TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEICリスニング満点続出のロングセラー英語教材「スーパーエルマー」の東京SIM外語研究所所長、ダン上野Jr.がお届けする英語最新情報!

【今日のテーマ】

●「SIM方式」の素晴らしい世界

 「第3文型」その2


今日は、第3文型その2です。

まず、例文です。

----------------------------------------
Henry Ford used a new idea in the manufacturing of machinery.
----------------------------------------

これを、センスグループごとに区切ってみましょう。

----------------------------------------
Henry Ford used … a new idea … in the manufacturing … of machinery.
----------------------------------------

最初のセンスグループ Henry Ford used を見た段階で、

「ヘンリー・フォードは使った」とパッと理解しましょう。

ところが、次のセンスグループは a new idea「新しい考え方を」となっています。

ですから、ここで「使った」という訳を「採用した」という訳に瞬間的に修正しましょう。

「ヘンリー・フォードは採用した…新しい考え方を」ですね。

このような修正は、ネイティブであれば、日常茶飯事に行っています。

ですから、私たちもこれに慣れなくてはなりません。


次のセンスグループです。

in the manufacturing ですから、「製造に」ですね。

of machinery. と続きますので、「機械の」ですね。

結局、この文章のSIM訳は次のようになります。

--------------------------------------------
Henry Ford used … a new idea … in the manufacturing … of machinery.
ヘンリー・フォードは採用した…新しい考え方を…製造に…機械の
--------------------------------------------


ところで、このようなSIM訳を読むと煩わしいと思う人もいるかもしれません。

慣れないうちは、特にそう感じるでしょう。

また他人がしたSIM訳を読むと、書かれている文字が日本語であるだけに、

「なぜわざわざこうするのか?」と煩わしく思えるでしょう。

でもSIM訳は、本来他の人に見せるためのものではありません。

自分のために自分の頭の中でするものです。

あくまで「ネイティブ思考法」に頭脳を転換させるためのトレーニングなのです。


ここが、非常に大きなひとつのポイントです。

次回は、この点について、掘り下げてご説明しましょう。


…この続きはまた来週!

お楽しみに!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

danjrさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります