やましたひでこ断捨離塾とは


読者7万9,000人!


断捨離®公式メルマガを読んで
片づけられない自分とお別れしよう!
http://yamashitahideko.com/

【最新情報】


「めんどくさい」をやめました




* * *



あなたの「片づけられない」をすべて断捨離!




* * *



断捨離通信講座が好評発売中!

断捨離通信講座

国際医療ボランティア団体「ジャパンハート」

森の長城プロジェクト

断捨離オフィシャルFacebook
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-05-28 07:44:30

上弦の月の夜、塩焼きそばを食べながら私たちの不幸を思う...

テーマ:やましたひでこの独り言
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。




                 地元が誇るB級グルメの女王「塩焼きそば」


やけに月が明るく見える夜。
でも、満月ではなく、上弦の月から一日太ったお月様。








ゆっくりと月を見上げるのも久しぶりかも。


さてさて、地元に戻って、数年ぶりで中華レストランへ。
まあ、レストランというよりは餃子の美味しい個人経営の食堂。
先代は、夫の同級生、今は二代目の息子さん夫婦が切り盛りしている。

昔も今も、ずっと庶民の味方の食堂。
久しぶりに味わった餃子もチャーハンも塩焼きそばもとびっきり美味しい。

でもね、そのとても美味しい塩焼きそばを、
夫や友人たちとワイワイガヤガヤと食べながら思ったことがある。

私たちの「食」は、なんて不幸なんだろうと。

ひと月前に、やはり地元で行った和食の店。
ここの店主さんはマクロビに傾倒している。

安全な和食を提供してくれるのだけどその後がいけない。
なんとお客にはおかまいなしに、如何に今の「食」が危険なのかの講釈が始まるのだ。

添加物のキケン
砂糖のキケン
残留農薬のキケン
遺伝子組み換えのキケン
etc
etc
etc

たしかに、そうなんだろと思う。
私だって、それなりの知識は持っている。
漫然と食物に接している訳ではない。

だけど、私は食事は愉しく食べたい。

食べた後に、まるで、すぐさま癌が発症するかのような気分にさせられるのは勘弁してほしい。

さしずめ、このマクロビ和食店主さんに言わせれば、
この夜私が食べた地元のB級グルメの女王塩焼きそばは、
キケンきわまりない化学調味料にまみれた邪食となるのだろうね。

私たちは不幸な食の中にいる。

物理的な食の不幸
心理的な食の不幸


そう、二つの不幸の中にいる。

物理的な不幸は、添加物にまみれた食物が跋扈してること。
心理的な不幸は、食をキケンなものと見做さなくてはならなくなってしまったこと。

食物の物理的な安心安全を追求しはじめると、
食事時の気持ちはどんどんと暗澹たるものとなってくる。

食物
食事


そのどちらに焦点を当てるかは、それぞれの自由だけど
かのマクロビ和食店主さんは、きっと、食物だけにしか焦点があたってないのだろうね。

そうだね、なんであれ、私は食事は愉しく食べたい。

この夜の久しぶりの中華食堂での食事はとっても愉しかった。
おかしなことに「食の不幸」を思っていたにもかかわらず。

ご馳走さまです。


追伸

因みに、地元が誇るB級グルメの王様は「小松うどん」
こちらも、絶品ですね!





残念なことに、今は、小麦も悪者扱いされているけれど。






断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-05-27 23:16:12

トイレと真っ向勝負! ~「暮らしの質」向上検討会~

テーマ:やましたひでこの社会見学編
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。





「すべての女性が輝く政策パッケージ」

それに基づいた「暮らしの質」向上プロジェクトの一環として、
有村治子女性活躍担当大臣の下、有識者よりなる検討会が発足。

「暮らしの質」向上検討会

この検討会の委員となって、がっつりとトイレと向き合った半年間。
http://ameblo.jp/danshariblog/entry-11958253590.html

文字通り、トイレにドップリと嵌まり、その面白さにも嵌まり、
とても愉しい半年間でもありましたね。

も、何故トイレ?

そうですね、「すべての女性」とひとくくりにしても、年齢職業立場も色々様々。

でもね、どんな女性であれ、もちろん男性であっても、人間である以上、
トイレという排泄の場と機会と時間は不可欠。

生きていくうえで絶対条件である排泄。
社会に出ていくための必須条件であるトイレ空間。

そのトイレが、安心で安全で快適であることこそが、とても重要!

ですよね!

そこに着目した有村治子大臣は、さすが働く女性ならではの視点。
それに、どうあっても女性のトイレへの思い入れは、
男性には知りえないデリケートな要素がはらんでいるもの。

トイレ

排泄の空間
排泄の機会
排泄の時間

ここには、ずいぶんと格差がある。

◆男女の身体特性からくる格差
行列の長さも、待ち時間も、使用時間も、男女では大きく差がある。

◆地方格差。
大都市の大規模商業施設には目を見張るトイレがあるけれど、
さて、小さな地方都市はどうなのか。

◆教育現場での格差
学校のトイレはまだまだお粗末。
児童生徒が安心して排泄ができる空間とは程遠いのが現実。

学校でのトイレを嫌がる子供たち。
この現実を無視して学校教育が成り立つと考えている方がおかしい。

◆災害格差
避難所のトイレの状態によって避難者の健康状態に大きな差がでる。
トイレが困難なために命を落とす老齢者だっているのです。
http://ameblo.jp/danshariblog/entry-12000092230.html





とりまとめた「提言書」を有村治子大臣に渡して記念写真におさまる、
検討会宮原淳二座長、そして、越智政務官、赤澤副大臣。


それでも、トイレを知れば知るほど、つくづくと思ったことがある。

私たちは、社会で「集団」であることを余儀なくされるけれど、
私たちの排泄はどこまでも「個」の領域

集団と個

そう、トイレには「集団」は馴染まない。

そう、「食」という入り口では、一斉とか大勢でとか一緒にとか、
時間も機会も場も可能であるけれど、「排泄」とうい出口では適わない。

さあて、その難しさをどう乗り越えていくか。

でも、だからこそ、こうも思う。

トイレ空間から始まる暮らしの質
トイレ空間から始める暮らしの質

その「暮らしの質の向上」は、かならず、「命の質の向上」につながると。


ところで、検討会の委員には男性諸氏も。





枡野俊明徳雄山建功寺住職、世界的に著名な作庭家でもあられる。





建築家横山彰人氏、有村大臣と懇親会の席上で。





私が所属、トイレ空間をひたすら突き詰めた第一分科会、
会長を務めて下さった日本リーダーズ学会代表理事嶋津良智氏。





座長役を務めて下さった東レ経営研究所
ダイバーシティ&ワークライフバランス推進部長宮原淳二氏





内閣府のスタッフの皆さんも参加しての懇親会は和気藹々。

さあて、半年間の議論の結果である「提言」はまとめたけれど、
それらの実施実行実現は、これからこれからなんですね。





断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/



断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-05-26 05:24:35

富士山は大っきい! ~日月倶楽部へ行って来た!

テーマ:やましたひでこのロバ的な日々
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。





どうです?
この青い空に映える富士山、美しいでしょう?

しかも、目の前、とっても大きい!


この日は、静岡県朝霧高原、田貫湖へ。

遠足?

いえ、10月に予定している断捨離合宿セミナー会場の下見というれっきとした仕事。

いえいえ、やっぱり遠足か(^_-)-☆








レンタカーでドライブ、
ナビゲーターは断捨離事務局青野慶子。
ドライバーさんは同じく事務局安永周平。

途中、絶品のお蕎麦を食し、辿りついた先は、

じゃ~ん、ここ。

朝霧高原診療所、山本竜隆先生の新しいリトリート施設
「日月倶楽部」
http://wellness-union.jp/









風は爽やか、空気は透明、溢れる木漏れ日。

目の前には大きな富士山が遮るものなく眺められ、
足元には目を移せば野生のミントたち。

ここは、まさに自然と遊べるところ。

そうそう、ツリーテラスもあれば、ストーンサークル?までもある。











2万坪の敷地に、メインハウス、宿泊棟、が点在。










そして、驚いたことに、体質別のお茶もブレンドして下さるし、
もちろん、摘み立てのフレッシュミントティーも。

ミントを淹れて下さっているのは山本先生の奥様。

ここ日月倶楽部に訪れるだけで、癒されて元気がでますね、ホント!








おお、私の大好きな薪ストーブも!


さてさて、この秋10月の断捨離合宿セミナーは、ここ日月倶楽部で!






オーナー山本竜隆先生

講師おのころ心平先生
講師梅田陽子先生

そして私、やましたひでこが、あなたをお迎えします。

【10月2日金曜~4日日曜 2泊3日】
断捨離合宿セミナー in 朝霧高原 ~日月倶楽部~


告知&募集のご案内は、まだまだ先の8月初旬の予定、
断捨離メールマガジンで。

なので、日程だけ、どうぞ確保しておいて下さいね。

だって、あなたに、この大っきな富士山をぜひ見て欲しいから。





有難うございます。


自然欠乏症候群 -体と心のその「つらさ」、自然不足が原因です-
山本竜隆著/ワニブックス






断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/


断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-05-25 10:38:24

オレンジ同盟「女性医療ネットワーク」対馬ルリ子は驀進する!

