やましたひでこ断捨離塾とは


読者79,783人!


断捨離®公式メルマガを読んで
片づけられない自分とお別れしよう!
http://yamashitahideko.com/


【最新情報】


それでも私が捨てられなかったもの




* * *



断捨離通信講座が好評発売中!

断捨離通信講座

国際医療ボランティア団体「ジャパンハート」

森の長城プロジェクト

断捨離オフィシャルFacebook
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-10-20 20:25:44

いっぱいの氣を欲しいままに…朝霧高原富士山静養園にて<3>

テーマ:断捨離合宿2014【秋】 in 朝霧高原
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。




圧巻の日の出、ご来光を仰ぎみる。

断捨離合宿2014【秋】
「ココロの深呼吸」 in 朝霧高原

合宿二日目の朝は雲ひとつない見事なばかりの好天。








冷え込む中、待つこと暫し。

はい、こんなご来光ともなると、一同、こうなるのも無理ないか。
皆さん、シャッターを切るのに夢中です。


さあ、昇る朝陽の氣をいっぱいいただきましたよ。








陣馬の滝にて。

今年は水量も豊富、マイナスイオンをいっぱいいただく。





おのころ心平先生のエネルギーを吸い取る、
ドラキュラ熟女講師の二人、梅田陽子&やましたひでこ。

いえいえ、もしも、おのころ先生が元気がないとしたら、
それは働き過ぎの慢性睡眠不足のせい。


私たちのせいではありませんね^^;





朝の散歩の締めは、梅田陽子先生の指導のもと呼吸体操を。

天の氣、人の氣、地の氣をたっぷりといただく。


私はといえば、この薪ストーブにすっかり嵌まりまして。





せっせと薪をくべて、火のエネルギーをいただく。

そうですね、身体に沢山のいろんな氣が入り、
ココロだって思わず深呼吸したに違いないよね。

はい、もちろん!

おっと、忘れていました、肝心の食のエネルギーを。





ご馳走様です。


有難うございます。
あなたとの出逢いにいっぱいの愛を込めて。



それでも私が捨てられなかったもの
やましたひでこ著/イースト・プレス


¥1,620
Amazon.co.jp





断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-10-19 21:32:00

気づきの始まり…朝霧高原富士山静養園にて<2>

テーマ:断捨離合宿2014【秋】 in 朝霧高原
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。




断捨離合宿2014【秋】
「ココロの深呼吸」 in 朝霧高原

集う仲間17名
講師3名
断捨離事務局スタッフ2名

場所は朝霧高原富士山静養園

園主は、朝霧高原診療所の山本竜隆先生。




山本竜隆先生を囲んで。
講師陣 おのころ心平、梅田陽子、そして私やましたひでこ。


広大な敷地、その広大な敷地を包みこむような富士山、
しかも、この施設、この地域、この土地に込められた
園主山本先生の想いはそれ以上にとても大きく高く広い。

だから、私はここに来るだけで、
私自身、自分のちっぽけな思考の枠に、
大いに気づかされることになるのです。














さあ、始まりましたよ。

深呼吸ができる住空間づくり。
深呼吸ができる身体づくり。

そして、深呼吸ができるココロづくりは、
なにより自分を縛る思考の枠を外していかなくてはね。

そうか、それ以前に、
自分を縛る思考そのものにも気が付いていない私たち。

それに気がつくためには、
こうやって、時に日常から離れてみることなんですね。

なにもかも過剰に供給される毎日から、
少しばかり足りないことがある空間と時間へと。

ああ、受講生さんたち、
それぞれ、いったい何にどう気がついていくのかしら。








山本先生の講義の後の記念写真。



有難うございます。
あなたとの出逢いにいっぱいの愛を込めて。



それでも私が捨てられなかったもの
やましたひでこ著/イースト・プレス


¥1,620
Amazon.co.jp





断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-10-18 18:05:49

それは思い込みの勘違いから始まった…朝霧高原富士山静養園にて<1>

テーマ:断捨離合宿2014【秋】 in 朝霧高原
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。




東海道新幹線「新富士駅」のホームから望む初冠雪の富士山



この日の朝の私、あやうく新幹線に乗り損ねるところ。

それは、もう走りまくりまして。
駅の階段を駆け上り、駈け下りて。

抱えたスーツケースもなんのその、
人間は必死になればいつものそれなりの能力を超えた、
異常?以上?な力を発揮することを自ら証明!

よって、目出度く予定の新幹線こだま号に乗車。

ああ、ほっと一息。
さあ、お水でも買って乾いた喉を潤そうか。
さすがに缶ビールは止めておこう、
こんなに朝が早いのだからね。

ところが、こだま号では車内販売はないという。

わ~ん!

まあね、暫くの我慢だよね、
そう、いつものように眠ればいいだけのこと。

ところがだ、また、ところがだ、
ウトウトと仕掛けたその途端、
間もなく「新富士駅到着」のアナウンス。

あれ?

集合時間には、まだ、一時間以上もある早い到着。

そう、私は思い込みと勘違いの中、
ひとつ早い時間の新幹線こだま号に疑いもせず乗車したのだ。

わ~ん^^;

ああ、あの必死に走ったドタバタの時間を返して!
ああ、あの焦りでいっぱいの気持ちは何だったの?

というお粗末な勘違いから始まった、
断捨離合宿2014【秋】 in 朝霧高原

テーマは「ココロの深呼吸」

そうですね、ココロの呼吸を損なうものは、
思い込みと勘違い。
もちろん、カラダの呼吸だってゼイゼイハアハア。

まさに、のっけからそれを体感と実感しての合宿初日。





富士山仕様の水のペットボトルを携えて、
これから合宿地朝霧高原富士山静養園へ。

断捨離事務局安永周平をドライバーさんにして、
講師おのころ心平&やましたひでこ、いざ、行かん!

さてさて、そのリポート、
これから少しばかりお付き合い下さいますように。


有難うございます。
あなたとの出逢いにいっぱいの愛を込めて。



それでも私が捨てられなかったもの
やましたひでこ著/イースト・プレス


¥1,620
Amazon.co.jp





断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-10-17 06:44:49

個食 ~時に一人で食べる愉しみ

テーマ:やましたひでこの独り言
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。

出張が続くと独りでの食事が多くなる。








新潟のホテル内の割烹店にて。

地酒鶴齢純米酒と郷土料理のっぺ。
それに食用菊かきのもとのお浸し

はい、どれも絶品!


私は、食いしん坊でありながら、
同時に食べることが苦手でもあるというおかしなタチ。

苦手なことは以下のとおり。

・毎回三度の食事
・時間どおりの食事
・短い時間の食事

つまり、三度三度の食事を、
いつも決まった時間に素早く食べること。

そうですね、この状態に遭遇すると、
私はお腹が空いていないにもかかわらず、
追い込まれるようにて食事をかき込まなくてはならない。

これは私にとっては拷問。

もちろん、とても不幸なことでもある、
食べる側の私以上に食べられる側の素材<=命>にとっても。

でも、こんな状態は、
子供の頃、学校に通うようになってからずっとそうであったのかも。

そして、こんなことも好まない

・大勢の見ず知らずの人たちと一緒に食べる。
・不機嫌で文句を言いつつ不味そうに食べる人と一緒に食べる。
・栄養がどうのとか身体に良い悪いなどと薀蓄をたれる人と一緒に食べる。

これらもどうか勘弁してほしい。

独りの食卓、個食化が問題視されているけれど、
こんな人たちと一緒に食べるくらいならば、
私は独りで食べるほうを選ぶだろうね。

充分お腹が空いている時に、
心置きなく時間をかけて、
ゆっくりと食を味わう喜び。

もちろん、気の合う人たちと食べることは愉しい。

そうですね、私にとって、
食とはシチュエーションが問題なのであって、
食べ物そのものをジャッジするものではないのです。

だってね、実のところ、お腹が空いていれば、
そこに大好きな人たちがいてくれて
ゆっくりと味わえる時間がとれるのであるならば、
どんなものでも美味しく食べる私だから。

