断捨離マラソンfrom金沢(北林ちかこ)

金沢断捨離会が発信する断捨離マラソン。
参加者の皆さんの交流を目的としたブログです。


テーマ:
おはようございます。

一雨ごとに、
空が冬の色合いを帯びてきます。

北海道では、すでに雪が降っているとか。

冬支度の季節です。

冬支度という言葉には、
雪や氷など、寒さを連想させる反面、
暖かいイメージもあります。

こたつでミカンみかん …みたいな。

寒風吹きすさぶ中、
コートの襟を立て、背中を丸めて家路を急ぐ。

家の灯りが見えてほっとして、
玄関を開けると、ふわっと温い。

ほんのり煮物の匂いなんかが漂ってきて、
あ~~、帰ってきたなとほっとする。

「ただいま~~」。

家の中は、ぽかぽか・ぬくぬくで、
暖かい所には、笑顔が相応しく、
安心して鎧を脱ぐ、
…そんなイメージです。

安心で安全な私の港。

…その大事な港が、
モノで溢れ、散らかって、
さらに汚れていたら…?

鎧を脱ぐどころか、
臨戦態勢がずっと続きます。

神経がまいってしまいますね。
 

本日のブログ紹介は、小島万由美

こじこじこと小島万由美は、
断捨離トレーナーです。

建築士でもあるこじこじは、
自宅のリフォーム設計もみずから手掛けました。

その快適空間が
こじこじのセミナールームです。

自宅そのものが、
断捨離の効用を雄弁に語ります。

そのこじこじが取り組んだのがバッグ。

素敵ね…と褒められたことがあるけれど、
本当は、使い勝手が悪いバッグ・・・。

さてこじこじはどうしたでしょうか?サゲサゲ↓
小島万由美公式HP

断捨離マラソン2015、53日目のお題です。

『紙類』。
チラシ・プリントは終わっていますので、
それ以外の紙類です。

019
まず請求書

公共料金や電話・携帯の請求書は、
どのくらいの期間、
保存しておけばいいのでしょうか。


例えば、来年あたり、
オール電化にリフォームしたいから、
現在の光熱費の推移が知りたい…というような
明確な理由があれば、
ガス・電気代の請求書は要保存でしょう。

ですが、そんな予定もなく、
家計簿をつける習慣もなければ、
過去何年分かの請求書の束は、
無用の長物でしかありません。

事業所では、
書類の保存年数が法律で決められていますが、
一般家庭では、貴方の裁量がすべてです。

自分で決めていいと言われたら、
ちょっと不安になりますね。

「もしこれを捨てることで、
何か不都合があったらどうしよう…。
処分を決めたのは私だから、
その責任は私にある。」…と。

でも、冷静に考えてみてください。

請求書を捨てたくらいで起こる不都合は、
別に大したことではありません。

やましたひでこさんも、
「命を取られるわけじゃなし、
失敗したって、いいじゃないですか。」と言います。

人間ですから、誰しも
しまった!…と思うことはあります。


だけど、皆さん、すでに経験済みでしょうが、
捨てて後悔するケースは、ごくわずかです。

100個のうち、ほんの1~2個でしょうか。

1~2個のために、
捨てて得られる、このとてつもない爽快感を
犠牲にするのは、もったいないことです。

それから
保証書。

保証書の有効期限は、
たいてい1年間。

購入時に延長することもできますが、
有効期限を過ぎた保証書は、
持っていても、役には立ちません。
006

メール全盛の時代ですが、
手紙にも触れておきましょう。

手紙は難しいアイテムです。

ついつい相手の顔が浮かんでしまいますから。

では、その手紙、もらった時以外に、
何回、読み返しましたか?

最後に読んだのはいつですか?

また読みたいと思いますか?

時の経過とともに、
人間関係も変化します。

その手紙は、
過去のある時点での人間関係が、
形になったものです。

つまり過去のモノ。

貴方が“今”を生きる決意をすれば、
古い手紙への執着も
手放せるのではないでしょうか?


ただ、折に触れ、何度も読み返す手紙、
辛い時に、必ず読みたくなる手紙、
人生の指針となるような手紙、
故人からもらった大切な手紙などは、
この限りではありません。
 

ブログランキングに参加しています。
↓バナーをクリックして応援していただけたら、
とても嬉しいです。いつもありがとう。(*^_^*)
 


コメント(2)  |  リブログ(0)

やましたひでこ公認 チーフ断捨離トレーナー 北林ちかこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります