だとか

天使だとか記すと

イタい人だと思われるので

作家にしておく。

 

最近、人気も滅法なくなり

様子がしれないけれども

どうなさっているかなぁと

捜してみた時、

かつて神様だと思っていた人が、

どんぐり売りになってるなら

まだしも、

アムウェイの幹部として

洗剤を売りさばいているのも

申し訳ないので、

サロンパスを貼りつつ

空を飛び続ける。

 

そのうちまた

何処か、痩せた

荒涼の小さな土地でいいから

聖地を作る為、

天空から偵察をしている。

 

特別中の特別である為に

この方の前でなら

泣き伏してしまうのは

仕方ないではないかと

諦めるしかない

圧倒的な

例外であり続ける為に、

唯一無比の作品を書く。

 

もう少しだけ、飛んでいよう。

戻ってきたいけれども

戻れない人

もう戻らないと

決めている人にも

空にいれば

遠くからだったとしても、

観て貰える。

 

空を飛行出来ぬ鶏は

鳥の畸形だが

人間でありながら

ハネを有し、空を飛ぶものもまた畸形だ。

 

才能が欠損であるとは、そういうことだ。

 

それでも、空を飛べて

スゴいですねと羨む人には

ええ、スゴいのです——

微笑もう。

 

私もそのようになりたいのです

憧れる人には

いつかなれますと、

その手を握ろう。

 

空へ夢想を

向ける人には、

地にいたくない

事情があるのだろうから。

 

手を握った時、

不思議な刺激臭がと

サロンパスの匂いに気付かれたなら

麝香です

天空を満たす香です

——嘘を、いえばいい。

 

嘘を吐くのが

僕の、

仕事なのですから。

 

 

嶽本野ばら

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(3)

テーマ:

 

クリスマスっぽいことを書こうと思いましたが

特に思い浮かびません。

 

京都で過ごす二回目のクリスマスイブは

去年同様、家で家族と一緒です。

母が通販で棚を買いました。

組み立て式と知らずに頼んでしまいました。

 

 

妹と一緒に昨日から組み立てていたのですが

このようなものの組み立ては

思いの外、大変なので

仕事帰りにそれをしなければならない妹は

途中でブチ切れました。

ですから作業は二日間に亘り、

イブの今日、またその家具を組み立てています。

 

最近、

いろんなところから

もう、

どうしていいのか解らない

苛立ちと

絶望の溜息が聴こえます。

 

一体、何の為に私は生きてるんだろう?

こんなに辛いのに……。

 

それはとても子供じみた質問過ぎるので

そして、してみたところで

大人びた冷笑と共に

意味なんてないさ——

返されるに決まっているので

出来ずに、只、憂鬱になり、

とりあえずの憂さ晴らしとして

誰かの悪口をググります。

 

しかし僕は、大人びた者ではなく

もはや大人なので

そんなシニカルな答えなぞ

求められているのではないと心得ているので、

その問いのきちんとした回答を

してみよう。

 

貴方が生きているのは、

辛いのに

生きていなければならないのは、

貴方の為です。

 

何の為に私は生きているのか?

の答えは

私は、私の為に生きている——です。

 

私は私が幸せになる為に

昨日も、今日も、

明日も生きます。

誰かを傷付けてしまうのも

お金が欲しいと思うのも、

怠けてしまうのも、勤勉に働いてしまうのも

全部、

私が私を幸せにしてあげたくて、行われる作業です。

 

僕達はそれしか、しません。

生き物の全て、植物も海も空も

何もかもが

自分の都合がよくなることの為だけに

存在を継続させます。

 

ライオンは捕獲して食べる獣を

可哀想だなんて思いません。

ライオンは自分のお腹が空いているのを

満たすことのみを考え

逃げる動物を草原で捕え、食べます。

逃げていた動物だって、

昆虫を食べたり、草を食べたりします。

昆虫にも家族がいること、

種を遺して種を繁殖させなければ

草とて枯れたくはないことを、

考慮することなく。

 

風や引力に影響を受け、海面には波が立ち、

雲の氷晶は、零度以上の大気を通過する時、

雨になり

零度以下の大気だと

雪として地上へと落下します。

 

嗚呼、このように

荒れてしまうと私の中で暮らす魚達が

困ってしまうだろうと海が、

波を立てるのを留まり、

踏ん張ってくれることはなく

嗚呼、こんなに

毎日、雨を降らせていたのでは

地上の地盤が緩み、山も森も

流れてしまうので

それはよくないなぁと空が、

雲を制御しようと試みる気遣いなぞ

みせてくれることはありません。

 

海が

海に棲むものの

都合なぞ些かも考えず

同じ大気圏内のものなのに

空は地上の様子に

配慮を行わない。

 

海は

海のこと、

空は空のこと、

しか考えません。

お互いのこと

——都合——になぞ

まるで無頓着です。

 

私は私の為にしか

生きられません。

 

何の為に生きているのだろう? 

という問いが

生まれるのは、

私の為に生きている筈なのに、

全然、私の利益になってないじゃん!

というのに

勘付いてしまう瞬間です。

 

私は私の幸福の為のみを

追求していればいい筈なのに、

よく解らないうちに

誰かの利益の為に働かされ、

自分の正当な

取り分がとても少なくなっている!

と、判明した場合です。

 

生きることの辛さ——。

 

辛いこと自体を

僕達は嫌がるのではありません。

自分の利益の為なら

辛いのも我慢出来る。

辛くとも

自分の利益になるのなら

率先して辛さを引き受ける。

 

ですが、

自分の益にはてんでなっておらず

見も知らぬ人が

幸福を享受する為に自分の行為の

殆どが使用されているらしいのを知る時、

僕らは辛さを、

理不尽な苦痛として

認識します。

 

 

誰かの為にやろうと思う時は、

相手が幸せになることが

自分にとっての幸せとして

感じられる時です。

 

あらゆることが、結局は

自分の為——です。

 

母親が

自分がお腹が空いていようと

食べ物を我が子に与えるのは、

慈愛からでなく

自分が空腹であるより、

子供が空腹で辛がることの方が

嫌だからです。

 

僕は二度も

逮捕をされている訳ですが、

でも、自分の利益と幸福の為に

生きる前提は

崩したくはありませんし、崩しません。

また沢山の人や、

家族をがっかりさせることになったとしても

幻覚剤の作用を得るのを

優先させるべきだ

と思ったなら、そうします。

 

貴方の為を思って——。

 

という時は、

大抵、

自分の利益を得る為

だと悟られるとまずいので

貴方の利益になることですよと、

相手に

詐欺を働いています。

 

自分にとっての利益

——幸福——が

どのようなものか?

何の為に

生きているのかが

不明になったなら

それを確認すればいいだけです。

 

結構、

恥ずかしい欲望の為に

僕達は生きていたりします。

 

モテたいとか

見返したいとか……。

 

でもその欲望があることすら知らず

或いは眼を背け、ない振りをし、

崇高な目標の為に

私は生きているのだと

勘違いしたままに生き抜き、

死んでしまうのは、

それ以上に恥ずかしく、

意味なき人生のような気がします。

 

神様に祈るのは

私の為。

奉仕したり、

誰かを思い遣るのも、

私の為。

私を未だ

この世界に存在

させ続けているのは、

私の為。

 

私が、幸せになることで、

貴方も少しくらいは幸せになれるのだから、

貴方は

私に協力するべきなのに

何故、しないのだ?

 

と、激怒している方が

貴方の為に

やっているのに何故報われない

と、嘆くより

健全な心で

いることが出来るでしょう。

 

ですので、

 

今日の日に、

貴方は先ず、

貴方の幸福を願って下さい。

 

それでいいのだと思います。

 

何が自分にとっての幸せか

解らなければ、

いろんなことが全部、

上手くいくように……。

 

祈っておけばよいのです。

 

それぞれの幸福は

それぞれにまるで

異なるものなので

全員が

自分の幸福を

優先させたとて、

奪い合いに

なることはありません。

 

奪い合いの状態が起こるのは、

自分の幸福の正体を確かめず

どうもあれが

幸福というものらしいからと

人が定めた

幸福を得ようとするからです。

 

彼と彼女の幸せが

同じものであるのなら

同一のものは

数に限りがあるので

二人は

奪い合いをしなければならなくなります。

 

~さんよりも非道い

~に比べればマシだ

と、

何かと自分自身を

比べないで下さい。

比べるのなら、

昨日の私や、一年前の私と

今の私にして下さい。

 

5gの金と

10gの金では

10gの金の方が

価値あるのですが

5gの金と

100gのミンチ肉を

天秤で測っても

重さ以外、

何も比べられやしません。

 

