絶対に!ニキビを治す,そんなブログです

絶ニキへようこそ。このブログはニキビ・ニキビ跡にお悩みの方に読んで頂きたいブログです。顔面ニキビだらけだったぼくが、どう復活したか、実体験から得たニキビの情報をこのブログに書き、ニキビ改善・治療に役立てられればと思います!


テーマ:


こんにちは^^








ここ最近暑い日が続いており、いよいよ夏本番がはじまりそうな感じですが、今日はそんな暑い夏に引き起こしがちな「インナードライ肌」について少しお話したいと思います。










インナードライ肌って皆さん聞いたことありますか?








人にはそれぞれ「肌質」というものがあり・・・







脂性肌(肌の水分量・皮脂量が多い)



乾燥肌(肌の水分量・皮脂量が少ない)



普通肌(肌の水分量・皮脂量どちらもバランスよく保っている)



混合肌(Tゾーンなど、一部は皮脂量が多いが、口回りなど一部は皮脂量が少ない)







と、基本的にこの4つの肌タイプに分類されています。








しかし、夏になると、この4タイプ以外の「インナードライ肌」という肌質に変化する方が非常に多いのです。



















インナードライ肌って?







インナードライを直訳すると、





「中が(インナー)、乾燥している(ドライ)」ですよね。





つまりインナードライ肌は、「お肌の内部(角質層)が乾燥している肌」のことを言います。






お肌の外側は脂っぽく、テカテカして見えるのに、肌の内部は異常に乾燥している状態のことですね。






このように見た目は脂っぽいので、一見「脂性肌」「混合肌」と区別がつきにくいものですが、










①肌が皮脂で脂っぽい

②肌を触ると硬い

③肌がざらざらしている

④(女性の場合)お化粧をして時間が経つと崩れやすい












①~④すべてに当てはまる方はインナードライ肌の可能性が高いです!






インナードライ肌の方は、「肌が脂っぽいから自分は脂性肌(混合肌)なんだ!」と思われるケースが非常に多く、






その為、脂性肌のケア(化粧品全般、さっぱりタイプのものを使用したり、化粧水のみで保湿剤を使用しなかったり)を行いがちなのですが、これでは余計にインナードライ肌を悪化させることになってしまうんですよ><





インナードライ肌が悪化するとニキビも非常にできやすくなりますので、注意が必要です。







なぜ、インナードライ肌はニキビが出きやすいのかと言いますと・・・









インナードライ肌は「皮脂が多い」「肌内部(角質層)の水分量が少ない」という特徴があるのですが、角質層の水分量が少ないと肌のバリア機能は一気に低下してしまいます。







肌のバリア機能に関してはこのブログでも何度かお話させて頂いたと思うのですが、そのバリア機能の役目というのが・・・








①外からの細菌、ホコリなどの異物から身を守る



②お肌の水分が蒸発してしまわないように、潤いを保つ







この2つの役目を果たしてくれているんですね。







なので、こうした役割を持つバリア機能が低下すると・・・







・ウイルス、ホコリなど、外からの異物をお肌にあっさり侵入させてしまう。

・お肌に必要な水分も保つことが出来ず、蒸発させてしまう。





と、いう事態になってしまいます。




さぁ、こうなったら肌は大慌てです!





肌の水分はどんどん蒸発していきますから、肌は乾燥から身を守る為にとにかく皮脂を大量に出してしまいます。








この大量の皮脂が、インナードライの特徴でもある「肌表面が脂っぽい」理由なのですね。






皮脂が大量に出されると、毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、ニキビの出来やすいお肌になってしまうというワケです。







しかも、肌内部はずっと乾燥しっぱなしですから、肌は「乾燥を止めなくちゃ!」と思い、皮脂を次から次へと出してきてしまうのでかなり厄介です><














インナードライ肌の原因





インナードライ肌の原因は「肌を乾燥させるようなこと」「肌を傷めるようなこと」がほとんどで、その例を挙げていきますね★







・洗顔のしすぎ
(正しい洗顔方法はコチラ)


