男性の育児休暇はまだまだ珍しいようで、新聞やテレビなどから取材を受けることがあります。

そんな時、記者やインタビューアーは無意識なんでしょうけど、僕を「特別な人間」と考えているような雰囲気を感じるときがあります。


例えば、仕事を休んで育児休暇をとるような人だから・・・


・子供が大好きな人なんだろう。

・食事作りとかもプロ並みにできる人なんだろう。

・"アットホームダッド”のイメージそのままにすごく家庭的な人なんだろう。

・父親学級などにも積極的に参加しているような用意周到な人なんだろう。


などなどです。


このブログを昔から読んでいる方はご存知だと思いますが、上のことはすべて僕には当てはまりません。特別扱いしてもらえるのは気分がいいといえばそうですが(でなければ取材なんてこないだろうし)、残念ながら僕は、家事能力も育児への情熱にしても良くも悪くも普通の男の人と変わりありません。(もしくはそれ以下です)僕は、いたって「普通の男」なのです。


育児休暇創成期の頃に育児休暇をとった男性たちは、ある意味「スーパーマン」で、取得の際の会社への根回しも完璧だし、家事も育児も仕事もかなり高いレベルでこなせる人ばかりでした。そういった「特別な」人たちが先達となっていったのです。


しかし、僕の職場では初めてですが、いまや日本全国を見渡せば男性で育児休暇をとっている人はたくさんいます。ちょっとgoogleやyahooで検索して見れば、もはや珍しいことではないことが分かります。


だったらなぜいまだに「特別な人間」扱いされるのか。


それは主に同性の方に言える事ですが、自分の育児休暇取得の可能性に目を向けたくない、というのが理由にあると思います。育児休暇をとる男性が「スーパーマン」ばかりであれば、自分がとらない、・とれない十分な言い訳にすることができるからです。


また、僕の妻が結婚後も出産後も自立して働いているというのも理由でしょう。まだまだ僕の住んでいるところのような田舎では、結婚した後も経済的に自立している女性は少ないのです。これも一人の人間が自分の食べるパンを買うお金を稼ぐ、という「普通の人間」になっていくことが必要かもしれません。


僕たち夫婦は、子供ができた際、育児についてよく話し合い、たまたま妻が会社を軌道に乗せようとしている大事なところであったのと、僕の会社にそのような制度が整っていたこともあり、ごく自然に形で僕が育児休暇を取得することになりました。立場が逆ならば、きっと妻が取得していたことでしょう。これは経済的にも合理的であり状況において理にかなった選択です。家事ができないのなら、やればいいのです。


世の男性は、新しい仕事ならなんとか覚えようとするのに、家事や育児はなぜできないと決め付けるのでしょう。仕事ならやりたくなくてもやりますよね?そして、やり慣れないことでもしばらくやっていると慣れてしまうものです。


僕は「普通の人間」です。それは、僕ができたのだからあなたもできるということを意味します。男性の育児休暇の取得率の問題は、制度そのものの不備というよりも、その人自身の考え方の頑なさにあるのだと思います。


AD

今日から、といっても土曜日なのでもともと休みなんですが(笑)。


昨日は、朝からいろいろと忙しかったものの無事、仕事を終えることができました!

実は月曜日にも人事上のことで少し顔を出さなくてはいけないのですが、それさえ終われば奥さんと子供の待つ場所へ飛んで行けます!


今月半ばまでは、僕も奥さんの実家に滞在して、その後一緒に北海道の我が家に帰ってくる予定です。子供はいきなり初新幹線に初飛行機です。まあ、何が何やらまだ分からないでしょうが・・・


何はともあれ新しいステージに移ったわけですから、育児は想像以上に大変でしょうが、このブログも今までよりはたくさん更新して、いい記録にしたいと思います。


AD

先日、ご報告しましたとおり3月11日に子供が生まれ、正式に「育児オトコ」への道をスタートしたのですが、正確にはまだスタートはしていません・・・


なぜかというと奥さんは出産のために実家に帰っているからです。それで、僕が子供に会ったのはまだ3日ほど。育児は奥さんががんばっています。


僕はというと、4月から取得する育児休暇のために手続きをしたり、もちろん今の職場の残務や引継ぎの整理をしています。わりと忙しい。


奥さんが、子供の写真や様子をまめにメールしてくれますので、状況はわかるのですが、やはりちょっと寂しいです。


会社関係の育児休暇の手続きはすべて終了しました。特に混乱もなく。ただ、出産が思ったよりも遅くなったので人事の方には急ぎでやっていただくことになったので、ご迷惑をかけました。ともあれ、4月3日から1年間の予定で、休暇を取れます!


奥さんは、4月中旬に帰ってきます。それからが正式に「育児オトコ」の始まりです。

AD

先々週、上司に育児休暇を告げたところ、 ついに人事に伝えていただいたそうです。

課長以下、補佐や係長やその他諸々といった人たちにいっぺんに。


反応としてはそんなに悪くはなかったとのことでしたが、会社としても初めてのケースであるため、少しとまどってるカンジもあったようです。そりゃそうですよね。


ボクの会社は超保守的というか古風な会社なので、ほとんどの奥さんは専業主婦で、働いていてもせいぜいパート、フルタイムで働いているのさえ珍しく(まあ転勤が異常に多いというのもありますが)、ましてやウチみたいに経営者って言うのは、コビトカバ並の珍しさなのです。


それでも、一方で人事部としては男性育児休暇第1号を作りたかったらしく(何か政府から圧力でもあるのでしょうか?)、積極的に検討していただけるようです。何か役人の答弁みたいですね。


ともあれ、賽は投げられました。GO!GO!育児オトコの道!



僕の会社では、だいたい今の時期に来年度の人事が始まります。

それで、直属の上司が「何かあるなら言っておいてね」と言ってくる時期です。


昨年はフライングで「来年度育児休業します♪」なんて言ってしまって(子供もできてなかったのに(笑))、ちょっと恥ずかしかった経験があります。(だって、つくろうと思ったら簡単にできると思っていたんだもの・・・)

今年は、晴れて妊娠5ヶ月、堂々と宣言できます。(「堂々と」はしませんが)


僕の会社では、比較的そういう制度が整っていて人事的な配慮もちゃんとあるらしく、取得に関しては心配をしていません。しかし、そんな恵まれた環境にも関わらず、相変わらず男性の取得実績はゼロです。

今年先に取ってくれる人がいたら目立たなくていいなあ、と密かに思っていたのですが、やっぱりいませんでした。


まあいいや。僕が先達をつけてあげましょう。ここ でも書きましたが、僕は長男気質なので、何事も勝ち取るのが好きなのです。僕の後に道はできる。


さてさて・・・

今年度は止むに止まれぬ理由で(子供ができない(笑))、断念した「育児休暇」。来年こそは、必ず取るぞ~!ということでいろいろ調べています。


ところで、育児休「暇」と言う言葉には、違和感を持つ方もいるかも知れません。休「業」じゃないのか、と。


簡単に言えば、休「業」は、子供が1歳もしくは1歳半までの様々な恩恵が関係する法律上の言葉(手当とか、住民税免除とか、解雇等の禁止とか)で、休「暇」とは、子供の育児のために「休める」という一般的な権利を表している言葉、のようです。今まで勉強したところによると。(違っていたらご指摘下さい。)


つまり、正確には、育児休「業」、と育児休「暇」は、ちょっと意味が違いますが、ここではわかりやすく「暇」に統一します。休「暇」のの方が響きもいいし。(笑)


先日新聞で女性の育児休暇取得率が70%を越えたという記事がありました。一方、男性は0.数%だったとか・・・

周りを見ても、それはうなずけますね。えっと・・・一人も居ません(笑)。うちの職場は制度としてはかなり充実している方だと思われるのですが。取らない男が悪いのか、それとも会社が悪いのか。このまままだと名誉ある(!)第1号になりそうです。


いくら法律的に不利益な扱いを受けない、とか言われていても感覚としては「もう出世はできないだろうなあ」というのは、あります。「変わり者」みたいな視線を浴びることになるんでしょうね、きっと。うむむ。


でも、もう決めたことです。子供もできたし。取ります。変わり者?・・・上等上等。どうせならうちの会社で認められている最大限の期間である3年とってやる。そして、間髪入れず2人めを仕込んで、また3年。10人作ったら、定年まで働かなくていいですね、僕。奥さんには50代でも出産して貰わなければ行けませんが。(笑)まあ、それは冗談としても、経済的な理由が許すなら、そういう制度は最大限活用したいものです。


どうでしょう?皆さんの周りにはそういう経験がある方はいらっしゃいませんか?その光と陰を教えて欲しいものです。



「パパがイヤって言ってるんじゃないのでは・・・」









僕のために政府もがんばってくれてますね。(笑)

産経新聞より。


育児休業最長1年半 介護も1人93日に延長
改正法成立、来年4月施行

少子化対策の一つとして前国会に提出されながら継続審議
となっていた育児・介護休業法の改正案が、一日の参院本会議で
全会一致で成立した。
現行一年までの育児休業期間を最長一年半までに延長することや、
子供の看護休暇を従業員の権利にすることなどを盛り込んだ。
平成十七年四月一日に施行する。

子育て中の親に連続休暇を認める育児休業は、平成四年に
制度化されたが、一年以内の休業期間では対応できないケースが
多かったため、「一歳になっても保育所に入れない」などの事情が
ある場合は一年半まで休業できるようにした。
現行では対象外となっているアルバイトや契約社員など有期従業員でも、
雇用継続が見込める場合は休業が取得できるようにした。
子供が病気になった場合の看護休暇については、現行法は
事業主の努力義務としているが、「有給休暇制度とは別に年五日を限度に
看護休暇を取得可能」とし、実質的に義務化した。



でも、保育所がどうたらっていうのは、省いて欲しいですね。
保育所高いもの・・・働くことって罪なのかっていうくらい。

先々週、人事に「来年育児休暇をとるかも」願いを提出した後、
毎日毎日、直属の上司の顔を見るたびにびくびくしていたのですが、
いまだに(おそらく)伝わっていないらしく、何も動きはありません。

とりあえず落ち着かないので、情報収集をはじめることにしました。
まずは、ネットで。

いくつか見比べたらこちらが一番詳しく情報や経験談が載っているようです。

At-home Dad

会社との関係のくだりなんかちょっと怖い・・・

うちはどうでしょうか?

「いざ、出発!」









来年夏頃からの育児休暇取得を目指している僕にとって、
今月から数ヶ月は勝負の日々です。

今までは、頭の中でいろいろ計画していましたが、
今度はそれを実行に移していかなくてはなりません。
とりあえず今日は、申請書の前段階である人事上の
要望書のようなものを上司に提出しました。

内容はこんなカンジです。

「妻が会社を経営しており、双方の両親も遠方にあるため、
私が主体的に育児をしなければならない環境にあります。
つきましては育児休暇を申請したいと思っております・・・云々」

育児休暇は、詳しくは後日記事にしたいと思うのですが、
法律に定められたれっきとした権利であり、取得することに
関しては、よほどのことがない限り会社側は認めなければならないものです。
しかし、実際は女性はともかく、男性が取得することに関しては、
事例が少ないこともあり、まだまだ一般的ではありません。

おそらく僕も、今回の要望書を提出したことによって、数日後に
上司に呼ばれ、出世に響く、だとか、周りの人にしわ寄せがいく、だとか、
君がいないと困る、だとか(←これは言われないかも(笑))
いわゆる脅し・すかしが入り混じった細かいヒアリングが
始まると思われます。

さらに、近いうちに僕は職場の誰もに
「男性ながらに育児休暇を取得しようとしている○○な人」
という視線を浴びせられるようになることが予想されます。

しかし、賽は投げられました。もう後戻りはできません。
僕の人生は何より僕と奥さんと子供のためにあるのですから。

僕は、育児オトコへの「道」を歩いていくのだ!



人気blogランキングに何となく参加。あなたも登録してみては?