NAMA

瞬間に全てを含み
光を捕らえ
感情を取り込む

確実に無視できないなにか

時空間や主客体の全てを飲み込んでしまうような現象を、たった一つの個体が起すことを信じて


テーマ:

2015年
ダンスは「どこまでも奥が深い」ということを痛感した一年。
まだまだ到達できない未知の世界が無限に広がっていました。


それから・・・

悲しみと行き場のない憤りから数え切れないぐらい涙を流しました。

真剣にダンスで勝負していけることへの幸せや重みを実感し,周りにある深い優しさや愛情,豊かさに気付かされました。



時間には限りがあり,
やりたいこと、しなければならないこと、たくさんあります。


人生について,幸せについて考えました。。。


2016年
新しい年が笑顔と希望のあふれる一年になりますように!
どうぞよろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
職場で顔色が悪いと言われ、ドキリ。

はい、そーです。
睡眠不足です。

たぶん働き過ぎだと思う。
過労死とか他人事じゃないもんな~。

生き急いでいるわけじゃないけど、私が好きなことをすることで傷つけたり心配をかけてしまったりしている人に対しての罪悪感があるんだと思う。

アーティストだから、、、っていう言葉は私にはない。その言葉がある状況下では社会との接点が持てないことへの言い訳や逃げに聞こえてしまうことも知ってる。

不器用なのかな~。

たまに身体も頭も追いつかない日がポツポツ。今日は電池がショートした。

いろいろ考えなくてはいけないな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

楽器を扱うとき、大抵の場合は身体を対称的には使いません。例えばヴァイオリニストの場合は左側が主たる世界になります。だから多くのヴァイオリ二ストは背骨が捻れています。

私たちは利き腕があり、反対の腕は別なことをします。背骨の捻れは大抵の人にあります。眼が片方しかない人もいます。その人たちは頭を傾けてその眼が正面を向くようにする必要が機能上ありますし、背骨はそのように組織化されます。殆どの人が少しだけ片側に曲がっています。それは遺伝的な理由もあれば経験上の理由もあります。職業などにもよりますし、他のことにもよります。


改善していくためのやり方というのは、より多くのことを、より多くの方向に、より楽にできるようにするにはどうしたらよいのかということを学ぶということです。フェルデンクライスメソッドではものを学習するプロセスを扱います。理想的な組織化というものは学習の結果として起こります。


よりたくさんの選択肢を持つことができ、骨格でより重力を利用して動くことができるようになれば、筋力に頼らなくてもよいようになります。筋肉の役割とは骨格をひとつの均衡状態からもうひとつの均衡状態にうつすというだけのことなのです。より楽に骨格が重さに耐えられるように働きかけていけば、脳が筋肉を通して骨格をある場所からある場所へと動かすようにうまく組織化をしていきます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

仕事先で「正しい姿勢」という概念が話題に出た。

 

「正しい姿勢」という概念や、それを手に入れるための筋トレやストレッチ系のアプローチはちまたにあふれているし、それをやっていれば正しい姿勢が手に入るという信念を持っている人たちもたくさんいる。本やインターネットを使って、「正しい姿勢」の知識を仕入れることで、バランスの良い姿勢を手に入れることが出来ると信じている人も。

じゃあ例えば、自転車に乗りたいと思った人が乗り方の本を十冊くらい読み、正しい乗り方についての知識をたくさん手に入れて、そこですぐに自転車を乗りこなせるのか?


正しい乗り方についての「知識」と、実際に乗りこなす「感覚」とは別物だと思う。

 

仮に鏡を見て、歪みを矯正した姿勢が「正しい姿勢」だとしても、一日中大きな鏡を持ち歩いて、自分の姿勢を常に正し続けるわけにはいかないし、

常に変化し続ける日常動作の中で、「正しい」と「正しくない」姿勢を、常に判定し続けることができる人っているのかな~?

 

 

「感覚」に働きかけることの有効性、重要性を、もっと多くの人たちが気づいてくれたらいいのにな~。 

 

明日から京都で合宿ワークッショップ。

参加者の皆さんと「心地いい」と思える「感覚」を磨き、美山の自然を全身で味わいたいですな

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私はダンススタジオをオーガナイズしているけど、
ダンスの団体で構成された組織というものが苦手で、
たくさんある舞踊関連の協会などには参加していない。

ダンスを芸術活動とするのであれば、
組織は有機的にカタチを変え、
新しいコミュニケーションの回路や相互作用を及ぼす仕組みをつくり、
その自らの選択に対して常に疑問を持ち続ける必要があると思う。
対等な発言権を持っているからこそ、
様々な変化に対応できるのだと思うのだけど、
ダンスの組織の殆どが上意下達型。

なんか、今日は突然そんなことを考えてしまった。。。
なんでだ?




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。