それが、ささやかで質素な食であろうと、
豪華なものであろうと、
大衆食堂であろうと
高級レストランであろうと。

そう関係なく。

食とは、何を食べるか以前に、
誰とどのような気持ちで食べるか。

そちらの方がずっと影響が大きいようですね。


こちらは、神戸ポートピア、ホテル内の麺屋さん。
灘の地酒冷酒と生湯葉が添えられて暖かい蕎麦。

こちらも絶品。

それにして、どちらのホテルも、
個食どころか、お店には私以外誰もいなかったけ。

どういう訳かね。

有難うございます。
あなたとの出逢いにいっぱいの愛を込めて。



それでも私が捨てられなかったもの
やましたひでこ著/イースト・プレス


¥1,620
Amazon.co.jp





断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-10-16 17:17:17

広くてもモノが溜まれば... バランス感覚

テーマ:断捨離的に思うこと
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。








昨日の朝、ホテルの朝から眺めた景色。
今日の朝、ホテルの朝から眺めた景色。

方や、日本海側の新潟、信濃川の向こうに日本海が広がる。
一方、太平洋側の神戸、六甲の山並みが連なる。

空気の色がやはり違うのか、
この二日間、随分と対照的に感じたのだけれど、
実のところは、どこも同じ問題がはびこっている。

そうですね、住環境で根深く進行している問題は、
大量なモノたちの溜め込み。


新潟では、この地方最大の新聞社新潟日報さんの企画取材で、
ある熟年ご夫婦のお宅を訪問。

都会では想像もできないような数千坪単位の土地、
母屋、別宅、蔵、納屋と、建物もいっぱいあって。

だか、しかし、いやはやと言うほかないくらい、
そこには夥しいモノたちが先代から溜め込まれていた訳で。

跡を継いだこの熟年ご夫婦のそのモノたちとの格闘ぶり、
そう、奮戦記を取材。

そこには、家族の様々なヒストリー、
親子関係、夫婦関係の物語が潜んでいたのだけれどね、
その件については、記事が掲載された時にでもまた。

とにもかくにも、モノとは、モノの有り様とは、
人間関係と、それに伴う個々人の心理が写しだされるもの。

それを強く強く、再確認!



使われることなく溜め込まれたまま土埃にまみれ、
まったく始末することなく逝ってしまったご両親のモノたちが、
いっぱい詰まった蔵の前で記念写真。

ご夫婦を囲んで新聞記者さんとライターさんと。

道半ばの蔵の断捨離。
断捨離前と断捨離後の様子を両方目の当たりにして、
ご夫婦のご苦労と大変さが胸に迫ります。

それから、東京経由、
新幹線を乗り継いで深夜に神戸、ポートピアのホテルへ。

なんだ、なんだ、この広い部屋は!



ああ、独りで寝るだけなのに淋しくなる程広い部屋。

何事もバランスだと、ここでも改めて感じつつ、
この広い空間だって、モノを溜め込めば、
忽ちにして閉塞空間に成り果てるはず。

そう、この新潟のお宅のように。


そして、翌朝、ホテルのこれまた広いホールで講演開始。





大手栄養補助食品会社の研修会で講師を務めさせていただく。

広い広い会場で、研修にご参加のいっぱいの皆様に、
私は語りかける。

どんなに栄養価が高くバランスのとれた高品質の補助食品でも、
それを淀んだ住空間で摂取することほど虚しいものはない。

そうですね、「食」の大切さを追求する姿勢そのままに、
「住環境」の大切さを意識してもらえたのならば嬉しい。

「食」と「住」への意識のバランスこそが、
とてもとても大切なことだと思うから。

有難うございます。
あなたとの出逢いにいっぱい愛を込めて。



それでも私が捨てられなかったもの
やましたひでこ著/イースト・プレス


¥1,620
Amazon.co.jp





断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み

やましたひでこ断捨離塾


断捨離 ブログランキングへ