ありがとうございました

テーマ:
一年前の5月23日は、採卵日でした。


一年前の昨日から今朝にかけて…

今、腕に抱いている娘が、「誕生以前にこの世の中に存在した」日でした。




結婚して11年半。

長かった夫婦二人の生活から、大変な中にも賑やかな、親子4人の生活となりました。

未だに、夢のようだと思います。

未だに、息子や娘がちゃんと息をしているか、寝顔を確認しに行ってしまいます。




たくさんの、迷い・選択・葛藤を繰り返しながら…

たくさんの、発見・感動・感謝を手にすることができました。




IVFに進む段階で初めてブログを書き始め、このマタニティ生活のブログへ移行し、一度は閉鎖したものの二人め治療に向けて再開。

無事に出産まで漕ぎ着けることができました。


ブログを書かずに臨んでいた数ヶ月の二人め治療は全然うまくいかず、再開した途端に授かったなんて…

ここで気持ちを吐き出したり、整理したりすること、そして、ブロ友さん達に応援してもらうことが、どれほど私に力を与えてくれてたかを痛感したものです。





ほんとにほんとに、ありがとうございました。



基本的には私の覚え書きですが、不妊治療に縁のある(←有難くもない縁だけどあせる)人が見るであろうことを念頭に置き、なるべく言葉や話題を選んで書いてきたつもりですが、至らない点も沢山あったと思います。

ここでお詫びします。



先日、クリニックから出産アンケートが届き、記入して返送しました。

これをもちまして、私の二人め治療は終了。

このブログも終わりにします。



読んで下さった皆さん、本当にありがとうございました。

また、沢山の同志(?)の皆さん、いつも読み逃げばかりで、なかなかコメント残せずにすみませんでした。

たくさんたくさん、勇気やパワーをもらえました。

感謝しています。





もしも継続してお付き合いくださる方がいましたら、育児ブログの方をご案内します。

お手数ですが、メッセージにその旨カンタンにご連絡ください。

尚、今までにまったくやり取りのない方は、基本的にはお断りさせていただきます。

やり取りはなくても、ご自分もブログをされてる方でしたら、ご案内するかもしれません。

勝手を言いますが、ご了承願います。






最後に…

赤ちゃんを望む皆さんが、どうか無事に授かりますように。

授かった皆さんが、無事に出産できますように。

治療を頑張ってる皆さんが、心ならずも治療を終える時、それでも胸を張って素敵な夫婦でいられますように。




心から願っています。





AD