どこにいるかなsweetie

ブログの説明を入力しません。

NEW !
テーマ:

どうも、ダンジネスです。

 

今回は先日生放送でお披露目した新PT、

 

アリマゲドン構築について語らせていただきます。

 

アリマゲドン」とは、以下の4匹を略したものであります。

 

 

アリアドス

ッギョ

ンガー

トリトドン

 

と、いうわけです。

 

そこに、じめん一貫してるからってことでカプ・ブルル入れて、

 

んじゃ前言ってたグラスフィールド下のひみつのちからのギミックも入れちゃおう、

 

という事でガルーラを入れた結果、

 

こんなメンツになりました。

 

ってなわけで、今回はこの、

 

アリマゲドンガルブルをご紹介いたします。

 

 

 

そもそもどうしてこんなPTが出来上がったのかというと、

 

最近僕は新しいPTを考えようにも、

 

どうも良い案が思い浮かばなくて困っている、

 

という話を、某句読点。さんに相談した結果、

 

アリアドスおもろいで。」

 

って言われたのが事の始まり。

 

ポケモンwikiに載っていたアリアドスの型に、

 

Zどくのいと型というのが載っていたらしく、

 

某句読点。さんいわく「起点作りとして優秀」との事。

 

なにこの蜘蛛・・・絶対弱いやん・・・

 

そう思いながら覚える技を少し調べる僕。

 

・・・

 

おもろそうやん。(手のひらドリル)

 

たしかに起点作りに使える技を多数覚える模様。

 

その起点作りの仕事をした後誰を繰り出すかや、

 

そうした場合に誰がきついか、

 

いつものごとく某句読点。さんとの考察トークが続き、

 

この6匹に行き付きました。

 

PTの並びを採用が決まった順番に並べ直すと、

  

アリアドスの相方にゲンガーが選ばれ、

 

マッギョ、カプ・ブルルが相性補完として採用。

 

カプ・ブルルのグラスフィールドに便乗するという理由でガルーラが採用、

 

最初の3匹で「アリマゲ」って略せるから、「ドン」がおれば、

 

「構築名アリマゲドンで、アルマゲドンっぽくね?」

 

っていう理由だけでトリトドンを採用。

 

今改めて某句読点。さんとのやり取りを振り返ってみると、

 

僕が考案したのはこのトリトドンだけで、

 

他の5匹はぜんぶ某句読点。さんからの提案でした。

 

PTのすべてを某句読点。さんが、

 

実質僕が担当したのは、PT名の語感だけでした(笑)

 

最初は別に本当にPTを組むつもりで考察トークをしたわけではなかったのですが、

 

現時点で他に何育成するかっていうのも今なかなか思い付かんし、

 

勢いに任せてこのPTを組んでみる事に。

 

 

 

 

 

ここで、軸に選ばれたアリアドスというポケモンが、

 

いかにすごいポケモンであるか、

 

わたくしが少し説明いたしましょう。

 

アリアドスが初登場した金銀バージョンでは、

 

なんとあの!してんのうのキョウさんが!

 

手持ちにアリアドスを採用しています!

 

さらにXYでは、最後のダンジョンであるチャンピオンロードに生息していたり

 

ORASに至っては、本編終了後のエピソードデルタを最後まで進めないと入れない、

 

空の柱という場所にしか出現しない超レアポケモンなのです!

 

そして、サンムーンでは専用技の会得

 

さらに!あの!スカル団のボスであるグズマさんが

 

アリアドスを愛用しているではないですか!

 

してんのうが手持ちに採用している

 

ストーリー終盤でしか手に入らないレア度の高さ

 

悪者の組織のボスにも認められているその実力

 

よくよく考えてみればアリアドスは、

 

ゲームフリーク屈指のイチオシポケモンだったのです!!

 

これだけ優遇されてるんですから、

 

専用技の1つや2つ、もらって当然ですよね?

