嶽本野ばらのブログ

僕と契約してアメンバーになってよ。


テーマ:
アニメイトに「サリシノハラ」があるかどうか
確かめにいくと新刊コーナーに
平積みされていたので
嬉しくてつい、買ってしまった。

自分の本を買うことは余りない。
出版社から数冊貰えるので
買わねばならない場合は
もう人にあげて持っておらず
でも渡したい人がいる
という時のみである。

まだ「サリシノハラ」は出たばかりななので
うちに10冊ある。

でも買ってしまったのだ。

アニメイトが好きだからである。

アニメイトは行くだけで気分が高揚する。

これはたとえ、特に今は買うものがないという時ても
MILKやBABYなどの
可愛いお店に行くと高揚するのと同様だ。

アニメイトで「サリシノハラ」を買うと
僕とみきとPさん、CHRISさんのサイン
が入ったミニ色紙がついてくる。
(無論、印刷ではあるが・・)

そしてレジに持って行くと
店員さんが
「透明カバーはいりますか?」
と訊いてくれる。

「透明カバーはいりますか?」
ヲタなお客さんへのアニメイト
ならではのサービス。

これがまた嬉しい。

なので買ったこの「サリシノハラ」は
買ったままの状態で保存しておこうと思う。


今日、そして思ったのだが
ヲタ文化にカルチャーショックを受けてから
僕はヲタになろうと頑張ってきた。

でもヲタであることをもうやめようと思う。

結局、僕は好きなものを
好きでありたいだけなのだ。

そして好きなものをお客さんの気持ちを
考えて販売してくれているショップが
好き

ただ、それだけなのだ。

昔はパルコブックセンターやリブロが
好きだった。
自分が好きな本を
意匠をこらして陳列、販売してくれている本屋さん
そこに行くだけで気分があがった。

今ならヴィレッジヴァンガードさんだろうか?

お洋服でも
好きなお洋服があるだけのショップは嫌だ。
たとえばMILKにしろ
僕は同じものが売っていても
必ず本店で買う。

お買い物とは
お店の雰囲気や内装なども含めて
楽しむものではないだろうか。

僕は高揚したいのである。

澁澤龍彦を読むのと同じ感覚で
僕は「涼宮ハルヒの憂鬱」を読む。

DIORを買うのと同じ感覚で
109ブランドも買うし
ロリ服も、ジャージも買うし、着る。

カラヤンを聴くのと同じように
ソニックユースを聴き
AKBを観にいくのと同じ感覚で
ライブハウスに通う。

バルティスを観るように
「ラブライブ」を観る。

高級も低級もあるものか。

好きで、自分を豊かにしてくれるものならば
文学であろうが漫画であろうが
クラシックであろうがパンクであろうが
アイドルであろうが
それは大切なのだ。

吉野家の牛丼より吉兆の和食のほうが
素晴らしいに決まっているし
その二つを比べるなんて馬鹿げている。

が、吉兆よりも吉野家が好きな人だっている。
それはそれでいいのだ。
吉野家のほうが美味いというと
味音痴だと嗤われるだろう。
が、嗤われたっていいのだ。

好きなものはしょうがないではないか。

そもそも僕はオタクが嫌いだった。
僕等の時代のオタクは
漫画やアニメってバカにするけど
漫画やアニメだって文学や芸術作品に
ひけをとらない深遠なテーマを有しているのだ
と、自分達の嗜好を正当化しようと
必死だったからである。

今のヲタはそんなことをいわない。

自分達の好きなものは低俗かもしれないが
好きなものは仕方ないので
放っておいて下さい。
嫌いにはなれなせん
と、思っている。

かつては芥川も寄稿した
100年以上の歴史をもつ
「新潮」に作品を発表しつつも
アニメイトに著作が並んでいる。

僕はそんな嶽本野ばらという作家が好きだ。

作家だけやっていれば神秘性があり
作品も売れるのに
客が入る訳でもない音楽活動をして
結果、評価を下げている
嶽本野ばらという芸術家が好きだ。

好きだ・・・というより
こうしておいたほうが
世間的には得なのに・・
ということがどうにも僕には
出来ないのである。

私は好きを諦めない

とは、「ユリ熊嵐」の言葉だが
僕も好きを諦めない。

どんなに損をしたって
好きを諦めない。

ユリ承認!!!!!

ひとりカブトの銀子になろうと
私は好きを諦めない。

がうーー

なのである。





AD
いいね!した人  |  コメント(13)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
乃木坂46の「命は美しい」発売記念ヒット祈願 都内メトロジャック
38名+全員寄せ書き39カ所を行脚してきました。
地下鉄で移動するだけだから、らくちんと思ったら大間違い。
駅って広いですから、どこに貼ってあるのか
それを駅員さんに教えてもらっても歩く距離がハンパない!!!
僕は3日かかりました。
本当は期間中に早くアップして、ポスターのある場所を
お伝えしたかったのですが・・・・・
今はもう23日の3AM
ですからもう今日の午前中から徐々にポスターは撤去らしいです。

が、朝ならまだ数カ所は回れるかもです。
お役にたてればさいわいです。




秋元さん
本郷三丁目駅 A1、2出口方面から改札入ったとこの正面



いくちゃん
明治神宮前駅 出口2番付近



いこまちゃん
上野広小路駅
渋谷いき1番改札内



伊藤かりん
新宿御苑前駅2番線ホーム



伊藤純奈
東大前駅 N12改札でた正面



伊藤万理華
早稲田駅
出口3ab連絡通路



井上小百合
大江戸線に乗り換える出口1-10の月島駅改札内



衛藤美彩
日本橋駅 出口B5付近



川後陽菜
築地駅 2番ホーム



川村真洋
茅場町2番線ホーム



北野日奈子
三越前駅 JR線にいくA8~10に向かう通路の右側の壁



齋藤飛鳥
新御茶ノ水駅 大手町側改札でて左 新宿線、丸ノ内線連絡通路



斎藤ちはる
東高円寺駅1番ホーム



斉藤優里
青山一丁目駅の銀座線から半蔵門線のりかえ通路(改札内)



相楽伊織
門前仲町駅1番ホーム



桜井玲香
銀座線、浅草方面の改札にいく手前



佐々木琴子
三ノ輪駅2番線ホーム



白石さん
丸ノ内線大手町駅1番ホーム



新内眞衣
市ヶ谷駅、九段方面改札入ってすぐ



鈴木絢音
葛西駅中央改札あがる1番ホームにいたる壁



高山一実
小竹向原駅 出口3番



寺田蘭世
行徳駅1番ホーム



中田花奈
銀座一丁目駅、出口10-11番



ひめたん
竹橋駅 大手町方面改札内正面



永島聖羅
住吉駅( Z12)改札でて正面



ななせまる
池袋駅出口34



じょんそん
方南町駅2番出口



ななみん
上野駅 A-11のあたり



樋口日奈
新大塚駅 池袋駅方面のホーム



まいまい
北参道駅 改札でて正面



星野さん
目黒駅、構内。山手線からの連絡改札入り、左の壁



掘さん
虎ノ門駅 3番出口



れなひょん
銀座駅 2番出口ふきん



さゆりんご
北千住駅 千代田線 千住警察方面改札でて東武線方面通路右側



山崎怜奈
西ヶ原駅 改札でて出口1番



若月さん
神谷町、飯倉方面改札入ってすぐ



渡辺みり愛
護国寺駅、音羽方面改札内



まーや
霞ヶ関駅A-2出口おりてすぐ左








乃木坂駅 出口1-2 メンバー全員寄せ書きポスター
AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
金子國義さんがお亡くなりになった。
昨日だ。

友人の安珠が昨日、知らせようと電話をくれていたのだが
ずっと地下鉄に乗って乃木坂キャンペーン巡りをしていたので
電話に出れず、今日の昼に聞かされた。

夕方から教えられた葬儀場に行った。

もうお歳なので死んでしまわれてもおかしくはない。

特に感慨はなかったが、実際に焼香をすませ
棺の中のお顔をみていただけますといわれ
みさせてもらうと、やはりいろんな想いが込み上げ
胸が締め付けられた。

会場には大きな油彩が飾られていた。

棺の中には金子さんの遺体と共に、
金子さんが好きだったレコードジャケットや本などが
一緒に収められていた。

死化粧をほどこしてあるのだろうか
まるで遺体というよりも蝋人形のようだった。

控え室に行くと、澁澤龍子さんや佐野史郎さんらがいた。

この後はファンの人達に入っていただきますからといわれ
関係者は会場を後にする。
階下に降りると、あがた森魚さんにあった。

もう十年振りくらいの再会だろうか?

お互いに、元気ですか? と
連絡先を交換し合った。


葬儀なんて必要ないという人もいる。
お墓もいらないという人もいる。

僕は葬儀というものに殆どいったことがないので
喪服さえなく、とりあえず黒い格好をして
参列した訳だが

君達にいっておく。

僕が死んだら葬儀は盛大に行って下さい。
お墓もちゃんと建てて下さい。


葬儀というものは故人の為にやるものではないと思う。
死んだら魂が遺るのか?
僕は遺らないと思う。
だから、故人も喜んでいます
というのは嘘だと思うのだけど
葬儀やお墓はあるにこしたことがない。


遺されたものの為にそれはあるのだろう。

だから僕の葬儀では思いっきり泣いて頂きたい。
頭がおかしくなるくらい泣いて欲しい。

身内や親族はどうでもいいので
読者や仲間のために
そうさね、四日間くらいやろうではないか。
地方からくる人もいるだろうから
それくらい日数があっていい。

写メも撮り放題にしよう。

気持ち悪くないなら触ってもいいし
キスしてくれてもいい。


だから、僕が死んでその葬儀を堪能するまでは
君は死ぬな。

嶽本野ばらの最後の作品、イベントは
お葬式だ。

なんなら棺に遺体をいれて全国を巡回したいくらいだ。

墓参りもして欲しいから
野ばらちゃんが死んだら私も死にますなんてことを
いうな。

桜桃忌のように毎年、日を決めて
君達には僕の墓の前に集り
あの作品が一番好きだとか
語り合う義務がある。

そういうことが出来るのかどうか解らないけど
君が寿命を全うし、僕の墓に君が一緒に入りたいというなら
もれなくいれてあげたい。

そうすれば僕達はずっと一緒だろうよ。



そんなことを考えながら、帰路に着いた。



金子さんの作品を知ったのは中学生の頃だったと思う。
当時、富士見ロマン文庫の表紙は金子さんで
それが欲しいが為にロマン文庫を集めた。

作品、といってもリトグラフだが
を最初に買えたのはもう随分と大人になってからだけれども
作家になってお金が儲かるようになってからは
随分とたくさん、購入した。

龍子さんと知り合いになり、澁澤邸に招かれ
(無論、もう澁澤氏はお亡くなりになっていた)
澁澤氏所有の金子さんの初期の大きな油彩を観た時は
ああ、こんな日がくるとはと感無量になったものだ。

思えば自分が作家になり、憧れていた人達と親しくなったり
特別なことが出来たりすることに
少し慣れ過ぎたのかもしれない。


初心・・・


人の死は、それを想い出させてくれるものなのかもしれない。

AD
いいね!した人  |  コメント(20)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