メリークリスマス。

 

貴方を想う

僕の幸せを祈り、

貴方が幸せになると、

僕も幸せになるのなら

貴方も幸せであればいいと

願いながら

 

今年の

メリークリスマス。

 

ラブラブクリスマスツリーキラキラクリスマスツリー流れ星クリスマスツリーラブラブクリスマスツリーキラキラクリスマスツリー流れ星クリスマスツリーラブラブクリスマスツリーキラキラクリスマスツリー流れ星

 

Novala Takemoto 2016.12.24

 

ラブラブクリスマスツリーキラキラクリスマスツリー流れ星クリスマスツリーラブラブクリスマスツリーキラキラクリスマスツリー流れ星クリスマスツリーラブラブクリスマスツリーキラキラクリスマスツリー流れ星

 

 

  

 

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(5)

テーマ:

11月の或る日、

帰路に就く際、近くの小学校のグラウンドの横の道に

どんぐりが落ちていた。

拾いあげようとしゃがみ込むと、

沢山落ちていたので、数個、ポケットに仕舞い込んだ。

 

家に帰ってどんぐりを眺めていると、

なんだかとてもどんぐりのことが

途方もなく愛おしくなってしまった。

この人達(どんぐりだから、人ではないが……)を

もっとなんとかしてあげたい。

そうだ、この人達は

ブレスレットになればいいのだと閃いた。

 

 

伸びるテグスでビーズのブレスレットを編む。

そのビーズの幾つかをどんぐりにして

どんぐりブレスレットを作ろう。

来月に縷縷夢兎の

佳苗ちゃんのトークショーに呼ばれているから

そこで売ろう。

 

しこたまビーズを買い込んできて

またどんぐりを採りに行く。

出来るだけ綺麗などんぐりが欲しいから、

選りながら300どんぐり、拾った。

 

腐ると困るので、ググる。

茹でてから水を切り、冷蔵庫で一週間寝かせると

虫が湧いたりしないらしい。

その通りに、した。

 

穴を開ける為に目打ちを使ったら、

どんぐりが割れてしまう。

キリで再チャレンジすると、上手く穴が空いた。

 

切れないように、テグスは二重に通す。

一個のブレスレットが完成するまでとても

時間が掛かったけれどそのうち、作業に慣れていった。

 

どんぐりブレスレットは400円、指輪は300百円。

只のどんぐりは、一つ100円で売ることにする。

拾っただけのどんぐりが100円とはアコギ過ぎるので

1どんぐりは100円だけど、2どんぐりとも交換出来る設定にする。

Twitterで製作中のどんぐりブレスレットのことを宣伝する。

どんぐりブレスレットは小人さん達が作っていると、

物語を捏造する。

どんどんと設定のディテールが細くなっていく。

最終的に、小人さん達は悪い工場長さんに打たれながら、泣きながら

ブレスレットを作っていることになる。とても可哀想だ。

 

 

12月4日、ロフト9@渋谷——。

トークショーの後にどんぐりブレスレットを売る。

 

どんぐりブレスレットは

7000どんぐりと交換も出来るのだけど

7000どんぐりを持っている人はいないので

皆、400円で買ってくれた。

でも、2どんぐりと交換出来る只のどんぐりを求める為に

4どんぐりを持ってきた人が、いた。

当然、約束通り

その人と僕は、2どんぐりと4どんぐりを交換した。

 

また、1どんぐりを下さいといって

渡された2どんぐりが

布で作った、偽物のどんぐりの場合もあった。

自分で手芸してきたイミテーションどんぐり。

このパターンは予測していなかったけれど

これはどんぐりではない!と、退けることも出来ず

1どんぐりと交換をした。

 

 

 

物販を終え、荷物をまとめ、ホテルに帰って

渡されたプレゼントを整理しようと、一番大きくて

やたらと思い紙の箱を開くと

そこにはどんぐりが一杯、詰まっていた。

この人はこんなに沢山のどんぐりを所持しながら

それを販売されているどんぐりと交換することも申し出ず、

他の物販と交換することもせず

——指輪すら750どんぐりであるが

生写真なら一枚8どんぐりと交換可能であるにも拘らず——

箱の中身を知らせず、

僕にこんなに大量のどんぐりを

只でくれたのだ。

 

慈善の寄付を頂いたような、崇高な行為を施された気がして

心の中でアメン——と、唱えた。

 

貰ったこのどんぐりは

私利私欲の為でなく

世界平和の為に使おう。

貧しきもの、か弱きものの為に、

役立てよう。

 

僕は文章を生業としている。

また、このようなイベントに出演したりすることで

ギャランティを貰って生活をしている。

前日もライヴをしていて、そのチャージバックを些か、頂いた。

 

合わせたとて、新幹線での往復の交通費が

出るか出ないか微妙な金額なので儲かりはしないのだけど

お金を得ていることは確かだ。

でも、どこかで自分の作品やら行為を

お金に換算することのつまらなさも感じている。

 

 

小説を書く人、発表する人は大勢いる。

小説家と名乗れるのはそれで生活が出来ている人のことだ。

それでも、売り上げのない人の作品が駄目な作品で

売れる作品が優秀なものであるとは限らない——のは、

綺麗事であるので

僕のような立場の人間が口にしてはならないことだけれど、

それでも、商業として成立するもののみがプロだと

割り切るのは、嫌だ。

 

どんぐりブレスレットを買ってくれた人の誰もが

それを400円も出して買う価値のないことを知っている。

1どんぐりが2どんぐりと交換では、

等式が成り立っていないのを知っている。

でも、買うのは、面白いからだろうし、

楽しいから、この交換のルールに従う。

 

家の中に余っているどんぐりなんて、普通は、ない。

たまたま、どんぐりを持ち合わせていることもない。

1どんぐりを2どんぐりと交換しようと思う人は、

この日の為に何処かにどんぐりを採りに行ったのだろう。

どんぐりブレスレットは、付けていて、可愛い!と

人から誉められるかもしれないが、

400円で買ったといったら、バカにされるだろう。

 

しかし、だからこそ、このブレスレットや只の1どんぐりは

特別であり無敵なんだ。

 

僕が作った、或いは僕から買ったものであるけれども、

価値を見出し、その代価——お金であったり、どんぐりであったり——

を、払うことをその人がしなければ、存在を顕さない。

手に入れるという積極的な行為を誰かが

することによって、完成する。

 

どんぐりグッズに限ったものではない。

小説やら文章は、僕に拠って書かれただけでは

何の価値も有さない。

読んだ人の中に吸収されて初めて、出来上がる。

 

何が書かれているかではなく、

何をどう書いて、どう手渡そうとしたのか?

何が、売買されたのかかでなく

誰と誰が、どのような手順と気持ちで、それを行ったのか?

商売が浅ましいのでななくて、

そのプロセスが軽んじられ、

どれだけ得をするかの議論や勝敗のみに終始することが、

浅ましいのだろう。

 

拾っただけのどんぐりを一つ、

100円で売ろうとすることがスゴいのではない。

拾っただけのどんぐりを一つ、100円で売れる僕がスゴい。

また、拾っただけのどんぐりを100円、

または2どんぐりと交換しようとする人達の心がスゴい。

 

これはとても優雅な遊びだし、贅沢な行いだ。

 

こういうことを必死でやり、

それに付き合う読者が少なからずいるのなら

僕はまだまだいける。

 

京都に居を移してから何度か東京を訪れる機会はあり

まだ棲み慣れない故郷よりも、勝手知った都市の方が歩きやすいと感じつつも

その行き交う雑踏の喧騒にもう違和感を憶えるようになっていたけど、

帰り、大きなスーツケースを転がしながら、縫う人混みを、

僕は、冷酷に観ることはなかった。

 

この人達の中にもきっと一人くらいは、どんぐりを買ってくれる人が

いるんじゃないかなと思うと、季節が変わらないうち、

また、しこたま、

どんぐりを拾いに行かねばならぬ、使命感に燃えた。

 

小説を書くのも、どんぐりでブレスレットを作るのも

僕には同じだ。

 

只、小説を書いてるからどんぐりも買って貰える。

ものスゴくクオリティの高いどんぐりのブレスレットを

匿名でメルカリに出しても、多分、4百円では売れない。

 

否、売れるかも……。

結構、このクオリティ、高い。

 

売れ残ったものを佳苗ちゃん、

ハナエちゃん、菜奈ちゃん達にあげ、

二組のみ残るブレスレットを観ながら、

小説家を辞めたら、

本格的にどんぐり細工職人として生きてもいいかもと

野心を抱いてしまう。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。