2006-07-29 16:00:12

WORST

テーマ:厳選!お勧めマンガ
WORST 14 (14)

現在、月刊少年チャンピオンにて連載中です。月刊チャンピオンの中でもかなり人気が高いと思われます。

作者は高橋 ヒロシ。私と同じ会津出身でもあります。会津出身の有名人といえば、最近では民主党渡辺恒造なんでしょうか?けど、総裁選が近づきつつある中、存在感が薄れつつあるよーな・・・。

ちょっとそれましたが、高橋ひろしは名作『クローズ』を描いたかたでもあります。

『WORST』は、『クローズ』終了から一年後という設定の続編で、2作の世界観を繋げる内容になっています。

内容は主に同じ地区の高校同士の抗争やそれに関わる組織との対立を描いたものです。なんで同じ地区にそんないっぱいヤンキー高校があるねん!!とか警察無能すぎやろ!!とか色々突っ込みたい人もいると思いますが、そこらへんは漫画なんであしからず。てかそんな考えは読んでるうおかちにぶっ飛びます!!!そのくらい痛快、爽快なコミックです。

男ならだれしもが憧れる『モノ』がこの漫画にはあります。

五ノ井

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-07-29 11:06:11

賭博黙示録カイジ

テーマ:厳選!お勧めマンガ

今日は天気が良くて素晴らしいです。

本日は、カイジを紹介させて頂きます。


【あらすじ】

おまえたちは、負け続けてきたから、貧窮し、ウジウジと、人生の底辺を、這って這って這って、這っているのだ……!
限定ジャンケン……!限定と聞いて、すぐ、ある予感が走った。この勝負、運否天賦じゃない。おそらくは愚図が堕ちていく。勝つのは、智略走り、他人出し抜ける者……!


福本 伸行
カイジ―賭博黙示録 (11)

利根川の名言というか発言が強く残る作品です。人それぞれの感じ方があると思うので1話を読んでみてください。読めば読むほど続きが気になる人もいれば、もう嫌だなぁと思う人もいるかと思います。『世間の大人どもが本当の事を言わないなら俺が言ってやる…』の続きには驚かされました。でも、なんとなく否定できない部分もあるのかと思います。やっぱり。


フトシでした。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-07-13 13:24:48

北斗の拳

テーマ:厳選!お勧めマンガ

PRIDEの桜庭が、リンに変身するCMを近頃よく見ます。

「北斗の拳SE」そろそろですね。今回は、愛を取り戻せ+TOUGH BOYらしいです。そんなこんなで、今日のお薦めは「北斗の拳」です。


【あらすじ】

核戦争が終結して暴力がすべてを支配する世界となった大地で、北斗神拳伝承者ケンシロウが暴徒を相手に拳をふるう。リンやバットを引き連れ、北斗と表裏をなす南斗聖拳の使い手で関東平野を支配するKINGことシン、牙一族、アミバ、カサンドラ獄長ウイグルらを倒していく。その中で、北斗神拳を共に修行した長兄ラオウや次兄トキ、それぞれの宿星を持つ南斗六聖拳の伝承者達が登場し、ケンシロウと激闘を繰り広げていく。


武論尊, 原 哲夫
北斗の拳 5 死闘への旅だちの巻 (5)

僕ら20代はスロットの影響で読むようになった人が少なからずいると思います。案外、ラオウとの死闘が早い段階で終わってカイオウなどの戦いが長いな~という印象があります。基本的に後付じゃないの?と疑ってしまうほど話が続く印象があります。それにしても、ケンシロウの口の悪さには驚かされました。モヒカン頭のザコキャラに対して、「どけハゲヤロー」と。シンとの直接対決を前にして、ハート様が乱入して来たときは「なんだ、ブタを飼っているのか」と、そしてハート様が「いい度胸してるじゃねぇか」と意気揚々と頑張って戦う雰囲気を前面にアピールしてるのに、ケンシロウは「やっぱりブタか、ブタと話す気は無い」と言い張る。まぁ大分デブだけど誰が見たって人間なのにブタで押し切るケンシロウの口の悪さには圧巻です。マンガの内容としては退屈しないでどんどん読めると思うので是非まだ読んでいない人は読んでみて下さい。ハート様のくだりやケンシロウの悪口に関しては、意識して読むと結構ギャグマンガみたいに楽しめて2回目読んでも面白かったりします。


フトシでした。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-07-09 12:38:46

DEATH NOTE -デスノート-

テーマ:厳選!お勧めマンガ

ミーハーです。フトシです。今日は、デスノートです。

先日、新百合ヶ丘のワーナーで観て来ました。

映画の、感想はネタばれするのとかあまり芳しくないと思うので一言だけ言わせてください。

Lの役者さんの頑張りが観てるほうに沸々と感じさせてくれた・・・です。

気になるか方は映画館で確認してください。


【あらすじ】

このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。死神 リュークが人間界に落とした一冊のノート「DEATH NOTE」。ここから、二人の選ばれし者「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる!! かつてないスリルとサスペンス!!


大場 つぐみ, 小畑 健
DEATH NOTE (1)

この作品にコメントすること自体ちょっとした冒険だと思います。少年ジャンプでよく言われている「ジャンプの三大原則」である「友情・努力・勝利」に関しては大きく逸脱した存在であると言われているようです。小難しいことはちょっとコメントできないですけど、このマンガは読めば読むほど加速度的に面白さが増していきます。ライトって頭いいなぁと感心させられることの連続です。そんで、極悪非道な主人公にコレほどまで感情移入できる作品も珍しいと思います。個人的には第一部で終了してもいいのかなと思うほど第一部の完成度は凄まじく素晴らしいと思います。


フトシでした。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-07-08 12:38:58

ハチミツとクローバー

テーマ:厳選!お勧めマンガ
羽海野 チカ
ハチミツとクローバー (8)

今更ながらハチクロです。

今、ハチクロはすごく熱い瞬間です。

本誌連載がクライマックス(完結)直前ですし、

映画公開直前ですし、

アニメの2クール目が始まりました。

「そのうち…」と思ってた人も、是非今読んでください!



「全員が片思い」っていう切ない恋愛(しかも、高校生でなく20代も半ばになろうかという方々が)ももちろん良いのですが、

学生生活っていうのの良さとか、才能のある人無い人との残酷な違いとか、たくさんテーマがあります。

この夏は、ハチクロを読んで、遠くまで自転車旅行をしましょう!


アニメも、大変評判が良かったために続編が出るくらいの素晴らしさ。

挿入歌が、スピッツ・YUKI・スガシカオなど、とっても豪華です。



<おの>

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-07-02 19:43:50

シガテラ ヤンマガKC

テーマ:厳選!お勧めマンガ

先日、城山通りで交通事故しました。でも、元気すぎて驚いています。

何故こんな話をするかと言うと今回紹介させて頂くマンガはシガテラだからです。シガテラとは魚の毒の名前らしいです詳しい意味は下の方にリンク張っておきました。

グリーンヒルの方が・・・とか、バリバリ伝説だろ!という意見は耳に入れません。


【あらすじ】

未来永劫の約束なんてない!!
高校2年生にもなって純情で、未来を少しだけ夢見ていて、普通に女の子にあこがれを抱き、自由も不自由もない日々の中、少しずつ毒に冒されていく‥‥。


古谷 実
シガテラ (3)

モテない、彼女いない、何かにコンプレックスがある、いじめられてた、などなど青春まっしぐらな時期に負のオーラを少しでも発したことのある男子諸君なら共感できる作品だと感じました。まさに、DT的な知見から物事を捉え的確にそのフラストレーションを昇華?消化?できない感じが上手いと思いました。そして、その逃げ道にバイクというものを見出しなんとも不釣合いな彼女が出来る。まさに、夢物語。逆に、悪夢かも。そんなこんなで高校生の主人公が生きていくマンガです。恋愛漫画でもないし、ギャグでもない。シガテラだって感じの漫画です。


フトシでした。


シガテラとは?   魚のアルバム  より

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-07-01 11:28:46

軍鶏(シャモ)

テーマ:厳選!お勧めマンガ

本日は、軍鶏をお薦めさせて頂きます。格闘技マンガです。

バキよりも現実的です。そりゃそうだよと誰でも思うことしか言えないフトシです。


【あらすじ】

自分の両親を刺殺した優等生の少年『成嶋亮』が少年院に入り、そこで出会った空手の達人『黒川健児』に師事して『生き残るための空手』を身につけ、出所してからは格闘界に入り、無軌道なバトルを繰り広げる…。彼のせいでトラウマを背負って薬物中毒となった妹もいる。普通の格闘漫画とは趣が異なっており、暗黒な面が大きいのがこの漫画の特徴である。よく読みこんでいけばわかるが、梶原一騎原作の格闘劇画の影響を強く受け、随所に似通ったモチーフが見受けられる。

ウィキペディア  より


橋本 以蔵, たなか 亜希夫
軍鶏(シャモ) 23 (23)

格闘マンガといえば、スカッと爽快に修行をしてもっと強い相手を倒していくことが王道だと思うのですが、この軍鶏はもっとドロドロした人間の心の醜い部分にもスポットを当てていてそのあたりが見所です。主人公がより一層、極悪非道になっていく様が顕著に表れていて物凄く惹かれます。いろんな意味で。でも、範馬勇次朗には絶対に勝てないと思います。絶対に。花園勇花でも正直きついと思います。

フトシでした。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。