 

 

 

記事の冒頭でwikiに載っていたというZどくのいと型

 

まずこのどくのいとという技ですが、

 

これがアリアドスだけが扱う事の出来る専用技

 

7世代から突然追加された新技で、

 

アリアドスが初登場した金銀から約17年の間、

 

しばらく目立った活躍が無かった彼ですが、

 

サンムーンで大幅強化されたのであります!

 

そんなアリアドスの専用技を使った、

 

誰にも真似できない起点作りを活かした構築が、

 

このアリマゲドン構築なのです。

 

 

 

 

 

アリアドス @ドクZ

おだやか H236 B36 S236

ふみん

どくのいと どくびし ねばねばネット バトンタッチ

 

今回の主人公。

どくのいとの効果は、

相手のSを1段階下げ、さらに相手をどく状態にするというもの。

ドクZを使ったZどくのいとではさらに、

自分のSを1段階上昇させる事ができます。

自分のS+1、相手のS-1の条件で、

S130族抜きができます。

これを使って相手をどく状態にした上で次のターンからSを抜き、

2ターン目に先手を取ってねばねばネットorどくびしを撒く、

これが基本的な動きとなります。

他には、Zどくびしの追加効果がB1段階上昇なので、

状況次第ではそちらを選んで相手の攻撃を耐える、

SかBの上昇をバトンタッチで裏につなぐ、

等々、案外色々な事ができる奴なんです。

 

 

 

 

ゲンガー @ゲンガナイト

おくびょう CS

のろわれボディ→かげふみ

たたりめ きあいだま さいみんじゅつ みがわり

 

実質PTのエース。

アリアドスのどくのいと、どくびしによる状態異常撒きを利用し、

たたりめで全員粉砕しようという型。

どくびしはどく、はがね、ひこう、特性ふゆうのポケモンには効かないですが、

その辺の面倒臭いポケモンは全部さいみんじゅつで眠らせる事にしました。

こいつで最後まで全抜きするPTなので、

自分を犠牲に1:1交換するみちづれは切り、

全抜き性能を高めるためにみがわりを入れました。

 

マッギョ @イアのみ

ひかえめ HC

せいでんき

ほうでん だいちのちから ねっとう じわれ

 

どくびしの効かないどく、はがね、ひこうタイプすべてに有利な複合タイプという事で採用。

ゲンガーたたりめとのシナジーを考え、

せいでんき、ほうでん、ねっとうで、

どくにならない相手にも状態異常を入れれるようにしています。

とつげきチョッキを持たせる予定で育成しましたが、

このPTではカプ・ブルルに取られていたので適当に混乱実を持たせました。

グラスフィールドで威力が下がらないじめん技が使えるという点も、

PT内でのアンチシナジー回避ができていて、

このPTに関してはこいつが結構いい感じにハマっています。

実戦でも思ったより選出の機会が多く、

案外やれる奴でした。

 

 

 

 

 

トリトドン @ウイのみ

なまいき

努力値の振り方は忘れた!W たぶんHDベース!W

よびみず

だいちのちから れいとうビーム どくどく じこさいせい

 

PT名の語感のためだけに選ばれたポケモン

PT内でシナジーしてる点と言えば、

申し訳程度のどく撒き要素。

 

 

 

 

カプ・ブルル @とつげきチョッキ

いじっぱり HA

グラスメイカー

ウッドホーン ウッドハンマー いわなだれ ばかぢから

 

PTのじめんの一貫を、グラスフィールドでカバーしようという発想。

前々回の記事で紹介したものと全く同じ型なので、

解説は割愛させていただきます。

 

 

 

 

ガルーラ @ガルーラナイト

いじっぱり AS

きもったま→おやこあい

ひみつのちから いわなだれ グロウパンチ ふいうち

 

PTにカプ・ブルルがいるので、

どくびしの効かない相手をひみつのちからで催眠しよう、

と、適当に放り込まれたポケモン。

このPTはゲンガーがよく選出されるので、

メガ枠が被る事からほとんど選出されないであろうポケモンです。

こちらも前々回の記事で紹介したものと全く同じなので、

解説はこの辺で切り上げます。

 

 

 

 

 

こんな感じのPT構成です。

 

まぁ、色々一貫してると思いますし、

 

そもそもバシャーモめっちゃ刺さっててヤバいんですが、

 

半分勢いで組んだPTなので、

 

その辺は仕方ないと言い訳をしておきますね。

 

でも生放送では思ってたより戦えました。

 

このPTのおかげで、1425しかなかった僕のレートが、

 

1500台に復帰いたしましたからね!

