ウイニングポスト7 攻略  ~その4~

テーマ:

毎回あまり攻略になってないかもしれませんが、ちょっとでも参考になればなと思ってやっております。序盤を凌ぐ手段として活用してもらえれば嬉しいです^^


今回は買って得した繁殖牝馬。

最初はスカーレットブーケ。以前にも描きましたが、2006年以降大活躍するサードステージの母。しかし繁殖能力は高く、いろんな馬との配合で重賞~G1級の馬を排出し続けました。まぁ最悪は2000年までに手に入れればいいですが、早めに購入しても損はないです。と言うかかなり稼げます!!


次はローザネイ。そーですロサードローズバドの母です。僕はちょっと間違えてローズバドの生産を失敗しちゃいましたが、是非とも再現してみてください。ロサードも3歳~7歳まで重賞を勝ちまくってくれるんで(マイルG1なら展開次第でかてるかも)、これも優秀な牝馬です。


そのほかもチョロチョロいますが、この2頭は必須と言っていいくらいの優良牝馬ですね。是非とも手に入れてみてください^^



参考になったかな??

AD

ウイニングポスト7攻略 ~その3~

テーマ:

前回はサードステージ情報で終わりましたが、今回は稼げる実在馬の紹介です。

攻略と言いながらも実在馬かよと思うかもですが、実際序盤は実在馬を買わないとどうにもならないわけで(牧場が手に入るまではですが・・・)そのためのオススメ実在馬を紹介してるわけです。


今回は・・・「ミスタートウジン号」。この馬もしかしたら前記の2頭よりもお徳かもしれないです。必要なお守りは赤いお守り。これは間違いなくもってると思うので簡単に買えます。ゲームの取扱説明書には、


『庭先で買うときは、1歳の年末に買うのも育成代を安くするために有効』


見たいな事が書いてますが、アレは嘘です。ミスタートウジン買うときに気づいたんですが、0歳で買うなら8100万円で1歳の年末に買うと9100万円なんです。1000万も高いのですね。これはもう0歳で即買いの方がお徳です。


ちなみにこの馬、ダートで1時代を築くぐらい強くなります。しかも上手い事いけば3歳からOPENで活躍し、7歳まで元気に走ってくれるんでもの凄く稼ぎます。僕のデータではダートGⅠ6勝で殿堂馬にもなりました。


この頃にはどうにか牧場ももてて(1992年)、レッツゴーターキン・ミスタートウジンの2枚看板が居るのですぐに種牡馬施設を急造しました。種牡馬の収入と観光の収入でかなり楽になってきますね。


今回はこんな感じで。至らないところがあるかもですが、これからどんなことを調べて欲しいかなど、どしどし募集していますよ^^



ミスタートウジン

父:ジュニアス

母:ナオユキ

母父:ジルドレ

1986年生

AD

ウイニングポスト7 攻略

テーマ:

え~、いままで持ち馬のこと書きましたが、それだけではってことなんで、もうそろそろしたら再現馬の一覧みたいなのを作りたいと思います。


まず手始めに・・・


サードステージ

父:トウカイテイオー × 母:スカーレットブーケ

2002年種付け→2003年誕生


もし2006年以降続けてプレイされる方がいたら、この馬は必須です。まぁそれまでに牧場を手に入れないとダメなんですけどね。

牧場を始める条件は・・・


・1985年以降であること

・所持金が5億円以上あること

・重賞を勝利していること

・通算勝利数が1勝以上であること


この4つです。ちなみに上記のサードステージ、空想世界のウイニングポストで強豪ひしめく中簡単に3冠取ってくれるくらいのつわものです。


ポイントは母スカーレットブーケは銀色のお守りがいるのでそれを手に入れるのと、父トウカイテイオーは朱牡馬になるとシンジゲートが組まれるので、迷わず1株買っておくことです。母スカーレットブーケはこのほかにもカコイーシーズとの間に生まれた仔がG1を勝つなどの活躍を見せてくれるので、早めに買っておいても損はないと思いますよー^^

AD

レッツゴーターキン

テーマ:

前の記事で紹介したロンググレイス。結果的にこうなりました。


34戦12勝

総賞金:9億1330万

主な勝ち鞍:エリザベス女王杯 4勝・秋華賞・札幌記念・阪神牝馬Sなど


輝かしい成績で、見事『ミドルディスタンスマスター』の称号をいただきました。


かなり稼いでくれたこともあって、つぎに購入したのがタイトルにもあるレッツゴーターキン。正直競馬を始めた頃はいなかったので名前した知りませんでしたが、年代的にビワハヤヒデ前後だったと思います。なので正直G2くらいをちょくちょく獲ってくれればいいかぐらいで考えてました。


ところが!これもかなりのいい馬でした^^ G1は天皇賞・秋、海外G1も2勝(たしかシンガポール航空と香港カップ)。ついでにWRCのタイトルまで取ってくれちゃいました!!


この2頭だけでもかなり序盤が楽になったのに、実はもう1頭おすすめがいます。それはまた次回で・・・^^



レッツゴーターキン

父:ターゴワイス

母:ダイナターキン

母父:ノーザンテースト

初投稿!!

テーマ:

最近始めたウイニングポスト最新作!!WP7のことについて色々書いていきます。


まず第1回ということで、現在1994年をプレイ中なんですが、そこまでの所有場について書いていこうかと思います。


最初に手に入れた有力馬は、ロンググレイス。この馬譲り受ける段階ですでに秋華賞とエリザベス女王杯を勝っています。しかしそのあとも成長を続けて、4歳時にはエリザベス2着、5~7歳時にはエリザベス3連覇とエリザベス成績5戦4勝2着1回という輝かしい成績で引退できました。その間最優秀古馬牝馬に選ばれること3回。そのたびに銅のお守りを貰えるので、その後がかなり楽になります。


とにかくオススメは1頭目にロンググレイスです!!まぁ毎回こんなに勝てるとは思いませんが、かなりの活躍は見込めるはずです。


なかなか牧場がもてないで苦労されてる方は一度試してみては??



2頭目以降もチョクチョク更新して行こうと思っています。みなさん疑問点など書き込んでくれましたらできる限り応えていきますんで、宜しくっす!!!