テーマ:やましたひでこの社会見学編
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。




                  対馬ルリ子先生を囲んで、オレンジ同盟!
  

女性医療ネットワーク 12周年記念 講演会&パーティー
~女性の健康の包括的支援を推進するために~


パーティーのドレスコードはエレガント&カジュアル、色はオレンジ。

という訳で、主催の女性医療ネットワーク理事長津島ルリ子先生は、
オレンジ色の花をあしらった艶やかな着物。
おのころ心平先生は、襟裏にオレンジのアクセントのジャケット。
私はといえば、初挑戦のオレンジ一色のワンピース。


NPO法人女性医療ネットワーク 発足12周年
おめでとうございます。

2003年、全国の女性外来担当医師たちが、
女性医療・ヘルスケアについて勉強交流するネットワークとして結成され、
女性の生涯にわたる健康支援のために活発な活動を続けている団体。

ルリ子先生は、女性の生涯の健康支援の道に、
踏み込み、切り込み、以来、邁進してこられた方。

邁進?
いえ、驀進かしらね!

そのエネルギッシュな仕事ぶりには頭が下がるばかり。

愚痴も不平も不満も、
そんなことを並べたてている時間とエネルギーが少しでもあったら、
それを問題解決のために降りそそぐ。

そう、ルリ子先生は、私がお手本とするべき女性のひとり。

日本は、欧米各国と比べると、
女性の健康分野の整備は30年以上遅れているのだそう。

ルリ子先生には、ブルドーザーのような活躍を、
まだまだしていただかなくてはね。

不肖私やましたひでこといたしましては、
住環境というフィールドで女性たちの健康、
つまりは、身体と精神のごきげんを目指す所存(^^)/


ルリ子先生の全力疾走のフルマラソン、
私が伴走するには自転車が必要かもしれないけれど。




それにしても、いつも男前のハンサムウーマン対馬ルリ子先生、
この日はとてもたおやかな艶めく女性でありました。


当日のおのころレポートはこちら。
http://ameblo.jp/onocoroshinpei/entry-12030267989.html





断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-05-24 22:27:00

「あなたは部屋の片づけ方を知るためではなく、人生の調え方を学びにきたのです」

テーマ:セミナー・講座報告
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。





あなたは部屋の片づけ方を知るためではなく、
生の調え方を学びにきたのです
_____________________________

                やましたひでこ断捨離セミナー in 東京 2015




私たちは、部屋の片づけの仕方は知っている。

そう、すでにその方法は知ってはいるけれど、
それを実行することに困難を感じているのですね。

私たちの人生の目的は部屋を片づけことであるはずもなく。

そう、部屋の片づけは人生をごきげんに生きるための手段
けれど、その手段でつまづいているのですね。

さてさて、どうしたものか。








断捨離とは、人生をごきげんに生きるための智慧
断捨離とは、人生をごきげんに生きるための行法哲学

沢山の受講生さんとともに過ごした1日。

有難うございます。
熱心な受講に心より感謝です。

今頃は、みなさん、せっせと断捨離に励んでいるのかしら。

断捨離に理論はいらない、ただ実践あるのみ。



◆やましたひでこ断捨離セミナー2015

【平日】開催 7月16日木曜   断捨離セミナー in東京
【土曜】開催 9月19日土曜   断捨離セミナー in大阪
【平日】開催 11月12日木曜 断捨離セミナー in東京

【土曜】開催 12月5日土曜  断捨離祭り 


告知&募集は、約2カ月前に断捨離メールマガジン】でご案内!





断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-05-22 12:03:48

小学5年生の漢字ドリル ~「断」と「捨」はいつ習う?!

