競馬ニュース速報!!

テーマ:

ディープインパクト、凱旋門賞で薬物使用!!


なんかフランスでは禁止されてる呼吸器系を拡張させる薬物を使用してたみたいです。

馬主・調教師からの聞き取りで明らかになったといううわさです。マジですか・・・

日本国民がかなり盛り上がってたのに… そりゃないでディープよ…


実際国内で走るときに使ってたかどうかはわからんけど、疑いがかかるからね~。せっかくの実力が偽者かも?と思うとマジでやるせないです…

AD

競馬ニュース

テーマ:

【次走報】豪GI挑戦デルタブルース、鞍上は岩田康騎手に

 ★…今秋、オーストラリアのコーフィールドC(10月21日、コーフィールド、GI、芝2400メートル)、メルボルンC(11月7日、フレミントン、GI、芝3200メートル)に挑戦する栗東・角居厩舎のデルタブルース(牡5)、ポップロック(牡5)の鞍上が決まった。デルタはメルボルンCは岩田康騎手、コーフィルドCでは現地の騎手に依頼。ポップは両レースともにダミアン・オリヴァー騎手。2頭は10月2日に日本を出発する。


なかなか期待できるのでは?もしかしたら連勝もありえるかと思います。


それにしても凱旋門賞。ペリエがディープに太鼓判押してましたね~ マジで今回はかなり期待できるのでは^^

過去2着になったエルコンドルパサーよりも十分強いと思うし。直線がうそみたいに長いロンシャンも味方しそう。

何しろ出走頭数そのものが少ないみたいなんで、マジで期待したいです!

AD

≪オールカマー≫

馬 名 性齢 斤量 騎 手 調教師
グラスボンバー 牡5 57.0 勝浦 正樹 尾形 充弘
サンライズシャーク 牡7 57.0 大西 直宏 崎山 博樹
カゼニフカレテ 牡6 57.0 江田 照男 佐々木 晶三
カナハラドラゴン 牡7 57.0 吉田  豊 山田 要一
エルノヴァ 牝6 55.0 田中 勝春 藤沢 和雄
チャクラ 牡5 57.0 柴田 善臣 安達 昭夫
コイントス 牡7 57.0 藤岡 佑介 藤沢 和雄
ヴィータローザ 牡5 57.0 蛯名 正義 橋口 弘次郎
ヤマノブリザード 牡6 57.0 中舘 英二 和田 正道
10 ホオキパウェーブ 牡4 57.0 後藤 浩輝 二ノ宮 敬宇



≪神戸新聞杯≫

馬 名 性齢 斤量 騎 手 調教師
トーセンマエストロ 牡3 56.0 赤木 高太郎 飯田 雄三
シルクタイガー 牡3 56.0 佐藤 哲三 昆   貢
ヴァーミリアン 牡3 56.0 福永 祐一 石坂  正
ストーミーカフェ 牡3 56.0 四位 洋文 小島  太
ローゼンクロイツ 牡3 56.0 安藤 勝己 橋口 弘次郎
アドマイヤジャパン 牡3 56.0 横山 典弘 松田 博資
テイエムヒットベ 牡3 56.0 和田 竜二 五十嵐 忠男
トウカイトリック 牡3 56.0 芹沢 純一 松元 省一
ディープインパクト 牡3 56.0 武   豊 池江 泰郎
10 マチカネキララ 牡3 56.0 北村 宏司 藤沢 和雄
11 トーセンディライト 牡3 56.0 小牧  太 大久保 龍志
12 エイシンニーザン 牡3 56.0 幸  英明 坂口 正則
13 シックスセンス 牡3 56.0 上村 洋行 長浜 博之


神戸新聞杯。我が愛馬ストーミーカフェが4枠4番・シックスセンスが8枠13番。互いに素晴らしい枠に入れました。かなり期待してます!!!

AD

ちょっとニュース

テーマ:

早ければ来年からですが、暮れのG1が新規導入されるようで。


日程は有馬記念の前の週で、阪神・芝1400mみたいです。これでスプリンターズS→マイルCSからの短距離3冠路線ができるわけで、短距離馬にとっては朗報だと思います。ただ・・・





CBC賞は?












阪神牝馬Sは???



セ・リーグの1位2位が対象になってるんで、もしかしたら読●ジャ●アンツの根回しなのか!?

有力新馬情報

テーマ:

※函館※

ニシノロドリゲス・・・入厩16日で完璧!!

新種牡馬アグネスタキオン産駒。入厩してわずか16日目でのデビューとなったが、「牧場と入念にコミュニケーションを取っていましたから」と宮本調教師は万全の体制で臨んだことを強調する。レースは2歳戦にしては速いペース。イン追走のこの馬も、決して楽ではなかったはずだが、直線は力強い伸びで素質上位を存分にアピールした。レース後、宮本調教師は「使う前から、オーナーサイドとコスモス賞(9/10・札幌競馬場・OP・芝1800メートル)に行く話し合いをしていました」と明かし、新馬勝ちは想定内だったことを明かした。「期待は大きいですね」と目を輝かせる新鋭トレーナーにとって、夢が膨らむ快勝劇だった。


※小倉※

グランプリシリウス・・・馬なりで楽勝!

新種牡馬アグネスタキオン産駒の待望の新馬勝ち第1号となり、将来性の高さも十分に見せつけた。栗東で入念に乗り込んで直前は小倉で滞在調整。スピードの絶対値が違い、道中も全くの馬なりで楽勝。半兄には先週の佐世保Sを優勝したマルカキセキ、ダートのオープン馬サイモンセッズなどがいるが、父がアグネスタキオンの同馬は当然、主戦場は芝。祖母オオミシャダイは昭和57年北九州記念の勝ち馬だ。距離には融通が利きそうで、クラシックも狙っていける逸材。先々は厩舎所属の福永騎手が手綱を握る可能性が高い。来春まで注目しておきたい1頭だ。


※新潟※

マイネサンサン・・・殿(しんがり)から全馬抜き去る!!

後方一気という言葉はよく聞くが、18頭立ての本当に最後方から全馬抜き去ったのだから、ただ者ではない。レースを見ていた谷原調教師ですら「道中はあきらめていた」と振り返り、騎乗した村田騎手も「ホント、ビックリした」というほどだった。展開がハマったといっても、上がり3ハロン34秒1はこの時期の2歳新馬としては傑出したもの。今回は後ろからになったが、競馬を覚えれば位置取りはもっと前でも大丈夫なはず。いま筍のスペシャルウィーク産駒で、このまま成長すれば楽しみな存在だ。

宝塚記念  枠順発表

テーマ:

≪宝塚記念  枠順発表≫


予想 馬名 斤量 騎手 厩舎
本紙
1 1   シルクフェイマス 58.0 四位洋文 鮫島一歩
2 2 ビッグゴールド 58.0 和田竜二 中尾正
2 3   トウショウナイト 58.0 武士沢友 保田一隆
3 4   ハーツクライ 58.0 横山典弘 橋口弘次
3 5   ボーンキング 58.0 武幸四郎 松田国英
4 6 ゼンノロブロイ 58.0 デザーモ 藤沢和雄
4 7 コスモバルク 58.0 千葉津代 田部和則
5 8   サンライズペガサス 58.0 松永幹夫 石坂正
5 9   リンカーン 58.0 福永祐一 音無秀孝
6 10   ヴィータローザ 58.0 小牧太 橋口弘次
6 11   スイープトウショウ 56.0 池添謙一 鶴留明雄
7 12   アドマイヤグルーヴ 56.0 武豊 橋田満
7 13   サイレントディール 58.0 渡辺薫彦 池江泰郎
8 14   スティルインラブ 56.0 幸英明 松元省一
8 15 タップダンスシチー 58.0 佐藤哲三 佐々木晶



我が陣営期待のシルクフェイマスが最内に、方やタップダンスシチーは大外へ入りました。今年は雨に泣かされ続けたシルクフェイマスがここにきて運が向いてきたと言った感じです。


頑張れ!シルクフェイマス!!

≪安田記念  枠順確定≫

テーマ:

≪安田記念  枠順発表≫


1枠  1番  牡 58.0  アルビレオ

1枠  2番  牡 58.0  フジサイレンス

2枠  3番  牡 58.0  ダイワメジャー

2枠  4番  牡 58.0  オレハマッテルゼ

3枠  5番  牝 56.0  ダンスインザムード

3枠  6番  牡 58.0  ローエングリン

4枠  7番  牡 58.0  アサクサデンエン

4枠  8番  牡 58.0  バランスオブゲーム

5枠  9番  牡 58.0  カンパニー

5枠 10番  セ 58.0  ボウマンズクロッシング

6枠 11番  牝 56.0  スイープトウショウ

6枠 12番  セ 58.0  サイレントウィットネス

7枠 13番  牡 58.0  アドマイヤマックス

7枠 14番  牡 58.0  ユートピア

7枠 15番  牡 58.0  サイドワインダー

8枠 16番  セ 58.0  ブリッシュラック

8枠 17番  牡 58.0  テレグノシス

8枠 18番  牡 58.0  ハットトリック

競馬ニュース

テーマ:

≪ダンツキッチョウ  屈腱炎≫

ダービー13着のダンツキッチョウ(牡3、栗東・山内)が1日、右前浅屈腱炎(けんえん)を発症していることが判明した。レース後、藤田騎手が「右前に違和感がある」と話したため精密検査を受けていた。全治には9カ月以上の期間を要するとみられ、秋のG1シリーズはもちろん、年内の復帰も絶望的となった。



レース後の藤田騎手のコメントで歩様がおかしかったというのがありました。大丈夫なのかな?と心配していましたが、残念な結果です。


≪第72回  東京優駿 (ダービー)≫


馬番 B 馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師
 1  1   ブレーヴハート   牡 3 57.0kg K.デザーモ 加藤征弘
 1  2   (父) ニシノドコマデモ  牡 3 57.0kg 田中勝春 萱野浩二
 2  3   ローゼンクロイツ  牡 3 57.0kg 安藤勝己 橋口弘次郎
 2  4   エイシンニーザン  牡 3 57.0kg 柴田善臣 坂口正則
 3  5   (市) ディープインパクト 牡 3 57.0kg 武豊 池江泰郎
 3  6   (父) アドマイヤフジ   牡 3 57.0kg 福永祐一 橋田満
 4  7   (父) インティライミ   牡 3 57.0kg 佐藤哲三 佐々木晶三
 4  8   シャドウゲイト   牡 3 57.0kg 小野次郎 加藤征弘
 5  9   (外) コンゴウリキシオー 牡 3 57.0kg 池添謙一 山内研二
 5  10   (市) コスモオースティン 牡 3 57.0kg 武幸四郎 高橋裕
 6  11   ペールギュント   牡 3 57.0kg 小牧太 橋口弘次郎
 6  12   (市) マイネルレコルト  牡 3 57.0kg 後藤浩輝 堀井雅広
 7  13   ダンツキッチョウ  牡 3 57.0kg 藤田伸二 山内研二
 7  14   アドマイヤジャパン 牡 3 57.0kg 幸英明 松田博資
 7  15   シックスセンス   牡 3 57.0kg 四位洋文 長浜博之
 8  16   (父) シルクトゥルーパー 牡 3 57.0kg 松岡正海 大久保正陽
 8  17   シルクネクサス 牡 3 57.0kg 松永幹夫 岡田稲男
 8  18   (父) ダンスインザモア 牡 3 57.0kg 蛯名正義 相沢郁


競馬ニュース

テーマ:

≪サイレントウィットネスが安田参戦≫


デビュー17連勝の世界記録を持つ香港の英雄サイレントウィットネス(セン5)が、6月5日の安田記念(G1、芝1600メートル=東京)に参戦することが濃厚となった。18連勝をかけた14日の香港チャンピオンズマイル(香港G1、芝1600メートル=シャティン)で短頭差の2着に惜敗。オーナーのダ・シルバ氏はレース後「今季はこれで休ませる」と語っていたものの、方針を変更した模様だ。
 遠征の背景には陣営の戦略が見え隠れする。ウィットネスのA・クルーズ師は、チャンピオンズマイルを制して安田記念参戦を表明しているブリッシュラック(セン6)も管理。ブリッシュ1頭よりも、2頭での遠征の方がプラス効果が大きいと判断したようだ。 </p>
 デビュー以来の連勝は止まったウィットネスだが、前走はゴール寸前まで軽快な逃げを披露。不安視されたマイルを克服して、あらためてその実力を見せつけた。これを迎え撃つ日本勢は大将格のデュランダルが回避し主役不在。香港からの有力2騎が参戦することになれば、大きな話題となることは間違いない。


                                                      (日刊スポーツ)


本当に驚きです。この馬が参戦するとなれば安田記念の格も大きくなったものだなと思います。こうなると国内の馬ではもしかしたら太刀打ちできないかもしれません。しかし、世界的な馬が日本で走るとなれば、それは素晴らしいことだと思います!


我が愛馬のダンスインザムードにとって決して追い風ではないですが、胸を借りるつもりで頑張って欲しいです。。。