・紫外線によるダメージ


・ストレス


・冷房の冷たい風に当たりすぎる









などが挙げられます。




毎日暑いと、室内でもクーラー必須ですし、外は紫外線だらけですので、はじめに「インナードライ肌は夏に多い」と言ったのはこの為ですね;;





↑こういったことが、肌内部をどんどん乾燥させ、その結果バリア機能が低下し、インナードライ肌を引き起こすのです。










インナードライ肌の対策















結構深刻な肌質な割には対策は割と簡単なのでご安心を★




インナードライの原因は「乾燥や外的ダメージによるバリア機能の低下」ですから、乾燥を防げばいいだけの話です。



いくつか注意点がありますので、そこだけ注意してケアしてあげればインナードライ肌も改善してくはずですよ!







~注意点~


・アルコールやエタノールの入った化粧水は使用しない

・油分の多い乳液の使用は控える

・リキッドファンデーションは使用しない




~スキンケア~


化粧水はアルコールフリー、オイルフリーのものを使用する

保湿剤はセラミドやヒアルロン酸など、保湿力の高い成分が入ったものを使用する

コットンパックを行う





肌を乾燥させやすいアルコール類の使用はNG!

皮脂が多いので、これ以上油分はいらない!



ということですね★







しっかり保湿・保水することで、肌内部が潤いで満たされていくので、お肌も過剰な皮脂を出さなくて済むようになります。



また、皮脂が過剰に出ないので、肌がベタベタすることもなく、ニキビ発生のリスクも下がっていきますよ。








インナードライ肌にお悩みの方は多く、


「今まで脂性肌のケアをし続けてきたから、インナードライのケアってどうしたら良いかわからない」


という方がほとんどです。



その為、インナードライ肌専用のスキンケア用品もたくさんあります。





ニキビケアでお馴染みのビーグレンのモイスチャライジングゲルもその1つなのですが、詳しくは特設ページ↓をご覧ください★


インナードライやニキビのことに関しても詳しく書いてありますので、インナードライ肌の可能性のある方や、気になる方は一読されてみて下さいね^^



知らないうちに肌を傷める夏のインナードライ





(インナードライ肌専用ではありませんが、オイルフリーのオルビスクリアシリーズ や、角質層に潤いを与えるReproskin(リプロスキン) もインナードライ肌対策には良いかと個人的には思います。)












これからも暑い日は続きそうですが、皆さんぶったおれないように><;



室内にいても熱中症になるくらいですから、本当に気を付けて下さい。




こまめな水分補給は熱中症対策にもなりますし、インナードライ肌対策にもなりますので、意識してみて下さいね^^


(ちなみに、インナードライ対策の水分補給は「水」が望ましいです。お茶は利尿作用があるので、おしっこと一緒に水分が外に出てしまいます。)





それではまた!



管理人オススメニキビケア↓


b.glen(ビーグレン)
ニキビとニキビ跡の悩みを同時に解消

2週間分のトライアル1944円(税込)





草花木果どくだみ↓どくだみエキスがニキビ肌を優しく改善!

10日間分のトライアル1296円(税込)
大人気の大人ニキビスキンケア!ツルツル感UPしてニキビくり返さない!




オルビス↓和漢のチカラでニキビを撃退!

3週間分のトライアル1296円(税込)






ルナメアAC↓新成分「アクネシューター」がニキビの元に直接届く!


1週間分のトライアル1080円↓(税込)
フジフイルムから新発売!ルナメアAC1週間お手入れキット







ファーストクラッシュ↓ニキビケア初心者はとにかくこの1本!

30日間のトライアルが4011円↓(税込)

≪超簡単ニキビケア≫を今すぐ体感!トライアルセットが初回限定特別価格

ファーストクラッシュ







ブログランク参加中↓ポチっとお願いします!


にきび・吹き出物 ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

セブン太郎@ニキビ改善お助けマンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります