どこにいるかなsweetie

ブログの説明を入力しません。


テーマ:

どうも、ダンジネスです。

 

ポケモンサンムーンのレーティングシーズン2が終了しました。

 

このシーズンからポケモンバンクが解禁となり、

 

ここから本腰を入れてレートに臨もうという人も多かったのではないでしょうか。

 

わたくしも今シーズンはかなり調子が良かった方でした。

 

が、レートがインフレしているという声もチラホラ聞こえたので、

 

その波に乗っただけで気のせいやったかもしれません。

 

今回はシーズン2で使用したPTの1つを公開します。

 

生放送でもお見せしたもので、

 

とあるゾウがトレードマークのこのPTです。

 

最初は交代する事を全く考えない対面構築という感じで組み始めました。

 

リザードンは対面構築にあまり入らないイメージかもしれませんが、

 

最初リザードンの枠は対面構築らしくバシャーモでした。

 

で、少しPTを回した結果変える事にしました。

 

特に誰が使いたかったというわけでもなく、

 

使いたいポケモンを寄せ集めてできたPTという感じです。

 

使いたかったポケモンを強いて挙げるならドンファン

 

という感じかもしれません。

 

 

 

 

 

ドンファン @ジメンZ

いじっぱり AS252

がんじょう

じしん はたきおとす がむしゃら こおりのつぶて

 

対面強そうでとも相性が良く、

これはいける!と思って育成。

このきっかけになったのは、

もうここでは散々話に出している某句読点さん。

この人とフレ戦している時に使われて思い付きました、

思い付いたというかパクりました。

特性がんじょうで何でも耐え、

ジメンZじしんで何でも倒そう、という考えです。

 

 

 

 

リザードン @リザードナイトX

いじっぱり AS252

もうか→かたいツメ

フレアドライブ ドラゴンクロー かみなりパンチ りゅうのまい

 

6世代の頃にリザードンXの型の中で一番お気に入りやった、

りゅうまいかみなりパンチリザXです。

カプ系やら何やらでげきりんは打ちにくいと思ったので、

げきりんではなくドラゴンクロー

あとはカプ・レヒレを意識したかみなりパンチです。

 

 

 

 

パルシェン @きあいのタスキ

いじっぱり AS252

スキルリンク

つららばり ロックブラスト こおりのつぶて からをやぶる

 

ここまで何も言う事の無い型も珍しいそのまんまのタスキパルシェン

こおりのつぶて持ちがPTに2体という事で、

ガブリアスボーマンダ等の強力なドラゴンポケモンには厚いです。

こちらのリザードン対策に出てきたガブリアス等を起点にからをやぶる、

積みリレー的な動きもできます。

 

 

 

 

ミミッキュ @いのちのたま

いじっぱり AS252

ばけのかわ

シャドークロー じゃれつく かげうち つるぎのまい

 

これまたド直球のそのまんま型

持ち物が最近あまり見なくなったいのちのたまである事以外、

普通のどこにでもいるZ持ちミミッキュと大差ありません。

今の対面構築にはこのポケモンが入りそうな雰囲気がしたので、

とりあえず採用してみました。

 

 

 

 

メタグロス @メタグロスナイト

ようき H20 A228 B4 D4 S252

クリアボディ→かたいツメ

アイアンヘッド しねんのずつき れいとうパンチ バレットパンチ

 

上から怯みを狙う運ゲーの申し子。

対面構築を組んでいると、

どうしてもPT全体がスカーフカプ・テテフが重くなってしまい、

ブチギレた結果このポケモンの採用に至りました。

それでも交代読みシャドーボールを決められて沈んだ事がありました。

リザードンの枠がバシャーモやった頃は唯一のメガシンカ枠で、

その頃は選出率もそこそこ高かったのですが、

リザードンに変わってから選出率が減少しています。

 

 

 

 

カプ・コケコ @デンキZ

むじゃき A60 C196 S252

エレキメイカー

10まんボルト マジカルシャイン くさむすび ワイルドボルト

 

一度使ってみたかった型。

普段は普通の特殊型で運用し、

特殊の数値受けポケモンを後出しされそうな時、された時、

Zワイルドボルトで返そう、という型です。

一番の仮想敵はラッキーで、

ラッキーヤドランの並びに一貫させる事が大きな目的です。

特殊受け以外にもチョッキ持ちアタッカー等に対しても有効で、

アローラベトベトン等にもワイルドボルトの方が大ダメージが見込めそうです。

その代わりにとんぼがえり、ボルトチェンジ等の、

小回りの利く交代技を覚えていません。

このPTの場合対面構築という事で、

引き先がそもそもいないのでそれはまぁいいかなぁという感じで。

 

 

 

 

こんな感じのPTをシーズン2で使っていました。

 

レートでの勝率はそこそこでした。

 

詳しくは分かりませんが、そこそこ勝ててたと思います。

 

これから僕は、

 

ドンファン入りでレート2070まで行きました!」

 

と、周りの人たちに自慢して回ります。

 

まぁこれは別に僕がすごいわけでも何でも無く、

 

ドンファンが強いポケモンであった、ただそれだけでございます。

 

そのレートも残念ながら、

 

シーズン2最終レートまでには2013にまで落ちてしまいました。

 

 

 

そして始まったシーズン3ですが、

 

ここからクチートナイトスピアナイトが解禁となります。

 

環境はどのように変わるのでしょうか、

 

非常に楽しみな所です。

 

僕もこれからも色んなPTを考えようと思っています。

 

 

 

では、今回はこんな感じ。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

どうも、ダンジネスです。

 

今回は現環境ぶっ刺さりの積みエースポケモンをご紹介いたします。

 

今、積みエースポケモンを使おうと思っても、

 

現環境ではエースストッパーとして優秀なポケモンが多数流行しています。

 

ステルスロックでも無力化されない特性により、

いかなる相手にもほぼ確実に1ターン行動を確保できるポケモン、

攻撃力を高めて先制技で全抜きするエースを許さないポケモン、

ねこだましにより優先度で上から抑え込むポケモン、

Sを上げる積み技を使用しても、

スカーフによりさらに速いSで上から殴りかかってくる可能性のあるポケモン、

 

・・・等々、積み技を積んでも全抜きしにくい環境だなぁ、

 

そうお思いの方は多いのではないでしょうか。

 

そしてレーティングに潜っていると、これら4匹のポケモン

 

すべてが採用されたPTとマッチングする事も珍しくありません。

 

単体で見てもトップクラスの採用率を誇るポケモンたちであり、

 

このポケモンたちが1匹もいないPTと当たる方が珍しい、

 

そう言っても過言ではないかもしれません。

 

そこで今回僕が紹介する全抜きエースポケモンなのですが、

 

このポケモンが1度起点を見つけて積み技を積んでしまえば、

 

上記4匹のポケモンでは誰にも止める事ができません。

 

これらのポケモンとマッチングしない方が珍しいのであれば、

 

それはまさに現環境ぶっ刺さりと言えるわけです。

 

それではお答えいたします、

 

ぼくがかんがえたさいきょうのポケモン

 

それが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、ギギギアル、ですね。

 

 

もうこの時点で既に、皆様にご理解いただけたかと思います。

 

しかしながらマイナーなポケモンでありますので、

 

実際僕が使っているギギギアルの型を紹介し、

 

より分かりやすく解説させていただきます。

 

 

 

ギギギアル @デンキZ

いじっぱり H108 A252 B4 D4 S140

クリアボディ

ギアソーサー ワイルドボルト ギアチェンジ でんじふゆう

 

強力な専用技を2つも有する、

ゲームフリークイチ押しの超優遇ポケモン。

ギアソーサーは2回攻撃のはがね技なので、

ミミッキュのばけのかわを1回目で剥がし、

2回目のギア弱点で本体を直撃します。

素早さはギアチェンジ後、最速スカーフガブリアス抜き

故にスカーフテテフは上からギアソーサー粉砕

ギアチェンジ1回後のギアソーサーではガブリアスを落とし切れませんが、

僕の天才的な発想により開発されたでんじふゆうにより、

ギアチェンジ後に先制で打つことでガブリアスじしんを無力化

はがねの耐性によりドラゴンを半減、

よってガブリアスも完全に封殺。

同じ原理でガルーラの有力なサブウェポンじしんを無力化

ノーマル技はタイプ相性により半減、

よってあのメガガルーラもギギギアルの敵ではありません。

強力なメインウェポンの反面、

サブウェポンは選択肢が無いに等しく、

まともに採用できるのがワイルドボルトぐらいでした。

反動ダメージにより相手の先制技圏内に入りやすくなる事を嫌って、

デンキZで打とうという事になりました。

ちなみにZでんじふゆうもできて、

回避率1段階アップという効果らしいです。

ギアチェンジ後、相手の技を避けるワンチャンにかけるしかない、

そんな場面がくるかもしれないので覚えておくといいかもしれませんが、

Z技を使うにしては効果が地味極まりないのでほぼ使わないでしょう。

 

 

 

皆様もこの最強ポケモン

 

育成してレーティングバトルを無双してみませんか?

 

これであなたも、めざせ脱1500台!

 

1400の世界が、あなたを待っていますよ!

 

 

 

では、今回はこんな感じ。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも、ダンジネスです。

 

今回もまたPT紹介です。

 

知り合いの方と話してる中で生まれたPTで、

 

生放送でもお披露目した事のあるPTです。

 

今回エースとして選んだのはこのポケモン。

そう、初代から存在するポケモン、ニョロボンです。

 

かくとうタイプのポケモンでありながら、

 

さらに物理アタッカー寄りの種族値を持つにも関わらず、

 

かくとうタイプの物理攻撃技に恵まれず、

 

ぶっちゃけマイナー気味なポケモンですが、

 

7世代から追加されたZ技の仕様により、

 

文句のない強力な物理かくとう技を手に入れました。

 

そんな一発芸を活かすために生まれたのが、

 

こちらのPT。

   

 

また、雨パになりました。

 

ニョロボンをエースにするという事で、

 

全抜き性能の高い特性すいすいを使うため、

 

必然的に雨パになってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペリッパー @しめったいわ

のんき H252 B124 D132

あめふらし

ねっとう ぼうふう れいとうビーム とんぼがえり

 

前回記事で紹介した、

カプ・テテフのサイコキネシス耐え調整のペリッパー。

全く同じ個体なので個別解説は簡略化させていただきます。

Sの個体値を下げて後攻とんぼがえりを狙い、

ニョロボンへと繋ぎます。

 

 

 

 

ボルトロス @こだわりスカーフ

ひかえめ CS252

ちくでん

かみなり めざめるパワー(氷) きあいだま ボルトチェンジ

 

雨を利用できるかみなりや、

天候の取り合いになった時のサイクル戦で便利な交代技、

ボルトチェンジが使えるでんきタイプ枠が欲しかったので。

さらに特性によって、

ペリッパーの4倍弱点、でんきタイプを無効化できるポケモンという事で、

ニョロボン、ペリッパーの次に採用が決まったポケモンです。

今回エースのニョロボンはナットレイよりもフシギバナが苦手なので、

きあいだまをサイコキネシスにした方がいいかもしれません。

 

 

 

 

マンムー @きあいのタスキ

ようき AS252

あついしぼう

じしん つららばり こおりのつぶて ステルスロック

 

ニョロボンの全抜き性能を高めるステルスロック要員。

数いるステロ要員の中から、ペリッパーとの相性を考えて、

でんきタイプに強いマンムーを選びました。

くさタイプに薄くならないようにという事も考えたのですが、

ナットレイフシギバナには結局不利なポケモンなので、

その点に置いては微妙な選択やったかもしれません。

 

 

 

 

ベトベトン(アローラのすがた) @イアのみ

いじっぱり HA252 (Sは最遅ギルガルド抜かれ調整)

くいしんぼう

ダストシュート はたきおとす おいうち かげうち

 

すいすいエースがニョロボンという事で、

カプ系全般に弱いので、

カプ系全般に強いポケモンとして採用。

おいうちの採用理由は、

ニョロボンの雨下たきのぼりでカプ・テテフが落ちないので、

テテフに後出しし、引き際においうちを入れて、

ニョロボンの攻撃技圏内に入れ、

全抜きルートを作るために入ってます。

ピンポイントですが、レートでのテテフの使用率を考えれば、

まぁギリギリアリな選択かなぁと考えています。

 

 

 

 

 

ギルガルド @じゃくてんほけん

いじっぱり H残り A252 S68

バトルスイッチ

アイアンヘッド せいなるつるぎ かげうち つるぎのまい

 

つるぎのまいじゃくてんほけんという、火力過剰上昇型。

雨パはやはりフシギバナに薄いので、

そこを起点にできるはがねタイプ枠という事で採用。

単体で強いポケモンなので、

選出すればとりあえず活躍してくれます。

 

 

 

 

では、問題のニョロボン個別解説に移行したいと思います。

 

 

ニョロボン @カクトウZ

いじっぱり H12 A252 B20 D4 S220

すいすい

たきのぼり きあいパンチ れいとうパンチ どくづき

 

今回ニョロボンを使おうと思った理由としては、

某句読点さんといつも通りポケモンの話をしていて、

たまに来るふざけたPT考察タイムを楽しんでいた時、

「あれ?こいつワンチャンあるんじゃね??」

ってなって、面白そうなので使ってみよう、

となったのがきっかけでした。

前述の通りニョロボンは今まで優秀な物理かくとう技に恵まれず、

せいぜいかわらわりじごくぐるまぐらいしかなかったですが、

Z技を活かしたカクトウZきあいパンチにより、

一回きりとは言え威力200の物理かくとう技を手に入れました。

雨下たきのぼり、Zきあいパンチによる圧倒的火力を、

すいすいによる圧倒的なすばやさから繰り出せます。

雨パとして見ても、

5世代から雨パ使いを悩ませる存在である、

ナットレイというポケモンをタイプ一致かくとう技で攻撃できるという、

超画期的なすいすいエースなのであります!

では、このニョロボンの素晴らしさを、

ダメージ計算を織り交ぜてプレゼンさせていただきましょう。

 

ニョロボンの雨下たきのぼり

→耐久無振りカプ・テテフ 79.3%〜93.7% 確定2発

→耐久無振りボルトロス 78.5%〜93.5% 確定2発

 

ニョロボンのれいとうパンチ

→B4振りガブリアス 85.2%〜102.7% 乱数1発 (18.8%)

→いかく込みH4振りメガボーマンダ 49.1%〜58.4% 乱数2発 (96.5%)

→いかく込みH4振り霊獣ランドロス 67.8%〜82.4% 確定2発

 

ニョロボンのカクトウZきあいパンチ

→耐久無振りメガリザードンX 90.8%〜107.8% 乱数1発 (50%)

→のんきHBナットレイ 66.2%〜79.5% 確定2発

→しんかのきせき持ちずぶといHBポリゴン2 82.7%〜98.4% 確定2発

 

ニョロボンのどくづき

→H252振りマリルリ 47.3%〜56% 乱数2発 (76.2%)

→H252振りマリルリ(オボン込み) 確定3発

→H252振りアシレーヌ 55.6%〜66.3% 確定2発

→ずぶといHBカプ・レヒレ 30.5%〜36.1% 乱数3発 (36.7%)

 

いや~素晴らしい火力ですね・・・

本当見事なまでに誰も倒せません。

ここまで火力が足りないとなると、

もはやステルスロックでの補助も意味を成さないレベルです。

 

 

 

 

・・・はい、こんな感じのPTでした。

 

非常に良いPTですね!

 

実際アレですよ、レーティングの方も、

 

1時間半で1800から1920まで上り詰め

 

まさに、☆BA☆KU☆A☆GE☆ ですよ!

 

・・・まぁ、でも、その、

 

Zきあいパンチは普通に楽しいので、

 

これからももう少しこの子を考察して、

 

しばらくの間は使ってあげたいと考えています。

 

そしてしばらくの間が経てば、

 

おそらくお蔵入りとなる事でしょう。

 

 

 

では、今回はこんな感じ。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。