2017年06月19日(月)

本『熱狂宣言』からのビジネス活用フレーズ

テーマ:暖談
昨日は、父の日で娘から手作りの花と似顔絵を頂きました。

ありがとう^_^   おかげで、今日も頑張れます!

今日は、この本を読みました。




■熱狂宣言




{C5F2A249-5F6C-4AF6-AC1E-F83761249607}




「私は、若年性パーキンソン病です」 
「外食業界のファンタジスタ」の異名をとる、ダイヤモンドダイニング社長・松村厚久。熱い情熱と才気迸る男を襲った過酷な運命は、彼をさらなる熱狂へ駆り立てる。小松成美、渾身の書き下ろしノンフィクション。 

日本の外食業界に常に新風を巻き起こし続ける「ダイヤモンドダイニング」の創業社長・松村厚久。彼の外食業界における評判は、凄まじい。「フード界のファンタジスタ」「食とエンターテインメントを融合させた天才」「レストラン業界のタブーに挑んだ男」と絶賛される一方、特異な経営方針や出店計画の度重なる見直し、他にはない個性的なコンセプト主義を表して「異端児」「無計画経営者」「目立ちたがり屋」「ビックマウス」と揶揄されることも少なくない。 
高知から上京、サイゼリヤでのバイト、ディスコの黒服、日焼けサロン経営を経て外食業界に参入した松村は、奇跡の100店舗100業態を達成。2015年7月には、東証一部上場を成し遂げる。しかし、彼は熱狂的に働きながら、「若年性パーキンソン病」という過酷な病と闘っていたのだった。苛烈な人生を、全身全霊で生きる一人の男を描く、渾身のノンフィクション。






本書からのビジネス活用フレーズを書きます!





映画をたくさん見てください、本を読んでください、そうできないなら本屋やレンタルビデオ店でタイトルだけでもたくさん見てください
インプットした情報こそが新たな店のイメージやストーリーを作るための材料になるはずですから
人生の導きや教訓は本と映画から得ています。











社長の特異性、それは理系と文系と芸術系のハイブリッドであるということです
①数字に強い
②国語力がある
③美的センス









100軒の店を見れば失敗しない『100軒覗き』








明るい未来、明るい業界、そして社員の為に








以上です。
Mr.サンデーの特集も見ましたが、仕事に対する情熱を頂きました。

熱いです。


今日も勉強になりました。

本は新しい思考へと導く地図です。


今日もだんだんでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

リョーマさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。