2008年05月04日

RSSで完結させてしまって何が悪い?

テーマ:fishbell

ご存知のようにインターネットは、お人好しの集まりです。


最近Pythonを調べてみる機会がありましたが、検索してみるといろいろなサンプルが山のように(何千、何万件も)ヒットします。
これは、たとえばエクセルのことを調べても、あるいはDREAMWEAVERのことを調べても同じように親切なページが多数存在することがわかります。
それらのほとんどは個人が運営しているページのようです。


これらのページは、一種の事典的な存在であるのに対して、もう少し時事的な出来事を含ませてノウハウやハウツーを提供してくれているのが、ブログだと思います。このブログには便利なRSSという仕組みが存在しています。
RSSリーダーと組み合わせると、あらかじめ登録しているブログを定期的に巡回して新しい記事があるかないかを確認し、更新された記事があった場合にはメールを受信したときのように知らせてくれ、そのまま記事の内容を読むことができます。


この際、RSSリーダーは記事が書かれたページ(HTMLで記述)を読み込んでいるわけではなく、RSSだけを読み込んでいます。
ところが、このRSS内には記事の全文を入れないものが多くあります。
特にニュースサイトがそうだと思いますが、概要だけをRSSで配信していて、”〔 続きはこちら 〕”などと実際のサイトを参照することを促されることがあります。せっかくRSSリーダーで受信してサクサクと読み進んで行きたいのに、これを面倒だというのは私の怠慢だ、ということでしょうか。


私は通勤や通学時、あるいは奥様に付き合っての買い物のときなどに文章を持ち出したいと思っています。
いつでも持ち歩いている携帯電話に大量のテキストを保存するためのアプリを作ったりしましたが、PDA+RSSリーダーはさらに強力なツールとなります。とくに自動で文章を取り込んでくれるのがうれしい。とはいっても、RSSの中に記事の全文が入っていないと外出先には無線LAN環境がない場合が多く、持ち出しても意味のない記事となってしまいます。


そこで試してみたのが、Yahoo! Pipesサービス でした。
日本語版は まだ提供されていないので文字化け対策に苦心しましたが、いくつかのサイトについてRSSの全文化を施し、さらに最新の記事から読みたいので複数のサイトのRSSを1つにまとめてしまいました。
こうして作ったのが、ITC関連の割と一般向けの記事をまとめたものと、ITC関連の少し技術寄りのもの、そしてガジェット関連のものです。あと、おまけ的に英語学習向けのものを作りました。


さらに自分がオフィスにいるとき、RSSリーダーがないときにも読むことができるように、PHPでRSSを読み込んで、WEBサイトに貼り付けてしまいました。

(→ extreeemist!!


すべて自分の利便のために行っていることですが、インターネットですから全てオープンな状態にあります。だれでも、読むことのできる状態にあるわけです。


この場合の問題として、新しく再構成されたRSSの是非が問われることになりそうです。
たとえば、次のような問題があります。


・再配布
 Yahoo! Pipesのサイトでは、公開有無の設定は可能。
 とはいえ、そもそもが出来上がったものはみんなで利用しましょうという趣旨のサービス。

・オリジナル記事
 著作権の問題ということになると思いますが。
 記事のオリジナルなページはどこなのかというのは、新しいRSSを作成する場合に含めるかどうかを決めることができます。
 私の作ったRSSはすべてオリジナルの記事へのリンクを保持しています。

・デザインの改編
 オリジナルサイトのページそのものがデザイン性がある場合、これを損なってしまっている。
 記事内の文字色等いくつかの装飾はそのままですが、全体的にはデザインが変わってきて、記事をみたときの印象は変わってきてしまいます。

こうした問題も、オリジナルのRSSに全文を詰め込んでおけば再配布の必要がないといえますが、そこにも問題があるようです。


・RSSのサイズ
 全文を詰め込むと配布するRSSのサイズが大きくなってしまいます。
 記事の更新有無を確認するためにページにアクセスし、毎回サイズの大きいHTMLを取得するよりは
 情報をコンパクトにしたRSSで確認して欲しいというトラフィック軽減の期待があるかとおもいます。

・サイトへの誘導
 広告により収益を得ているニュースサイトなどでは、RSSだけで終わって欲しくないという気持ちがあります。
 広告を掲載したWEBサイトを表示してくれないと意味がありません。
 逆に、個人のブログであれば、自分の意見に真摯に耳を傾けてくれ、しかも継続的に読んでくれるなら
 RSSの再配布という形にはこだわりが少ないのではないかと思われます。


ここで次の記事を引用します。


Webはリミックス可能なものになってきており、システム全体がプラットフォームとデータベースの両方になりつつある

主要なウェブサイトはウェブサービスに変化し、その情報をより効果的に世界に発信するようになるだろう。このような変化はスムーズには起こらない。例えば、規模の問題も大きいし、法的な側面も単純ではない。しかし、これは起こるかどうかという問題ではなく、もはや時間と手段の問題だ。

この変化は次の2つのどちらかの形で起こるだろう。
一部のウェブサイトはAmazonやdel.icio.us、Flickrのように、REST APIを通じて自らの情報を提供する。
他のサイトは情報を独占しようとするが、DapperやTeqlo、Yahoo! Pipesのようなサービスを使って作られたマッシュアップによってオープンになる。
全体としては、構造化されていない情報は構造化された情報に道を譲り、より知的なコンピューティングを可能にするだろう。

~以上、CNETオピニオン記事より引用~



私はインターネット上の文章(記事)を戸外に持ち出すために、より効率的に文章を収集したいという個人的な要求から、現状の限定されたRSSをリメイクすることで、サイトにしばりつけられたコンテンツを流動可能なコンテンツに変換する仕掛けをネット上に埋め込みました。
ブログにより個人の情報発信が簡易になる仕掛けが知られることになり、全文埋め込み型のRSSにより、その情報はさらに容易にネットを駆け巡ることができるようになります。
たしかに私の作業には限りがあり、公開しているリメイクされたRSSはたかだか10サイトほどにすぎません。ですが、それほどプログラミングに精通していない私個人が簡易に実現できてしまうわけですから、今後広く行われることになる素地があると言えます。
昨今の携帯電話のインターネット端末化への傾向をみていても、戸外に文章を持ち出したいというニーズは確かにあるのだと思えますから。




*本文中では単にRSSとしていますが、これは”ウェブサイトの更新情報等のメタデータやコンテンツの配信のためのXML文書の仕様”をさして使用しています。またRSSリーダーも同様です。なおRSSリーダーについては、フィードリーダー、アグリゲータとよばれることもあります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007年02月16日

iPhone蹴散らす? wiiPhone

テーマ:fishbell

Nintendowiiphone2_1 iPod+携帯電話が、「iPhone」として
今年6月に米国で発売されることが決まったと、
1月に行われたMacworldで発表された。
参考


これをけん制する意図があるのか、ないのか・・。
wiiリモコンにIP電話を搭載し、また液晶画面を使ってゲームまでできてしまう
『 wii Phone 』なるものが投入されるのでは?
との観測があるようだ。
(右図参照)


Wiiをめぐっては、これまでの単なる子供用のゲーム機という位置づけから、
家族団らんのお茶の間に輝くメディアセンターに昇華させるべく、
さまざまなサービスが発表されている。
(参考 


次は、wiiそのものにIP電話の機能をもたせ、
ゲーム・TV(YouTube,etc)・メール・電話と
トリプルプレイへの橋頭堡を築こうというのだろうか。


さあ、任天堂の動きにも注目ですね。




参考 :: T3



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年02月11日

通信と放送の融合:とけてまざってひとつになるもの

テーマ:fishbell

<放送ってなんだ?>


TVやラジオなどの放送って、そのむかしプロパガンダに利用されたように
公衆に対して画一的なナニカを受け止めさせる。
そういうことができる性質をもっていますよね。

これって受け手を受動的にさせる性質。
放送されてくる内容に耳を傾け、映像に注視することとなってしまう。
なかなか、そこから発展した考え、イマジネーションを膨らませることができない。
そういう、ひとを受動的な状態においてしまう性質が放送にはあるようです。

でも、ある考えや価値観といったものを
ひろくあまねく、しかも効率的に、即時的に伝えることができる能力がありますから、
全国津々浦々まで、たとえば最近の流行のファッションが行き届いたりする。

それでも、ちょっと時差があるみたいだけど、ね。
というのも、都内では”コギャル”ファッションが下火になった後でも
地方の都市では、まだその”コギャル”ファッションが健在だったりというのも
目にしたことがあります。



<通信ってなんだ?>


それに対し、通信って、能動的。

誰かに用事があるから通信する。電話する。メールする。
自分のしたいこと、やりたいことが先にあって、行動=通信がある。
そんな順番になっていますよね。

<通信と放送の融合ってなんだ?>

日本でも、通信と放送の融合云々といわれていますが
英語ではコンバージェンスとかいわれていますね。
コンバージェンスって、収斂?収束?一本にまとまること?

なんか「融合」ってかんじじゃないですね、「コンバージェンス」。


放送と通信のコンバージェンスって、
そもそも、情報を伝達するための媒体や手段を
一本にまとまることまでしか表現してないンぢゃないかな。

現在、放送は一般に電波なので空気が媒体、
そして、固定電話はメタルとか、ファイバーとか。

それぞれ、媒体も手段もプロトコルも機器も違ってたけど。
そういったものが、1つになるよ、と。
IP使って1つになるよ、ということまでのコンセプトだった。

でも、日本語で「融合」と誰かがやっちゃったから
事業者が1つになるって、発想がでてきた。
ビジネスモデルが1つになるって発想がでてきた。

よい事か、わるい事か分からないけど
発想が「融合」から広がってしまっている。



<そもそもメディアの性質がちがうのに>



でも。
そもそも、性質が違うんだよね。放送と通信。
受動的性質と能動的性質。


放送は、統一した方向性、価値観を公衆にあたえるのが得意。
しかも受け手は”座して待つのみ”。観客でしかない。

通信は、送り手と受け手がそれぞれに主張しあう。
最初に受け手だった方も、送り手にかわることが容易にできる。

そして、通信型メディアの仲間であるインターネットで顕著なのだけれど
自分が受け取りたい情報を取捨選択することができる。
自分が通信をしたい相手を自分で決めることができる。

そのため、自分でも気づかないうちに、好きな場所に長くとどまるようになる。
類は友を呼ぶのことわざ通り、似たような性行が似た人々が集まってくる。
こうして、ネットのあちこちで”村化”現象がおこっている。

すでに、どこにどんな”村”があるのか、把握するなど不可能なほど。


<理想的な”融合”にむけて>



繰り返しになるけど、ネットの世界は、通信の仲間なので”村化”する。
ここに放送的な性質である、”全体をうまくまとめる”性質がうまく”融合”できると、両者の性質が攪拌/補完しあって、理想的なコミュニケーションを含む情報伝達・情報交換のためのメディアになると思えます。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年03月18日

RFIDタグを媒介してウイルス感染

テーマ:fishbell

RFIDタグを媒介して感染する世界初のウイルスが登場したそうです。


--以下、記事から引用 --

オランダ・アムステルダムの大学(Vrije Universiteit Amsterdam(「Vrije Universiteit」は「FreeUniversity」の意味))の研究者たちが、世界でも初となるRFIDタグ上で動作するウイルスを作成したと研究論文で発表した。

論文の中で、RFIDタグのデータ記述エリアが「バッファオーバーフロー」「SQLインジェクション」といった攻撃に利用される可能性を指摘しており、実証のために記述したRFIDタグ用ウイルスを披露した。これまで可能性としては考えられていたものの、実際にRFIDウイルスは発見されたことがなく、Rieback氏らによれば、これが世界初のRFIDウイルスになるという。

------

参照記事「RFIDタグを媒介して感染する世界初のウイルスが登場」

RFIDとは... 【RF-ID】 (Radio Frequency Identification) ─ 意味・解説


JR東日本の「Suica」もRFIDですね。

Suicaはプラスチック製のカードにICタグを内蔵、自動改札機が備えるリーダー/ライターと近距離通信を行い、切符の代わりになります。

入札の際にはSuicaに内蔵したRFIDが保持している金額のデータなどを読み取り、出札時には所定の運賃を差し引いたデータをRFIDに書き込んでいます。データ保持容量は、1Mバイト程度だそうです。

Sonyの「Edy」もRFIDですね。


今後、偽カードやデータ改竄(かいざん)されたSuicaにより、駅の改札システムがダウンして、駅に入れない事態が引き起こされる可能性がありますね。

朝のラッシュ時に、起こるとどうなるでしょう?

僕の定期は、まだ磁気タイプのものですが、Suica利用者も結構いますね。

Suicaシステムがウイルス感染によりダウンしたら、この人たちは駅に入れませんね。電車に乗れませんね。

そうした時は、どうやってJRは対応するつもりなんでしょうか。

対応マニュアルが整備されているといいですね。


ただ、Suicaなどのシステムを単にダウンさせることを楽しいと思うハッカーもあれば、うまくシステムをだましてお金を取ろうとするハッカー(往々にして暴力団系)もいます。

この手のお金目的のグループは、まだしばらくが行動を起こさないと思います。

このSuicaカードが行き渡り、Suicaシステムに欠陥があっても、JRが引き返せないところまで待つことでしょう。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年03月08日

手のひらサイズのネットワークコンピュータ

テーマ:fishbell

ちょっと面白いものを見つけましたよ。


わずか角砂糖3個ほどの大きさ。

”これってLANのつなぎぢゃないの?”


「今日のネットワーク化に必要な全ての要素を実装」してるんだそうです。WEBサーバやFTPサーバとしての利用もできるのだそうです。

すンごいですねー。


このサイズなので、OSは当然独自のものらしいですが、SDKが用意されているようです。

メモリは、1.25MB RAM,4MB FLASH

LANの口も10BASE-T,100BASE-TX 対応。


写真の左側がLANの口のようですが、反対側。こちらから見えない側にはシリアルの口がついているようです。もともとは、LANとシリアルの変換装置だったようですが、エンジニアの方がアソビ心でこんなものを作っちゃったのでしょうか?それとも、単なる変換ではモノ足りずに考える力を載せてしまったら、こんなふうに進化してしまったのでしょうか?


いやーおもしろいですねい。



日本Lantronix株式会社


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年03月05日

評論家は嫌いでい!

テーマ:fishbell
blogが流行るワケ? ひとは自分の知ってること、意見をいいたがるものなんだ。 「知ってたか?どうだー!」って気持ち、これがあるんだ。 そして、需要として自分の知らないことを「ぜひとも知りたい」という気持ちがある。 「知ってたか?どうだー!」ってゆーのを聞くと 今度は自分の意見がでてくるんだけど 聞いた手前、反駁したり付け足しをするのもなんなので またちがうところで「知ってたか?どうだー!」とやる。 この連鎖だな。 庶民の井戸端会議もそうだ。上流階級のパーチーもそう。 情報交換。 人類の歴史上、ずーっと情報交換は必要だった。 blogの1つ前はな~に? そう掲示板、BBSだ。 すんごく流行ったよね。 ネット人口が少なかっただけ。 ネット=BBSだった頃もある。 別に珍しいものぢゃないんだよ。 そう、騒ぐなってえ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年03月02日

いまさら「What Is Web 2.0」

テーマ:fishbell

Tim O'Reillyの「What Is Web 2.0」が急に読みたくなった。

今頃そんな古い話題かよ、って?

そー言うなって、読みたくなったんだから。


で、どうせ読むなら携帯で読むべ?


はい。reate用に変換しました。CNETの日本語訳です。

これです。こちらからどうぞ。

http://es.prit.jp/doc/P0503011.lzh


ずいぶん長文だわ。

テキストで55kBだもの。


いやー俺さ、reateのiアプリいれるのめんどだわ。

WEBで読むわ、という人は、こちら。


日本語 : CNET Japan

原文  : Tim O'Reilly.com



reateって何だ? 携帯で読書って、どーやんだ?

って人はこちら。僕のバックナンバー記事ね。

http://ameblo.jp/dame-d/entry-10009447383.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年02月25日

インターネット公道論

テーマ:fishbell
mixiで書いてた文章ですけどね。

ネットで惹き起こされる様々な問題
振り込め詐欺的な行為、ネットで知り合って騒ぎを起こす(暴力、自殺)、HPへの過大な負荷をかけ威力妨害、、。
これら、さまざまな社会問題が報道されています。
また報道されないくらいの小さな諍(いさか)いや、衝突、いやがらせも随分と起きていることでしょう。

これらは、もともとリアルな社会においてあったものが、ネットという社会にそのまま持ち込まれただけです。

よく僕が引き合いに出す例えは、「ネットとは公道です」です。
公道でお金をみせたりしたときに、悪いやつがたまたま見ていたらひったくってやろうかな?と思うことは容易に想像つくわけです。
ただ、ネットは、そこが治安がよい地域なのか、悪い地域なのかが、良く分からないから。土地勘があまりないから、わからないから、お金を見せてしまったりしてしまう。

ネットにはネットの財布の持ち方がある、ということです。

ネットには、暗がりがたくさんあります。
いわゆる人の目が届かない場所が、たくさんあります。
大勢の人が行き来するTOPページの下に、こっそりと秘密のタムロ部屋を用意することは非常に容易です。

リアルな社会でも、夜の盛り場に子供がいないかと、PTAなどが組織だって見回りをしたりしています。
ネットでは、そんなことをしていても全く手が足りません。
焼け石にスポイトで水をかけているようです。

またネット上での情報の流通については、リアルでの何倍も効率がよくなっています。

迷惑メールがあります。これは悪用した例ですが、1通あたりの情報配布コストは郵便や電話を使った場合の何十分の一でしょう。

バナー広告の例のように、WEBに情報掲載した場合、不特定多数への伝達は容易に行われます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年02月25日

携帯電話で読書

テーマ:fishbell

最近はネットでいろいろな情報、コンテンツがあり目を通すのも大変です。

僕も性格的に”じっくり読む”タイプなので、時間がかかってしまう方です。


いつもチェックしてるBlog・掲示板、ニュースサイトなどの解説記事、電子書籍(eBook)などなどこうしたものを持ち歩いて、通勤時間で読めたらいいのに・・。

といって、ことさらこのことにお金の出費はしたくない。最小限に抑えたい・・ね、と。


そう。いつも持ち歩いている携帯電話に文書を一時的に放り込んで、細切れ時間で読んでは、すぐに捨ててしまう、そういうことができたら便利だなーと思います。


でも、携帯電話はフリーメモとかあるけど、これは文字制限があって、ちょっとした文字しか渡せない。

ほんとうに”メモ”なのだ。


昨日紹介した、アプリ:reate を使えばテキストファイルをSDメモリカードで渡して長文テキストを読めてしまうスグレモです。


まずは、百聞は一見にしかず。 試してみましょう。

最初にiアプリを携帯に取り込む必要があります。ここだけお金が必要で、アプリの配布サイトによると38円というから、だめもとと思って(?)アクセスしてみましょう。


URLは、こちら。PCからではダメですよ。

http://galugari.hp.infoseek.co.jp/i/cgi-bin/d.cgi

QRコードもあったので、こちらもリンク表示します。


それで、コンテンツも用意してみました。


2本です。

これを携帯用のSDカードに画像として保存して、携帯の画像をおいてある場所(フォルダ)に移動してください。


僕の使用しているP506iCではファイル名についての制限がキツイようで、勝手なファイル名をつけると画像ファイルとして認識してもらえませんでした。なので、写真など携帯が保存した画像ファイルがどんな名前をつけてるのか確認して、それを参考に付け直すとうまくいきました。

ま携帯のクセですね、しょーがない。


で、画像として携帯が認識したら、あとは先ほどのアプリを起動して”登録”してみてください。

これで、あなたの携帯de読書生活のスタートです。


僕がサンプルで用意した文書は、次の2つです。

内容は、このサイトの内容を楽しんでくださる方でしたら、十分読み応えのあるものです。

はい。お楽しみにー。


コンテンツ1&コンテンツ2 は、こちら からダウンロード


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年02月24日

iモードで読書

テーマ:fishbell

ドコモの携帯電話では長文のテキストを取り込むことができない。
青空文庫や様々なネット記事、解説記事をiモードに取り込んで、持ち歩けたら、ちょっとした待ち時間。電車の乗り継ぎなどのときに暇をつぶせるのに。。

なるほどメールで送ることもできる。最近は、パケット定額などもありますから。
でも、オフラインブラウズはできるのだろうか。
少なくとも、僕は携帯ヘビーユーザでもないし、定額料金を払うことに抵抗がある。
だって定額にすると倍額ほどに膨らむからだ。

SDカード経由で、長文テキストを取り込むことができ、読書ができたらとても便利。
そんな、iモードde読書を実現してくれるアプリがある。

それがreateだ。
↓↓↓↓↓↓
http://galugari.hp.infoseek.co.jp/i/reate.htm


※また詳細について記事を書きますね、とりいそぎの紹介、でした!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。