TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEICリスニング満点続出のロングセラー英語教材「スーパーエルマー」の東京SIM外語研究所所長、ダン上野Jr.がお届けする英語最新情報!

【今日のテーマ】

●「SIM方式」の素晴らしい世界

「第5文型」その2


今日は第5文型 その2です。

今回をもって5文型シリーズは終わりになります。


ちょっと前回の復習をしましょう。

まず例文です。

------------------------------
They found him … dead.
------------------------------

やさしい英文でも、きちんとグルーピングしましょうね。

SIM訳をつけると下記になります。

----------------------------------
They found him   …  dead.
彼らは彼を発見した    死んでいる
----------------------------------

これを「彼らは彼が死んでいるのを発見した」と訳してはいけない、

ということでしたね。

それでは翻訳、ひるがえる訳(=返り読み)になってしまいます。

これでは英語の構造から非常に離れた訳になってしまいます。


いかがでしょうか?

結局、自然な日本語に翻訳することに気を取られてはいけない、

…ということですね。

そうでないと肝心の英語からどんどん離れてしまいます。
 
あくまで、「彼らは彼を発見した」です。

その彼が「死んでいる」のです。

これが「英語の語順」でとらえるということです。


とにかく愚直なまでに「英語の語順」でとらえることが大切です。

これが英語上達の秘訣です。


さて今回まで「SIM同時通訳方式による5文型」について考えてきました。

5文型については「学校の授業ではわかりにくかった」という意見をよく聞きます。

でもSIM同時通訳方式で5文型をとらえると非常にすっきりと把握できますよ。

SIM同時通訳方式では、「英語の語順」で文の頭からそのまま読んでいきます。

ですから、あまり文型を意識しなくても構文の把握ができるのです。

したがって、SIM同時通訳方式は、最も英語の構文に忠実で楽な読み方だと言えます。


…来週からは新シリーズが始まります。

お楽しみに!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

danjrさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります