40代半ばから女性ホルモンの減少によって発症する「更年期特集」の対策として、今注目されている「エクオール」についての紹介です。

 

 

 

 

 

更年期症状とは、のぼせ、肩こり、頭痛、情緒不安定など、閉経を迎える時期になると始まる症状。

 

この更年期症状の原因として、「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌が減少することによって引き起こされると考えられています。

 

そのような更年期症状の対策として、今注目されているのが「エクオール」という成分。

 「エクオール」は大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が、腸内細菌の力を借り、変換されて生み出されているそうです。

 

更年期症状のほかには、骨粗しょう症の予防、メタボの解消など、さまざまなことへの効果もあるとのこと。

 

豆腐や厚揚げなどの大豆製品を、積極的に取り入れてみたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Docters Meのキャンペーンに参加中[PR]

AD