TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEICリスニング満点続出のロングセラー英語教材「スーパーエルマー」の東京SIM外語研究所所長、ダン上野Jr.がお届けする英語最新情報!

【今日のテーマ】

●「SIM方式」の素晴らしい世界

「関係代名詞」その4


今日は、関係代名詞、その4 です。

ちょっと前回の復習をしましょう。
 
まずは例文です。

----------------------------
These are rhymes which have been passed on for generations from parents to children.
----------------------------

まず、These are rhymes まで読んだら、その部分をパッと捉えます。

「これらは詩です」ですね。

次にwhichが来ていますが、代名詞と考え which=rhymes でしたね。

これを代名詞にすると theyまたは themですね。

したがって、whichは「それらは」か「それらを」になるはずです。

この後の、have been passed on は動詞です。

ですから、whichは they だったということがわかります。

さらに、その内容は「引きつがれてきた」でした。


for generations は副詞句で、「何世代もの間」。

最後の from parents to children は「親たちから子供たちへ」、

でしたね。

では、まとめましょう。

------------------------
These are rhymes (これらは詩です)

which have been passed on (それらは引き継がれてきました)

for generations (何世代もの間)

from parents to children. (親たちから子供たちへと。)
------------------------

いかがだったでしょうか?

関係代名詞は英語独特の表現をするものの代表格でしょう。

これを含む英文をSIM同時通訳方式で読む醍醐味は格別です。

これが、英語特有のゾクゾクするほどの快感なのです。


今回の関係代名詞も、関係詞としてではなく代名詞の方に力点がある、

ということでしたね。

「するところの何々」ではなく which (それらは)と捉えることです。

ここに、英語を「返り読み」せずスピーディーに読む醍醐味があります。

そのようなスムーズさを楽しみながらSIM音読をしましょう。


… 続きは、また次回。

お楽しみに!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

danjrさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります