やましたひでこ断捨離塾とは


読者79,383人!


断捨離®公式メルマガを読んで
片づけられない自分とお別れしよう!
http://yamashitahideko.com/

【最新情報】


あなたの「片づけられない」をすべて断捨離!




* * *



イタイ女になる人ならない人




* * *



それでも私が捨てられなかったもの




* * *



断捨離通信講座が好評発売中!

断捨離通信講座

国際医療ボランティア団体「ジャパンハート」

森の長城プロジェクト

断捨離オフィシャルFacebook
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-01-25 10:48:40

断捨離とは、とても「お得」なメソッドだけど ~半年ぶりの断捨離セミナーにて

テーマ:断捨離的に思うこと
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。




実のところ、断捨離とは、
とても「お得」なメソッドでもあるのですね。

だって、いろいろ捨てているにもかかわらず、
入れ替わりに得られるものがいっぱいあるのだから。

捨てる
手放す
与える

自分が抱え込んこんでいたものを捨てる。
即ち、それは手放すということ。
それは、取りも直さず与えること行為。

けれど、私たちは抱え込む。
そうだ、すでに必要がなくなっているものモノなのに。
それどころがゴミ・ガラクタだって溜め込むのだね。

繰り返し、確認しておこうか。

捨てるということは、
いれかわりに必ず「何か」がもたらされるということ。

そう、必ずね。

だけど、私たちは、

捨てることを怖がり、
手放すことを怖れて、
与えることを躊躇する

だから、何もやって来ないのだね。

これって、とっても損なこと。

さあ、だから、捨てるトレーニングを重ねていこうか。
まずは、ゴミ、ガラクタを手始めにして。

捨てることを面白がれば、
手放すことを愉しめば、
与えることを喜べば、

入れ替わりに、とんでもないものが流れこんでくる。

もちろん、何が流れこんでくるかはお愉しみで、
やってくるものはわからない。

断捨離とは、捨ているようで沢山のことが得られる、
とってもお得なメソッド。

でもね、たったひとつ、
これだけは心得ておかなくてはならないね。

何かを「得」なことを得ようとして、
断捨離をしようとすると、その結果は「得」からは離れる。


ああ、ここがとっても肝心!

断捨離とは、

「損」と「得」という価値観を、
その価値観の中で生きることを、

捨てて手放していくこと。

「得」を求めて生きれば、「損」は必ずついて回る。
「損」を嫌えば、「得」にも嫌われる。
「得」を好めば、「損」にも好まれる。


だって、それは、「損と得」という意識のステージの中に、
自分の身をおいているのだから、当たり前のこと。

それが宇宙のメカニズム。

「損か、得か」の意識を、断捨離で卒業できた時、
目の前には、新たな意識レベルの世界が広がる。

そして、その時が

断捨離が、片づけのメソッドではなく、
断捨離が、生き方の哲学となるのですね。







さてさて、以上は、半年ぶりの断捨離セミナーで、
いっぱいの受講生さんと断捨離を分かち合いながら、
私やましたひでこが改めて気が付いたこと。


はい、お蔭さまで、
私自身の断捨離モチベーションもさらに加速!

ああ、セミナーは愉し!

ご参加下さった受講生の皆さま方に、
心より感謝を申し上げます。


有難うござます。
あなたとの出逢いに、いっぱいの愛を込めて。


◆Yahoo!ニュースJAPAN 
毎週金曜日UP、やましたひでこが断捨離的視点で雄叫んでおります。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamashitahideko/




今週の記事
夫は「妻の不倫」と言い、妻は「夫の浮気」と言う
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamashitahideko/20150123-00042485/


それでも私が捨てられなかったもの
やましたひでこ著/イースト・プレス







断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/



断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-01-23 09:06:50

蕎麦とお湯と宿と  山形かみのやま温泉<雪見風呂編>

テーマ:やましたひでこのロバ的な日々
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。


冬のかみのやま温泉、露天風呂からの眺めはこう。



鳥のさえずりが、すぐそこから聞こえてくる、
早朝の露天風呂は貸し切り状態ですね。





お風呂あがりのお休み処は、こんな雰囲気!

そう、趣きはぐっと異なる。







もちろん、どの部屋にも露天風呂がついているのだけど。




山形、かみのやま温泉、名月荘


本当は、誰にも絶対内緒にしておきたい名旅館。

けれど、すでに素晴らしく有名なところだからね、
私か隠してもしょうがないか。。。





玄関の書は、かの佐藤勝彦さんの手によるもの。
こんなところでも佐藤勝彦先生の書に出逢えるとはね。







私のこの本にも佐藤勝彦先生の絵が登場するのですよ。


有難うございます。
あなたとの出逢いにいっぱいの愛を込めて。




それでも私が捨てられなかったもの
やましたひでこ著/イースト・プレス







断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-01-22 19:08:39

蕎麦とお湯と宿と  山形かみのやま温泉<グルメ編>

テーマ:やましたひでこのロバ的な日々
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。






かんぱ~い♪
http://ameblo.jp/danshariblog/entry-11980127707.html


毎度、お断りしているのだけど、
このブログは、グルメブログでも旅ブログのつもりはなく。

でも、その割には、かなりの頻度で、
それらの記事が登場するのでありますのよね。

まあ、食と旅は、私の人生の大切な道連れ!

さあ、すっかり気に入ってしまった山形かみのやま温泉、
食と温泉と宿のご報告を、どど~んと遠慮なく書かせてもらいましょうか。


はい、まずは、昼食のお蕎麦。

蕎麦好きやましたひでこ、
駅構内の立ち食い蕎麦から高級手打ちまで、なんでもOK!

でもね、今回はこの「そばがき」に参りましたね!
とーても美味しいうえに、こんあふうに提供されたのは初めて。

蕎麦味噌も絶品!








もちろん、お蕎麦は驚きの美味しさ!

わ~ん、大盛にすればよかったと悔やむくらい。




でもね、お宿の夕食も待っているからね。

たいてい、いつもは、一日一回か、一回と半分ぐらいに食事の回数、
だから、我慢して正解なんだわ。


で、その夕食。
















味も器も盛り付けも、そして出されるタイミングも言うことなし。

平目のお刺身
米沢牛のステーキ
海老芋とさわら煮

〆のうどんが、またよろしくて、なんとも素朴な味わい。

ところで、一部、食べるのに夢中で撮り損ねたお品あり。

そして、すっかり撮り忘れたのが日本酒たち。
かなり酔いが回っていたかも。

山形の地酒は、それはもうエクセレント!

そして、朝食は、お部屋にて。

そうなんです、このお宿、
各和室すべてにダイニングルームがついているのでしたわ。





国境なき料理団本道佳子女史も、炊き立てご飯に嬉しそう!

ああ、幸せよね。。。










窓の外は雪が目の高さまで、
そして、遠くに蔵王<のはず!?>が望める。


冬のかみのやま温泉、以上、グルメレポートでした!


有難うございます。
あなたとの出逢いにいっぱいの愛を込めて。




断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-01-21 23:48:13

タイのチェンマイから山形かみのやま温泉へと

テーマ:縁ある人々
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。







東京は雪交じりの雨。

そして、集まれ!との招集を受けて、
新幹線に乗って到着したここは、ドカンと雪が積もる山形の温泉地。

ああ、お誘いにはのってみるもの。

もちろん、お誘いにのるか、のらないかは、
私の直感で決まるのだろうけれど。

ここが、どんなところかもまったく知らず、
毎度のことながらお気楽に言われるままにやって来たけれど、
それは素晴らしい温泉施設であり、
おもてなしの心がいっぱいに溢れた名旅館。

やました、感激!

さて、今回のこの直感の前に働いた直感は、
昨年の10月、タイの北部の都市チェンマイへの旅のお誘いにのったこと。

そして、このついこの間まで意識の端にものぼることのなかった、
山形かみのやま温泉にやって来た訳は、
あの時、チェンマイにたまたま集った仲間たちとの新年会のため。

いわば、チェンマイ同窓新年会。

普段、住んでいるところがまったく異なるにもかかわらず、
出逢うところが、タイの北部の旧都だったり、
再び集まるところが東北山形の小さな温泉地であったりする不思議。

時間と場所と都合が見事に一致した、この繋がり。

まったくもって、人と出逢うということは、人と繋がるということは、
小さな奇跡の連続だとの想うのです。





さて、この後は、美味しいお蕎麦と米沢牛と日本酒、
そして、温泉のお湯三昧になったのは言うまでもありませんよね。

はい、またここでも新たな出逢いが加わりましたよ。




有難うございます。
あなたとの出逢いにいっぱいの愛を込めて。






断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-01-20 23:10:47

どうぞ、ぜひ、いらしてくださいね ~繋がりの輪~

テーマ:縁ある人々
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。







そうですね、こうやって、いつも「ごきげん」という挨拶を、
させていただいているけれど。

私だって、ごきげんでないときはいくらでもありますね。

それでも、やはり、不機嫌ほど、
自分も周囲をそこなうものはないことはたしか。

けれど、無理してごきげんであろうと頑張ることも痛々しい。

だとしたら、ごきげんであるためには、
ごきげんな人たちの輪にいるのが一番の得策かと。

なんてことを勝手に考えたので、
ごきげんな皆さまがたと新たな年を迎える会を。

お一人おひとりのやましたひでことの縦糸の繋がりと、
皆さまがたの横糸とが紡ぎ出す一枚の大きな織物のような会に、
いっぱいの感謝を込めてのお誘いです。

どうぞ、ぜひ、いらしてくださいね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~


こんなふうなお誘いをして、こんな方々との新年会!

一応、名目は出版記念となっているけれど、
やましたひでこと縁の深い出版メディア関係者さんたちとの、
内輪の交流会なんですね。

一緒に本を作ったり、取材して下さったり、講演を企画して下さったりの、
出版、新聞、放送、映画の分野の方々。














皆さん、いらしてくださって有難うございます。

私はいつも、こんな方々との縁と出逢いによって、

新たな視点
新たな理解
新たな解釈

をいただいているのです。

繋がりの輪

そして、2015年も、さらに新しい著作が6冊、仲間入りする予定です。

出逢いは、もっと広がっていき、繋がりはたしかに深まっていくことでしょう。


有難うございます。
あなたとの出逢いにいっぱいの愛を込めて。

それでも私が捨てられなかったもの
やましたひでこ著/イースト・プレス







断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-01-19 23:13:10

予祝とイメージワークとその気と事業計画と波動調整と新年会と言い訳と原稿と

テーマ:やましたひでこの独り言
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。




JR浜松町駅ホームの小便小僧さんは新春の装い。

う~ん、可愛い。

彼の衣裳は全国のファンから贈らてくるらしい。


◇◇◇◇◇


「予祝」

文字通り、あらかじめ祝うこと、前祝。

私は、この言葉が大好きで。

予祝とは、イメージワークだね。
だってすでに物事がうまくいった気になって祝うのだから。

予祝とは、その気になること

さてさて、なぜ、「予祝」を持ち出したかというと。

とある会社のミーティングに参加して事業計画を伺う機会があり、
担当者さんの熱い思いが伝わってくると、
あたかも、その事業が計画どおりに成就した気持ちになったから。

予祝とは、事業計画!?

はい、すっかりその気になって、
あとは、その気持ちのままに行動あるのみ。

予祝とは、その気になって行動するための波動調整


その気になって行動するのと、
その気になれずに行動するのとでは、
その結果にあきらかな差が生じるはずだから。

という訳で、引き続き、新年会weekを鋭意堪能中。
そう、新年会も今年が素晴らしい年だという前祝のようなものだからね。

あらあら、このブログ、
原稿を溜め込んでいながら新年会に参加している私の、
自分への言い訳のような気がしないでもない.^^;


ああ、イメージするばかりで、その気になるだけでけで、
目の前のことを片づけようとしない輩が一番タチが悪いかも。


編集者さん、スミマセンです。
後もうちょっとで完成いしたしますから。

はい、以上が無駄に長いブログタイトルになった理由です。

わ~ん^^;



有難うございます。
あなたとの出逢いにいっぱいの愛を込めて。





断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-01-18 21:19:04

それでも、ジタバタとドタバタと

テーマ:やましたひでこの独り言
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。




いつも利用しているビルのコンコースはギャラリーになっていて。
こんなに愛らしいイラストたちが展示中。

「夢のカタチ」

韓国のイラストレーターさんの作品です。


◇◇◇◇◇


阪神淡路大震災から20年目の日。
その昨日は、なんだかブログも書く気がおきず。

あの時、たくさんの人が命を落としたけれど、
震災でなくても人は常にこの世を去っていく。

あのとき、たくさんの人が難を逃れることができたけれど、
その命がつながった人も大変な生活を余儀なくされた。

きっと、いっぱいいっぱい涙を流したことだろう。

そして、震災を体験をしていない人も、
それぞれの苦労と悩みを抱えながら生きている。

私たちは、生まれたからには、
死ぬまで生きていかなくてはならない。

それが宿命。

そして、死とは、災害であれ事故であれ病気であれ、
唐突にやってくるもの。

そう思う。

そして、唐突でありながら、
人の死とは、どこまでも日常にあることなのですね。

はてさて、その唐突な死に対して何の準備を持たない私は、

気がついたら死んでた、えっ!?

