1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-28 15:30:01

そう、こんな時は、逆にせっせと身体を動かすに限る。

テーマ:やましたひでこの独り言

ごきげんさまです。

断捨離のやましたひでこです。

 

 

 

 

ここはどこでしょう?

夏休み最後の日曜日、いっぱいの人だろうね。

 

 

 

 

気が緩んでいる。

気は緩んでいるのに身体は強張っている。

 

 

頭はウツロ。

身体はカチンコチン。

 

 

これを疲れが出たというのかしらね。

そのせいか午前中はまったく起きられず。

 

 

 

「疲れる」とは、

 

「憑かれる」

 

だと教わったことがある。

 

 

だとしたら、

 

つまり、今朝の私は、何かに?、誰かに?取り憑かれたことになる…

 

ひえ〜

 

 

まあ、思い当たるとしたら、あの昨日のブログ記事のせいだわ。

http://ameblo.jp/danshariblog/entry-12194279604.html

 

生き霊が飛ばす念ほど怖いものはないからね。

 

 

 

とまあ、自分もスピ系っぽい反応をして面白がってみたり<笑>

 

 

いけませんね、ひでこさん。

ちょっと挑戦的すぎるのではありませんこと!?

 

なんて、声も聞こえてきそう。

 

 

 

そう、こんな時は、逆にせっせと身体を動かすに限る。

 

 

ヨガ

断捨離

掃く・拭く・磨く

 

 

今日、これから、私の日曜日の午後は、

身体と心と室内の浄化の日となりそうですね。

 

 

浄化…

 

 

あら、ひでこさん、もしかして、あなたもスピ系?

まあ、別に否定はしないけれどね!

 

ああ、気をつけようっと!

 

 

 

 

 

 

そして、こちらの記事もどうぞ。

 

◆yahoo! ニュース JAPAN オーサーやましたひでこ

 

『思考の放棄は、人生の放棄』

〜「捨てる」理由は何なのか、何がどう「もったいない」のか〜
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamashit…/20160826-00061540/

毎週末、私やましたひでこが断捨離的視点で雄叫んでおります。

 

 

 

 

 

 

 

 

jukubanner2

 

 

◆やましたひでこ断捨離塾  
http://www.yamashitahideko.com/sp/CPD_YDJR/index_of.php

  

 

    

いいね!した人  |  リブログ(0)
断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-08-27 20:58:18

こんな無法地帯の輩が仮面をかぶっていることがある

テーマ:やましたひでこの独り言

ごきげんさまです。

断捨離のやましたひでこです。

 

 

 

 

 

暗雲と光と。

 

 

 

 

見えないものが見えるという能力

聞こえないものが聞こえるという能力

感じないものが感じるという能力

 

こんな能力に憧れるのもわからないでもないけれど。

 

こんな能力を目の当たりにすると、それに簡単に自分を預けてしまうのも無理もないことかもしれないけれど。

 

 

かつて親しく接した友人の娘さんが、今、こんな能力を持つスピ系女性の虜になっているという。

 

そして、この女性の数万円もするリーディングの個人セッションにお金を払い続けているという。

 

 

もちろん、幾ばくかの時給で仕事をしている娘さんにとっては、とても負担となる金額であるにちがいない。

 

けれど、この女性は、何度も娘さんの元を訪れて個人センションを繰り返す。

 

 

こんな能力に、それこそ値段はつけようもないのかもしれない。

 

それは、裏をかえせば、どんな値段をつけようともかまわないということか。

 

 

 

見えないものであるから、

聞こえないものであるから、

感じないものであるから、

 

それを信じるしかないのかな、この娘さん。

 

次から次へと繰り出される見えない世界からのメッセージ、

それにすがるのしかないのかな、この娘さん。

 

痛々しいね。

 

 

スピ系の人たちは、魂の愛と浄化と癒しを自分の使命だと、言葉で美しく語るけれど、こんな無法地帯の輩が仮面をかぶっていることがある。

 

 

 

 

だから、こんな残念な話の相談を受けるたびに、私はいつも思う。

 

このスピ系女性、見えない世界を担いでリーディングするけれど、

実際、いったい、どんな状態の部屋に住み暮らしているのかと。

 

 

見える世界のそれ、クリア具合をみれば、そのリーディングの真偽が容易にわかろうというもの。

 

だって、その人の日常である住まいは嘘をつけないからね。

 

 

 

 

 

 

 

jukubanner2

 

 

◆やましたひでこ断捨離塾  
http://www.yamashitahideko.com/sp/CPD_YDJR/index_of.php

  

 

    

いいね!した人  |  リブログ(0)
断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-08-27 11:09:52

「哲学は万能薬」

テーマ:やましたひでこの独り言

おはようございます。

断捨離のやましたひでこです。

 

 

 

 

 

トンネルを抜けた先は、きっと新たなステージ。

 

 

 

 

 

マッサージには「揉み返し」なんてことを聞くけれど。

鍼には「打ち返し」なんてことがあるのかしら?

 

 

昨日、全身に鍼を打ってもらって、おかげ様でぐっすりと眠れた。

http://ameblo.jp/danshariblog/entry-12193975660.html

 

けれど眠りすぎて超朝寝坊。

おまけに虚脱感がある。

 

まあ、もう一日休みなさいということなんでしょうね。

 

 

 

さてさて、そんなぼーっとした中、思い返した言葉がある。

 

 

 

「哲学は万能薬」

 

先日の市民フォーラム懇親会席上、稲盛和夫塾長の言葉。

http://ameblo.jp/danshariblog/entry-12193432965.html

 

稲盛塾長は、京セラフィロソフィー、つまり、稲盛経営哲学をもって、京セラを世界有数の企業に育てあげ、第二電電、今のKDDI <au>という新規事業に乗り出し成功させ、そして、瀕死のJALを再生させた。

 

 

 

私に独自の視点で現代西洋哲学を教え解いて下さる先生はいう。

 

「哲学は最高視点」

 

現代哲学は、心理学をも包み込み、

カウンセリング、自己啓発、コーチングのはるか上位概念だと伝へ説く。

 

そうなんだろうなと思う。

 

まだまだ、おぼろげながらの理解でとどまっているけれど、ね。

 

 

 

そして、断捨離。

 

「断捨離は生活の哲学」

 

これは、言い出しっぺ私やましたひでこの思い、そう、確信。

 

あなたとわたし、私たちとモノ、コト、ヒト。

あらゆる「関係性」を機能させていくためのツールであり行動する人生の哲学。

 

 

だから、私にとっての断捨離は、私の人生においての、

万能薬であり、最高視点でもあるのですね。

 

もちろん、他の山々<哲学>から見れば、麓のような低くて小さな山。

 

 

それでも、私はそれを語り、そして、私はそれを生きる存在であり続けたい。

 

ああ、まだまだ粗忽者であり、

発展途上であり、螺旋階段の先は長い。

 

 

そうだね、少なくとも、

 

あなたはそれを語るけれど、あなたはそれを生きていない。

 

なんて、揶揄されることはないように。

 

 

 

あらあら、それにしても、今朝の私、なんて殊勝なのかしら?

 

うん、ひでこさん、熱でもあるのかしらん!