テーマ:やましたひでこの独り言
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。





この日は、NPO法人全国初等教育研究会へ。
研究会発行の雑誌「WUTAN」の巻頭インタビューを受ける。

「WUTAN」は、全国の小中学校の職員室に直接届けられる雑誌。








そうだね、教室には「整理整頓」の標語の張り紙、
けれど、職員室の机の上は資料がくちゃくちゃに山積されている・・・

そんな光景が容易に目に浮かぶ。

たしかに学校の先生は超多忙。
やることは沢山、しかも突発的な出来事だって頻発。
じっくりと、片づけに取り組んでいるヒマなどないのだ。

整理整頓の大切さ、わかっちゃいるけど・・・

という先生たちのジレンマの声なき悲鳴が、
カタチとなって机の上に展開しているのですね。


でもね、だからこその断捨離という、
整頓以前のモノの絞り込み

余分なモノを取り除いていくプロセスが、
詰まりきった仕事にスムーズな流れを取り戻すトリガーとなる。

けれど、そこでも、こんな声が聞こえてきそう。

断捨離する時間だってないんです・・・

でしょうね。

でもね、それは違う。
五分くらいの時間は取れるはず。

五分では、たいした整頓はできなくても、
五分で、いくつかの不必要なモノたちはゴミ箱に入れられる。

そう、実のところ、なんであれ、時間の余裕の問題ではなく価値観のなせるわざ。

片づけや断捨離の重要性・価値が頭や心に沁み込んでいれば、
誰だだって、どんな状況であっても、これらを疎かにすることはないのだから。

ということで、インタビューとはいえ、すっかりセミナーモード。
5名の取材スタッフさんを前にして、熱い断捨離のレクチャーを。







ところで、「断」と「捨」という漢字は、小学校五年生で習うのだそう。

ああ、「断」と「捨」という漢字を教え習いながら、
「断捨離」を教え習うことができたなら素晴らしい。

そうすれば、教室も職員室も、見事なばかりに整って、
お互いの学びが弾む活き活きとした空間になるのだから。


さてさて、帰り際に頂戴したのは小学校六年用の漢字ドリル。

あらら、とっても難しい。
読めても、書けないかも・・・私^^;

そうか、断捨離も漢字ドリルと同じ。

ドリル&ドリル

繰り返して、繰り返して、自分のものとしていくのですね!





断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-05-21 08:52:52

「断捨離は禅の香りが・・・」  ~スイス国営放送、ようこそ断捨離へ!

テーマ:最新情報
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。




                       東銀座、マガジンハウス社にて


この日の取材は、遠路はるばるスイスから。

スイス国営放送の皆さんを、
マガジンハウス断捨離部隊長山際恵美子女史とお出迎え。











とはいえ、スタッフの方々、皆、東京在住。

スイス放送協会日本特派員、
日本が大好きなジョージ・バウムガルトナーさんは20年ほど前に来日。

シリア出身、綺麗な日本語を話すカメラマン、ディープ・アリーさんは8年前から。

スイス国営放送、通訳の高橋慶子さんは日本人。


で、なんのために取材にいらしたかというと、

断捨離の概念、方法論、その導き方について関心があったのと、
それに加えて、以下の三つの質問が・・・

実際には、日本人の自宅の中は少し散らかっていて、物をあまり整理しない 状態で溜め込むケースも多いように思います。これはなぜでしょうか。

◇家の片づけを徹底的に行うまでの考え方やプロセスが、まるで精神科医のアドバイスのようにも思えるのですが、
このような印象をもたれることについてどのようにお考えになりますか。

海外でも、片づけに関する図書が受けるのはどうしてだと思われますか。こうした現象をどう思われますか。







恵美子隊長も、流暢なフランス語で、ジョージさんに断捨離の本についての解説を。


そうですね、私自身、おりにふれて、
このブログや断捨離メールマガジンで自分の考えや思いを発信しているけれど。


逆に、外国の方の取材を受けるたびに思うことはこれ。

どういう訳か、外国の人々は、
断捨離にそこはかとなく漂う禅の香りに心惹かれるよう。

そう、なぜだかね。


ところで、この取材番組は、
スイスだけではなくフランス語圏内の国々でも放映されるのだとか。

断捨離が世界に伝わっていくのは嬉しい。
でも、同時にもっともっと深めて行きたい。

だって、断捨離とは私自身の日常の哲学であり生き方なのだから。






断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-05-20 06:24:03

ガネーシャはダンシャリアンだったのね!

テーマ:やましたひでこの独り言
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。





毎月お世話になっている青山の美容室、
真新しいガネーシャさんが鎮座していた。

つい最近、インド人のお客さまから頂戴したお土産なんだそう。

あらら、ずいぶんと煌びやかだこと。


こちらは、石川、断捨離ハウスのガネーシャ。
もう25年くらいになるのかしらね、ずっと我が家に滞在している。





これも、インドに旅行した沖ヨガ仲間さんからのお土産で、私のお気に入り。

布に描かれたガネーシャを額装して壁に。

でもね、そろそろ、新しい額に入れ替えてあげたほうがいいかもしれない。なんたって、ずいぶんとご利益いっぱいの神様なんだから。

ガネーシャ

シバ神の子で、もともとは障害を司るはずの神様が、
転じて、障害を取り除いてくれる神様になったのだとか。

障害神から善神へ、いつのまにか変身!

よくしたものだわ。
そう、ものごとはどう解釈するかは自分たち次第ということで。




そして、こちらは、ご存じベストセラーの「夢をかなえるゾウ」の第三弾。

なんと、断捨離が登場していた・・・


障害を断捨離するガネーシャ

そうか、ガネーシャはダンシャリアンだったのね!

いえ、断捨離トレーナーだったと言うべきか。
ただし、この私やましたひでこの未公認だけど・・・ね^^;

全国のやましたひでこ公認断捨離トレーナーさんたち、
ガネーシャに負けてはいられませんことよ。


夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え
/飛鳥新社






断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-05-19 06:47:39

やはり、新月は見えないのでありまして ~思慮分別~

テーマ:やましたひでこの独り言
おはようございます。
断捨離のやましたひでこです。




                          早朝、雨に煙る東京タワー


やたらと早く目が覚める日があるものです。

今朝はそんな日、なぜだかね。

そうだ、規則正しい生活など私には無縁の話。


ところが、宇宙は、宇宙規模の規則的なリズムを持っているようで、
昨日は新月。

18日、13時13分から、おうし座の新月の始まり。
しかも、18時27分から21時13分の間が願い事のパワーが最大に!

なんて、心がくすぐられるような情報が三か所から同時にやってきて。

その時間に、空を見上げてみる。


以前、

新月には、お財布を振るとお金がたっぷり入ってくる・・・

なんて、話?噂?をよく耳にしたことがあったけれど、
新月に向かって、空のお財布、しかも、黄色の!
をフリフリしている自分の姿を、想像、俯瞰してみたら、
なんだか、とてもいじましく感じたので。

さすがに、それをする気にはなれなかったのを覚えている。

いじしい
いじしい


そうだね、若いスピ系の女の子であれば、その姿はいじらしく可愛くもあるけれど、年齢を重ねた大人のオンナがそれをしたら、いじまいどころか、あさましいかも・・・

という、私なりの思慮分別が働いたようで。

あらら、この思慮分別なる言葉も、死語に近いか。


でもね、昨晩は、新月を見上げてみた。





残念、あいにくの曇り空。
ああ、新月は見えない・・・

あれっ、そうか、新月だからね、晴れていても見えないか!

まったく、いったい私のどこに思慮分別があるのか疑問が湧いてくるわ^^;


でも、どうせならばと、私の願いと想いを宇宙に放ってみる。
そう、思慮分別どころか、かなり欲張りな願い。

おうし座、新月、パワー最大

うん、もうすぐ現実となるに違いないね、この私の願い!!!






断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-05-18 15:01:46

皆、自分ために相手のために人のいる処へ行こうとしている

テーマ:やましたひでこの独り言
ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。




仕事場のマンションから眼下を見渡せば・・・

線路が10本。

山手線
京浜東北線
東海道線
東海道新幹線
臨海新交通ゆりかもめ

どれも複線。

少し視線をずらせば、モノレールも見える。
モノだから、レールは1本。

合計11本のレールたち。

複線であろうと、単線であろうと、
上下、上りと下り、二本の動きがあることには変わりなく。


さあ、たくさんの人々が行きかう月曜日の始まり。


皆、何のために、何処へ行こうとしているのかしらね。

その答えは、これだよね。

皆、自分ために、相手のために、人のいる処へ行こうとしている。


そう、私たちは、人と交流しながら生きている
まさに動く存在、動物なんだもの。


さてさて、私はといえば、
またまた、引き籠もりの日々の始まり。

どうも、今の私の生業<なりわい>は、
ひたすら、仕事場で原稿に向かうことで成り立っているようだ。

けれど、じっとしていても人は尋ねて来てくれる。
友人と仕事の仲間たち。

往く人、来る人
待つ人、動く人

さあ、今週は誰と会うことになるのかしらね。

愉しみだこと。

学び多き出逢いと経験に恵まれることを願いつつ、
さあ、原稿に取り掛かるとしましょうか。





断捨離 ブログランキング参加中!

あなたの応援クリック、とてもとても嬉しいです(^^♪


◆やましたひでこ断捨離塾
http://www.yamashitahideko.com/sp/CP_YDJR/

断捨離@やましたひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

やましたひでこ断捨離塾


断捨離 ブログランキングへ

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み