 

構築名が変わってしまうかもしれませんが、

 

メンツを変えてPTのバランス調整を図り、

 

より完成度の高いアリアドス軸PTを目指すのも悪くない気がしてきました。

 

 

 

シーズン4では色んなPTを使いたい、

 

そう意気込んでいましたが、

 

ぶっちゃけドマイナーで変なポケモンを軸にしたPTが出来上がったので、

 

幸先の良いスタートが切れた気がしています。

 

この調子でシーズン4はガンガンいきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小澤亜李 元気のでるラジオ!!

 

毎週 日曜日 21:00 ~

 

ニコニコ生放送でも視聴できますよ!

 

ぜひ皆さんも元気をもらいましょう!!!

 

 

 

では、今回はこんな感じ。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

どうも、実質元世界ランク13位の男ダンジネスです。

 

レーティングモードのシーズン4が始まりました。

 

シーズンが始まってすぐのPGLランキングを見たところ、

 

総合レート6000で、ランキング13位になれる事が判明しました。

 

現在レーティングにあるルールは、

 

シングル、ダブル、スペシャル、WCSルールの4つ。

 

1つのルールを適当に始めるだけで、1500

 

つまり、総合レート6000という数字、実は、

 

4つのルールを適当に始めるだけで簡単に到達できるのです!

 

天才である僕はそこに気付き、

 

すべてのルールを開始、

 

1戦もする事無く全ルールで1500になり、

 

合計6000のレーティングを獲得しました。

 

次のPGLランキング更新の時を待ちました。

 

そして、運命のPGL更新。

 

ウキウキで自分のランキングを見ようとした、

 

 

 

・・・の、ですが、

 

どこを見ても自分の名前がありません。。。

 

おかしいなぁ、どうしてでしょうかねぇ・・・

 

たしかに下画面で自分のレートが1500になっている事を確認したんですが・・・

 

1戦もしないために、

 

誰かとマッチングする前に切断しまくったのがいけなかったんでしょうかねぇ。

 

いやいや、たかが切断くらいでそんな・・・

 

・・・

 

 

 

原因はそれか・・・

 

おそらく、1戦は最低でもしないといけないようですね・・・

 

1戦しないと反映されない説、これが有力かもしれません。

 

今となってはレート6000じゃ、

 

総合レートのランキング50位にも入れるか怪しいところです。

 

あぁ、僕の世界ランカーになるための野望が・・・

 

でもまぁ、アレっすよ、PGLに載ったかどうかは別として、

 

実質的に僕は世界ランク13位の数値を叩き出した事は事実

 

その記録はゲームフリークの陰謀により闇へと消えましたが、

 

俺は世界13位の男である事に変わりはなァい!!

 

デュエヘヘヘヘwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

 

では、今回はこんな感じ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも、ダンジネスです。

 

お久しぶりですね。

 

前回の記事で「シーズン3終わりましたね」記事を書きましたが、

 

「シーズン3終わりましたね」記事、

 

まさかの2つ目でございます。

 

今回シーズン3では、総合レートにも力を入れる事にしました。

 

 

これがシーズン3終了時の僕の戦績です。

 

少し文字が小さくて見にくいかもしれませんがご愛嬌。

 

シングルしかまともに潜ってねぇ!!

 

そう言われればそれまで、のような対戦数ですね・・・

 

僕としては、総合レートが30位以内ならPGLランキングの3ページ目になっていたので、

 

ギリギリ4ページ目になってしまった事が少し悔やまれます。

 

一応シングル専門でポケモン対戦をしているつもりなのですが、

 

どうせならダブルやWCSも1800ぐらいを目指してみたいですね。

 

そこまでいけるようになったら、スペシャルレートのルール次第で、

 

今回達成できなかった3ページ目に載る事もできるかもしれません。

 

シーズン3のスペシャルルールは、

 

もちものがZクリスタル限定のシングル6350やったんで、

 

シングル勢の僕にとっては始めやすかった事もあって、

 

今回総合レートを意識する事にしました。

 

シーズン4のスペシャルルールは、

 

ちゃんと知らんのですが、もちものがいくつか制限された上でのシングル6150

 

って感じなんですかね。

 

前の記事でも書きましたが、

 

シーズン4ではシングルで色んなPTを使ってみたいと考えているので、

 

総合レートを意識するかどうかはわかりませんが、

 

気が向いたら今度こそ3ページ目に入りたい、

 

いけたら2ページ目とかを目指してみたいものですね。

 

 

 

では、今回はこんな感じ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1145141919810

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも、ダンジネスです。

 

レーティングバトル、シーズン3が終了いたしました。

 

シーズン3は珍しくレートがデフレしていたみたいです。

 

レートがインフレした、とは聞き覚えがありましたが、

 

デフレしたというのは初めて聞いたかもしれません。

 

皆さんシーズン3、調子はいかがでしたでしょうか。

 

僕は調子が良かったのか悪かったのか微妙な所です。

 

シーズンの序盤、中盤は非常に調子が良かったのですが、

 

終盤は連敗の嵐でなかなかレートが上がりませんでした。

 

総合的に見ると最終的にレートが下がっているので、

 

調子は悪かったのかもしれません。

 

シーズン3ではあまり色んなポケモンを使おうとせずに、

 

本ロムとサブロム両方とも、「レートで勝てるPT」を考えてずっと使っていました。

 

でも「勝ちにいくPT」なのに「勝てない」という結果に終わってしまったので、

 

自分の実力不足を痛感しました。

 

勝ちにいくPT考察は1シーズンやって満足したので、

 

次のシーズンからは色んなPTを使っていきたいと考えています。

 

変なポケモン使ってて楽しいPT等々、

 

自分の本業に戻りたいと思います。

 

そんなわけで今回は、

 

勝ちに行こうと考察したけど勝てなさすぎてボツになった

 

という、失敗作を載せたいと思います。

 

 

 

  

見た目だけなら強そうなPTに見える自信があるんですが、

 

実際使ってみると、どんなPTを相手するのもキツいという、

 

おそらく環境に適応していないであろうPTです。

 

このPTは、グラスフィールド下のひみつのちからの追加効果が、

 

3割の確率で相手を眠らせるというのを使ってみたい、

 

という所から考察が始まりました。

 

ガルーラカプ・ブルルが最初に入り、

 

その2匹と相性の良さそうなクレセドランを入れて、

 

メガゲンガー重そうやからバンギラス入れて、

 

でんき技を無効にできるポケモンがいなかったので、

 

ガブリアスを適当に入れて、とりあえず対戦しにいく事に。

 

ですが実際に対戦していると、

 

グラスフィールド下でひみつのちからを打つ場面はほとんど無く

 

ブルルドランの相性補完やガルクレセドランの安定感等、

 

PTコンセプトを無視した選出、立ち回りが多くなっていきました。

 

コンセプトが崩壊したとは言え、

 

結局PTには強いポケモンしか入ってないので、

 

恐怖の催眠ガルーラは力を発揮する事無く、

 

無駄にレートは上がっていきました。

 

冒頭で「シーズン序盤は調子が良かった」というのは、

 

この辺りの出来事ですね。

 

調子が良かったと言ってもレーティングは1950止まりで、

 

2000には届きませんでした。

 

コンセプト通りいかんくてPTとしてはうまくいかんかったけど、

 

こんだけ勝ててる事やし、どうせならガチパとして考察していくか~、

 

って感じで勝ちにいくPTに昇格させたのですが、

 

そっからですよ、レート中盤から終盤にかけてぐらいから、

 

まったく勝てなくなりました!!!

 

環境が変わってついて行けなくなったのか、

 

シーズン序盤に比べて中盤、終盤やから本気で勝ちに来た人が増えたのか、

 

その辺はどうなんか分かりませんが、

 

まったく勝てなくなりました!!!

 

レートでの戦績は3連敗が当たり前、時に5連敗

 

最高記録は10連敗をマークする超絶クソ雑魚PTと成り下がったのです!

 

レーティングのほうも200ぐらい下がりました!

 

「勝ちにいってる」というのに、ギギギアル入りのPTの方が勝ててる・・・

 

やっぱギギギアルって神だわ。

 

・・・じゃなくて、その事実に顔面蒼白。

 

色白美人も驚愕の、驚きの白さ。

 

この戦績を見たダンジネス先生は、

 

顔面蒼白の後顔面クリムガン

 

ブチギレた挙句、PT晒し上げブログを書き殴るのであった。

 

 

 

 

ガルーラ @ガルーラナイト

いじっぱり AS

きもったま→おやこあい

ひみつのちから いわなだれ グロウパンチ ふいうち

 

PTコンセプト上最初に採用されたポケモン。

グラスフィールド下なら3割催眠

違えば5割で怯ませる犯罪者

それら2つの技と相性が良いグロウパンチ、

そのグロウパンチと相性の良いふいうち、

この構成やと火力が欲しいのでいじっぱり、

PT的にミミッキュが重いのでAS振り、です。

 

 

 

 

カプ・ブルル @とつげきチョッキ

いじっぱり HA

グラスメイカー

ウッドホーン ウッドハンマー いわなだれ ばかぢから

 

ガルーラ催眠犯罪に加担する共犯者。

チョッキのおかげでカプ系全般に後出ししやすく、

腐る事も少なくて使いやすかったです。

やどりぎのタネを入れた最速やどまも型も試しましたが、

こっちの方が僕には合ってました。

 

 

 

 

クレセリア @ゴツゴツメット

ずぶとい HB

ふゆう

サイコキネシス れいとうビーム どくどく つきのひかり

 

主にバシャーモボーマンダガルーラ等を受ける役割。

ですが、ホノオZに吹き飛ばされたり、

6世代のようにグロウパンチで吹き飛ばされたりしました。

クレセリアが現環境で数を減らしている理由が、

実際に使ってみて少し分かったような気がしました。

 

 

 

 

ヒードラン @たべのこし

おくびょう HS

もらいび

ふんえん どくどく まもる みがわり

 

ドランは最速どくまも信者のダンジネス。

このPTは色んなポケモンがどくどくを持っているので、

ハメやすく、このPTではエースクラスです。

 

 

 

ガブリアス @こだわりスカーフ

ようき AS

さめはだ

げきりん じしん いわなだれ ほのおのキバ

 

このPTは受け回す系のポケモンが多く、

積み技でゴリ押しされると困るので、

積みエースストッパーとしてスカーフガブリアス

このPTはルカリオで詰んでるんで、

その辺も意識してます。

 

 

 

 

バンギラス @ラムのみ

いじっぱり HA

すなおこし

ストーンエッジ おいうち れいとうパンチ どくどく

 

対ゲンガー専用兵器。

メガゲンガーが来たら詰むPTなので、

相手のPTにゲンガーがいたら絶対選出レベルで出してました。

最近のゲンガーきあいだま持ちがいないと思い込んでいたのですが、

シーズン終盤ではよくきあいだまが飛んできて、

2ターンで試合が終了する事もしばしば。

 

 

 

 

最初組んだ時はこんな感じのPTでした。

 

しかし、流行しているメガメタグロスや、

 

リザードンドヒドイデメガギャラドス等々、

 

今や多くのPTに採用されているポケモン達に弱いという、

 

現環境で使うには少し厳しいPTでした。

 

限界を感じて色々ポケモンを入れ替えたりもしました。

 

 

 

 

先日、生放送でこんなPTを使いましたが、

 

これはさっきのPTから色々メンバーチェンジをされた後の姿です。

 

 

 

 

ランドロス @こだわりスカーフ

いじっぱり AS

いかく

じしん いわなだれ ばかぢから とんぼがえり

 

クレセリアがいなくなった事によりじめん技が一貫してしまったので、

ガブリアスからランドロスに変更。

おかげでリザードンがより重くなってしまいました。

いじっぱりならばかぢからでASメガガルーラが高乱1発にできるのですが、

今の環境やとSに性格補正をかけた方が抜ける相手が多く、

火力よりSが欲しい場面が多く感じました。

 

 

ナットレイ @バンジのみ

のんき HB

てつのトゲ

パワーウィップ ジャイロボール やどりぎのタネ まもる

 

メタグロスギャラドスに強くするためにカプ・ブルルから変更。

グラスフィールド下でひみつのちからをするという、

PTコンセプトを完全に捨てた瞬間でした。

ヒードランにたべのこし、クレセリアにゴツゴツメットを取られていた時にコイツを採用しようとした結果、

混乱実を適当に持たせて使ってたんですが、

これがすごく良い感じに仕事してくれてます。

ここでバンジナットの起源を主張しておきます!

混乱実の中でもバンジのみを選んだ理由は、

この木の実の色が緑色ナットレイの色と合ってるからです!!

 

 

 

 

カプ・レヒレ コオリZ

ずぶとい HB

ミストメイカー

なみのり れいとうビーム しぜんのいかり くろいきり

 

バシャーモに厚く、メガギャラドスに強いポケモンという事で、

クレセリアからコイツに変更。

せっかくコオリZ持たせたんやから、

くろいきりだけじゃなくて攻撃技にもZに対応した技が欲しいな~と思って、

れいとうビームを入れてみたのですが、

仮想敵の1人であるメガギャラドス有効打が無くなってしまいました。

また、このPTのエースの1人にどくまもドランがいるという事ですが、

ミストメイカーによる見事なアンチシナジーまで完備。

 

 

 

 

新入りはこんな感じの構成でした。

 

既存の3匹は元になったPTから型を変えていません。

 

先程も申しました通り、

 

どくまも戦術をするのに自分のPTにカプ・レヒレがいたり

 

グラスメイカーを張る戦術がコンセプトなのに、

 

じしんが主力技になるスカーフガブリアスがいる等、

 

PT内でのアンチシナジーが多く、

 

全然美しくないPTとなっています。

 

PT全体が重いポケモンを改善しようとするとアンチシナジーが発生し、

 

PTコンセプトを守り過ぎる1匹のポケモンに6タテされるPTになり、

 

そもそもこのPT使ってて「なんか使いにくいな・・・」と思い始めたり。

 

結局結論は出せず仕舞いでしたが、

 

もうこのPT、考察するのに疲れました!

 

投げます。

 

このPTは、また気が向いたら使う程度にします。

 

 

 

さて、新しいメガストーンが2つ、

 

ヘラクロスナイトヘルガナイトが解禁されました。

 

シーズン4からは、メガヘラクロスメガヘルガーが使えます。

 

メガヘラクロスは6世代の頃から強くてよく使われていました、

 

7世代でも活躍する事間違いなしでしょう。

 

一方メガヘルガーは6世代で使用率が高かったどうかと聞かれれば、

 

お世辞にもよく使われていたとは言えませんが、

 

7世代からはメガシンカの仕様変更により、

 

初手からいきなりS115族として行動できるように。

 

あく・ほのおタイプの優秀な攻撃範囲と、

 

サンパワー発動時の圧倒的高火力があの速いSから繰り出されるというのは、

 

考察する価値が大いにあると思います。

 

個人的にヘルガーというポケモンが大好きなので、

 

シーズン4ではメガヘルガーを使ったPTを考察したいと考えています。

 

2世代以前のポケモンの中では一番好きやったんで、

 

是非とも活躍させてやりたいところ、で、ございます。

 

 

 

では、今回はこんな感じ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イキスギーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。