なんてことになるのだろうか。

どうなんだろう。

さあ、その私の唐突な日まで、ジタバタとドタバタとしながらも、
それでもごきげんに生きていきましょうか、ね!?


有難うございます。
あなたとの出逢いにいっぱいの愛を込めて。





断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-01-16 20:38:21

くみこさんの断捨離  ~断捨離メルマガより

テーマ:ダンシャリアンの言葉
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。

昨日。

とある雑誌の企画で伺った、とあるお宅のキッチン!
http://ameblo.jp/danshariblog/entry-11977723978.html

【カップボードの引き出し】編







引き出しひとつ分のカトラリー類をぜん~ぶ出してみると。
そう、俯瞰!
まったく驚くばかりの量なのです。
はい、断捨離の実践コンサルティングでこのように↓




◇◇◇◇◇

さて、今日のメルマガは、とあるダンシャリアンさんから、
私やましたひでこ宛に頂戴したメールをご紹介させていただきますね。

それこそ、日々、本当に沢山の方々から、
ご自身の断捨離体験のご報告をいただいている。

それを、本当は全部丸ごとご紹介したいくらいですが、
無理なのですね、どうぞ、ご容赦下さいますように。

そのうえ、その体験はあまりに劇的すぎて、
断捨離をご存じない方にとっては、俄かには信じらないようなものが多いのです。

もちろん、私には、そうでそうと!
うん、うん、と頷くことができるのですが。

そう、今回、ご紹介させていただくのも、そんな劇的体験のひとつです。

--------------------------------------------

ごきげんさまです。
昨年から断捨離アンになりました、くみこと申します。

やました先生にどうしても感謝を伝えたくて、
畏れ多くもメールを送らせていただきます。

私は重度のうつ病でした。
どんな薬も効かず、10年近く通院していました。

それが断捨離を始めて、「モノ」と「ココロ」の関係を問い直し、そもそも自分の考え方が「他人軸」であることがわかり、「自分軸でいいんだよ」と許可を出しました。

そうしたら部屋中に溢れる夥しい「モノ」が減ると同時に、「ココロ」も軽くなり、なんと「うつ病を断捨離」することが出来ました!

もちろん完全に薬がなくなったわけではありません。しかし「私はうつ病だからどうせ...」という考えはなくなりました。

そしてさらに、うつ病の原因ともなった「不安障害」「パニック障害」などもつぎつぎと克服できたのです。

「今、ここ、自分」をベースに生きていくと、
「いつか使うかも」「いざというときに」という未来に対する不安は消え、
「いざというときもなんとかなる!」と自分を信じていくことで、パニックいもならなくなったようです。

パニック障害と併せて「過換気初稿群」も、やました先生の著書を読みあさり、「ヨガでは息を吐いて、吸う」という知識を得て、いかに自分が「取り入れること=吸うこと」が多いのかを理解したら消えて行きました。


そして自分を信じ、毎日毎日モノをて続けた結果、10年もの間苦しんだ重度のうつ病(一日じゅう寝て過ごす。炊飯器のスイッチも押せない、着替えもできない)の私の背中に羽根が生えたかのようにフットワークが軽く
2014年だけでも3回東京に行ってきました!
(新潟在住です)

その中の1回はセミナーで、トレーナーのみつこさんと直接
お会いしてさらにモノがてられるように。

私は先生の著書の「イタい女」すべて当てはまるほどのイタイ女だったのです。

その後は各トレーナーさんとブログでやり取りさせていただいたり、マラソンにも、煩悩にも参加させていただいています。

社会に必要とされなかった私は、今では雑誌「サンキュ!」のサポートブロガーになり、アメーバのライターにもなりました。

そしてについて書いた記事
「片付けられない女が挑む!汚部屋ビフォーアフターがすごい」
http://buzzhouse.jp/article/96159729112479165

がBUZZ HOUSEアワードにノミネートされました!

その前は誰かに認められたくて、毎日必死で頑張ってもがいていました。

でも評価されず、さらにもっとがんばらねばと寝食忘れあがいていました。

その頃はゴミ屋敷並みの汚部屋で、お菓子の箱もてられずにいました。

片付けようとしても
「片付けるってどうやるんだっけ?」
とわからなくなってしまうくらいセンサーは鈍ってしまうものなのですね。

でもてるだけで、それだけで社会とのつながりも取れ、病気も治り毎日がとても幸せです。

私もいつかはトレーナーになります。
簡単なことではないのも知っています、それでもなりたいのでなりに行きます!

本当にありがとうございます、
私の人生ご機嫌に変わりました。

やました先生を2015年も応援します。
長文失礼しました。

くみこ

--------------------------------------------

くみこさん、有難うございます。

あなたのこのような体験に、
やましたこそ、こそ、
どんなに励まされることか!

嬉しいばかりです。

とは、生きるための片づけ。
とは、日常の実践哲学
とは、日々是ごきげんに生きるための智慧。

どうぞ、このメルマガ読者であるあなたも、
ブログ読者であるあなたも、
存分にを愉しまれますように。

それを願ってやみません。

有難うございます。
あなたとの出逢いにいっぱいの愛をこめて。


~私こそ、イタい女かもしれなくて~



http://urx.nu/dunZ

有難うござます。
あなたとの出逢いにいっぱいの愛を込めて。

クロワッサン特別編集
 自宅の片づけ、実家の片づけ、夫婦関係
あなたの「片づけられない」をすべて断捨離...
やましたひでこ監修/マガジンハウス







断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-01-15 23:50:44

面白い出逢いが爆発的に加速中!

テーマ:縁ある人々
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。


午前中、

とある雑誌の企画で、とあるお宅のこんなキッチンを↓





このように断捨離の実践コンサルティングをして↓





それから、別件の用事をひとつクリアし。

夕刻、

とっても冷たい雨が降りしきる中、
さんざん迷って辿り着いたところがここ。





場所は博多ではなく、東京渋谷の恵比寿。


はい、私、只今、新年会weekに突入中にて。


ホントは、原稿がかなりつっかえていて、
だから、宴会でお酒など飲んでいる場合ではないのだけれど。

でもね、今日集まったメンバーはとんでもなく多彩で。




元競輪世界王者
レストランオーナー
苦情・クレーム対応アドバイザー
ジャーナリスト
海洋ジャーナリスト
心理学者
大学教授
ピアノシンガー
夫婦問題研究家
カラーコンシェルジュ
放送作家
構成作家
食育インストラクター
ウォ―キングインストラクター
水彩画家
防犯専門家
芸能プロダクション専務
行動分析学者

断捨離提唱者


さすがに目が回りましたね、私。


なかでも異色なこの方、行動分析学者奥田健次先生。
自閉症児のブラックジャック先生と異名をとる方。






あら、メディアに登場する出で立ちと随分違うね。


http://www.diamondblog.jp/kenjiokuda/



プロダクション(株)浅井企画
スポーツ・文化人2015年「佐々班」新年会。



このお二人、
レストラン「ナイル」のオーナーGMナイルさん
夫婦問題研究家の岡野あつこさん

そして、私やましたひでこも浅井企画「佐々班」所属メンバー。







そして、このカメラを構えているのが、
私たち一同を仕切る?㈱浅井企画の佐々裕英さん。

いえ、お世話をして下さっているのです。


という訳で、今年も新たな出逢いが爆発的に加速中!
まだ一月の半ばだというのにね。


有難うございます。
あなたとの出逢いにいっぱいの愛を込めて。



クロワッサン特別編集
 自宅の片づけ、実家の片づけ、夫婦関係
あなたの「片づけられない」をすべて断捨離...
やましたひでこ監修/マガジンハウス






断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-01-14 23:40:12

開運!なんでも断捨離探訪団。

テーマ:やましたひでこの独り言
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。


今日は、やましたひでこ断捨離塾、
音声セミナー収録の日。





お相手は、三枝陽子改め、千場ひろこ嬢。

さあて、私、何をこんなに笑っているのだろう?





あれっ、もっと笑っている。

別に、漫才をしている訳ではありませぬが^^;


ああ、断捨離は愉し!

ということなんでしょうね、間違いなく。


その後、ひろこ嬢と二人で新年会。





ひろこ嬢と、もしも断捨離を知らなかったら?

そう、断捨離を知らなかった人生と、
断捨離を知った人生とでは、どんなに違うだろうと話し合う。

この「知る」とは、即ち、「実践」という意味!


もちろん、断捨離を知った後の人生は、こちら↓





開運!

という訳で、吟醸酒がいつもにまして美味しい夜となりましたね。

断捨離の開運のメカニズムについてはこちらを。
http://ameblo.jp/danshariblog/entry-11976598956.html


有難うございます。
なたとの出逢いにいっぱいの愛を込めて。


クロワッサン特別編集
 自宅の片づけ、実家の片づけ、夫婦関係
あなたの「片づけられない」をすべて断捨離...
やましたひでこ監修/マガジンハウス






断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み

やましたひでこ断捨離塾


断捨離 ブログランキングへ