 

 

 

 

 

jukubanner2

 

 

◆やましたひでこ断捨離塾  
http://www.yamashitahideko.com/sp/CPD_YDJR/index_of.php

  

 

    

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-08-26 21:10:21

住まいのお疲れは解消したけれど…。

テーマ:やましたひでこの独り言

ごきげんさまです。

断捨離のやましたひでこです。

 

 

 

 

夕日が大きい。

 

 

 

 

 

自虐的に書いてみた今朝のブログ

http://ameblo.jp/danshariblog/entry-12193785683.html

 

 

私自身への自戒とエールを込めたもの。

 

そうだよね、断捨離を哲学として、日々、御託<ゴタク>?を並べてる身。

 

自分で諌めて、自分で励まして。

 

はい、複眼的な視点で考えてのこと。

 

 

たくさんのご意見、コメント、有難うございます。

 

 

 

 

ところで、今日は朝から断捨離に勤しみ。

 

それから、鍼灸師さんのところに行って、

カラダ全身に鍼を打ちまくってもらいまして。

 

 

自律神経だの、

肝経だの、

胃腸だの、

 

諸々、疲労傾向、夏バテ傾向にあるらしく。

 

いえね、当のワタクシには、まったく自覚がないのがオソロシイ…。

 

 

そう、無自覚。

 

これが、一番怖いのは、断捨離も同じこと。

 

 

無自覚グッズ

無意識グッズ

忘却グッズ

 

そられの堆積で、たいていの家は相当お疲れ気味なんだから。

 

 

そうか、私は自分の住まいのお疲れは断捨離で解消したけれど、

私のカラダのケアは怠っていたということか。

 

 

というわけで、原稿は明日に繰り延べて、

今夜は早く寝ることに。

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

jukubanner2

 

 

◆やましたひでこ断捨離塾  
http://www.yamashitahideko.com/sp/CPD_YDJR/index_of.php

  

 

    

いいね!した人  |  リブログ(0)
断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-08-26 07:37:55

人生なんてものは、結局は、暇つぶし。。。

テーマ:やましたひでこの独り言

おはようございます。

断捨離のやましたひでこです。

 

 

 

 

 

着地点はここ!

 

 

 

 

もしかして、人生なんてものは、結局は、暇つぶし。

 

そう、壮大な暇つぶし。

 

 

だから、私は、たまたま、断捨離でその暇を潰しているだけなんだわ。

 

なんて、思うことがある。

 

 

役目だとか、

天職だとか、

使命だとか、

 

 

そんなふうに気負うことこそ大きな勘違い。

そんなふうに自分をみなすことこそ思い上がり。

 

 

あらら、なんだか今朝の私はシニカルだね。

 

 

 

ところが、断捨離で潰しているはずの私の暇な人生時間に、いろいろなモノ・コト・ヒトがいっぱい流れ込んでくるようになってしまった。

 

 

なかでも、人との出逢いのそれは驚くほど。

 

 

それは、おそらく、いえ、間違いなく、

断捨離が、モノ・コト・ヒトの「詰まり」を取り除いていくものだから、ね。

 

 

そうですね、「詰まり」さえなくなれば、

あとは、流れ込んでくるにきまっている。

 

 

なぜなら、もともと、私たちは流れの中に生きている。

 

 

さあて、今日も「詰まり」の断捨離!

 

 

あれれ、これ以上、人生のパイプが太くなったらどうするよ、ひでこさん?

 

いえいえ、それはつまらない杞憂というもの。

 

そう、人生はどこまでも壮大なんだから。

 

 

 

さあ、まずは夏物で膨れ上がったクローゼットから!

 

 

 

 

 

 

jukubanner2

 

 

◆やましたひでこ断捨離塾  
http://www.yamashitahideko.com/sp/CPD_YDJR/index_of.php

  

 

    

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-08-25 21:08:08

そうだね、私たちの多くの不幸と幸せは…

テーマ:やましたひでこの独り言

ごきげんさまです。

断捨離のやましたひでこです。

 

 

 

 

 

日本海

 

 

わずか50分に満たない飛行で東京湾上空に。

 

 

 

 

 

 

東京に帰る。

石川に帰る。

 

石川の自宅に戻る。

東京のマンションに戻る。

 

 

どちらも「帰る」という私の土地。

どちらも「戻る」という私の家。

 

 

 

帰る場があるということ。

帰る場がないということ。

 

戻る空間があるということ。

戻る空間がないということ。

 

 

そうだね、私たちの多くの不幸は、

 

帰る場が見いだせないことにある。

戻る空間が見いだせないことにある。

 

 

わたしの身体の居場所

わたしの気持ちの居場所

 

 

そう思うと、私やましたひでこは果報者だね。

 

帰りたいと思う場、

戻りたうと思う空間、

 

それが断捨離を続けてきたおかげで、ふたつもあるのだから。

 

 

そう思うと、私は幸せ者だね。

 

家族といるのも、

ひとりですごすのも、

 

それが断捨離を重ねてきたおかげで、ふたつとも愉しめるのだから。

 

 

 

そして、また、こうも思う。

 

帰る場、戻る空間があるからこそ、

どこへでも飛んで行くことができるのだと。

 

 

さあて、しばらくはこの東京でじっくりと仕事ばかりになりそう。

 

いえ、じっくりとは程遠く、アタフタとかもしれないね、ひでこさん!?

 

 

 

 

 

 

jukubanner2

 

 

◆やましたひでこ断捨離塾  
http://www.yamashitahideko.com/sp/CPD_YDJR/index_of.php

  

 

    

いいね!した人  |  リブログ(0)
断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-08-25 15:52:19

どうしたらお金持ちになれますか? 〜あんやと、塾長〜

テーマ:縁ある人 縁ある世界

おはようございます。

断捨離のやましたひでこです。

 

 

 

 

金沢駅もてなしドーム

 

 

 

 

さてさて。

 

盛和塾稲盛和夫塾長市民フォーラムを終えて、

今度は石川塾生一同が稲盛塾長をおもてなしする番ですね。

http://ameblo.jp/danshariblog/entry-12193286439.html

 

はい、塾長を囲んで懇親会へと。

 

84歳というご高齢の塾長。

この日は、暑さにもかかわらず、ずいぶんとお元気で。

 

 

 

 

 

 

おもてなしの一つ目。

 

 

あんやと塾長ケーキ。

 

「あんやと」とは、「有難う」の金沢弁。

 

お若い塾長ですね。

 

 

 

 

 

おもてなし二つ目。

 

砂糖菓子の敬天愛人バージョン塾長。

 

こころなしか、やはり西郷さん仕様。

 

とてもキュートです。

 

 

 

ところで、このお菓子をつくったのは調理専門学校の生徒、まだ20歳前後の若者たち。

 

 

 

 

 

はい、「パティシエのたまご」たちとケーキ入刀する塾長。

 

 

 

そして、そのうちの一人の「たまご」君が、塾長にこんな質問を。

 

 

「僕は、いつか、自分の店を持ちたいと思っています。

どうしたら、お金持ちになれますか?」

 

 

 

おお、直球勝負な質問だわ!

 

 

 

稲盛塾長は、こう答えられた。

 

「いつかという先のことを考えるのではなく、

今、目の前のことを懸命にやりなさい。

 

誰にも負けないほどに。

 

そうすれば、そんな君を応援してくれる人がきっと現れる。」

 

 

これまた、塾長らしい直球な答え。

 

 

 

愚直に目の前のことを!

誰にも負けない懸命な努力を!

 

 

さてさて、どこまで、この言葉が「たまご」君の心に響いたのかしら。

 

 

 

 

 

 

それにしても、この若さで、稲盛塾長に直接質問できるなんて。

 

ありえないな〜

 

 

そう、ケーキのご相伴にあずかりながら、

 

三つ目のおもてなし、

 

なんと、真夏にはありえなかった大好物かぶら寿司を、

 

 

 

 

 

<塾生の老舗漬物屋さん提供>

 

パクパクと食べるやましたひでこでありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

jukubanner2

 

 

◆やましたひでこ断捨離塾  
http://www.yamashitahideko.com/sp/CPD_YDJR/index_of.php

  

 

    

いいね!した人  |  リブログ(0)
断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-08-24 15:16:52

あなたはそれを語るけれど、あなたはそれを生きているわけではない。

テーマ:やましたひでこの独り言

ごきげんさまです。

断捨離のやましたひでこです。

 

 

 

 

盛和塾石川主催市民フォーラム

 

京セラ名誉会長、KDDI最高顧問、日本航空名誉顧問、

盛和塾塾長稲盛和夫講演会

 

「人は何のために生きるのか」

 

 

 

 

 

 

今日は朝からこのフォーラムのお手伝い。

 

 

塾生になって何年になるのか、そう10年ほどかな、

先輩塾生に混じって末端塾生やましたひでこ受付役を。

 

 

 

会場は、一般市民、経営者、塾生企業関係者で超満員。

 

当然、スタッフ席もなくなりロビーで聞き耳を立てながら、塾長の講話を伺うことに。

 

 

 

 

稲盛塾長はつねにこう説かれる。

 

経営者は、全社員全従業員の物心両面の幸せを考えよと。

 

 

私は、経営者ではないのでね、

さあて、誰の物心両面を考えたらいいのだう…

 

なんて、言っているようではまだまだだね、ひでこさん!

 

はい、面目もございません。

 

 

 

塾長はそれを語る。

塾長はそれを生きる。

 

 

だからね、せめて、私やましたひでこも、

自分の語ることを生きる人間でいなければ。

 

 

 

そうだね、

 

「あなたはそれを語るけれど、

あなたはそれを生きてはいない、、、」

 

という誹りを受けることなどないように。

 

 

 

 

 

 

jukubanner2

 

 

◆やましたひでこ断捨離塾  
http://www.yamashitahideko.com/sp/CPD_YDJR/index_of.php

  

 

    

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-08-23 20:03:14

まあ、常人の私ごときが考えても答えなど出ないか…。

テーマ:やましたひでこの独り言

ごきげんさまです。

断捨離のやましたひでこです。

 

 

 

 

東京上空

 

機内に射しこむ今日の夕陽。

 

 

 

 

 

 

羽田空港出発ロビーにて。

 

めずらしく早く着いてしまった。

いえね、時間を1時間勘違いしたからなんだけれど。

 

おかげで余裕たっぷり、ラウンジでゆとりのくつろぎタイム。

 

 

でもって、いつも癖で、ああだこうだと慮ることに。

 

そうですね、こんなアイドリングタイムこそ、

つらつらと考えがめぐるものです。

 

 

 

ところで、何を考えたかといえば…

 

欠乏

過剰

抑圧

 

について。

 

おいおい、なんだか難しい?こと考えだしたね、ひでこさん。

 

いえいえ、別に大したことでもなくて、

あれあれ、大したことかもしれなくて。

 

 

まあ、言葉を簡単にするならば、

 

足りない

多すぎる

押さえつける

 

私たちは、自分にいっぱいの「押さえつけ」をしてしまうものだけれど。

 

でもね、実際のところ、

 

足りない状況に自分を押さえつけるのと、

もっともっと沢山持つように押さえつけるのと、

どっちが苦しいのだろうね。

 

いえいえ、どっちが面白いのかしら。

そう、苦しいだけとはかぎらないからね。

 

 

これはきっとリオのオリンピック、メダルのことが思い浮かんのだと思う。

 

メダルが取れなくて悔し涙に暮れる選手もいれば、

すでにいっぱい持っているのに、さらに取れなくて号泣する選手がいる。

 

 

まあ、常人の私ごときが考えても答えなど出ないか…。

 

 

いすれにしろ、もっともっとという思いが私たちを進化させていることは間違いないよう。

 

 

ならば、むふふ、私やましたひでこも、もっと「欲張り」になりましょうや!

 

もちろん、ハードな肉体トレーニングとは関係ない世界でね。

 

 

それにしても、知らないうちにオリンピックは閉会式を迎えていたんだ…

 

 

メダル欠乏症候群の人も、

メダル過剰症候群の人も、

 

本当にお疲れさまでした!

 

 

 

 

 

 

jukubanner2

 

 

◆やましたひでこ断捨離塾  
http://www.yamashitahideko.com/sp/CPD_YDJR/index_of.php

  

 

    

いいね!した人  |  リブログ(0)
断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-08-23 08:54:06

「たいふういっか」?と「みかん」?と「かげん」?

テーマ:やましたひでこの独り言

おはようございます。

断捨離のやましたひでこです。

 

 

 

 

 

台風が行って新幹線も山手線もいつもの動き。

けれど、台風一過の快晴とはならないようですね。

 

 

 

そういえば、昔むかしのそのむかし、

この「たいふういっか」って何だろう?と思っていた。

 

「台風一家」

 

台風って家族だから次々へとやってくるのね…

 

そう、小学生の頃の幼いギモン<笑>

 

 

 

とはいえ、年季のはいった大人になっても、

こんなギモンもいくつも湧いてくるわけで。

 

 

先日も、編集者さんが「みかん」といったので、

 

「スミマセン、未だ原稿が出来上がってなくて」と、つまり「未完」と解釈した私は、なんだかんだと言い訳しつつ謝ったのに、

 

その編集者の「みかん」は、なんと、まだ刊行されていない本、つまり「未刊」のことでもなく。

 

夏みかんの「蜜柑」だったりして!

 

 

 

そころで、日本語って、同じ音どころか、

同じ言葉でも真逆の意味がこもることがたびたび。

 

 

「結構です。」

これは、イエスなのか、ノーなのか?

 

「適当」

これは、ほどよいことか、ただあしらうことなのか?

 

「いい加減」

これは、丁度いいのか、それこそ、テキトーなのか?

 

 

日本語って推し量る能力が問われる微妙な言葉。

 

 

でもって、「いい加減」の「加減」について、つらつらと考えるアタクシ。

 

 

「加減」とは、

 

加えること

減らすこと

 

そうだね、加え過ぎても、

そうだね、減らし過ぎても、

 

よろしくないということで。

 

 

これは、断捨離でも同じ。

 

 

持ち過ぎても、

捨て過ぎても、

 

おかしなことになる。

 

 

でもね、持ちすぎたら捨てればいいし、

そうだね、捨て過ぎたら持てばいいだけ。

 

このいたってシンプルな行動を日々繰り返していけばいい。

 

 

けれど、それこそ、おかしなことに悩む。

 

 

「こんなに捨てていいのでしょうか。」

「あんなに捨てたのに、また、買ってしまったのです。」

 

 

ああ、そんな、罪悪感いらないよね。

 

 

いい加減とは、

 

加えたり、減らしたりしながら、

持ったり、捨てたりしながら、

 

その時々に見出していく、最適な状態。

その場その場で得られる、結構で適当な状態。

 

だから、動きのない固定した決まりきった状態ではないのですね。

 

そう、私たちのココロがコロコロと変わるがごとく、

私たちのモノの量がコロコロと変わるのは自然なことなんですね。

 

 

 

あれ、言葉のことを考えていたつもりが、

やっぱり、断捨離のことになってしまったね、ひでこさん!?

 

 

ではでは、今朝のところは、このへんで。

 

 

 

おっと、追伸!

 

九州、宮崎のあなた、どうぞ、この記事も。

 

「宮崎に行きます。 断捨離、いのち、こころ」

http://ameblo.jp/danshariblog/entry-12192561822.html

 

 

 

 

jukubanner2

 

 

◆やましたひでこ断捨離塾  
http://www.yamashitahideko.com/sp/CPD_YDJR/index_of.php

  

 

    

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
やましたひでこ断捨離塾


断捨離 ブログランキングへ

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み